2010年04月26日

EF100mm マクロ ISでヒメギフチョウを撮る(2010年4月25日)

 今シーズンから実践投入しているCANON EF100mm F2.8Lマクロ IS レンズ。前々回記事のギフチョウ撮影で、被写体との距離感やストロボの調光補正など、使用感覚がつかめてきました。今回は、ヒメギフチョウを被写体に本格撮影です。
 今年は季節進行が遅めのようで、未発生か?なんて思いながらも、「案ずるよりは行くが易し」で、久しぶりにヒメギフチョウ撮影1本に絞って長野県のオーソドックスな生息地を日帰り訪問してみました。
 う〜ん、皆さん同じことを考えていますね・・・結局、Kさん、Iさん、そしてマイ師匠のSさんと集合することに。(笑)

100425hg1.jpg 100mmマクロ ISの描写を確認すべく、地面で日光浴するヒメギフのベタ開翅画像を撮ってみました。ヒメギフって、こんなに綺麗やったかなぁ〜なんてホレボレ眺めていました。後翅の赤斑がとってもえぇ個体ですな。

100425hg2.jpg カタクリでの吸蜜、イメージどおりに描写できました。100mmの距離感がつかめてきた感じですわ。意識して、縦位置で、カタクリ全体とチョウの両方を表現してみました。新鮮なカタクリで新鮮なヒメギフが吸蜜って、狙ってみると、なかなか両者が揃わないもんなんですわ。

100425hg3.jpg さすがにCANONさんの純正レンズですな。ほんの僅かな吸蜜の瞬間にレスポンス良く合焦しました。師匠Sさんの描写力に近づけたような気がして嬉しかった絵です。

 100mmマクロの画像ばかりだと、「広角画像はないのかっ」なんて声が聞こえてきそうなので、15mm Fisheyeの絵も貼っておきましょう。

100425hg4.jpg 抜けるような春の青空のもと、咲き乱れるカタクリの花で吸蜜するヒメギフチョウ。足元はかなりの急斜面だったりしますが、うまく描写できたかな。

 この日の走行距離808km。ヒメギフチョウに癒された1日。
posted by kenken(管理人) at 21:40| Comment(34) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでは、ヒメギフシーズン真っ盛りのはずなのに、まだ拝んでません.
4枚のとってもきれいな写真で我慢をすることにしました。
Posted by カトカラおんつぁん at 2010年04月26日 22:15
カトカラおんつぁんさん
 おおっ、さっそくの1番コメント、有り難うございます。
 おろっ、そちら、拝んでおられないって・・・ひょっとして、未発生ですかな?
 貴殿のお住まいの県には、学生時代に訪れましたが、ん〜っと、あれは5月だったかなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月26日 22:30
カタクリもヒメギフも新鮮で綺麗ですね。

ISレンズもビシッと来ていますね。300も100の絵も流石です。
Posted by 愛野緑 at 2010年04月26日 23:07
100mmマクロで、満開のカタクリでと思い合流しようと家を出ましたが、深酒がたたってたどり着けませんでした。
マクロの描写力とGR DVでの広角、どっちもこんな風に撮ってみたいのですが、GWまでとっておくことにします(爆)
Posted by thecla at 2010年04月26日 23:22
お疲れさまでした。
泣きたくなるような映像の連発ですね。
これは負けました。
恐れ入りました。
Posted by kmkurobe at 2010年04月26日 23:27
今年は連休の予定が立てられず、連休明け前後に白馬に入ります。ギフもよいのですが、きれいなヒメギフが撮りたいのですが…
多摩川中流域はミヤマチャバネセセリとギンイチモンジセセリが最盛期です。アカボシゴマダラはまだ少し先になります。
Posted by 久保田 at 2010年04月26日 23:28
愛野緑さん
 ご無沙汰いたしております。コメント、有り難うございます。
 貴殿もお使いの100mmマクロIS、キレの良い絵が得られました。だいぶ使い慣れて距離感もつかめてきました。
 両者が新鮮で絵になるチャンスなかなか難しいもんでっすね。
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 00:57
theclaさん
 撮影も、やはり健康第一でないといけませんね。
 な〜に、慌てなくても、今年は発生遅そうなので、これからが本番でしょう。

 100mmISレンズ、前々回記事の際、実践投入しましたが、これで距離感もつかめるようになったことだと喜んでいます。
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 01:06
kmkurobeさん
 お疲れさま〜
 100mmの距離感が会得できたようで、一瞬のチャンスでしたが、吸蜜画像をうまく押さることができました。、
 そう、えぇものが得られ、撮りながら泣いてましたよ。(笑)
 
