2010年05月06日

ヒメギフを満喫する(その1)(2010年5月2〜4日)

 G.W.は、nomusanさんpekeyamaさんが信州で「ミッションHG」なるものを実行とのこと。まあ、どっかでお目にかかるだろう・・・ってな感じで、例によって、車中泊をしながら長野県内をうろつくことに。結果、待ち合わせたわけでもないのですが、お二人以外の多くの撮影仲間にもお目にかかることになりました。皆さん、楽しいひとときを有り難うございました。
 さて、今年は、ギフチョウは発生状況が読みにくいので、ヒメギフチョウを中心に撮影です。まずは、吸蜜画像からまいりましょう。

100502hg1.jpg 定番ですが押さえておきたいカタクリでの吸蜜画像。いつも思うのですが、下草や木の幹が邪魔をしたりで、なかなかすっきりした背景の絵は撮れないもんですなぁ〜

100502hg3.jpg ニリンソウが群生する中にポツンとあるカタクリでの吸蜜。背景をオール・グリーンでヒメギフ吸蜜を撮るってのはなかなか乙なもんですわ。

100502hg2.jpg なんと珍しい!ニリンソウでも吸蜜しよりました。ヒメギフって、なかなか白い花を訪れないもんなんですが。これは逃さず撮影せねば・・・って緊張感が伝わったのか、直ぐに飛ばれてしまいました。「我未不一体化自然」といったところかな。【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:16| Comment(28) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回はいろいろとお気遣い頂きまして、本当にありがとうございました。お陰様で”ミッションHG”大成功でございましたよ〜(笑)。吸蜜画像、流石ですね〜・・・。私もいつかこんな画像が撮りたいもんですわぁ。
Posted by nomusan at 2010年05月06日 21:54
えーお疲れさまでございました。
ニリンソウとは驚きました。
しかし本日も暑かったです・・・・・
季節が遅いことより、この暑さの方が記憶にございません。
Posted by kmkurobe at 2010年05月06日 22:02
見事な吸蜜写真ですね。
ニリンソウでの吸蜜写真は初めてだと思います。
今年はイエローバンドはこれからなので、今週末辺りに挑戦してみます。
Posted by cactuss at 2010年05月06日 22:15
やはり、ヒメギフはカタクリでの美しい吸蜜シーンからですよね!シャープな写りは流石です。
じっくり1人で撮影するのも良いですが・・・撮影仲間とワイワイと撮影するのはもっと楽しいです。少々チャンスを逃しても・・・です(爆)
続編楽しみにしています〜♪
Posted by Noreen at 2010年05月06日 22:24
nomusanさん
 お疲れさまでした〜もう、日常の世界に戻れましたか?(笑)
 ミッション・コンプリートで何よりでした。いつも何かとお気遣いいただく貴殿に、少しはお返しができたかなと思っとります。
 吸蜜写真、お褒めにあずかり光栄です。気温の高い日は一瞬のチャンスなので、いかにすばやく撮るかですね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 22:48
kmkurobeさん
 はいよっ、お疲れさまでした。今回は、実は、撮影よりは宴会を楽しみにしておりまして、楽しめましたよ。
 ニリンソウ、まさかこんな白い花に来るとは驚きました。「こりゃ撮らねば!」って緊張感が蝶に伝わってしまって直ぐに逃げられましたが、口吻を伸ばしている写真が撮れたので喜んでおります。
 今日の京都は29度で夏でしたわ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 22:51
cactussさん
 まいど、コメント有り難うございます。おっと、貴殿の記憶の中でもニリンソウでの吸蜜は初めてですかっ!私、この花には来ないもんだと思っていたので、正直、驚きました。
 バンド、この週末はえぇ感じやなぁ〜撮ったも同然かも。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 22:54
Noreenさん
 コメント、有り難うございます。そちらも、ようやく本格的な春の訪れのようですね。カタクリって、本当に吸蜜撮影にもってこい花でしょう。
 今回はね、内緒ですが、撮影よりも宴会を楽しみにしていた撮影行だったりします。(笑)
 「続編」乞うご期待ですぞっ!(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 23:01
お疲れ様でした。
この日、私はさっぱりでしたが、こんなに吸蜜シーンのチャンスがあったのですね。
皆さんコメントされてますが、ニリンソウの吸蜜は初めて見ました。
Posted by thecla at 2010年05月06日 23:09
お疲れ様でした。
初日はなかなかチャンスがなくて吸蜜写真は撮影できませんでしたが、さすがですね。
1枚目は産卵の後の例のヤツですか。
Posted by ダンダラ at 2010年05月06日 23:17
車中泊遠征お疲れ様でした。
<いつも思うのですが、下草や木の幹が邪魔をしたりで、なかなかす <っきりした・・・
これ、確かにその通りですが、考えてみると、彼らの生息環境って結局、下枝があったり背景が邪魔になることが多いですよね。その点、二枚目の緑の絨毯に浮かびあがるような絵がとても異色でもあり、素晴らしいのだと思います。
Posted by fanseab at 2010年05月06日 23:20
お会いできて嬉しかったです。やはりヒメギフ吸蜜お顔もしっかり、くっきり表現されており、流石ですね。私も来年は頑張ります。
Posted by ノゾピー at 2010年05月06日 23:26
theclaさん
 お疲れさまでした〜産卵をしては吸蜜してお腹を膨らませる・・・そんな♀をじっくり追いかけておりました。
 私もニリンソウで吸蜜は初めてで、予想もしていませんでした。うまく口吻が出ているのを写し込めました。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 23:38
ダンダラさん
 お疲れさまでした〜
 ポイントについて車から降りて撮影準備をしているといきなり車がやってきたので誰かしら?って見たら貴殿だったので驚きました。(笑)
 はいな、そのとおりで、産卵後の個体を追っていると栄養補給なのか吸蜜しましたね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 23:42
fanseabさん
 1度泊ると車中泊はクセになりますな・・・宿代無料って魅力的です。(爆)
 fanseabさんからお褒めのコメント貰えるとは、嬉しいなぁ〜そうですね、おっしゃるとおりその生息環境がら、背景のごちゃつく画像になりますね。背景がオール・グリーンって、なかなか映えるもんですね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 23:47
ノゾピーさん
 遠路、お疲れさまでした〜日帰りとは凄い日程ですね。
 な〜に、今回は、来シーズンに向けての「下見」でしょう。
 カタクリの花とヒメギフの両方の鮮度がぴたりと合う時期に生息地を訪れたいですね。
 またお目にかかりましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 23:50
今回は大変お世話になりありがとうございました。
たった3枚の写真でkenkenさんのすごさが。。自分は定番ですが1枚目のような写真が今回撮りたかったです。この一見邪魔なものも雑木林の林床を見事に表現されてて、すっきりとした写真よりも雰囲気あって好きです。来年もといきたいですが、ゴールデンウィークにヒメギフが楽しめるのはマレなことですよね。
Posted by ma23 at 2010年05月07日 00:44
引き続きのヒメギフ画堪能させていただきました。

