2009年09月08日

長崎から船に乗って(その1)(9月5日〜9月6日)

 この時期、多くの知り合いから、いろんな遠征同行のお誘いをいただきます。9/5〜9/6の週末は、結果として、4組の方々からお誘いをいただきました。本当に有り難うございます。
 ですが、わが身は1つ・・・最も早くに確定旅程でお誘いいただいた後輩君のお誘いに同行させてもらいました。
 お誘いいただいたにも関わらず同行できませんでした残りの3組の方々、改めて、この場を借りて御礼とお詫びを申し上げます。m(_ _)m
 これに懲りずに、今後もお誘い下さいね。

----
 さて、9/5〜9/6の週末、後輩君から受けたのは「土・日で五島列島をワンツ中心に探索します、船を予約しますが、もちろん行きますよね」ってお誘いで、詳細不明のまま即OKの返事をしたのでした。

 船やレンタカーの手配後、詳細連絡がありましたが・・・むむっ、7月に熊本県遠征したのと同様、体力の限りを尽くす旅程やな・・・9/4勤務後徹夜で走り、長崎から船に乗って、9/5中通島、9/6福江島で探索・撮影し、徹夜で走って9/7早朝に帰宅し、数時間の仮眠後出勤・・・ってやつです。ですが、今回の遠征は、後輩君とその知人と私の合計3人なので、運転手は豊富ですし、船上では寝ていられるので、ちょっと楽かなって感じです。

 私が撮りたいのは、ワンツ♀の開翅画像。旅程からして、9/6の早朝が「勝負」になります。いつも引っぱりますが、今回は結論からまいりましょう。以下、9/6、長崎県・福江島での写真とお話しです。

090906wt1.jpg 6:45頃に撮影地に到着、付近をしばらく探索、7:30頃にワンツの新鮮な♀を発見です。7:45には翅の擦り合わせ行動を開始です。縁毛も尾状突起も揃っていて被写体には申し分のない個体です。こいつの開翅撮影を狙ってとことん付き合うことに腹を決め、同行者2人にその旨を伝え、私はその場所に「放置」してもらい、2人は別の場所へと探索に出かけて行きました。

090906wt2.jpg 早朝は、飛ばしてもすぐにどこかにとまります。ちょっと追いかけると、撮影し易そうで、安定感のある葉上にとまりました。ここで開翅を待ちましょう。まずは翅裏もフラットに撮っておきました。ん?右後翅の黒点が1つ流れ気味で、赤橙斑の中に銀色の鱗粉が多めに乗った個体ですな。えぇもんです。

090906wt3.jpg 同じシーンを広角15mmFisheyeでも撮っておきました。バックに見えているのは人工物の「風車」です。お天気はピーカンですが、まだこの場所には陽はあたっていません。おそらく陽があたり始めると開翅してくれるでしょうが、このピーカンですと、直ぐに活動モードに入って飛翔し始めるので、開翅シーンはそんなに長くは見られないでしょう。

090906wt5.jpg090906wt4.jpg 8:30頃、陽があたり始めると、予想どおり「その時」が来ました。見事な開翅です。陽のあたり始めのうちは、じわっと開いて90度の開翅まで披露してくれました。ワンツの♀、後翅表の尾状突起の付け根のオレンジを綺麗に表現したいですね。風による尾状突起の流れ具合も完璧で、ああっ、もう気分は夢心地です。(笑)

090906wt6.jpg 陽射しが強くなってくると30度程度の開翅になりました。私好みの翅表と翅裏を同時に写し込んだお気に入りの1枚です。結局、この個体、9:00頃には飛翔モードに入り、飛び去りました。その後、他の♀や♂にも遭遇しましたが、ピーカンのお天気で、もう開翅シーンは披露してくれませんでしたね。

 10:30頃、同行者2人が私を「回収」しに戻ってきてくれました。ここで撮影は切り上げて、探索モードに切り替えです。
 撮影地を後にして車で移動し始めた直後に、お1人で歩いておられる虫屋さんとすれ違いました。なんと!後で分かったことですが、その虫屋さん、実は、しまびとさんだったのですね。数年前はニアミスでしたが、今回はすれ違いでした。お声をかけられませず、すみませんでした。いつかゆっくりお話しさせて下さいね。【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:10| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暫く更新がストップしていると思っていたら、何とワンツ狙いで九州でしたか。それも五島列島とは、お疲れ様でした。この蝶も少なくなっているのでしょうか?エエ顔していますね。(笑)
Posted by ノゾピー at 2009年09月08日 22:35
師匠らしい粘り勝ちですな。
最近は私も追いかけから待ちに入りました。
師匠やS大師匠の影響大です。

