2009年08月21日

行き先変更、北陸スクランブル(8月12日)

 連載中の「東海・信越、どこへ行こう(8月8日〜8月10日)」シリーズ、いったん中断しますね。(あまりに長いし)結論から言いますと、8/9、チャマダラセセリの撮影後、アカセセリを含めて各種セセリ類を撮影しました。その後、長野県内で8/9夜のNHKニュースの天気予報を見て、翌8/10は大雨で撮影不適と判断し、脱兎の勢いで移動して8/10未明に帰宅したのでした。実際、8/9夜〜8/10は、兵庫県佐用町で豪雨災害のあった時で、帰路途上も激しい雨に遭遇しました。
 8/10、8/11、のんびりと近場の温泉めぐりなど家族サービスして英気を養った後・・・

----------
 台風による大雨が去った8/12からは、改めて信州方面へ「ブルーなシジミ」の撮影をメインに出直そうと計画しましたが、なんと!8/11、地震で東名高速崩落して通行止めとのこと。迂回車で中央道が渋滞するかもしれんな・・・ということで、8/12は、急遽、予定変更して、渋滞の心配のない北陸道を利用して「オレンジなシジミ」を日帰りで探索/撮影することにしました。
 やって来たのは石川県。ちょっと時期遅れかなと思ってましたが、意外と新鮮なムモンアカシジミがおりました。ラッキーなことに、超新鮮な♀が目の前まで降りてきてくれました。この♀、左右の写真を見比べてもらうとよく分かりますが、シジミチョウ科特有の後翅のすり合わせ行動を披露してくれました。

090820mm1.jpg090820mm2.jpg 右写真は最高にお気に入りの1枚です。後翅のすり合わせ行動の間に、普段は後翅で隠されていて目につかない前翅裏下部が見えたのですが、この部分、周囲の独特のオレンジ比べて「清廉な白さ」がありますね。日焼けした素肌に白い水着の跡を見たようなインパクトがあり、大いにそそられましたね。(笑)
 何度も書きますが、シジミチョウ科のチョウは、2本の尾状突起の先端の白を表現すると美しさがさらに映えますなぁ。

090820mm3.jpg 葉上に静止しているので見守っていると、蟻やバッタがやってきました。面白いことに、蟻がムモンにちょっかいをかけ始め、それをふり払うかのように開翅し始めました。蝶に蟻にバッタ、被写界深度を深めにして事実を正確に記録しようと、カメラの設定を絞り優先からプログラムモードに切り替えて撮ったのがこの絵です。

 その後、開翅モードに入りかけているこの♀の全開翅をカメラを構えて待ちましたが、なんと!探雌に飛来した♂にからまれて樹上へ上がっていってしまいました。

090820mm5.jpg090820mm4.jpg そんでもって、なんと!樹上で交尾する始末です。うおおぉ〜綺麗な♀の開翅シーンを撮ろうと待っていたのにぃ・・・この♂には、「オレが見つけた水着の跡の眩しいおねぇ〜さんに何してくれよんねん!」って、マジむかつきました。(爆)
 その後、樹上を飛び回るムモンを見るものの、降りてくる気配がまったく感じられなくなったので、撮影は切り上げて帰路に着きました。この日、花は多く見かけたのですが、吸蜜シーンは見れませんでしたね。もう1度観察/撮影に来なあかんな・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:40| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エーお久しぶり。これは綺麗な個体ですね。
昨日長野県中信地区にてSA氏と二人で地上1メ−トルに止まったムモンアカをカメラを付き合わせて撮影しておりました。いやいや暑かったです・・・・
ちなみに↓のちっこいセセリは玉砕いたしました。
Posted by kmkurobe at 2009年08月21日 20:29
確かにスリスリの間からかいま見る姿は表現されている様に感じますね。開翅はもう少しだったので、おしかったですね。でも、交尾が撮影できたのでよしとしましょう。
Posted by cactuss at 2009年08月21日 22:09
kmkurobeさん
 まいど、お久しぶりです。かぁ〜、昨日、SA氏とムモンでしたか。ムモンは暑さとの勝負でもありますね。
 この日は頭上で舞う個体をいくつか見ましたが、降りてきてくれたのは、こいつのみでした。しかし、♂に追われて・・・(笑)
 ↓のセセリ、玉砕となっ!う〜む、小さいですしねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月21日 22:38
cactussさん
 こいつ、結構大胆にすりすりしておりました。ムモンのすりすりを間近で見るのは初めてでして、記事に書いたような率直な印象を受けました。(笑)
 開翅はまたのお楽しみです。交尾は複数ペア見ましたよ。他種とは違って、簡単に交尾を繰り返す感じですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月21日 22:43
こんばんは。
ムモンも、チャマも、ホシチャもまだ見たことがなく、
いつも垂涎です。
スリスリしているところに食いつく天敵、
というのをいつか見てみたいと思うこのごろ。
ツバメシジミあたりで十分なので。
それはともかく
今回の、文章は相当気に入りました。
開翅が開脚に見えてしまった(汗)。
忘れた頃に使わせてもらいます。。。。
Posted by 上山 at 2009年08月22日 00:43
なるほど、なるほど・・・。