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 01:09
久保田さん
 今年は連休後半〜連休明けがよろしいかと思いますね。
 私、ヒメギフをメインに撮影に出かけたのは稀ですが、今回、なんとか発生してました。今年は天候不順で、読みにくいですね。まあ、「迷ったら行く」を徹底するしかないようですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 01:20
今年は本当に遅れているようですね。
この時期でも「出始め」というかビカですものね。
ギフがクモツと混飛するかもしれません。

相変わらずの名ショットの数々。
春の空気もそのまま伝わってくるようで貴殿の腕前に敬服です。
Posted by 深山葵 at 2010年04月27日 03:11
おめでとうございます!一度もヒメギフを撮ったことがない自分にとっては、いや〜〜としか言葉になりません。量より質と言わんばかりです。GWはこちらも信州に向かいますが、こんな光景に癒されたいな。。
遅くなりましたが、ブログリンクありがとうございます。まだタイトルすらちゃんと考えられてないもので、恥ずかしいのですが。。完成しだいこちらからも宜しくお願いします。
Posted by ma23 at 2010年04月27日 03:27
う〜ん・・・・・綺麗だぁ・・・・。
これしか、書けません。
わくわく・どきどきです(笑)。
Posted by nomusan at 2010年04月27日 05:55
おっ!N様が(↑)…。
「わくわく・どきどき」ってどうしてなんでしょうねぇ〜。
ちょいと小耳にはさまって…(笑)。

高校時代、地元でカタクリの中に座っていたときのことを思い出します。
2、3枚目のような光景が…。

さて急いでポチッ!
Posted by luehdorf at 2010年04月27日 06:10
長野のヒメギフは赤城のヒメギフと並んで後翅の赤紋が発達している個体が多くてきれいですよね。
光線の具合と言い、ヒメギフ・カタクリの鮮度と言い理想的なシーンに遭遇されて、この時期にこのポイントを選ばれた選択眼の確かさが光りますね。
私も久しぶりにこのポイントを訪れてみようかなと計画していた矢先でした。
Posted by ダンダラ at 2010年04月27日 10:40
深山葵さん
 季節進行遅い感じで、ヒメギフ出始めでした。
 なるほど、ギフとクモツキの混飛、これはありますね。私も以前に1度見ましたよ。
 今年は天候不順で、ギフ♂がヘタリ気味と聞いてます。なので、ギフ/ヒメギフの混生地では、ギフ♀とヒメギフ♂の雑交の可能性が高まるかなとも感じてます。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 11:30
ma23さん
 まいどっ、コメントおおきにです。
 そうかぁ〜ヒメギフは未撮影でしたかっ・・・GW、ヒメギフに癒されましょう。私もきっと近くをうろついているので、お目にかかった際はよろしくです。
 吸蜜の縦位置画像、貴殿風の描写かな、なんて思ったりもしてます。(笑)100mmの距離感がつかめてきました。

 PS.貴ブログ、あっ、あれは仮のタイトルだったのかぁ〜(笑)お手空きの際にリンクよろしくです。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 11:35
nomusanさん
 まいどです。
 わくわく、ドキドキ・・・分かりますねぇ〜その気持ち。(笑)
 今年は季節進行遅いとのことですが、どんな感じなのか、実際に自分で足を運んで見てきました。
 今回のは下見ってことで。(爆)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 11:36
luehdorfさん
 ご無沙汰ですぅ〜コメントおおきにです。
 N様、どうしてなんでしょうねぇ〜。(笑)
 高校時代、えぇ思い出をお持ちですなぁ。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 11:36
ダンダラさん
 コメント、有り難うございます。
 「選択眼の確かさ」だなんて・・・おしりがこそばゆいっ(笑)ひょっとしたら未発生かもなんて思いながらも、自分の目で季節進行を確かめようという下見気分での遠征です。
 ん、でもね、イメージどおりの絵が得られて大喜びしています。
 お察し通りのポイントで、そうなんです、ここのヒメギフってこんなに後翅の赤班が綺麗だったかななんて見とれていました。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 11:37
お師匠コメント遅れました。

