2010年06月15日

ベニモンカラスシジミ、撮影と探索の狭間で(2010年6月12日)

 ワールドカップ観戦に忙しく、ブログがなかなか更新できません。既に、リンクしている撮影仲間の記事で、6/12の撮影行の一部は皆さんお察しのことと思いますが、ようやく更新です。
 撮影と探索の狭間で感じたことを忌憚なく書いてみます。
----------
 6/12、早朝に愛知県のクロミドリシジミの撮影を考えておりましたが、前夜が仕事で遅くなったので見送って、長野県・静岡県のベニモンカラスシジミの探索・撮影からスタートすることにしました。

 まず昨年撮影した長野県のポイントを訪れると、いきなり6人の撮影者に出会いました。うち3人は初対面でご挨拶し、残りの3人は久しぶりの再会でした。なかなか撮影できない蝶ですし、撮影できる可能性の高いポイントに集まる気持ちは、よ〜く理解できます。初撮影種なら、なおさらでしょうし、私も初撮影種ならきっとそうするでしょう。

 撮影の場合は、採集と違って、1頭の蝶がいれば、それを全員で共有することができますし、また、蝶の現れそうなポイントに手分けして張り付いておくと、誰か1人が蝶を発見すると連絡を取り合えるといった利点もあります。

100612-10.jpg これは、Bさんが、葉上に静止しているところを目視で発見し、撮影者全員のカメラに収まった個体です。単純な葉上静止シーンですが、やはり、証拠写真を1枚撮ると、ホッとするのも正直なところですな。

 この日のお天気から考えて、ここに留まっていれば、きっと良い絵が撮れるでしょうが、私は、撮影ポイントに多数の撮影者が集まることに、本能的?に「違和感」を感じ、その場を離れて新撮影ポイントの探索に出かけることにしました。
 初対面の方のうちのお2人も、新撮影ポイントの探索に出かけられたようです。
 結果、3人の方が居残ったようで、これだけの「目」があれば、そこが、その日、どんな状況だったのか後で聞けば分かりますし、それで充分でしょう。

 その後、静岡県を中心に撮影ポイントの探索です。約2時間、斜面を登ったり、谷に下りたり、私にとっては、「アドレナリンが最も良く分泌されるハイな時間」でありました。探索の終わりがけ、帰路につくついでにちょっと立ち寄った場所で、吸蜜個体に遭遇しました。

100612-30.jpg うをっ、この個体、この地域特有の後翅裏面の白線が外側に流れる変異を示しているじゃないですかっ!(野外品で見るのは初めてぢゃっ)尾状突起2本の先端の白も綺麗で、シビれました。100mm Macroで綺麗に描写しておきましょう。ストロボもごく弱めに焚いて、キレのあるえぇ感じの画像で、翅をスリスリしているのが泣かせますな。(貴重な生態写真やし、お気に入り画像なので、ちょっと大きめにUPしとったろっ!)

100612-20.jpg 上と同じシーンです。じっくり吸蜜しているので、コンデジGX-100で接写してみました。自然光なので、これが本来の翅裏の色に近いのではないかな。ああっ、それにしても、眩しい白です。

 この後、帰路途上、最初の撮影ポイントに張り付いていた方々に遭遇し、その後の成果を見せてもらったところ、なんと、そこでも白線流れの個体が撮影されているではありませんか!
 これは推測ですが、白線流れ個体は、やはり低温がその要因のひとつで、今年の天候不順が影響して、その発現確率が高くなっているのでしょう。

 家路につきながらも、岐阜県内のSAで天気予報を見ると、翌6/13は午前中はお天気がもちそうなので予定変更です。このままSAで車中泊して、翌早朝に愛知県のクロミドリシジミの撮影をやって、午後もお天気もちそうなら、ベニモン再訪しようと決めました。(天気予報、明後日6/14から「梅雨入り」とか言うてるし、雨の降らんうちに、とことん撮影しとったろっ!)