ん〜ん、それにしても、
間近にフィールドを感じ取れる画像ですね。

エエですねぇ。

んっ、この絵を見ながら、もう1っ杯!

・・・プッハ〜、ゴッソサンでしたぁ〜。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年08月22日 01:01
今回はショットもさることながら、貴殿のコメもなかなかの「力作」でおます。

撮り屋の醍醐味は、こーゆー生態的な出会いを捉えることにあるのかも知れません。シジミとアリの関係深さを象徴するショットですね。

最近は「採り屋」は卒業、「撮り屋」は修行半ばで挫折気味。仕方がないので「観察屋」のスタンスに近いのが現況です。
Posted by 深山葵 at 2009年08月22日 04:02
上山さん
 おっと、今回の文章が貴殿のコメントを誘うとは・・・
 有り難うございます!
 ご無沙汰していますが、先日の地震の際は、大丈夫だったのかしらっ?って心配しましたが、その後も変わりなくHP更新されておられるので安心していたところです。
 地震前の空の前兆現象などはありませんでしたか?

 なるほど、スリスリの瞬間を狙う天敵ですね。
 写真のムモンはこの蟻を足蹴にしているというか、翅蹴にしているというか、そんな感じで開翅して、嫌がっている雰囲気でした。もちろん蟻はクサアリの仲間で、ムモン幼虫の育ての親ですが、ムモン成虫とは仲が良くない感じでしたね。

> 開翅が開脚に見えてしまった
 私も「開翅」を「開肢」に変換まちがいしそうになりました。(笑)
 忘れないうちに使って下さいね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月22日 07:58
Rhetenorさん
 仕事上がりに深夜に1杯ってところですね。
 この絵がビールの肴になったようで何よりですぅ。

 前記事のやり取りがあったので、予定を繰り上げて掲載です。
 予期していなかった「水着の跡」には本当にそそられましたよ。
 それにしても、ムカつく♂です。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月22日 08:01
深山葵さん
 むふふ、コメント力作となっ!有り難うございます。
 力を入れて書いている訳ではないのですが、感じたことをアリのままに書くとこんな感じになりました。
 ただ単にとまっている蝶でも、こいつはこの後どうするのかなぁ?なんて延々と見守るようになったのは私にも「観察屋」の心が芽生えてきたのかも。今後も事実をアリのままに見て撮影/記録しますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月22日 08:02
予定を繰り上げての掲載有難うございましたぁ。

予期していなかったとはいえ、
「水着の跡」なかなか艶っぽいですぅ。

ハハハ、ムカつく♂ですかっ、
そう思われない様に、気をつけねば(笑)。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年08月22日 21:39
明日、状況判断になりますが、
例の中華料理を狙ってます。

貴兄の御予定は?
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年08月22日 21:41
Rhetenorさん
 改めてのコメント、さんきゅうです。
 艶っぽい「白さ」ですやろっ。

 ずっと開翅を待ってカメラ向けていた♀を追い払ったあげく、樹上で交尾されると、さすがにムカつきましたわ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月22日 22:43
Rhetenorさん
 連続コメント、さんきゅうです。

 実はね、例の中華料理、本日8/22の昼食に食べ納めに行ってきたところなんです。12:00開店でしたが、12:20頃に行くと、番号札配るくらい繁盛してましたよ。

 明日8/23は、午後に京都での仲間内の飲み会がありまして、そちらに参加予定です。別行動になりますこと、ご容赦下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月22日 22:48
貴殿もムモン三昧だったようですね。今年は各ブログを賑わしているようですので、当たり年かもしれませんね。シンプルイズベストを絵に書いたような本当エエ蝶です。
Posted by ノゾピー at 2009年08月23日 16:31
ノゾピーさん
 コメントどうもっ!
 確かに今年は各ブログをムモンが賑わしていますね。生息地も個体数が多かったのかもしれません。
 お書きのとおり、オレンジと黒だけのシンプルな美しさに魅かれる蝶です。吸蜜していると口吻もオレンジですし、頭部がオレンジなのもたまらなく良いですよね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月23日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。