2009年11月14日

肥後の栗焼酎「里山」(2009年11月14日)

 管理人は栗焼酎が大好きです。

091114al1.jpg 既に何度も書いておりますが、我が家では、高知県幡多郡大正町の蔵元・無手無冠の栗焼酎「ダバダ火振」を常備酒にしております。
 これね、栗を50%も使っていて、栗焼酎の中では群を抜いて美味いです。(注:私は無手無冠の回し者ではありません(笑))
 それは、さておき、

 本日、久しぶりに近所の酒量販店に行ってみたら、見たことのない栗焼酎がありました。蔵元の住所と能書きに魅かれて、即購入しました。

091114al2.jpg 熊本県上益城郡山都町の蔵元・山都酒造の栗焼酎「里山」で、こいつも栗50%使用となっています。さっそく飲んでみると、なんと!ダバダ火振に勝るとも劣らない美味さです!ちなみにお値段は、720ml瓶で\1,310でした。
 なぜ、これまで、この焼酎のことを知らなかったのだろうと、ネットで検索してみたら、本2009年3月に新発売されたばかりの焼酎でした。これは良いものを見つけました。今後もリピート購入するでしょう。(注:私は山都酒造の回し者ではありません(爆))
 ところで、蝶の写真がないと寂しいので、この蔵元の住所から連想した蝶の写真を蔵出しで貼っておきましょう。

091114gt1.jpg 吸水シーンを間近から90mmマクロでビシッと撮ってやろうとしたところ、近づき過ぎて飛ばれてしまった瞬間に偶然シャッターを切って撮れた飛翔写真です。
 ん?なんじゃ、この黒い蝶、クロツか?とか思われる方は、この写真の直前の画像をご覧いただくと種名が分かり易いでしょう。
 来シーズン、撮影の合間に、この蔵元を訪れてみたいです。
posted by kenken(管理人) at 23:05| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は毎年高知県幡多郡大月町にダイビングに行くのですが、そこのショップの夜の宴会では必ずこのダバダが出てきます、我が家にも2本ほどストックしてあってこの夏の信州遠征の時持っていきまして皆様に味わっていただきました。この「里山」もなかなか良さそうですね、蝶撮屋にはそそられる名前です。
Posted by スギ丸 at 2009年11月15日 00:30
ダバダも蒼々も美味しいですね。
今度は里山ですかっ!
刺激が強いですねぇ〜。

それにしても、この飛翔画像・・・、
刺激的過ぎません?

やっと、平常心を取り戻せる時期になったというのに…!
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年11月15日 00:39
スギ丸さん
 ご無沙汰しております!コメント、有り難うございます。
 そうそう、貴殿はダイビングもなさると言っておられましたが、高知県にもよくお出かけだったのですねっ!
 なるほど、信州遠征にご持参とな・・・皆さん、喜ばれたことでしょう。ダバダ、ほんまに美味いです。
 他の栗焼酎は、これまでいろんなのを飲みましたが、ダバダに匹敵したのは、この里山が初めてです。一度、是非、ご賞味下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 01:10
Rhetenorさん
 里山、なかなかの一品でした。是非、発見したらお試し下さい。ちなみに、近所の酒量販店「○カー○ウンテン」で購入しました。
 すみません!刺激の強い画像は、安全衛生に配慮して、なるべくお蔵入りにしているんですが・・・(笑)シーズン・オフには、たまにはこんな蔵出しもしていきますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 01:18
お師匠頂いたダバダは本当に栗の香りがして
美味しかったです。

飛翔写真はクリックする前から
種明かしは判りましたが
是非ともいつか撮りたい蝶ですね。
Posted by 蝶山人 at 2009年11月15日 07:38
蝶山人さん
 おっと、早朝からコメント、有り難うございます。
 ダバダの栗の香りはえぇですね。この里山も同じく、えぇ栗の香りがします。

 この地名から連想する蝶は、コイツしかないでしょう。
 意外とオオムラサキ、なんてのもあるかな。
 こういうモノトーンの蝶は、新鮮な個体をビシッと撮って画像を残してやりたいですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 08:18
酒の香りに引き寄せられて・・・・・

 栗焼酎「ダバダ火振」「里山」 美味しそうですね
 残念ながら この2品まだ呑ったことがありません
 今度リ〇マンを覗いてみましょう〜〜
 リ〇マンは近畿県内では多数ありますが こちらではまだ少ないです
 ネット・ショップでは2001年から頻繁に利用していました
 今、京都にいる(?)ヤオ店長さんにはお世話になりました
 