【以下、2010-6-15 23:40追記】----------
100612-40.jpg 自然光派の方からコメントいただいたので、デジタル一眼を使用し、自然光で表現した同一シーンの画像を追加しておきますね。やっぱし、これが本来の色表現かな。

posted by kenken(管理人) at 20:15| Comment(42) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当日は大変、お世話になりました。
お陰様で、初撮影のベニモンカラスを撮影できました。
しかも、白紋流れ個体まで撮影できて、大変、すばらしい撮影行となりました。ありがとうございました。
上の写真、ストロボの使い方が最高ですね。明るくも、暗くもなく、現地の状況を再現している。
また、尾状突起が2本きれいに見える様にスリスリのタイミングを図っているのも参考にしたいと思います。
Posted by cactuss at 2010年06月15日 20:31
cactussさん
 おっと、素早いコメント、有り難うございます!
 いえいえ、なんの、なんの、お世話になりましたなんて・・・貴兄の引きの強さではないでしょうか。以前、兵庫県のヒサマツで、いきなり開翅を撮影された時の画像を思い出しましたよ。
 生息地の暗い林内、ISO感度を高めに設定しながらも、弱めにストロボ使ってやるのが、今のところ最も良い表現方法かと思っていますが、やっぱし、究極は高級カメラでISO800とか1600とかで撮るのでしょうね。
 スリスリ、分っていただけましたかっ!何枚もある画像の中から最も尾状突起2本が離れた瞬間が真ん中の画像ですわ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月15日 20:49
長野、静岡のベニモンとはまたレアな。撮影成功おめでとうございます。三重、岡山、広島では情報がありそうですが、両県の情報は皆無です。技を駆使し、綺麗に撮られていますね。流石でございます。
Posted by ノゾピー at 2010年06月15日 21:06
コンデジの写真素晴らしいですね。やはり習性・環境を肌で感じられた成果なのでありましょう。
私も機会があれば来年新地開拓をしたくなりました。魔力がありますねあの蝶は・・・・・
私がおぼろげながら感じていた、弱いストロボやはり有効なのですね。
来るゼフのシーズンは同様の状況が考えられるので、これは勉強になりましたね。
明日GXR到着します。試用リポートいたしますね。
Posted by kmkurobe at 2010年06月15日 21:23
お師匠
自然光派の私としては
修行が必要なことを実感しています。
この光でこれだけ鮮明に捉えるのは
難しいですね。
Posted by 蝶山人 at 2010年06月15日 22:03
こんばんは。
 いいですねえ、すばらしいベニモンさんの写真に思わず見とれてしまいました。私も地の利を生かして・・・と探しているのですがいまだ遭遇かなわずです。私がサブフィールドにしている吉備高原は断崖だらけなんですけどねぇ。
Posted by Ryochan at 2010年06月15日 22:35
白紋流れの写真は、デリケートで、特徴が良く出ていて素敵ですよ。さすがです。
それから、さらに別の場所へのチャレンジも見習わなければなりません。
もう一度、白紋流れはファンタスティックです。
Posted by 虫林 at 2010年06月15日 22:59
さすがですね。
元気ですね。タフですね。
見習わなくっちゃ。
Posted by T-urago at 2010年06月15日 23:00
ノゾピーさん
 まいどです。お褒めにあずかり光栄でっす。
 実は、この日は、広島、三重のベニモンも視野に入れてまして直前まで悩んでいたのですが、愛知のクロミドリとセットで、かつ、最もお天気のもちそうな長野、静岡をターゲットにしました。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月15日 23:51
kmkurobeさん
 やはり近くから自然光で撮るのが、最も色表現が良いような・・・しかし、暗い林内、風による被写体ブレで難しいですよね。まだまだ撮影ポイントは眠っていると思いますよ。実は探索している瞬間が、一番ワクワクしている私です。
 おっ、GXRですかっ!何が初被写体になるのかな・・・試写レポート、楽しみにしていますね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月15日 23:54
蝶山人さん
 やっぱしね、自然光で撮るのが、最も色表現が自然です。(当り前か・・・)リクエスト?にお応えして、自然光で撮った同一シーンを追加しておきました。結構撮れてますでしょ。ISO400ですが、手ぶれ補正あると大丈夫なような。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月15日 23:56
Ryochanさん
 ご無沙汰ですぅ〜コメント、有り難うございます。
 岡山、広島のベニモンは、そちらからだと近いですね。
 やはり、こまめに現地に足を運ぶしかないように思います。そんなに生息地からは離れない蝶だと思いますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 00:00
虫林さん
 コメント、有り難うございます。デリケートでファンタスティックなこの個体、どういう色表現が最も良いのでしょうね。自然光での一眼デジ写真も追加しておきました。
 白斑流れに野外で会えるとは、ラッキーでした。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 00:03
T-uragoさん
 おおっ、ご登場、有り難うございます。
 昨年は上のほうを、今年は下のほうを、頑張って探索してまいりました。
 帰宅するつもりだったのですが、「翌日はまだお天気もつ、翌々日から梅雨」ってウェザーニュースを聞いて、最後の力を振り絞りました。そろそろ雨の土・日になって休養したいもんです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 00:10
やはりベニモン狙いでしたか。
それにしても「白斑流れ」はやっぱりいいですね。

