2009年08月19日

東海・信越、どこへ行こう(その3)(8月8日〜8月10日)

 8/9、午前中早めの時間帯に、この日の1つめの課題「きちんとミヤマカラスシジミを撮る」を首尾よくクリアできて「保険がかかった」状態になったので、楽な気分で2つめの課題「チャマダラセセリの吸蜜画像を撮る」に転戦しました。

 ところで、念のために、繰り返し、書いておきますが、
 「開田高原のチャマダラセセリ」と「高ボッチ高原のヒメヒカゲ」は、いずれも、「長野県希少野生動植物保護条例」で地域指定された個体群で、許可なく捕獲等を行うことはできません。(平成18年3月30日付け長野県報第1748号参照)
 蝶愛好家の皆さん、開田のチャマダラセセリ、高ボッチのヒメヒカゲ、採らずに撮って、愛して下さいね。


 う〜ん、しかし、チャマダラセセリ、探索すれどもさっぱり見かけません・・・途中、ネットを持った方にも遭遇したので話を聞きましたが、まったく見ないとのことでした。なお、「チャマダラセセリについては条例で採集禁止になっているので、見かけても採集しないで下さいね」とお伝えしたところ、「承知していますよ」とのお返事でした。

090817ch1.jpg 数時間の探索後、厚い雲がかかり遠くで雷鳴が聞こえ始め、こりゃもうあかんな・・・とあきらめかけた頃、目視で1個体発見です!まずは、証拠写真を大切に撮影しておきました。新鮮で美しい個体ですね。

 昨夏はカンカン照りのお天気で吸蜜シーンにはお目にかかれませんでした。しかし、今回は、気温の高い曇天が、逆に、功を奏したようで、種々の花で吸蜜シーンを披露してくれました。

090817ch2.jpg 首をかしげるように口吻を伸ばしている可愛らしい吸蜜シーンです。直射日光が当たらないので、色表現もえぇ感じです。

090817ch3.jpg 撮影していると何度か見失いましたが、近くのヒメジョンの花を探すと吸蜜を継続していました。

 やや草丈のあるヒメジョンの花に飛び移ったので、キマダラルリツバメ撮影時に多用する「ノー・ファインダー(モニター)撮法」で広角画像を狙ってみたら、何枚か「当たり」がありました。

090817ch4.jpg090817ch5.jpg 左が一眼デジ+15mm Fisheye、右がコンデジGX100による絵です。特に、左の絵は、めちゃくちゃお気に入りの1枚です。
 これで、もう、夏型チャマダラセセリの撮影は「卒業」しても良いかもしれません。ちなみに、「卒業」とは、マイ師匠S氏の言葉をお借りすれば、「義務からの解放」という意味で、師匠によれば、私は、キマダラルリツバメ撮影は「卒業」しているとのことです。(笑)

 最後、とうとう見失ってしまいましたが、2つめ課題もクリアできたので、3つめの課題に転戦することにしました。ラッキーなことに若干お天気回復傾向で、曇りですが、しばらくは雨は降らない雰囲気になってきました。【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:19| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャマ2化みごとにゲットですね!
「広角撮法」どっちも、ええですぅ〜♪

特に左のショットは、ネイチャー・ムックの表紙を飾れそう。U野氏やI森氏をも凌ぐ『名作』ですわー。

来週、都合つけば奥飛騨〜信州訪問予定です。
久々のキベリやウラツマに会えればサイコ〜ですわー。

前に見たのは、木曽駒の近くでした。

Posted by 深山葵 at 2009年08月19日 22:13
深山葵さん
 おっと、1番レス、有り難うございます!
 広角、思った以上に良い絵がゲットできました。
 これならU野氏やI森氏にもひけをとらないかも。(笑)

 キベリえぇなぁ〜ちょうど今頃からが旬ですもんね。
 ツマジャは確実に会えそうですが、撮るには崖を降りてきてもらわんとあきませんが、吸蜜にもきますしね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月20日 00:12
課題を一つ一つクリアされていく過程にこちらもグイグイ引き込まれつつ成果に一喜一憂しています(笑)。チャマダラセセリもまた丁寧に撮影されていて美しいですね。マクロ好きな私は上から二枚目の写真がお気に入りです。曇りや小雨でも蝶は活動しているものですね。先入観を捨ててフィールドへ出て行かなくては!(お天気悪いと諦めが早いので!笑)
Posted by Noreen at 2009年08月20日 00:26
Noreenさん
 深夜のコメント、さんきゅうです。
 おろっ、そんなに引き込んでしまいますかっ!ん、でもね、マジでチャマ探索には数時間費やしてます。本州ならではの画像だと思います。
 私もね、マクロは断然、上から2枚目の吸蜜です。花も可愛いらしくていいですし。
 写真は、直射日光射さないときのほうが綺麗な色がでるので、曇天好みだったりします。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月20日 00:42
北海道の個体と違って白紋の小さい夏型も良い感じの蝶ですね。
こちらでも飼育すると夏に羽化して同じような紋を見ることは出来ます(15年前に経験済み)。

