2010年07月23日

セセリの撮り方考(2010年7月17日)

 7/17〜7/19の3連休は猛烈な暑さでしたね。暑さに負けず、日帰り撮影行3連発を決行しておりました。まずは、初日7/17について書いておきましょう。

 セセリチョウは、どう撮ったら綺麗に表現できるのか・・・そんなことを考えながら、兵庫県の山間部でホシチャバネセセリを相手にいろいろ試しておりました。

100717hs1.jpg こんな感じで翅裏をフラットに撮るには、絞り開放でも、そこそこ簡単に撮れますね。う〜ん、こいつは相当に新鮮な個体で、びっしり揃った縁毛がえぇもんです。

100717hs2.jpg セセリチョウ特有の「ジェット戦闘機型の立体的開翅」です。100mm Macroで1段階だけ絞ってのF4.0での描写です。背景をぼかしながらも眼と翅の両方にピンって、なかなか合わんもんでねぇ、撮影していても、めちゃ歩留まり悪いです。

 「セセリ」とは漢字で、手偏に「弄」と書きます。意味は「小刻みな動作をせわしなく繰り返す」でありまして、その漢字どおり、ちょこまか動きながら吸蜜するセセリチョウ、吸蜜シーンは意外と撮影に難儀します。

100717hs3.jpg 同じく100mm Macro F4での描写です。本当は、F11くらいまで絞ったほうが全体にピンがいって切れのある絵になるのかもしれません。これだけのカンカン照りであれば、F11まで絞ってもシャッタースピード稼げるでしょうし。

100717hs5.jpg 立体的開翅吸蜜です。うん、100mm F4なら、これくらい離れて撮ったほうがえぇ感じかも。オカトラノオの花の全体像もしっかり描写して、雰囲気出てますな。この日の絵の中で、最もお気に入りの1枚です。

100717hs4.jpg はぁ〜、しかし、コンデジGX-100ですと、何も難しいこと考えんでも、Pモードで接写すれば、こんなパンフォーカスな絵がいとも簡単に得られます。う〜ん、やっぱしセセリはコンデジで撮るのが正解か?

 皆さん、セセリチョウ特有の「ジェット戦闘機型の立体的開翅」って、どう撮っておられますかな。
posted by kenken(管理人) at 12:45| Comment(22) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完ピンのホシチャこりゃまたすばらしい。
ホシチャ、チャマ、ミヤマチャバネ、ホソバとセセリ類は「ウン十年シリーズ」が一杯残っているので、小生にはひかり輝いて見えます・・・・・
コンデジの使い方まさに私が考えていたことを、具体化されておりますな。これはある意味で生態写真技術の一つを理論的に確立されたと言う者でありますね。
Posted by kmkurobe at 2010年07月23日 16:32
kmkurobeさん
 さっそくのコメント、おおきにです。しかし、暑いですわぁ〜

 ホシチャ、やはり縁毛のびっしり揃った個体を撮りたいもんです。こういう地味な蝶はちょっとでもスレているとスレが目だってしまいますし。そちらでも。やや南下すれば撮れるのでは?な〜に、そのうち撮る機会が出てくるでしょう。

 そうそう、セセリは何も考えずにコンデジで気軽に撮るのが簡単で表現もばっちりです。一眼デジであれこれ苦労するくらいなら、色表現の良いコンデジにお金をかけたほうが楽ちんかな。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年07月23日 17:48
セセリの写真、当地・多摩川のミヤマチャバネセセリはかなりこって撮影しています。翅を開いたところを真正面から少し下から見上げ翅裏の斑紋が見える位置とし、望遠でピントを浅くしてシャッターを押します。こうすると後翅が水平翼、前翅が双翼の垂直尾翼のように写り、眼も迫力満点です。写真がお見せできないのでハガキにして送ります。
Posted by 久保田 at 2010年07月23日 18:11
ビカビカのホシチャ、エエですねぇ。

ん〜、撮影に行きたくなってしまいましたぁ。
Posted by Rhetenor at 2010年07月23日 19:04
お師匠
御意の如く
デジカメ発売当初は
寄って撮るマクロ撮りが
精一杯
階調が画素を下回っていました
しかしながら
現代のデジカメは
画素競争にも
終わりを告げ
画素以外の要素
質感や階調表現が可能
寄り過ぎてブレボケや
被写界深度足らず
連発するより
中判のように
引いて撮る
ましてやISO800なら
ノイズレス
時代は変わって
撮影しやすい世の中に
なりました
Posted by 蝶山人 at 2010年07月23日 21:12
手偏に「弄」でセセリだったんだ。
何と読むのか?と思っていたのですが解決。

