2009年12月15日

生まれてこの方

 私は、なぜか、1998年4月22日から、たばこを吸っていない。しかし、たばこは大好きで、近くで吸っている人の煙がたなびいてくると、いい香りだなあと思うし、いつかまた吸おうと思っている。すなわち、「禁煙」しているのではなく、「休煙」しているのである。

 先日、地元紙を読んでいると、「生まれてこの方」と題した以下のエッセイが載っていた。
 「近ごろは、ご養生くださいとよくいわれる。ありがたいことだが、生まれてこの方、ぼくは、養生なるものをしようと思ったことがない。酒とたばこはずっとたしなんでいる。始めたのは学生時代だ。大学に入ったら、入ったらしいことをしたいと思うではないか。酒も飲んでみなければしかたがないと思い、何回も吐いて、飲めるようになった。しかし酒自体は決していやではなく、いい刺激だった。
 実はぼくの父は酒造業を営んでいた。母も大きな酒問屋の娘で、嫁入りのときには乳母を連れ、持参金をたずさえてきた。そういう家だったから、家族は大変に酒が好きで強かった。結局、ぼく自身は研究者を目指し、家の仕事を継がなかったが、ようやく酒をたしなむようになり、それからはずっとウイスキーを愛飲している。
 ウイスキーは、ソーダ割りで飲むのが好きだ。それを知っている弟子が、以前、極地観測に出かけて、南極の氷を送ってくれたことがある。その氷に水を入れるとぱっと細かいヒビが入り、パチパチと音がする。南極の氷は長い間積もった雪の重みで中の空気も圧縮されているので、溶けるにつれ、気泡が弾けるのだ。それがおもしろく、喜んでたくさん飲んだ。今では環境のこともあり、そういう自然氷を入手することは極めてむずかしい。自然豊かな時代の貴重な思い出といえるだろう。
 たばこも、当時アルバイトで働いていた出版社の先輩に、ごく普通にすすめられた。こちらはまだ学生だからというと、学生だとなぜいけないのか、といわれ、やはりこの道で生きていく以上、たばこがわからなければどうしようもないかもしれないと考えた。
 とはいえ、お酒と違い、たばこは無理して吸えるように努力したわけではなく、また反対に、習慣になってやめられないという感じもなかった。切れたときは、あったらいいのになあと思うが、イライラするほどの中毒にはならなかった。明日になれば、とか、あとで買ってこよう、とか、そんなふうに思ってごまかせるくらいだった。
 でも今までずっと吸い続けているのは、先に述べたように、ぼくが、体にいい悪いで自分の行動を変更したことがないからだろう。よくないと言われているのは知っている。自分でもいいものだとは思っていない。だからむちゃくちゃな吸い方はしないし、なければ仕事ができないとというような禁断症状にまでは陥らない。しかし、あるからあるものを、やめたらどうだろうと考えるのは、まったくばかばかしいと思うのだ。
 絶対に吸わない、などというふうに考えない。吸えなければしょうがない、吸えれば吸いましょう、というふうに思う。このごろは健康を大事にして、たばこを吸うか、長生きを取るか、二者択一で考えている人も多いようだが、なぜそこまで追いつめて考えるのだろう。
 結局ぼくは、いいかげんなのではないだろうか。酒が飲めなかった自分。たばこを吸うようになった自分。わがことであっても、それもよかろう、これもよかろう。どこかさめた他者の目で見ている。
 その姿勢も、やはり生まれてこの方、ぼくは、ずっとそうなのかもしれない。」


 このエッセイは、先日お亡くなりになった、蝶の研究で著名な日高敏隆さんが生前に寄稿したものだ。私もこんなふうな生き方ができるといいなあと思った。
 日高敏隆さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by kenken(管理人) at 00:23| Comment(16) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
禁煙ではなく休煙ですか?
私は禁煙して9年くらいになります。再開はないでしょうね。
仕事柄難しいですし(敷地内は禁煙です)、衣服に匂いが付かない今の方が好きです。煙の香り自体は嫌いでないのですが。
Posted by maeda at 2009年12月15日 06:03
高校時代、日高先生は憧れて農工大に行きたい! と思ったこともありました。しかし、今考えると、当時、先生の書かれたものを熟読した記憶はありません。蝶の行動を研究されておられた! ただそれだけの理由で憧れたのかもしれません。先生が亡くなられた事も知りませんでしたが、心からご冥福をお祈り申し上げます。先生の書かれたものを改めて読んでみたいと思います。
合掌
Posted by 久保田 at 2009年12月15日 06:09
ええ話しです。
などという言い方はおこがましいでしょうか。
けど、強く同感するものでございます。

煙草は今は基本的には吸いませんが、吸いたくなったら吸います。先日も吸いたくなったので買って吸いました。ちなみにあの日は3本吸って、その後吸いたいとは思わないので、そのまま残ってます(笑)。
Posted by nomusan at 2009年12月15日 06:44
maedaさん
 はいな、休煙してから、もう11年も経ってしまいました。
 そうですか、敷地内が禁煙とは、職業柄それはそうだなと納得したりします。
 いつか再開しようかと思いながらも、絶対吸いたいとも思わず、心のままに生きています。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月15日 07:46
久保田さん
 私も先生の著を「熟読」したことはありません。「なんとなく読んだ」という感じです。確かに、もう一度読んでみる価値はありますね、じっくりと。
 「チョウはなぜ飛ぶか」から再読しようかな。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月15日 07:50
nomusanさん
 えぇ話は、えぇです。
 このエッセイを読んで、貴殿のことを思い出しました。
 互いに似たようなことをブログのやりとりで書きましたね。
 ブログも、書きたいときに書く、書きたくない時には書かない、そんな気ままな更新がえぇのかなと思います。たばこと同じように。
 今度たばこ始めるときは、ハイトーンかな。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月15日 07:54
ん〜む、コメントが難しい内容だったりします。
“休煙”エエ表現です。
 ↑ 秋に伺った折、妙に納得しました。

「心のままに生きています。」・・・代弁して下さったかも?