KENKENさんの新ポイント探しには頭が下がります。
ベニモンに限らず、やっぱり野外個体はええモンです。
生態環境もよくわかって素晴らしい出来栄えですね。
シジミ独特のスリスリ行動が目に浮かぶようです。
Posted by 深山葵 at 2010年06月16日 00:20
深山葵さん
 深夜にコメント、おおきにです。
 ベニモン、広島か岡山を攻めて、モドキやゼフとセットにする手もあって選択に悩みましたが、愛知のクロミが適期なようなので、こちらにしてみました。
 そう、やっぱり基本は野外品ですよねっ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 00:26
暗がりでの撮影はストロボあっても良いと思います。
自然光とどちらが良いかと言えば、何も使わない方と考えますが、淡い発光の絵も捨てがたいです。
白紋流れ、良いですね。
Posted by maeda at 2010年06月16日 07:36
ヒメギフの時もそうでしたが、今回もたくさんの人が集まって、正直ビックリしました。
探索の帰りがけに写された写真は、大きなサイズで載せられるだけあって素晴らしいですね。
ストロボの不自然さも感じさせず素晴らしいです。
Posted by ダンダラ at 2010年06月16日 08:59
kenkenさん、おはようございます。

見事な白線流れの個体ですね!それも野外!
私は四国での経験しかありませんが、やっぱベニモンええもんです。

ところで・・・

>私は、撮影ポイントに多数の撮影者が集まることに、本能的?に「違和感」を感じ

ここにどなたも反応されておりませんが、kenkenさんはこここそが言いたかったんじゃないでしょうか?【kimarin】
Posted by kimarin at 2010年06月16日 09:46
長野県・静岡県のベニモンと、愛知県のクロミでしたかっ!
美味しい取り合わせですね。

