2009年11月29日

ムモンアカシジミみたび!(2009年8月16日)

 この週末、どこにも撮影には出かけておりません。シーズン・オフ企画です。以前に先送りした記事「ムモンアカシジミみたび!(2009年8月16日)」を蔵出し画像を添えてUPしますね。
----------
 8月16日は、8月12日に続けて石川県のムモンアカシジミの生息地を訪れております。目的は、前回訪問時まったく目撃できなかった訪花・吸蜜シーンを確認することです。

091129-0816-2.jpg この日はお天気の条件が良かったのでしょうか?直ぐに訪花シーンを確認することができました。訪れている白い花はリョウブです。15mm Fisheyeでの画像です。

091129-0816-1.jpg 近づいて確認すると、ちゃんと口吻を伸ばして吸蜜していますね。前回訪問時とさほどお天気変わらないのにナゼだろう・・・日照や気温の微妙な違いか・・・いろいろ仮説をたてながら吸蜜シーンを観察しておりました。

091129-0816-3.jpg091129-0816-4.jpg それにしてもムモンアカはよく交尾します。2ペアの交尾シーンをアップしておきます。左は90mm Macro、右はコンデジGX-100での画像です。コンデジ画像の場所は、やや暗かったので内蔵ストロボを焚いています。すぐ後ろにリョウブの花が見えますな。

091129-0816-5.jpg なかなか格好えぇ開翅シーンを披露してくれた個体がおりましたが、いかんせん、場所が高過ぎで、見上げる写真しか撮れませんでした。(涙)

 さて、後日談です。9月に兵庫県丹波地方のいきつけの温泉を訪れた際、お土産店で蜂蜜好きの妻が買いたいというのでよく見てみると、いろんな花の蜂蜜がありました。ムモンアカの吸蜜のことが頭に浮かんだのでリョウブの花の蜂蜜にしてもらいました。

091129-0923.jpg 帰宅後、さっそくムモンアカの気分になって味わったところ、なんとも上品でえぇお味の蜂蜜でした。ネット検索してみると、リョウブの蜂蜜って、上質であるものの、なかなか採取するのが難しく、珍なもののようです。とあるサイトでは、5年に1度しか採取できない・・・とか書いてありました。これは勉強になりました。

 最後に、本記事のタイトルは、いつも拝見しているNoreenさんのブログから許可を得て拝借しております。Noreenさん、有り難うございます!
posted by kenken(管理人) at 10:53| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってましたぁ〜!「ムモンアカシジミみたび」が掲載されるのをお待ちしておりました。
流石ですね〜憧れの吸蜜シーンがこれでもかっと美しく、しかもリョウブの花とは素晴らしいです。ってリョウブは北海道では南部でしか見られないそうですね。ムモンアカシジミは美食家ですね〜リョウブ蜂蜜を味わってみたいものです〜♪
(今年は念願かなってスレとは言えエゾゴマナの花で吸蜜するムモンアカシジミを撮影出来ましたぁ!)
Posted by Noreen at 2009年11月29日 12:21
Noreenさん
 さっそくのコメント、有り難うございます!
 リョウブの白い花、時期的にはムモンにちょうど良い時期に開花ですね。以前に、「長野県でリョウブで吸蜜」って記事を見たことはあったのですが、自分の目で見たのは初めてでした。
 エゾゴマナでの時期外れの吸蜜、もちろん拝見しておりますよ。単純なことですが、ピカピカの個体よりは、飛び古した個体のほうがじっくり吸蜜しますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月29日 14:44
ムモンアカのリョウブでの吸蜜は広角で撮影すると風情があっていいですね。
私は、ヒメジオンしか撮ったことがありません。
でも、一番反応したのは「リョウブの蜂蜜」かも、なんせ食いしんぼなもんで、煙草やめてから太って体重が元に戻ってしまいました。う〜ん、来週人間ドックなのですが、結果が怖い(笑)
Posted by thecla at 2009年11月29日 17:53
そろそろオフシーズン企画の時期ですね。
ムモンアカは白い花を好むようで、リョウブも発生ポイントにあれば良い吸蜜源になりそうですね。
開翅は地形や樹の状態など条件が良くないと難しいですね。
Posted by BANYAN at 2009年11月29日 18:37
日野春のムモンアカシジミ、場所が分からず困っていました。そうしたら長坂のオオムラサキセンターの敷地でも見つかるとのこと。来年は真剣に探すことになりました。
蜂蜜は尾瀬のトチノキの花もおすすめ。甘さ控えめ、スギタニルリシジミ様御用達!です。
Posted by 久保田 at 2009年11月29日 19:00
theclaさん
 まいどです。コメントおおきに。この広角写真、なかなかえぇ感じで撮れました。リョウブの蜂蜜って、調べてみると貴重なもんらしく、確かに上品なお味で美味いです。

 おっと、禁煙(休煙?)ですかな・・・私は、休煙して11年と半年になります。たばこが1箱\1,000くらいになったら、セレブの吸い物として復活しよおうかなぁ〜(笑)