高ぼっちも採集禁止になったのですね。なんだか懐かしいです。
Posted by maeda at 2009年08月20日 06:17
maedaさん
 飼育すると夏型って経験は貴重ですね。やはり、蛹期の温度が関係するのでしょう。
 これで、春型と夏型両方の吸蜜写真も揃ったので、来シーズンはこの時期、別の蝶探索しようかと考え始めました。

 高ボッチ、私も懐かしいです。だいぶ前にコヒョウモンモドキを「採りに」行った思い出もあります。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月20日 07:30
夏チャマは未だアップしていませんが、私も様子を見にいって来ました。昨年に比べて個体数が激減していてびっくりでした。何故なのかわかりません。写真撮影に関しては卒業ってこともあるかもしれませんがチャマの如き希少種は毎年様子をチェックする必要があるのでは。。と思っています。そちらの夏チャマはkenkenさん以外のブログでは見られませんので、もし時間が許すようでしたら今後も毎年見させて頂きたいなぁーとだだっ子のようなお願いです。すみません。。
Posted by clossiana at 2009年08月20日 07:33
clossianaさん
 コメント、有り難うございます。
 ご安心下さい!今後もちゃんと生息確認と採集禁止の周知徹底に現地訪問しますよ。また、私以外の複数の撮り手も訪れておられますよ。

 マイ師匠S氏とも話していたことなのですが、「卒業」とは「義務からの解放」を意味します。
 「なんとしても美しい姿を撮って写真を残さねば」って思いで、必死こいて訪れるのが「卒業していない」状態です。これ、「楽しい」なかにも「辛い」感覚もあったりして、ある意味において、「芸術」や「修行」って感覚の撮影行です。

「卒業」した状態とは、「他種の撮影ついでに生息確認だけはしておこう」とか「今年も会えてよかった」とか「う〜む、今年は会えなかったが、NULLも大切な記録」ってな感じの気楽な訪問で、すべての意味において、「芸能」や「娯楽」って感覚の撮影行です。

 なので、昨年で「卒業」したキマダラルリツバメ、もうそれだけをメインに撮影に訪れることはありませんが、何かのついでや生息確認に訪れたときは、たとえ会えなくても、とっても楽しい撮影行ですし、現に、今年も「卒業した撮影」に訪れているのです。
 なんだか難しいことを書いてすみません。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年08月20日 12:12
おおっ!渋チャマ、エエ感じでっす。


首をかしげるような可愛い仕草、
う〜ん、そそられますぅ。
Posted by Rhetenor at 2009年08月20日 14:21
Rhetenorさん
 まいどっ、コメントどうもっ!
 なかなかえぇ感じで撮れました。
 むふふ・・・そそられますかっ?こいつ、♀でしたしね。(笑)

 でね、ちょっと予告しておきますと、次々回くらいの記事に「日焼けした素肌に白い水着の跡を見てそそられた」って記事を書いて、関連写真をUP予定です。乞うご期待!(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年08月20日 17:07
ムムッ、「日焼けした素肌に白い水着の跡を見てそそられた」っとな!

何じゃろ?
そのまんまでも、興味は有りますが、
貴兄が文面通りの誘惑に駆られたとは、思われ難いし。


…ツマジャかウラジャの♀あたりだったりして(笑)。
Posted by Rhetenor at 2009年08月20日 19:19
Rhetenorさん
 そのまんまでも(のほうが?)えぇもんですが、残念ながら?蝶ですよ。(笑)

 「日焼けした素肌に白い水着の跡を見てそそられた」のと同様に、普段は後翅で隠されている前翅裏の部分の色にそそられたのでした。
 種名は・・・お楽しみに!
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月20日 20:24
う〜む、キバネかホシチャ位しか思いつかニャイ。

楽しみに待ってまぁ〜す。
Posted by Rhetenor at 2009年08月21日 08:53
Rhetenorさん
> ツマジャかウラジャの♀
> キバネかホシチャ
 なるほど、推理するとこんな種が思い浮かびますね。
 ですが、全部、ハズレです。(笑)

 私もね、まったく予想していない種で「水着の跡」的な部分を生体で拝ませてもらい、メチャそそられました。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2009年08月21日 12:08
チャマの夏型はまだ見たことありません。
吸蜜も夏らしい花でいいですね。
そういえばチャマを撮影したのは広角で撮影する前ですね。(^^;
Posted by BANYAN at 2009年08月21日 19:05
BANYANさん
 夏型撮影していると背景が緑中心になるのが印象的です。春型ですと、どうも茶色っぽい背景ばかりになるので。
 そちらですと、茨城とかでも夏型見られるんじゃないかな?一度、拝んでみたいもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月21日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。