長野県のベニモンには、キマ調査の折に
2〜3頭出会いましたが、
綺麗な個体は1♀のみという季節でして・・・。

白線流れの野外新鮮個体、宜しいですね!
大きめの“ドヤっ画像”見入ってしまいましたぁ。


あっ、この変異、ミクロな産地間で、
出現率に差が有るそうですよ。
Posted by Rhetenor at 2010年06月16日 10:46
いろいろとお世話になりました。
今回はワールドカップはあまり観戦できていません。決勝ラウンドからは見逃さないつもりですが、週末が晴れると厳しいかも。(笑)
僕もカメラの液晶でチェックしたときはストロボ使用が綺麗に見えましたが、パソコンで見ると色が違うと感じてしまいました。ストロボ使用を自然な感じにするのは難しい蝶ですね。
別ポイントを探してこれだけの成果はすごいです。
Posted by BANYAN at 2010年06月16日 15:16
ベニモンカラスシジミ! この蝶を探して撮影するなど…私の常識ではありえないと思えます。しかし、Wカップを見ていると、最初からあきらめてはいけない! 同じ人間ではないか! と思うこととしました。ガンバレ! 日本! 私も大阪人! 40年以上前に比良でヒサマツ♀をゲットしたではないか! 若いモンには負けられん!
Posted by 久保田 at 2010年06月16日 18:31
先日はありがとうございました。楽しく観察することができました。
ストロボ光が柔らかく、とても自然ですね。
小生は、-1.3の光量ですが、被写体に近づきすぎてまずい仕上がりになりました(><)。。
外付けくらいは用意しないといけないと痛感した次第です。
もちろん、自然光で撮れればそれに越したことはないのですが・・。
それはそうとして、美しい個体、斑紋に感動しました(^^)
小生も新しいポイントを探したいと思います。(難しいとは思いますが(^^;))
Posted by ヘムレン at 2010年06月16日 22:03
こんばんは

写真の見事さはいつもの通りで、皆さんの賞賛の書き込みの通りだと思います。

みちのく人としては、ベニモンは憧れのチョウでして、はるか高い雲の上のような存在です。それを撮影できるなんて、それだけでもう羨ましい限りです、

ピンが少々甘くたって私だったら飛び上がって舞い上がっているでしょう。ストロボの使い方など参考になりますねえ。と言ってもまたカメラに戻る気持ちにはなりませんが、もう少しネットでチョウたちを追い回したい私です。
Posted by カトカラおんつぁん at 2010年06月16日 22:46
maedaさん
 できるだけ自然光がよいですよね、ストロボ焚くときも、必要最弱がよろしいかと。
 今回は、じっくり吸蜜していたので、自然光、ストロボ弱、ストロボ弱弱など、いろいろ「試写」してみました。
 白斑流れ、野外で見るのは初めてで、感動しました。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 22:48
ダンダラさん
 結果として、多数の撮影者が集まることになり、私も驚きましたわ・・・それだけ魅力のある蝶なんですな。
 探索して、あきらめかけた時に最大のチャンスが訪れる・・・結構、よくあるパターンです。だいぶストロボの使い方が分かってきました。お褒めにあずかり光栄です。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 22:52
kimarinさん
 早朝からコメントいただき、有り難うございます!
 この個体、白線流れが綺麗ですよね。そうかっ・・・四国で・・・私はまだ四国ではお目にかかったことありません。

 そうなんです!

>> 私は、撮影ポイントに多数の撮影者が集まることに、
>>本能的?に「違和感」を感じ
>
> ここにどなたも反応されておりませんが、kenkenさん
> はこここそが言いたかったんじゃないでしょうか?