 えぇなぁ〜ヒメジョン吸蜜なら目線の高さや見下ろすアングルで撮れますやろっ!ありふれた花ではありますが、キマルリ、チャマ、ゴイツ、ムモンなど、とってもえぇ蝶が吸蜜してくれるので、私はヒメジョンを崇拝しております。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月29日 19:14
BANYANさん
 まいどです。8〜9月の時期、リョウブはえぇ吸蜜源ですね。とっても美味しそうな白い花です。
 そう、このポイント、ムモンの開翅は樹上ばかりで難儀しています。以前にBANYANさんが撮影されたポイントも是非訪れてみたいのですが、なかなか遠くて訪れる機会がありませず、失礼しております。
 ルーミスをにらみながらもシーズンオフ企画書いてます。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月29日 19:19
久保田さん
 ムモンは思わぬところで見つかるようです。公の施設の敷地内なら、採集者に持っていかれることを心配せずに撮影できますね。探すのは蟻がポイントです。
 さすがナチュラリスト!蜂蜜のこと、よくご存じですね。私は今回のリョウブ蜂蜜について調べて初めて知りました。スギタニルリシジミの気分になって・・・えぇなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月29日 19:23
石川県のムモンとはまたまたレアの匂いプンプンですね。2枚目の写真が特にエエですね。リョウブの蜂蜜とは蝶になりきりつつある、ケンケンさんらしい。
Posted by ノゾピー at 2009年11月29日 23:27
この蝶、独特の色彩でなかなか惹かれますね。
北海道でも局地的で何処にでも居るとは言えないようです。
少なくとも十勝では多産地を見つけていません。1-2頭なら偶然見る機会もありますが、絵になりません。
Posted by maeda at 2009年11月30日 06:18
ノゾピーさん
 深夜にコメント、サンクスです。
 石川県、岐阜県、このあたりはいろんなところにムモンの生息地があります。個人的には岐阜県、滋賀県で探していますが、新産地はなかなかみつからんもんですわ。
 リョウブの蜂蜜、まずはなんでも現物を試してみようと食してみました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月30日 07:29
maedaさん
 このオレンジには魅かれますね。他のアカシジミ類と違ってオレンジ一色ってのに特に魅かれます。
 北陸〜信州も北海道と同様に、局地的で、パラパラといる感じかな。撮影には、まずホストとなる蟻のいる木を見つけるのが課題ですね。蟻だけがいる木は結構あるのですが。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月30日 07:35
右の交尾の画像、♂の翅表がチラっと見えていて、
涙ちょちょぎれますぅ。
確か、この種は複数回交尾するとか・・・。
なので、交尾シーンに出会う可能性が高いのかな?

翅の縁までオレンジ一色なところに気品を感じたりします。

訪花(ヒメジョンだったかな?)は見た事が有りますが、
開翅の記憶はないですね。
Posted by Rhetenor at 2009年11月30日 19:50
Rhetenorさん
 こんばんわ〜
 うをっ!なんと鋭い観察ですな・・・流石です・・・右の交尾画像、内蔵ストロボを焚いたので、その予備光に敏感に反応して開翅しているんです。
 こいつはホンマに何回でも交尾する感じで、単独個体を撮影するよりは、交尾画像のほうが楽ちんだったりします。(笑)
 開翅は訪花(吸蜜)中はないと思われます。なかなか私の前では開いてくれません。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月30日 23:40
リョウブの白い花での吸蜜は空の青が入って、いい絵になっていますね。
この蝶は簡単に交尾が外れますが、簡単にまたくっつきます。この蝶の特徴かもしれませんね。
Posted by cactuss at 2009年12月01日 00:10
cactussさん
 コメント、有り難うございます!空の色の出し方って難しいですよね。吸蜜個体がピカピカなら、なおさら際立つのでしょうが、スレた個体のほうがじっくり吸蜜してくれます。(笑)
 確かに、交尾個体が静止している葉をたぐりよせて接写してやろうとしたら、いとも簡単に交尾が解けて飛び去り〜ってパターンが2回ありました。不思議な蝶ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月01日 01:04
ムモンアカは他の種に比べて交尾シーンを目にすることが多いですね。
とは言っても30年以上前に撮影したきり、再度撮影したのは昨年ですが。
複数回交尾する蝶は、精子もさることながら、精液の中に含まれるタンパク質を、卵をつくる栄養として摂取しているとの報告を見たことがあります。
そんなことと関係があるのかなと思っています。
Posted by ダンダラ at 2009年12月02日 09:22
ムモンアカは生態も摩訶不思議なチョウなのでシンプルで地味な斑紋が逆に味わい深かったりします。リョウブの白い花ともいい組み合わせですね。

そう言えばシジミ類が好む花の蜂蜜ってみんな個性的な風味があるような気がします。
Posted by 深山葵 at 2009年12月02日 09:48
ダンダラさん
 ムモン撮影は、長野県に撮影にお出かけでしたよね。貴殿のえぇ写真を多数記憶していますよ。しかし、そう言うと、交尾画像は昨年が久しぶりだったんだぁ。
 私の後輩で蝶の研究者によれば、交尾で♂は結構な体重減少がある(クロヒカゲのサンプルですが)ので、そんなに何回も交尾はできないらしい・・・ムモンは、あまりパワーを使わずに交尾できるのかもしれませんね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月02日 19:04
深山葵さん
 ムモンは、白い花での吸蜜が圧倒的に多いと認識しています。クサアリとの生活、まだまだ謎の多い蝶のように思います。リョウブって、1種1属で、結構、変わった植物らしいですよ。蜂蜜は上品で最高でした。
Posted by kenken(管理人) at 2009年12月02日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。