すっきりです。

ホシチャかぁ、そんな季節なんですね。

最近私のコンデジの方が簡単でええやぁと思っているのですが、問題は近づかなければならないことです。
Posted by しまびと at 2010年07月23日 21:33
久保田さん
 おおっ、はがきをお送り下さるとなっ。それは有り難うございます。
 そうかぁ、関東は河川敷でミヤマチャバネ多産するのでえぇですなぁ。こちらでは、高原の稀少な蝶だったりします。
 セセリって、撮り方を考えだすとキリがないですね。貴殿のお勧めの撮り方、私も写真を拝見して挑戦してみようと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月23日 22:20
Rhetenorさん
 しばらく「心の疲れ」を癒されましたら、またフィールドにお出かけになって、蝶に癒されて下さいな。
 ホシチャ、小さいけれどもいろんな表現を考えさせられる名蝶だと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月23日 22:22
蝶山人さん
 御意。画素数競争にも終止符が打たれつつある現在、あとはやはり表現力になるのでしょうね。
 これらの一眼デジの画像は、粒子の粗さを防ぐため、ISO400で撮っています。いろいろ試した結果、私なりの現在の結論は、4枚目のように逆に半歩引いて撮ることかと。この絵、ホシチャとオカトラノオの花の魅力の両方を表現できたお気に入りの1枚であります。特に前翅裏が全部表現できたことが、この上なく嬉しかったりします。
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月23日 22:28
しまびとさん

> 手偏に「弄」でセセリだったんだ。
> 何と読むのか?と思っていたのですが解決。

ん?どこかで、誰かの記事でもお読みになりましたかぁ?(爆)この漢字、通常の日本語変換では出てきませんわ。すっきり問題解決、良かったです!
 そちらだと一番の近場は対馬になりますね。季節はどうなのかな。

 ところで、撮影の際、蝶に近づくと考えると逆にうまくいかないことが多いです。自然と一体化しているところに蝶に近づいてもらうというイメージのほうがうまくいくことが多いように感じています。
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月23日 22:33
ホシチャの裏面がとっても魅力的ですね。セセリ好きにはたまらない色調です。
兵庫あたりではまだまだ余裕で観察できるのでしょうか?
広島では私は見ることが出来ませんでした。岡山ならどうにかなると聞いてはいましたが。
Posted by maeda at 2010年07月24日 06:30
maedaさん
 おはようございます。この翅裏、独特の色彩でカメラを向けたくなりますね。ホソバセセリもそうおだったりします。
 兵庫、岡山、余裕というほどではありませんが、まだまだなんとか見れますね。信州のほうが「余裕」かもしれません。他の蝶を探索しているときに遭遇したりしますし。
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月24日 06:45
私も先日、ホシチャを見て来ました。
カメラは持ってなかったのですが、kenkenさんの写真を見たら、もう一度出かけて撮影したくなるような気持ちになりました。

