2010年05月23日

ウラゴマダラシジミ(2010年5月22日)

 これまで他種の撮影ついででしか撮ったことのなかったウラゴマダラシジミ(広島県、長野県など、各地で出会ったシーンはことごとく覚えております)、一度、真面目に開翅シーンを狙って撮影しようと、三重県志摩地方までお出かけしてきました。「えっ、ウラゴやったら自宅近所におるやろっ」・・・って声が聞こえてきそうですが、志摩地方特有の明るく美麗な個体を撮ろうとお出かけです。
 翌5/23に所用があるため、この日は計画的な日帰り撮影行です。で、以前から撮影同行希望されていたSky Palaceのhyria君を積んで行きました。
 午前中が降水確率0%のピーカンで、午後は降水確率30%、昼頃から急速に雲と風が出てお天気変わるパターンでした。昼過ぎには夕方のような照度と気温で、ウラゴマを見つけた時にはすでに飛翔活動モードでありました。

100522-5.jpg そんな中、飛翔モードの♂がほんの一瞬ですが葉上に静止し、開翅してくれました。う〜ん、やっぱり志摩地方のウラゴマって明るいお顔ですね。

100522-4.jpg その後、探索していると、背丈くらいの高さの位置で開翅する個体を発見です。hyria君が下から見上げるように撮影された後、コンデジGX100を右手に持って思いっきり手を伸ばし、上から被せるようにして「ノーファインダー撮法」で撮ってみました。うむ、なかなか雰囲気の出た絵になりましたね。

 明るく美麗な♀の開翅狙いでしたが、見つけた♀は交尾中で、しかも蜘蛛に捕食されているなどツキがありません。美麗♀の開翅撮影は、また次回の課題にしましょう。

 先週に続いての三重県連闘、勝手知ったる場所なので、午前中はミカドアゲハ、帰り際にスミナガシを「ウラゴのついでに」撮ってきました。

100522-1.jpg100522-2.jpg 翅裏の赤斑えぇですなぁ〜 恥ずかしながら、ミカドは本州でしか見たことがないので、翅裏の斑紋が黄色の個体は見たことありません。どんな感じなんやろ・・・

100522-3.jpg 雲が出て直射日光が遮られているので、スミナガシ、きっとえぇ色が出るに違いない・・ってことで、結構気合を入れて撮りました。うん、やっぱし直射日光なしのほうがえぇ色でますな。

 この日の走行距離373km。hyria君、お疲れさまでした〜

----【以下、2010-5-23 21:45追記】----
100516d.jpg ところで、皆さん、ダイミョウセセリには後翅の白斑の発達具合で関西型と関東型があるのはご存じですよね。三重県志摩市で撮影した個体を参考までに貼っておきます。コメントいただけると幸いです。

----【以下、2010-5-24 20:20追記】----
100524-040508dm.jpg 関西型ってどんなんか・・・自宅近所のダイミョウセセリの写真を貼っておきますね。ちょっと古い写真です。
京都市左京区 2004年5月8日

posted by kenken(管理人) at 20:58| Comment(42) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目的の蝶をすべて撮ってしまうのはすごいです。
ウラゴマの翅表はいい感じですね。今まで、ウラゴマの翅表をねらって撮った事はありませんが、今年は撮りたくなりました。
Posted by cactuss at 2010年05月23日 21:13
今年はウラゴマ、発生が遅いのかなと思ってましたが、昨年と比べても数日遅れぐらいですね。
去年、私は♂は撮れませんでしたが、♂もやはりきれいですね。
Posted by JUN.T at 2010年05月23日 21:30
ウラゴもミカドもスミナガシも。。。

ええ色出てますねぇ〜
Posted by 山キマ at 2010年05月23日 21:36
cactussさん
 コメント、おおきにです。
 いやっ、実はね、最も狙いだったのは、ウラゴ♀開翅だったのですが、不発でした。(笑)
 私もね、ブログの皆さんのウラゴ翅表写真を拝見して、是非撮ってみたいと思ってまして、初めて真面目に挑戦してみました。
 アオバセセリもきちんと撮りたくなりました。この日も見たんですけどねぇ・・・
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月23日 21:52
JUN.Tさん
 そう、微妙に遅いのかもしれません。唯一見つけた♀はハナグモに食われている交尾中の個体で、何してくれよんねん!って感じでした。
 コンデジで撮った個体は最初♀かと思ってました。それほどここの個体は明るく美麗ですなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月23日 21:54
山キマさん
 ご無沙汰ですぅ〜 コメント、おおきにです。
 えぇ色出てますやろっ!
 何か記録写真を残す必要あるときは、お声掛け下さいませ。
 ところでね、貴殿のお名前を拝見して、ダイミョウセセリ撮ったことを思い出して追加で貼らせていただきました〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月23日 21:56
ダイミョウセセリ。