 よくぞ書いて下さいました。そのとおりです!貴兄と心はひとつですな。
 初撮影種の場合は、どうしても撮影確率の高い場所に集中してしまうのは仕方ないかなと思いますが、撮影済みの種については、是非とも、新しいポイントを発見して、一極集中を避けたいものですね。私は、既撮影だったこともあり、集中を避けるために、その場を離れました。これは、私に「採集者の本能」があるからかもしれません。採集の場合は、1頭を共有できませんもんね。また、「探索心」を持ち続けていないと「枯れてしまう」とも感じているせいかもしれません。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:04
Rhetenorさん
 3通りほどの組み合わせの中から、このベニモン、クロミの組み合わせにしました。今年は時期が読みにくいので難しいですが、正解だったようです。
 「ドヤっ画像」なかなかの描写ですやろ!白線流れだったので、貴重な個体の吸蜜シーンをきちんと写真に残そうと、久々に緊張しましたわ。
 いよいよ貴兄もキマリンの探索の始まりですかな。戦果を祈っておりまするぞっ!
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:09
BANYANさん
 お疲れ様でした〜週末が晴れ続きで、休養日がありませんなぁわ。(笑)
 種類にもよりますが、ストロボはできるだけ弱いほうが良いでしょうね。今回は、ストロボ無し、弱、弱弱など、いろいろ試して色の比較もしてみましたが、やはり最後の自然光の1枚が最も自然な雰囲気かな。
 貴兄も「初撮影」が終わられたようなので、是非、新ポイントの探索もしてみて下さいな。ワクワクしますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:15
久保田さん
 おおっ!なんと比良で、ヒサマツ♀とな・・・その尽きを活かして、是非探索されてみてはいかがでしょうか。探索しなければ絶対に会えません。探索しても会えないかもしれませんが。
 えっ?貴兄も十分若いのでは?
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:19
ヘムレンさん
 お疲れさまでした。無事に「初撮影」良かったです。
 私は、ストロボは設定可能範囲 -3 〜 +3 のうち、1/3刻みで調整できるので、主に-2設定でやや離れて撮影しました。また、自然光も試してみました。
 今回の経験を活かされて、是非、新撮影ポイントを探してみて下さいな。きっと、まだまだあると思いますよ。(見つけたら、こっそり教えて下さいな。(爆))
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:27
カトカラおんつぁんさん
 いつもお褒めのお言葉いただき、kenken、恐悦至極にございます。(笑)
 そうかっ、みちのくからは最も近い生息地でも、かなり距離がありますよね。ネットでもカメラでも、実は、探索してワクワクしている瞬間が最も楽しくて充実している瞬間なのかなと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月16日 23:32
kenkenさん、
 長野県なら「白線流し」と呼びましょうか。

 この型、飼育すると一番最後に羽化することが多いみたいです。今回この型の率が高かったのはミクロな産地の特徴ということもあるかもしれませんが、時期がよかったかもしれませんよ。
Posted by LEGACY2.0GT at 2010年06月17日 21:15
LEGACY2.0GTさん
 コメント、有り難うございます。
 ふむ、「白線流し」が適切な表現なのですな。覚えておきますねっ!

> この型、飼育すると一番最後に羽化することが多いみたいです

 寒くて育ちが遅れ気味の個体に多いのかなぁ〜 ん、でもね、以前、知人から蛹の取り込みを依頼された時、始めのほうに羽化した個体のほうが確率高かったような・・・
 ミクロな産地の特徴、上ほうででRhetenorさんもコメントして下さってますね。来シーズンも検証のため、周辺を探索してみなあかんな・・・
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月17日 23:33
沢山の人達とわいわいがやがやと撮るのも楽しいですが、場合によってはじっくり見れないこともありますね。でもそこで新ポイントを探そうと一人離れることが出来るのは既に撮影したことがあることから生まれる余裕ですね。後翅の紋が流れている個体は皆さんのと同一個体ではないのですね。。びっくり仰天です。体に悪いなあ。。こういう画像は。。
Posted by clossiana at 2010年06月18日 07:33
心臓に悪い画像が踊っているので、W杯観戦モードにしばらく逃げ込んでおりました(笑)
白紋が流れているベニカラ、やっぱり綺麗ですね。
最近、教えてもらったポイントへ行く頻度が高まっているので、探索もしなきゃいかんとちょっと反省ですね。
Posted by thecla at 2010年06月19日 15:28
clossianaさん
 コメント、有り難うございます。レ亀レスで失礼します。

 撮影の場合は、1個体を複数の人で共有できますが、あまりに多くの人が集中してしまうと「共倒れ」になってしまうリスクもあります。

 おっしゃるとおり、撮影経験のある私は、「結果として人が集中したことは、他の場所を探索せよというメッセージだ」と解釈して、その場を離れて探索に出かけることにしました。

 蝶の「写真撮影」が目的であることは間違いありませが、その過程である「探索」が手段であるかと言えば決してそうではなく、「探索」も目的であると考えています。「探索」から事実を集積して検証し、新たな探索・撮影に繋げることも大切なことです。