宮城ではけっこう珍しいのですが、去年新しい産地がみつかって話題となってました。
Posted by カトカラおんつぁん at 2010年07月24日 08:08
カトカラおんつぁんさん
 まいど、コメントおおきにです。
 おっと、宮城でホシチャ新産地ですかっ、見つけた方はエライ!そちらでも目を凝らして探さないと、なかなか見つからないのではないでしょうか。多産地ですと、ふと目に入ることも多いのですが。
 その新産地で、こんなところにホシチャいたんだって分かるような写真を是非お撮りになって下さいな。写真は時間が経ってもいつまもで新鮮な個体のままで、えぇもんですよ。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年07月24日 13:24
前の週、一頭もいなかった例のポイントに出撃されたのですか?関西ではかなりレア種で、私も過去、一度しか撮影出来なかった種類ですが、新鮮かつ、見事に撮影出来、おめでとうございます。3連休、3度日帰り撮影ということで、次回、次々回も大いに期待しておりますよ。
Posted by ノゾピー at 2010年07月24日 21:37
ノゾピーさん
 まいどコメント、おおきにです。
 レアなのか小さくハエみたいなので見逃しているのか・・・よく分からん蝶ですわ。他の蝶とは微妙に発生時期にズレがあるような気がしますね。
 しかし、貴兄も元気にお出かけしていますねぇ〜私、本日(いやもう昨日か)は、休日出勤して冷房の効いたお部屋で仕事しておりました。仕事しているほうが肉体的な疲れは抜けて休養になったりします。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月25日 00:16
すごくきれいな羽をきれいに表現されてますね〜。新鮮な個体と優れた撮影技術、両方そろうとこんなにいい写真になるんだと思いました。縁毛がふさふさだとやる気が出ますね。自分も今さらですが行ってきました。暑くて暑くてふらふらになりましたが、出会いのリベンジが果たせました。
Posted by ma23 at 2010年07月25日 17:29
ma23さん
 お褒めにあずかり光栄です。
 ホシチャは、時期的に、他の蝶とかけ持ちしにくい種類かもしれませんね。地味なセセリはやっぱりびっしり揃った縁毛を表現したいもんです。
 少し遠めからオカトラノオでの吸蜜を撮った絵は、貴兄の表現を参考にさせていただきました。ん、でも、貴兄なら、きっと縦位置で撮られるかな?
 それにしても暑すぎですが、リベンジを果たされたとなっ。それはおめでとうございます!
Posted by kenken(管理人) at 2010年07月25日 20:43
開放できちんと複数のポイントにピントを会わせるのは難しいですね。
すべての種について、どう撮ったらきれいに表現できるのかを追求する姿勢は素晴らしいと思います。
新鮮な個体は写欲をそそりますが、蝶の生き様を生き生きと撮りたいと思っていると、多少痛んだ個体にもそれなりの意味合いがあるようにおもってあまり気にしないようにしています。
「美人でなければ女じゃない」では真剣に生きている(生きてきた)方に失礼ですもんね。
Posted by ダンダラ at 2010年07月30日 09:45
ダンダラさん
 コメント有り難うございます。
 今のところ、1段階絞りのF4.0で撮ることをメインにしていますが、なかなかピンが全体にはいかないもんですね。ですが、ビシッと決まると、見ごたえのある絵になります。

 もちろん、欠けかスレ個体も、全てカメラに収めておりますが、ここで紹介する際は、新鮮な個体で、その蝶の魅力をうまく表現できているものを選ぶようにしています。

 ところで、吸蜜時間の長さは、その蝶の痛み具合に比例するように感じています。
Posted by kenken(管理人) at 2010年08月01日 16:12
僕は常に絞り優先で撮影していますので、F値はいつも気にしています。。
意識しているのは基本的に最小の絞りで、全体にピントがあうことです。というのもボケを楽しんでいるので、シボリの程度は背景にもよります。まあ、適当に撮影しているといえばそうですね。
ものの本では、レンズの特性からすると、F11くらいが一番シャープに写るみたいですが、自然状態でF11まで絞って撮ることは意識的でなければあまりしません。
コンデジ撮影は以前は意外にすごく撮影できるので、よく用いていましたが、最近は色の深さ、ノイズ、コンデジ特有の質感の少なさなどから、広角でも一眼を意識して使用するようになりました。でも、これは好みの問題ですから。
Posted by 虫林 at 2010年08月02日 16:44
虫林さん
 ご無沙汰いたしておりますが、ご活躍は、O氏やS氏を通してお伺いしておりますよっ!(笑) 私ね、ここのところ、隠密探索、撮影行が続いておりまして、ブログ更新が滞っております。

 さて、F値、なるほどねっ。私もね、ほぼ100%絞り優先で撮っていますので、いつもF値を考えての撮影です。後は、ごく稀にPモードで「証拠写真」を撮るくらいです。「基本的に最小の絞りで、全体にピントがあうこと」これ、実はまったく同じ発想ですわ。で、私は、基本的にF4で試しております。

 そうそう、意識的に絞る時は、F11まで絞りますね。これは「風景写真のパンフォーカスの鉄板F値」と言って良いでしょう。実は、この写真を撮った日、F11でも多数試し撮りしております。

 とても参考になりました。また現地で、いろいろ撮影談議できますこと、楽しみにしておりますね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年08月02日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。