予想通り“中間型”ですね。
ふ〜〜〜む。 面白い。

関西型とも言いきれぬこのタイプの出現エリアの解明も課題の一つです。
Posted by 山キマ at 2010年05月23日 22:15
山キマさん
 素早いレス、有り難うございます。
 ダイミョウセセリを見つけると、私も何型が確認するようにしていまっせ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月23日 22:33
2枚目のウラゴ、確かにここまで淡いブルーが拡がると何とも言えない清々しさというか、爽やかな感じですね。落ち着いた発色は流石です。ミカドの逆光、ステンドグラスみたいに素敵です。三重のダイミョウは仰る通り、殆ど関東型と変わらないですね。大阪や兵庫でもさほど後翅白帯は太くなく、出あった中で、一番「関西型」らしいのは東広島で撮影した個体でした。
Posted by fanseab at 2010年05月23日 22:42
少年の頃は「定光寺」がホームグラウンドの私です。
ウラクロシジミでは有名ですが、ダイミョウセセリは白斑
が少しあったので『関西型』だと思い込んでしました。

岡山県へ行ったとき、キレイな白斑列に感激。ホンマもん
の関西型や〜って叫びました。

秋田県へ行ったとき、まったく白斑のない後翅にまたまた
ビックリ!これぞ関東型!

そうして愛知県付近の“中間型”を知りました^^/
Posted by 名古屋のよい子 at 2010年05月23日 22:46
ダイミョウセセリ、確かに「中間型」って表現が良さそうな個体ですね。「関西型」に見慣れてる九州人には新鮮な画像です。

ミカドはかなり印象が違いますね。北部九州ではまず橙色なので、角度によっては裏面全体が同じような金色っぽい色彩になりますが、赤だとくっきり浮き出そうな感じですね。
私の下手な感想より、実際にご覧になるのがよろしいかな?と(爆)。
Posted by nomusan at 2010年05月23日 22:54
こんばんは、運転から案内まで全てやっていただいて、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!
写真はノートリミングですか?
スミナガシ大きく撮れて羨ましいです。
ウラゴ、オスですが表の撮影おめでとうございます!
思った以上に大きくて綺麗でウラゴファンになりそうです。
私も次開翅狙ってみたいと思います〜
Posted by hyria at 2010年05月23日 23:01
ウラゴマダラシジミ、本当に綺麗ですね。
志摩地方のウラゴマってこんなに明るく綺麗なんですね。知りませんでした。
同日、私は信州のオオルリに行きました。♂の出始めのようで新鮮個体が多かったです。♀は1頭だけ確認。
ブルー系シジミっていいですね。
Posted by zephyrus at 2010年05月24日 03:44
ダイミョウの論文、何かで読んだことあります。
関東、関西型で線引きが出来るのですが、そのライン周辺は中間型が出てくると書いてあったような。ラインが何処に引かれるかも載っていたと思いますが、誰のどんな題名だったかも思い出せません。
Posted by maeda at 2010年05月24日 06:11
私は多摩市(東京都)に移転してまだ4年目ですが、ダイミョウセセリ、この付近では関東型しか見たことはありません。
Posted by 久保田 at 2010年05月24日 07:01
fanseabさん
 2枚目のウラゴは、飛んでいる時の色となよなよした仕草から、こりゃ♀やと思いましたが、撮ってみると♂でした。羽化直で羽がふにょい感じでの飛翔だったようです。
 色表現、お褒めにあずかり光栄です。貴殿のストロボ術をお手本に、だいぶ上達してきました。この写真は、100mm Macroでごく弱めにストロボ焚いています。美しく撮れたのは、モデルのおかげですが。(笑)
 この日は、ミカドは発生状況の確認と翅裏のみをフラットに撮るのが狙いでした。
 そういうと、以前、広島で、関東の方が「関西型だ!」って、ダイミョウセセリを真剣に撮ってましたね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:02
名古屋のよい子さん
 ご登場、コメント、有り難うございます!
 定光寺って聞くと、私もウラクロを連想しますね。きっとそこのダイミョウは、中間型が主なのでしょう。そうそう、純粋な関西型、関東型を見て、初めて中間型って分かりますよね。この写真のダイミョウも、やや関西っぽい中間型かと感じております。