日高敏隆さん、惜しい方を亡くしたと思います。
心より御冥福を御祈り申し上げます。
Posted by Rhetenor at 2009年12月15日 09:20
Rhetenorさん
 たまにはこんな文字ばかりの更新もえぇかなと思いましたが、ちょっと難しい内容になったかも。
 まあ、お互い、心のままにまいりましょう。

 日高さん、昨年2月には、同じお部屋でお泊りして、美味しそうにたばこをくゆらせておられたのですが・・・

 私、「禁煙」ではなくて、「休煙」です。きっぱり!
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月15日 20:13
日高敏隆先生の講演は一度だけ聞いたことがありました。それはもう2〜3年前でしたか、kenkenさんもいらしていた渋川でのシンポジウムでのことです。あれが最後になってしまいましたが先生の著書を通じて今でもお世話になりっぱなしです。煙草にしても酒にしても気負わない自然体がいいですね。文章を読ませて頂いてホッとする感じでした。故白水博士の「煙草辞めてまで長生きしたいとは思わない」という豪放磊落さも好きですが。。。
Posted by clossiana at 2009年12月16日 08:04
clossianaさん
 渋川のシンポは2008年の2月ですね。あの時の日高先生の「蝶はいつから蝶なのか」は聞きごたえのあるお話でした。何にでも疑問をいだくことの大切さを改めて学びました。
 あの前日、なんと私は、日高さん、海野さんと同室で泊まっておりまして、日高さんのくゆらすたばこの煙を分けていただいておりました。
 そういうと、白水先生たば好きでしたね。いつも美味しそうに吸っておられました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月16日 17:55
こんばんは

日高先生は、若い頃からずうと書かれた本を読むのが楽しみでしたね。虫屋の目からすると、珍種の話が書かれている訳じゃないのに、いつの間にか読了しているみたいな感じでした。

猫好きなことも書かれてましたが、私も猫が好きなので、思わず頷きながら読んでいましたね。

私は酒もタバコも今まで一回も止めようと思ったことが無く今日まできています。日中はのまずに平気で居られますし、
夜に酒飲んでタバコもプカプカやってますが、これから先もこんな調子でいくでしょう。

それにしても、kenkenさんが同室でお休みになっていることにびっくりしました。なんかkenkenさんもとっても偉い方に思えてしまいました。

関係ないのですが、実は私も妹から子供時代からずうっとケンケンと呼ばれてきました。こんなところもシンクロしているんで、なんか不思議な感じです。日高先生に合掌です。
Posted by カトカラおんつぁん at 2009年12月16日 21:22
カトカラおんつぁんさん
 こんばんわぁ〜
 心のこもったコメント、有り難うございます。

 あっ、私、まったく「偉い人」なんかではありませず、蝶好きの一般人ですので、お間違いのございませんように。(笑)あの日、誰かが同室でお泊りしないといけなかったのですが、日高さん、海野さんというあまりに偉いお二人に同行の皆さんが敬遠されましてね、ふと気がつくと、私が同室になっておりました。その時にいただいたお二人のお名刺、マイ宝物として大切にとってあります。

 ご承知かと思いますが、私もね、猫好きなんです。このブログの右のカテゴリー欄に「猫」ってありますでしょ。

 へぇ〜、妹さんからケンケンと呼ばれて・・・実は、私も、知り合いからある日、突然、ケンケンと呼ばれたのが始まりで、今では自宅でケンケンと呼ばれています。(爆)

 日高先生に改めて合掌です。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月16日 21:49
いずれは自分にも巡ってくる当然の理とは言え、蝶界の泰斗の訃報を耳にするたびに何ともやるせない想いに駆られます(合掌)。

小生も大病を期に禁煙しました。
受動喫煙ってこんなことだったのか・・と改めて感じることも多いです。ただ、タバコ好きの方の思いもよく理解できるので喫煙マナーさえ守っていただければ・・・と。

冷蔵庫の整理をしてギフのサナギの無事を確認しました。
Posted by 深山葵 at 2009年12月17日 12:18
深山葵さん
 まいどです。
 そう、貴殿にも、小生にも、いずれ・・・春を数えるには限りがありますもんね。最近、そんなことも思うようになりました。
 たばこ、世間にはいろいろ意見がありますが、日高さんの「あるからあるものを、やめたらどうだろうと考えるのは、まったくばかばかしい」とは、恐れ入りました。
 おっと、ギフ、蛹元気は何よりですね。湿度維持がカギですな。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月17日 22:44
私は、休煙をはじめやっと6ヶ月です。
最も絶煙ではないので、飲み会とかで周囲に吸う人がいると吸ったりしています。
たまに吸うとやっぱり美味いですからね(^^;
渋川の日高先生の講演と宴会、今となっては良い思い出です。
Posted by thecla at 2009年12月20日 20:55
theclaさん
 休煙、あまり神経質にならないほうがよろしいかと。飲み会とかでは気軽に吸ったほうが精神的に健康かもですね。(笑)
 私、次に吸うときの美味さを楽しみに・・・もう11年も経ってしまいました。億一、「病気であと○年の命です」とか言われたら、まっ先にたばこを味わうでしょう。
 渋川での講演、良かったですね。貴殿に撮っていただいた日高さん、海野さんと私の写った写真、マイ宝物です。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月20日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。