 この焼酎 NさんやLさんには喜ばれそうですね〜〜♪
 
 
Posted by itsuki at 2009年11月15日 08:45
itsukiさん
 むふふ・・・酒の香りがしましたかな(笑)
 栗焼酎は、見つけると、必ず飲むようにしていますが、里山は、なかなかのヒットでした。

 リ○マンはチェーンなので、きっとあると思いますよ。(何県にお住まいでしたっけ・・・)是非一度、お飲みになってみて下さいな。

 確かにNさん、Lさんに、喜ばれそうな。Nさんは地元なので、近くにあるんじゃないのかなぁ〜
 春合宿?なんかで皆さんで味わってみたいもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 09:01
むむむ・・・・
これは早速探してみないといけませんなぁ・・・。
最近、この手の新規開拓はちょっとおろそかになってまして・・・。しかも、山都町の焼酎とな・・・。流石はkenkenさん、単なる休養日にはしないですな(笑)。

画像は・・・・・見なかった事にしよう(爆)。
Posted by nomusan at 2009年11月15日 09:43
nomusanさん
 珍しい時間帯にコメントさんきゅうです。
 たまには酒量販店にも行ってみるもんですね。
 リンクした記事によれば「県内や県外のコンビニエンスストアなどで、年間6万5千本を目標に売り出す」ってあるので、地元九州なら結構お近くにあるんじゃないかな?是非お試しあれ。
 酒を見て蝶を見ず、ということですね。(笑)私は、今夏、熊本まで行ったのに、木を見て森を見ず・・・蝶を見て酒を見ずでした。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 09:54
急に寒くなりましたね。本日は完全休養しておりました。
↑でスギ丸氏がコメントされたように、ダバダは今夏初めて呑みました。魔法瓶に入っている本種を、芋か、麦か、米か当てて下さいというスギ丸氏のクイズに私は全く答えることができませんでしたが、後で聞いて、成程、栗だったのかと納得。独特の甘みを瞬時に判断出来なくて、酒飲みとしては忸怩たる思いです。確かに美味かったですよ。最後の写真は隠し球としては強烈すぎて、コメントは控えさせていただきます。(笑)
Posted by ノゾピー at 2009年11月15日 22:16
ノゾピーさん
 私も完全休養で、家族サービス&おせち料理の予約などに行っておりました。
 ダバダは栗50%、米25%、麦25%なので、当たらなくても、もっともだと思いますよ。(笑)里山は、栗50%、米50%で、ダバダより栗の香りが強いです。これは当たるんじゃないかな。
 最後の写真、隠し玉というか・・・狙って撮った写真でないので・・・私もコメント不能の写真だったりします。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月15日 22:58
息子の住まいの近くの酒屋には結構いろいろな焼酎が置いてあって、ダバダもおいてあるんですが、今度この里山も探してみることにします。
でも、味音痴なのでいいお酒がもったいないかな。
飛翔写真、たぶんそうだろうなと思いながら「直前の画像」もポチッとして安心しました。
Posted by ダンダラ at 2009年11月16日 09:30
ダンダラさん
 おっ、その酒屋さん、ダバダもちゃんとあるんですね。里山も是非探してみて下さいませ。
 味音痴だなんて・・・なんの、なんの、以前いただいた芋焼酎、えぇお味でしたよ。
 直前画像は、眼にピンを合わせて撮ったのですが、飛翔画像は狙って撮っていないので、偶然の作品ですが、なかなか面白い絵なので載せてみました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月16日 19:17
表だけ見ると種名が難しいですが、隠し球持っていましたね!
面白くない黒一色ですけど、蝶自体がすごいです。
焼酎も日本酒も銘柄が多くなりすぎて、とってもすべてを味わう余裕がないですね。
Posted by maeda at 2009年11月17日 06:16
maedaさん
 こういう「漆黒」の蝶は、純粋に翅表だけを撮ると、独特の美しさがありますね。この絵は偶然撮れたものなので、ピンがビシッとは合っていません。来シーズン、できれば、再訪して漆黒の開翅シーンを撮りたいなと思っていますが・・・
 焼酎、栗は見つけたら、みんな飲もうと思っています。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月17日 07:21
近くの酒屋で栗焼酎なるものがあります? と聞いたところ、丹波産のものが1種類あり購入いたしました。焼酎はあまり飲まないので味は分かりませんが、まろやかで飲みやすかったです。竹炭濾過などと書いてあり、効果のほども分かりません。今度は有名な酒屋さんで高知産などを探して、比べてみます。ところで基本的な質問です。栗焼酎はどのようにして飲むのがよいでしょう。
Posted by 久保田 at 2009年11月17日 20:49
久保田さん
 こんばんわ〜
 それはきっと、黒地に赤文字のラベルの「深山美栗」ってやつではないかな?以前は「古丹波」って名前で売ってましたが、最近、製法を少し変えて、名前も変えた栗焼酎です。
 お味は、そう、とても飲み易い標準的な栗焼酎と申し上げておきましょう。私も結構好きですよ。