> 後翅の紋が流れている個体は皆さんのと同一個体ではない
 そのとおりです。この個体に巡り合えたのは「探索のご褒美」だと感じました。「白線流し」が、異なる場所で見られたという事実から、ミクロな場所的特徴もあるのでしょうが、今年の気候もその出現の一因であると私は推測しています。

 上のkimarinさんへのレスでも書きましたが、clossianaさんのコメントにレスするうちに、はっきりと分かりました。すなわち、「探索心を失くした瞬間に、蝶屋としては失格で、枯れてしまう」というのが、私が本能的に感じたことで、それゆえ、その場に留まることに違和感を感じたのでした。

 今回「初撮影」された皆さんの今後の「探索心」に期待しています。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月20日 07:14
theclaさん
 毎週末が晴れて活動し、おまけに夜はワールドカップ・・・マジで疲れますね。
 「白線流し」、知人の飼育品では見たことがありますが、野外でも見れました。ミクロな場所的特徴もあるとのことですが、同じ場所の飼育品でも、出たり出なかったりという事実もあり、私は「低温」もその一因であると推測しています。
 貴兄の「探索心」に期待していますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月20日 07:34
私も亀レスで失礼します。

>「探索心を失くした瞬間に、蝶屋としては失格で、枯れてしまう」というのが、私が本能的に感じたことで、それゆえ、その場に留まることに違和感を感じたのでした

採集屋、写真屋関係なく、上のkenkenさんのお言葉が心理をついていると思います。

写真家のみなさんも、採集者に対し一方的な「ネットマン」なんて呼び方はやめ、同じ蝶を愛するもの同志共存していこうではありませんか!【kimarin】
Posted by kimarin at 2010年06月21日 14:42
kimarinさん
 追加でコメントいただき、有り難うございます。
 そう、上で、kimarinさん、clossianaさんをはじめとして、皆さんからコメントもらってレスしているうちに、この記事で何を書きたかったのかが、自分の中で整理できてきました。

 で、これまた、この際に、以下、思うことをレスしておきますと・・・

 私自信は、採集される方に対して、「採集者」「採り屋」「ネットマン」いずれの呼び方も、まったくイヤな意味は込めずに使っています。知人が「ネットマン」と呼ぶのを聞いて、なるほど、「カメラマン」に対して「ネットマン」とは分かりやすい表現だなと思ってくらいです。
 しかし、採集される方は「ネットマン」と呼ばれると、なんだか軽蔑的な呼び方をされているように感じる確率が高いようですね。
 採集される方と撮影される方とを区別して呼ぶ場合は、なんとお呼びするとよいですかねぇ〜 「採集者」「撮影者」ってのが、一番無難なのでしょうかねぇ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月21日 16:25
kenkenさん、早速ありがとうございます。

「ネットマン」という言葉自体には、私もあまり抵抗はないんですよ。問題はその言葉がどういう文章の中で使われるか

写真屋さんのブログ(特に採集経験のまったくない方の)ではほんとに悲しくなるような酷い文章と共に使われていることが多いんです・・・

よって、「ネットマン」といわれると「侮蔑表現」と感じるんでしょうね・・・
Posted by kimarin at 2010年06月21日 17:26
kimarinさnn
 なるほど、言われてみると、そうですね。
 採集経験がまったくなく、カメラマンとして蝶と付き合い始めた方は採集者を「ネットマン」と呼ぶ確率が高い傾向を感じます。また、そういう方の中には、採集者を嫌うというか、採集という行為自体を理解できない方もおられますね。

 これは、採集されない方に、いかに「採集」が重要な行為であって、日本の蝶の調査・解明には「採集」という行為が大切な役割を演じてきたことを繰り返し説明して、理解を求めていくしかないでしょうね。
 もちろん、法的に禁止されている(種や地域での)採集行為については、大いに非難してもらって構わないですが。

 私の場合、撮影がメイン(ここのところ採集していませんが、採集をやめたわけではありません!)ですが、採集者については、抵抗はありませんね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月22日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。