 ところで、話は変わりますが、関西人が「あほ」、関東人が「ばか」と言うのに対して、中間地点の名古屋人は「たわけ」と言うような。貴殿もそうですかな。ダイミョウも「中間型」よりも「たわけ型」って呼んだら良いかも。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:03
nomusanさん
 まいどです。このダイミョウ、やっぱり微妙な大きさの白斑ですよね。
 そうかぁ〜確かに三重のミカドに翅裏がくっきりした印象になるのは赤班だからなんですね、きっと。
 「角度によっては裏面全体が同じような金色っぽい色彩」なんて言われると、一度、九州に撮りにいかんとあきませんなぁ〜私ね、まだ橙色のは見たことないもんで。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:04
hyriaさん
 お疲れ様でした〜
 いつもお天気と蝶の発生状況で、当日朝に行き先決めたり予定変更して、日帰りのつもりがそのまま現地車中泊など臨機応変の撮影行ゆえ、なかなかお誘いできませんでしたが、
ようやくご一緒できましたね。若い方とご一緒すると、私もパワーをもらえます。
 ウラゴは、お天気の変化が早すぎて、見つけたときには飛翔モードでしたね。今回の観察経験を活かして、また探索してみて下さいな。何事も、現地で、現物を、現実に、見ることが大切です。
 ナガシの画像は、周囲約5mmをトリミングしてありますが、ほぼノートリです。詳しく説明すると、EOS30Dでの元画像3504×2336を27%縮小して946×630にして、周囲をほんの少しトリミングして900×600にしてあります。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:06
zephyrusさん
 おっと、前回に続いてのコメント、有り難うございます。
 おおっ、信州のオオルリにお出かけでしたかっ!
 ウラゴは、大阪南部、和歌山、三重あたりはこんな感じで、とっても明るい個体です。もっと明るい地域もありますが、ここの個体群もかなりの明るさです。♀はもっと明るくて、しびれるような美麗さがあります。
 京都市内、自宅から10分も走ればウラゴ飛んでますが、このような明るい個体はいませんねぇ〜
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:07
maedaさん
 ダイミョウの論文、何かな。また、お気づきの際は教えて下さいな。確か、論文とまで言わないレベルで、蝶研F誌にたくさんの写真入りの報文があったと記憶しています。帰ったら探してみようっと。
 上記、「名古屋のよい子」さんへのレスにも書きましたが、人間言葉にも、「あほ」「ばか」「たわけ」があるようで、面白いですね。
 そちらも季節変動が例年とは違う感じのようですね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:09
久保田さん
 ご報告、有り難うございます!
 さすがに多摩ですと、全て関東型でしょう。私ね、高校生くらいまで関西型、関東型ってあるのを知りませんでした。めったに関西から離れませんでしたし。
 ダイミョウもウラゴのように、最も白斑大きな個体を探して西行するのも面白いかもです。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 12:09
やはり濃い色の蝶は曇りの日がいいですね。
スミナガシと新緑、深みのある素晴らしい描写。
きっと手応えがありましたでしょう。
小生は当日仕事・・・・山の上の誰かさん達を指をくわえて想像致しておりました。良い天気だったもんね・・・・・
Posted by kmkurobe at 2010年05月24日 16:28
kmkurobeさん
 まいどです。かんかん照りの直射日光下で撮ったミカドと曇りの中で撮ったウラゴにナガシ、やはり、薄曇りぐらいが色表現には最適ですね。
 このナガシは、春型の表現としてはベストでしょう。

 最近、ピーカンの多い撮影行、イエローやオレンジに薄曇りの天候で出会ってみたい私です。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月24日 17:12
朝にここを眺めただけで出勤してしまい、亀レスになってしまいました。
ウラゴの写真、ばっちり決まってますねえ。こういう見事な写真を見ると、私が前に写した写真がいかにピント大甘のエエかげんな写真だったかと思い知らされます。
同じ100ミリマクロの写真とは思えませんもの。