 栗焼酎、飲み方は、ズバリ「ご自身で美味いと思った飲み方」が正解になります、人によって違うと思いますよ。
 と、前置きしておいて、最近、私がはまっている飲み方を紹介しますと・・・「前割」といって、予め栗焼酎4、水6の割合で水割りにして瓶に入れて冷蔵庫で冷やしておいて、それを冷えたグラスにつぎながら飲みます。氷を入れないので、一定の濃さで味わえ、なかなか気に入っています。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月17日 21:10
さっそくご返事ありがとうございました。ラベルはご指摘の「深山美栗」とローマ字で書かれております。栗は花も大好きで、特に高校生の頃、箕面公園の如意谷・通称ドライブウエィー側の斜面の栗の花に珍しいはずのウラキンシジミが多数集まっているのを発見したのが忘れられません。
Posted by 久保田 at 2009年11月17日 21:31
久保田さん
 やっぱし「深山美栗」でしたか!それは結構、各地で手に入るようですよ。
 栗の花にゼフ、良いですねぇ〜私も中学生の頃、大阪/兵庫県境の三草山の栗の花にダイセンシジミが来ていたのを今でもしっかりと記憶しています。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月17日 22:06
おーっ、これは凄い。恐らく日本中でたった一枚の飛翔写真ではないでしょうか。。でもこれについてはRhetenorさんと同じ意見です。ちょっとこの時期には刺激が強すぎますね。シーズンオフは穏やかに過ごしていたかったのに。。。
Posted by clossiana at 2009年11月18日 07:33
kenkenさん 
 相当”焼酎通”なようですね〜m(..)m恐れ入りました!

 ボクの知人も やはり同様に
 買って来た焼酎を最初に好みの量で水割りにして保存し
 呑んでいますね
 ただ・・・この知人は飲む量が多くて すぐ無くなるので
 「面倒だから・・・」と言って全部割っていましたが
 焼酎は味が変わらなくて むしろ味が馴染んでまろやかになる・・・と言ってました
 
 くれぐれも”深酒”にはお気をつけくださいませ〜〜(笑)
Posted by itsuki at 2009年11月18日 10:01
clossianaさん
 いえいえ、過去に、飛翔写真ですと、佐伯さんが出された本「日本の名蝶・希蝶」だったかな、の裏表紙にありましたね。あれは、きちんと狙って撮ったんじゃないかな。
 実は、意識して「とっておき」の画像がまだまだあって・・・こりゃ公開不能ですな。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年11月18日 12:43
itsukiさん
 おっと、コメント有り難うございます。
 「前割」おっしゃるとおり、水と焼酎がうまく馴染んで、まろやかな味になるので、はまっています。確かに、「前割」すると、みんな飲んでしまうので危険ですな。(笑)我が家では、500mlのペットボトル数本に分けて冷蔵庫に入れています。芋、栗とかいろいろなものを。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年11月18日 12:47
この写真は、即[HP・Blog驚愕写真集]フォルダに直行したのですが、あまりのすごさにコメントしそびれておりまして…
種の稀少さはさておき、私も90mmマクロで飛び立ちが撮れる時もあるのですが、ss=1/250程度で撮っているのでほとんどが翅がブレブレになってしまいます。
このようにピシィッとブレずに撮れているという事は、常日頃からかなりSSをあげておられるのでしょうか。
Posted by otsuka at 2009年11月19日 21:00
otsukaさん
 まいどコメント、有り難うございます!
 おろろ・・・「驚愕写真集」とは、なんだかもったいないお言葉・・・恐縮でございます。
 ところで、この写真は、飛び立つ前の姿を背景をぼかしてビシッと撮ろうとして、絞り優先(F=4.0)で撮ろうとしたら、近づき過ぎて飛ばれてしまった瞬間に偶然シャッターを切って撮れたもので、結果としてSSは、快晴のお天気だったので、1/5000でありました。決して狙って撮ったのではありません。
Posted by kenken(管理人) at 2009年11月19日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。