2009年09月30日

富山でミヤマ三昧(その2)(2009年9月26日)

 書きかかった記事、いっきに「その2」まで書いてしまいましょう。定番画像を押さえた後は、ひたすら観察を続け、♀の開翅をメインに撮影を楽しみました。

090926-40.jpg090926-70.jpg 白い石や花が背景にあると露出設定が難しく、また、白いものにピンを持っていかれるので、意外とうまく撮れないもんです。そんな中で、なんとか撮った♀開翅をお目にかけますね。青鱗の乗り方は似ていますが、いずれも別個体です。

090926-20.jpg090926-30.jpg 緑の下草にとまると露出設定は容易ですが、草自体が風で揺れるので、ピン合わせに苦労したりします。

090926-10.jpg この日、最も「別嬪」だった♀です。黒っぽい翅表だとちょっとした傷みでも目立ってしまいますが、この個体には1点の傷みもなく、青鱗の乗り具合も、もう一押し欲しいところですが、まあまあのものでした。黒っぽい岩にとまってくれたので背景は味気ないですが、露出もピンもぴったり決まって最高の仕上がりです。

090926-50.jpg090926-60.jpg あっ、♂の開翅も一応押さえておきましたので、UPしておきましょう。

 ほとんどの時間帯が「明るい曇り」で、開翅撮影にはもってこいの陽射しでしたが、悲しいかな風の強い1日で、透明のビニール傘を風除けの「小道具」に使って撮影しておりました。直射日光を自分の身体で遮るのと同様に、「撮り屋」に共通する「小技」と申し上げておきましょう。この日の走行距離604km。
posted by kenken(管理人) at 17:27| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう!風って意外と大敵ですね。
傘の有効活用は思いつきませんでした。さすがはKENKENさん。

小生は食草を記録する時に片手で映らない部分を押さえて固定したりしてますわー。産卵時はチョウのウエイトで揺れないのですが、卵だけだとけっこう風の影響受けますもんで・・。
Posted by 深山葵 at 2009年09月30日 22:17
うーん風よけの傘とは。
さっそく明日試してみましょう。
モノトーンの蝶のキズは本当に目立ってしまいますが、どこまで許容できるかですね・・・・この点についてSa氏の要求の高さには今回も恐れ入っておりました。
Posted by kmkurobe at 2009年09月30日 22:40
風が強いと開きかけた翅も閉じてしまいますよね。
傘とは良いアイディアですね。
今度試してみます。
Posted by BANYAN at 2009年09月30日 23:00
深山葵さん
 そう、開翅撮影狙いに風は結構難敵です。
 少しの風なら良いのですが、この日は本当に強い風で、下草にとまっても開翅せずに横倒しになるシーンが散見されました。でもね、傘で囲って無風状態にしてやるとばっちり開翅しました。ヨモギ葉上の開翅2枚は「傘効果」の作品です。(笑)広角では傘が写り込みますが、マクロなら大丈夫です。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月30日 23:32
kmkurobeさん
 是非試してみて下さいな。透明のビニール傘なら暗くならないのでばっちりですよ。草原や河原など、風の影響を受け易い撮影地では、思わぬ「効果」があります。
 なお、この日は、結構な強風で、最後にはとうとう傘は壊れてしまいました。
 モノトーンの蝶、Sa氏的に言えば、5枚目の別嬪な♀が基準をクリアできる個体でしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月30日 23:35
BANYANさん
 そう、傘は思わぬ効果がありますよ。
 しかし、雨が降りそうでないのに傘をさしているので、周りから見ると異様な感じがするようです。この日も、2人くらいの方に、不思議そうな顔で遠巻きに観察されてしまいました。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月30日 23:39
青い鱗粉まではっきり見えて、すばらしい写真ですね。
こちらではなかなかミヤマの青雌にはお目にかかれませんが、週末に行って、探してみます。
風よけに透明のビニール傘ですか、なかなかいいアイデアですね、今度、試してみます。
Posted by cactuss at 2009年09月30日 23:47
cactussさん
 薄くですが、全体的に青鱗がちりばめられた個体でした。
 そちら、関東方面では、clossianaさんの9/16の記事に青♀の写真が出てますね。なかなかのもんです。
 そろそろ涼しくなって青♀も増えているんじゃないかなぁ〜
 傘作戦、風のある日は効果絶大です。透明のものですと光も遮らないのでばっちりですよ、是非お試しあれ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年10月01日 00:11
風除け傘、透明傘と同じつくりの乳白色のものがあり、意外に暗くならないし影軽減効果もあり、これも便利。かなりのコンビニにもあり、安いものですし、一度試されては。花の撮影には最適なのですが、蝶では? かもしれませんが。
Posted by 久保田 at 2009年10月01日 15:02
久保田さん
 実は、乳白色のコンビに傘、ごく稀にですが、使っています!ピーカンのお天気で直射日光が強過ぎるときは、これで日射しを弱めてやると良い色が出るんです。
 でもね、乳白色は目立つので、蝶に対する刺激が強く、すぐに警戒されて飛ばれてしまうのが難点です。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年10月01日 18:08
傘を風除けの「小道具」に、目から鱗でございます。

kenkenさんは、“技のデパート”ですね(笑)。
Posted by Rhetenor at 2009年10月02日 08:44
Rhetenorさん
> “技のデパート”ですね
 うをっ、そんなに褒められると、木に登りそう・・・(笑)
 透明と乳白色のビニール傘、とても撮影には利用価値が高く、いつも車に積んでいます。実は、先日、透明の傘が強風で壊れたので、本日買い替えたところです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年10月02日 19:56
すべて綺麗な個体ですね。
薄く青が乗った♀も含めて、とっても綺麗です。
ミヤマシジミは見ている割には写真がないです。
松本で凄い個体数を見て以来、余り撮っていなかったです。
今考えると撮り直ししないといけない蝶が沢山居ります。
Posted by maeda at 2009年10月05日 05:55
maedaさん
 新しいOSの調子はいかがですか?
 ミヤマ、青い♀が魅力的です。いつまで新成虫が発生するのかなぁ・・・10月中旬まではありうるのかな・・・なんて考えてます。
 「凄い個体」・・・どんなのかなぁ〜私も毎年、期待しながらミヤマ撮影に通っていたります。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年10月05日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。