このお方たちは横移動に敏感なので
2枚目写真のように正面から撮れるチャンスは
本当に少ないですね。
正面に移動すると飛ばれてしまい・・・

また4枚目のような「一面のカタクリ」写真
何年も追及していまだ撮れない絵です。
空の青さと空気感まで表現して
素晴らしい絵を見せて頂きました。
Posted by 蝶山人@休憩中 at 2010年04月27日 17:08
カタクリ、ヒメギフともベストの状態ですね。
それでも狙い通りの写真は簡単に撮れるものではないので、経験と腕と運が合わさっての傑作ですね。
特に2枚目は花の開き具合も最高ですね。
Posted by BANYAN at 2010年04月27日 17:56
蝶山人さん
 まいどです。コメント、おおきに。
 この日は、晴天のわりには気温が低く、活動が鈍いめで、吸蜜撮影にはもってこいの条件でした。お気づきと思いますが、吸蜜画像の3枚は、全て同一シーンの描写です。
 個人的には、横位置でのマクロ写真が、口吻を伸ばしているところまでばっちり写し込んでいるので好みです。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 18:07
BANYANさん
 コメント、おおきにです。
 未発生のリスク承知で訪れてみましたら、カタクリは満開、ヒメギフは発生初期というえぇ条件でした。数頭の綺麗な個体がいれば撮影には充分なので、いい感じの絵が得られました。
 2枚目は、マイ師匠のSさんの描写を真似て縦位置での表現ですが、こういうふうに撮ると花全体が写っていいですね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月27日 18:14
満開のカタクリに、鮮度の良いヒメギフ・・・
えぇ感じですね。

流石の画像、しばし見入ってました。



あっ、また刺激されてるぅ〜。
Posted by Rhetenor at 2010年04月27日 20:10
Rhetenorさん
 コメント、有り難うございます!今シーズンは春先の天候不順でギフチョウは不作とのことなので、ヒメギフ1本に切り替えてお出かけしてみました。カタクリにヒメギフ、鮮度の良い両者を揃えて写し込むのは、なかなか思うようにいかないところが、また楽しいもんです。
 ヒメギフも綺麗なぁ〜って、私も現地で見入っておりました。ん?刺激してしまったかな。
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 20:53
厳選した4枚っていう感じですね。ヒメギフ実は一度も見たことがありませんが、ギフと全然違うのですね。来年はチャレンジしたいと思っています。目の保養をさせていただきました。
Posted by ノゾピー at 2010年04月27日 22:09
ノゾピーさん
 まいど、コメント有り難うございます。
 なぜかギフほど人気がないヒメギフですが、私は大好きです。この日、カタクリでの吸蜜シーンには3回ほど巡りあいましたが、そのうちの1シーンから3枚選択してみました。来年とおっしゃらずに、思い立ったが吉日ってことで、今年でも間に合いまっせ〜(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月27日 22:35
カタクリに吸蜜するヒメギフ・・・素晴らしいですね!
 おニューのレンズ、流石、純正ですね
 使い易そうで羨ましいなぁ〜・・・・

 先日「天の声」が聞こえて・・・「信州遠征」のお誘いが・・・
 でも・・・もう連休の予定が決まっていたので断念しました
 あぁぁ〜・・・勿体無いなぁ〜・・・・・(涙)
Posted by itsuki at 2010年04月28日 08:26
itsukiさん
 コメント、有り難うございます!なかなか雰囲気の出た絵が撮れました。値段だけあって、CANONの純正レンズの威力は絶大ですね。(笑)
 なんと、「天の声」ですかっ!この時期にお誘いあっても、さすがに連休の予定ってもう決まってますもんね。と、言いながら、私はお天気次第で予定が変わったりしますが。(爆)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2010年04月28日 12:41
シャープに写り、背景もきれいなボケで、すばらしいレンズですね。レンズだけでなく貴殿の季節の進み具合の判断、腕があっての写真ですが、すばらしい写真にうっとりです。
Posted by cactuss at 2010年04月29日 20:32
cactussさん
 おっ、今、貴ブログにコメント書いて戻ってきたら・・・コメント有り難うございます!
 ようやく新レンズの距離感になじんきました。今年はギフの発生状況がよく読めないので、ヒメギフにリセットしての出撃でした。(笑)
 今年もGWはどこかでばったり遭遇なんてシーンがあるのかな。その際はどうぞよろしくお願いします。
Posted by kenken(管理人) at 2010年04月29日 20:52
やっぱりレンズも大切ですね。良いレンズは良い写りを残す。当たり前ですが、高価なものに投資しにくいです。
でも、ちょっと考え直そうかと思いました。一連のマクロ見せて頂いて。
Posted by maeda at 2010年05月06日 17:44
maedaさん
 ようやく北の大地にも本格的な春が訪れたようですね。久々のコメント、お待ちしておりましたよ。

 久々に10万円近いレンズをゲットです。ご存じのとおり、以前はTamron90mmマクロがメイン・レンズでしたが、手ぶれと合焦スピードがストレスでした。CANONの純正レンズでISの付いた100mmマクロが新発売されないかなと願っていたら、とうとう出てしまったのでスパッとゲットです。ピンもスパッと合うのでえぇもんですし、画像もご覧のとおりで、涙ちょちょぎれる描写です。
Posted by kenken(管理人) at 2010年05月06日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。