ミカドに関しては、こっちじゃ拝めないのでコメのしようもないのですが、ダイミョウの白紋は面白い話題ですね。
中間型の命名も「たわけ型」に1票です。
みちのく人からすると、関西のばりばりのでかい白紋が並んでいるのに対面したいです。
Posted by カトカラおんつぁん at 2010年05月24日 19:35
カトカラおんつぁんさん
 なんの、ちっとも亀レスなんかじゃありませんよ〜
 ひゃあ〜、過分なお褒めに預かり、光栄です。m(_ _)m
 ウラゴ、これまでは他種の撮影の合間に偶然出会って証拠写真・・・って、ダイミョウセセリ的に翅裏を撮ってましたが、今回は本気モードで開翅撮影狙いです。

 ダイミョウ、「たわけ型」が分かり易いよねぇ〜(笑)
 貴コメントに敬意を表して、関西型らしい自宅近所のダイミョウを追加で貼らせていただきました〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月24日 20:23
再度こんばんはです。

ダイミョウの関西型の写真、感謝です。見慣れないせいもあるかと思いますが、こっちの後翅まっくろけのものと比べると、白紋いりのは、やっぱエエ感じです。
中間型っていうのが、アリューシャン列島みたいに,白紋の数が1つずつ増えていくなんてのを並べられたら楽しいでしょうね。
紋の数で、三重県だとか愛知だとか判別できたりして。

判別に使えるほどだったら、ちょっと「たわけ」でなくって、賢い名前にしないといけないのかも。あ、単なる妄想です。
Posted by カトカラおんつぁん at 2010年05月24日 21:19
みなさんご指摘のとおりダイミョウはやっぱり「中間型」ですね。

ミカドは「赤班」「黄班」どちらもそれぞれに風情があって甲乙つけがたい・・。小生は九州ルーツでこの時期に墓参で訪れた折によく見かけました。お伊勢さんには赤が似合いそう・・。

そっかー。もうゼフの季節ですね。その前にヒメヒカゲですな。今日の大雨で播州地方の生息地は大丈夫だったのかしらん。。。
Posted by 深山葵 at 2010年05月24日 21:25
カトカラおんつぁんさん
 さっそくの再コメント、有り難うございます。
 こちら京都では、周辺はこんな白いダイミョウばかりで見慣れているため、黒いダイミョウを見ると感激するんですわぁ〜
 中間型って、白斑の数はどうでしょうねぇ〜その白斑の1つ1つが小さくてボケ気味なような。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月24日 22:03
深山葵さん
 どうもっ!三重、中間型ですやろっ。
 ミカドは黄斑型を見たことないのでなんとも言えませんが、赤のほうがお顔すっきりってのは間違いないでしょう。伊勢名物に赤福ってのもありましたし、やはりこちらは赤がお似合いですね。(笑)
 今日の大雨、あれくらいならまったく問題ないですよ。ヒメヒカゲついでにもう1回播州地方のウラゴ撮影狙ってみるって手もあるなぁ・・・
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月24日 22:08
わあっ、すっかり盛り上がってますね。
狙った蝶をピッタリの時期に行って
ジャスピンで素晴らしい画像をGETしてくる…
さすがですね。
週末は風邪をひいて臥せってました。
来週はフィールドへ出たいです。
Posted by T-urago at 2010年05月24日 22:18
T-uragoさん
 コメントお待ち申し上げておりました。
 ご登場、有り難うございます!
 やはり、ウラゴの話題、貴殿のコメントが入ると記事自体の格が上がります。

 実は、正月に、この方面に某T君が採卵に行くのに便乗させてもらって下見しておきましてね、この辺りを成虫が飛ぶやろなぁ〜なんてイメージトレーニングしておりました。

 今日もちょっとひんやりしてますね、お風邪、ご無理をなさいませんように。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月24日 22:47
名古屋では「あほ」も「ばか」も使いますが、「ばか」と
言う人は普段から物の言い方がキツイ人ですね。

「たわけ」ですが、“大人が子供に対して”“上司が部下
に対して”よく使われますが、それよりも『たぁ〜けか、
お前』『あいつ、たぁ〜けだなぁ』と『たぁ〜け』の方が
よく使われますね^^/
Posted by 名古屋のよい子 at 2010年05月24日 23:02
ウラゴだぁ。
三重の美人さん。
オスだから美男子?
ブルーがとってもエエもんです。