アセリは不思議とチョウに伝わるもンですね。

それにしても、この時期でヒメギフがまだそれほどスレていないと言うことは、白馬のギフの適期はいつごろになるのでしょうね。連休最後は30℃オーバーして帳尻合わせしたというのに・・。
Posted by 深山葵 at 2010年05月07日 00:44
3日、ギフやkenkenさんとまたお会いできるかも? と夜行列車で白馬村に行きました。現地の予想以上の残雪に「あかんか?」とつぼみのカタクリ前で休んでいました。9時前頃から気温が急上昇、カタクリの花弁は開き、それなりにギフ達がやってきました。そこそこ撮影して野鳥観察に転進! こちらはそれなりに充実。皆さんとお会いできませんでしたが、もっと下流域に行かれたのかな?
Posted by 久保田 at 2010年05月07日 02:58
久しぶりにお会いできて、とても楽しくすごすことができました(^^)
ニリンソウの吸蜜とは驚きました(**)
今年は、どこに行ってもカタクリが新鮮でヒメギフを撮るには最高でしたね。マンサクの花がまだ咲いていたのには驚きました(^^)
ギフはちょっと残念でしたが、これから楽しめそうですね。
Posted by ヘムレン at 2010年05月07日 06:21
ma23さん
 お疲れさまでした。現地では、わざわざご挨拶にお越しいただいたようで恐縮です。
 なるほど、雑木林の林床をありのままに表しているというのは確かですね。今年は発生が遅いようで、この時期にヒメギフが楽しめるというのは確かに珍しいです。な〜に、来シーズンは少し早めの時期に日帰りすればよろしいのではないかな。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月07日 07:14
深山葵さん
 そう、カメラを向ける時の気持ちって、結構、蝶に伝わるもんだと思いますね。そのシーンを表現したいっていうよりも、そのシーンを楽しもうって気持ちで撮影したほうが蝶も逃げないように感じます。まだまだ修行不足です。
 この時期にこの場所で新鮮なヒメギフ、確かに遅い発生ですね。気温はたまたま暑い日が続いたということで、長い目でみると一瞬のことなんでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月07日 07:17
久保田さん
 今回は遭遇いたしませず、残念でした。以前にお目にかかったところは、確かに残雪が多いようで、まだこれからの発生のようです。
 今回は、ヒメギフをメインに、今後の撮影地の下見がてら、付近のいろんな場所をうろついていました。
 おおっ、野鳥は成果がありましたかっ!2刀流ってのは素早く転戦できてえぇですなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月07日 07:20
ヘムレンさん
 お久しぶりでしたね。ん?どこかでお目にかかったお顔だなぁ〜とブッシュ越しに見ておりまして、失礼しました。(笑)
 カタクリとヒメギフはばっちりでした。こういう時はすっぱりヒメギフ1本に絞るのが良いですね。
 私ね、ギフは1頭も見ませんでしたわ。
 またお目にかかりましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月07日 07:23
お師匠相変わらずの素晴らしい写真お見事です。
同じフィールドにいながら
これ程シャッターチャンスに恵まれるのは
お師匠は完全に殺気を消しているのに
まだ私は雑念が強いからなのでしょうね。

お別れした翌日新潟転戦してギフはやはりnullでした。
Posted by 蝶山人@昼休み at 2010年05月07日 12:59
蝶山人さん
 まいど、コメントおおきにです。
 飽きもせずに、目星をつけた個体を気長に見守っていたせいでしょう。そうねぇ〜、前回の撮影行で今シーズンの傑作が撮れたので、心にゆとりがあって自然に溶け込めたかな。
 しかし、ニリンソウ吸蜜シーンには、これはと思って気配を感じ取られて逃げられましたわ。修行不足ですな。

 今年は、ギフはつきませんなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月08日 13:10
今回は色々とお世話になりました。
ありがとうございました。
二輪草での吸蜜、ひめぎふの可愛らしさが強調されて
とても良い雰囲気ですね。
なかなか獲れないシーンをさりげなく・・・
流石はkenkenさまです。
GW前後の白馬詣で、くせになりそうです(笑

Posted by PEKEYAMA at 2010年05月09日 15:36
PEKEYAMAさん
 これは、これは、コメント有り難うございます。
 写真の出来は・・・偶然ですよっ。(笑)

 なんだか、あわただしく時間が過ぎたミッションのように感じていますが、多くの貴重な出会いがあったのではないでしょうか。
 私、もう完全にくせになっていま。重症です。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月10日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。