 【開肢ファンの蝶山人】
Posted by 蝶山人 at 2009年09月08日 22:36
なんとも美しいワンツですね。
開翅も渋い黒の中に浮かび上がるオレンジの美しさ、最高ですね。
撮影に行くには遠すぎて、大変ですが、機会があったら行きたいと思います。
Posted by cactuss at 2009年09月08日 23:04
クロツとは異なる淡いブルーを帯びた幻光に痺れますね。
3枚目の広角も傑作です。
Posted by fanseab at 2009年09月08日 23:14
ノゾピーさん
 近場に遠征、毎週撮影には出ていますが、仕事がたてこんでるのと、撮る画像が多過ぎるのとで、更新が追いつきません。(笑)
 ワンツは、蝶のいる環境自体が減っている方向ですね。
 ここも風車で少し環境が変わりましたが、逆に風車で新たな生息環境ができるかもです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月08日 23:17
蝶山人さん
 これまで真面目にワンツ♀の開翅を撮っていなかったので、今回は基本に忠実に、早朝に個体確認→日光浴開始待ち→陽が射して開翅ってやつを狙いました。思ったとおりの時間帯に開翅してくれました。
 ん?開「翅」ではなくて開「肢」ファンとな・・・好きな言葉なので、そのままにしておきましょう。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月08日 23:21
cactussさん
 翅表にオレンジの乗っている蝶って、意外と他にいないのではないかな。この後翅表のオレンジと周囲の白の縁取りがとても好みで、撮りに行き続けています。今回はなかなか良い絵が得られました。なんの、沖縄よりは近いですぞ!
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月08日 23:24
fanseabさん
 またも行ってしまいました。確かにクロツとは微妙に異なる幻光のように思います。この日はピーカンで陽があたり出したと思ったら、すぐに強い日差しになってしまい、撮影には不向きな天候でした。
 風車、あちこちで見ましたよ。3枚目、お褒めに預かり光栄です!
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月08日 23:31
一瞬のすれ違い、お話出来なくて残念でした。
8時30分に福江に到着し、タイツを探しながらチンタラしていたら、あの時間にあそこに到着でしたー。
次はゆっくりお話しできたら幸いです。

朝一の開翅ですか、なるほど。
オオルリと一緒ですね。おひさまに誘われて、♀の表を見せてくれるんだ、メモ・メモ。
Posted by しまびと at 2009年09月08日 23:38
しまびとさん
 現地では本当に失礼しました。まさか、しまびとさんだったとは・・・車が動き出してすぐに虫屋さん(貴殿)が目に入ってきました。当方は、前夜に中通島から船移動で福江に入り早朝から活動して日光浴開翅撮影に全力投球でした。
 この日はピーカンで、8:30〜9:00の間が開翅タイムでした。マジで開翅撮影狙うならば、この方法が確率高いと思います。曇りだともっと綺麗な色が出るのですが・・・ちょっと贅沢ですかね。
 いずれ、どこかで、ゆっくりお話ししましょうね。楽しみにしております。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月08日 23:48
この写真が撮れれば目的は達成。
後はビールですね。綺麗な♀です。
しまびとさんは何処にでも現れますよ。
彼のエネルギーには何時も脱帽です。
そう言えばしばらく会っていないですね。
Posted by maeda at 2009年09月09日 06:06
うーんさすがのねらい打ち・・・・それにしてもお若いですな。「開肢」の蝶山人さんのおっしゃるとおりです。
小生もカミカゼ撮影からねらい打ちに今シーズンはかなりシフトいたしました。
それにしても貴殿やSa・Se氏の「攻撃的待ちの撮影」にはいつも感服いたしております。
Posted by kmkurobe at 2009年09月09日 07:24
ワンツ♀個体の開翅シーン、kenkenさんがこだわられるのがよくわかりますね。それほど美しいです。撮影おめでとう御座居ます。話は変わりますが今朝のNHKのニュースでクマソが東京で発見された旨、報じられていましたが、これ自力で北上したと思われますか?私は蘇鉄の苗木について運ばれたか、又は放蝶ではないかと疑っているのですが。。どう思われますか?
Posted by clossiana at 2009年09月09日 07:38
やっぱりワンツに限らず、シジミ系は「半開・両翅撮り」が一番いいカオしているように思います。

今の体力では「渡島」はとてもできぬ相談ですので、エエモン見させてもらいました。おおきにどっせ。

(PS)例の「鳳舞」何とかラストに間に合いました。味もさることながら店の雰囲気がサイコーどしたわ!
Posted by 深山葵 at 2009年09月09日 09:38
いやぁ、ワンツもいいですね。
すばらしいシーンをありがとうございます。
続きではシルビアの姿は見られるのかなぁ‥。
Posted by 黒燕 at 2009年09月09日 10:34
ワンツの♀の90度開翅、エエですねぇ。
普通、なかなかココまで開いてくれませんよね。
おまけにエエ個体やないですかっ!
翅表の幻光が泣かせますぅ。