いろいろ有るから楽しい種類だと思います。
Posted by しまびと at 2010年05月24日 23:32
名古屋のよい子さん
 とぉ〜っても、よく分かりました。さすが、HNは、だてではありませんね!
 学生時代、名古屋在住のO先輩ってのがおりましてね、「たぁ〜けか、お前」って、よく言われましたわ。なので、そのニュアンス、めちゃよく分かります!
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月24日 23:59
あっ、しまびとさんだ!
 コメント、有り難うございます。
 ウラゴの話題、貴殿とT-uragoさんに揃い踏みしていただいて、大変嬉しゅうございます。
 ここの個体って、ホンマに明るいお顔ですね。ウラゴは近所にもおりますが、わざわざ行って良かった〜って感じです。♀の開翅撮影が今後の課題です。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月25日 00:04
ウラゴマダラシジミ、自宅近くにいるのでシーズンになると撮影しますが、なるほどきれいな個体ですね。
三重のダイミョウセセリは、こんな感じのものは関東でも時々目にします。
秩父のものはもっと白帯が出ますけど、さすがに京都のものほどは出ません。
何かの機会に撮影したいと思っています。
Posted by ダンダラ at 2010年05月26日 15:39
ダンダラさん
 コメント、有り難うございます。
 そう、貴殿はウラゴ、毎年撮影されていますよね。確か、一昨年の作品だったかな、♂の開翅をゲットされてますよねぇ〜その画像も含めて、ブログの皆さんの開翅画像に刺激されて私も今シーズンからウラゴ撮影に参入です。ここ志摩地方の個体はかなり明るい傾向です。
 ダイミョウセセリ、確か、広島にヒョウモンモドキ撮影に訪れられた際に「関西型を撮りたい」っておっしゃっていたのも覚えておりますよ。私は逆に、真っ黒な関東型撮ってみたいです。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年05月26日 16:59
あらら〜、超カメレス…(汗)。

ウラゴ綺麗ですねぇ〜。
ミカドもエエ色出てますやん。

昨日は幾つか撮影出来ましたが、
今ひとつの出来でしたぁ(悲)。
Posted by Rhetenor at 2010年05月31日 11:39
Rhetenorさん
 なんの、なんの、超亀レス、大歓迎ですよぉ〜
 私も貴日記、最近ROMで失礼しとります。

 ウラゴにミカド、いずれも微妙なブルー系ですね。
 三重のウラゴ、♂でもこんなに明るいとは驚きました。
 本当は♀狙いでしたが、唯一発見した♀は蜘蛛に食われているとは・・・(涙)

 ん!昨日の撮影となっ、さっそく貴ブログへGO!
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月31日 19:16
はじめまして。「風任せ自由人」のmaximiechanと申します。
cactussさんのウラゴマダラシジミへのコメントを見てこちらのブログに来ました。お名前は以前から色々な方から聞いていてブログも時々拝見していましたが、コメントは初めてです。これからもよろしくお願いします。
所でウラゴマダラシジミの件ですが、先日私が観察したのはあいにくの冷え冷えとした曇り空の午前中。その時は下草に降りた個体を撮影していたら、じわりじわりと翅を開きました。少し暖かくなってきたからだと感じたのですが・・・。まあ、1回の観察では何とも言えませんが、午前中開翅したことは確かです。
Posted by maximiechan at 2010年06月07日 06:25
maximiechanさん
 こちらこそ、はじめまして。
 cactussさんのブログからわざわざ飛来いただき、コメント、誠に有り難うございます!

 なるほど、あのウラゴの写真は午前中だったのですね!よ〜く、分りました。自分自身のこれまでの少ない観察経験と皆さんからのお話しで、「午前中の開翅」というのが明確にはなく、どうかなと思っておりましたが、1回でも事実があれば十分でございます。これで、朝から出かけて行って待つ際に期待が持てます。
 貴ブログの記事からも、午前も午後も、飛翔(活動)する直前に開翅するというように考えておりまして、検証を続けてみます。

 今回は貴重なコメントを本当に有り難うございます。貴ブログの記事を見逃していたとは・・・私の目は節穴なので、今後も見逃さないよう、この機会に拙ブログよりリンクさせていただきます。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by kenken(管理人) at 2010年06月07日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。