しまびとさんとのすれ違い、残念でしたね。
彼、ちょっと気になるシルビアの画像を
得られたみたいですが、ひょっとして、
貴兄も?
Posted by Rhetenor at 2009年09月09日 11:09
ハードなスケジュールをこなされて、素晴らしい成果ですね。
私はここのところ近場をめぐって体を休めています。
あるシーンに狙いを定めて、そのシーンが撮影できたときの喜びは格別ですよね。
おめでとうございます。
Posted by ダンダラ at 2009年09月09日 14:19
maedaさん
 過去、ワンツについては「探索がてら」に撮っていましたが、♂は撮れても、♀の90度開翅は撮れませんでした。なので、今回は、基本に忠実に♀と付き合ってみました。人工物背景の広角は嬉しい副産物でした。数年前にはなかったらしい風車ですし。運転があるので、最近発売のアルコール・フリーで乾杯でしたよ。(笑)
 しまびとさんは本当に神出鬼没ですね・・・って、向こうもそう思ってるかな。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 19:49
kmkurobeさん
 コメント、有り難うございます。
 今回は♀90度開翅の狙い撃ちです。
 「攻撃的待ち撮影」とてもお気に入りのネーミングです!
 仕事では「積極的傾聴」に努めているので、それの応用編かな。
 どんな時に、どんなところで開翅するのか・・・「科学的接近」でもあります。(笑)
 もう若くありませんが、動けるうちに動いております。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 19:51
clossianaさん
 コメント、有り難うございます。
 私のこだわる理由が分かっていただけましたか!この後翅表のオレンジと白ワクの美しさは格別です。

 東京のクマソは自力北上ではなく、人為由来で間違いないでしょう。苗木について移動ってのが最も可能性が高いと思います。鹿児島でお土産用に売っていたソテツに幼虫付いていたって話もありますし。

 今年も関西で発生していますが、一部は放蝶です。(きっぱり)
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 19:53
深山葵さん
 ゆっくりした日程ならば、貴殿でも渡島可能でしょう。ただ、週末だけでの弾丸ツアーはちょっと厳しいかな。

 私もね、最後の半開翅が好みです。尾状突起の流れ具合が最高ですやろっ!撮ってみると、尾状突起、なかなかこうは撮れないもんです。

 鳳舞、間に合って良かったです。なんとも庶民的な雰囲気の漂うお店でしたでしょ。味わっていただけて、なんだか嬉しいです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 19:54
黒燕さん
 おっとコメント、有り難うございます。
 シルビア・・・残念ながら出てきません。(涙)
 クロツ・・・残念ながら出てきません。(涙)
 今回ね、これらの写真撮影の時間帯以外は、とことんハマリの探索で・・・特に、前日9/5の中通島での探索は鬼ハマリで・・・また書きますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 19:56
Rhetenorさん
 今回は、本気で狙いました。やはり、「探索がてら」の中途半端な行動では、なかなか♀90度開翅は撮れないもんですわ。
 ピーカンのお天気で色表現はあまりよくありませんが、確かにえぇ幻光が出てます。しかし、まだ「卒業」できませんわぁ〜曇りで直射日光下ではないシーンで♀90度開翅を撮りたいですぅ。また違った色表現になると思います。

 上のレスにも書きましたが、この写真撮っている時間帯以外の探索はハマリでして、シルビア探索には時間を割けませんでした。(涙)

 あっ、最後に、今回は別件でお誘いいただいたにもかかわらず、既にわが身は福江島で、失礼しました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 20:03
ダンダラさん
 コメント有り難うございます。
 またしても、やってしまいました、強攻スケジュール。
 ここのところ、近場で探索ばかりやっていて、まともな絵が撮れませんでした。なので、今回は、遠征して基本に忠実に攻めてみました。狙った絵が得られると嬉しいですよねぇ〜
 貴ブログ、いつもROMで拝見していますよ。私もジャコウ♀撮らなあかんなぁ〜って思ってますです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月09日 20:12
今年もワンツ探索ですか?
発生数は例年並みでしたか?
宮崎は少なかったようです・・・
Posted by mmerian at 2009年09月27日 08:56
mmerianさん
 こんにちは、コメント、有り難うございます。
 今年は、五島列島に行ってみました。
 中通島は初めてで、何の予備知識もなく、地形図を見ながら、島全体を純粋に探索してみました。ワンツは見つけられませんでしたが、探索は楽しいですね。
 福江島はワンツがまだまだ多産していてじっくりと撮影を楽しみました。今年は長崎県下ではやや発生が早かったようですが、発生数はやや少ないといった感じでしょうか。宮崎は遅めだったとか聞いております。
Posted by kenken(管理人) at 2009年09月27日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。