2009年07月29日

中華料理「鳳舞」(2009年7月28日)

 梅雨が明けず、なんとも憂鬱なお天気が続きますねぇ〜撮影に出かける気になれません。そんな中、蝶撮影のことはすっかり忘れて、家族サービスに徹しました。

090728-1.jpg 妻が「中華が食べたい」というので、京都市北区・紫明通り沿いにある中華料理店「鳳舞」に行ってきました。
 京都にお住まいの方、このお店のファンは結構多いのではないでしょうか?私は、学生時代から時々訪れています。なかなか古風で立派な構えのお店です。

090728-2.jpg メニューはこんな感じで、庶民的なお値段であります。中華は複数で行って、いろんな料理を分けて食べると楽しいですね。

090728-3.jpg 大好きな酢豚に焼きそば、ご飯、ザーサイなんかを頼みました。こんな感じの料理です。老舗らしく、お皿にもお店の名前が焼きこまれていますね。

090728-4.jpg この日のメイン料理は、牛肉とトマトの蒸しものにしました。これ、トマト好きにはたまらなく美味い一品です。トマト本来の味が楽しめて、ちょっぴり甘めの味付けがしてあります。

090728-5.jpg ですが、店内にこんな残念な張り紙がしてありました。
 この8月31日で42年の歴史にピリオドを打って、お店をたたまれるようです。(大涙)
 京都にお住まいの鳳舞ファンの皆さま!あの味をしっかりと脳裏に焼き付けておくために食べに行きましょう。私も、お店が閉まるまでにもう1回は行こうと思っています。
 9月以降、どこへ中華料理を食べに行ったらよいのか・・・実は、路頭に迷っております。中華料理、京都市内で1人\2,000くらいの予算でお奨めのお店があったらご教示下さい。
 たまには、こんな話題も良いでしょう。
----【以下、2009-7-30追記】----
090728-6.jpg なお、このお店の入口のすぐ横には、写真のような池があり、鯉が泳いでおります。
 「アブナイ降りないで下さい!!」って看板もあったりします。

posted by kenken(管理人) at 21:55| Comment(18) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっ、旨そぉ〜!
えっ、あと1ヶ月ですかっ!

斜め45度、臨時召集ってのは無いのでしょうか?

今回はインセクト・フェアも、
ビミョウな雲行きを感じたりしております。

ん〜ん、一度は食してみたいですね。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年07月30日 00:31
お気に入りのお店が無くなるのは寂しいですね。
美味しそうですなぁ・・・。こんなお店もあったんや・・・。8月末ですかぁ・・・間に合わないなぁ。

貧乏学生時代を京都で過ごした私は王将と眠眠しか知りませんでした(笑)。
Posted by nomusan at 2009年07月30日 06:09
お気に入りの店がなくなると、本当に寂しいし、次に何処へ行けばいいのか分かりませんね。
最初から探すのも楽しいかもしれませんが、そんな余裕なくすぐに行きたいときが困ります。
Posted by maeda at 2009年07月30日 06:12
店名は初めて聞きましたが、いずれにせよ、こーゆー「古き佳き大衆店」が櫛の歯が抜けるようにひっそりと消えていくのは実に寂しいものですね。

せめて閉店までに小生も一度は訪れてみようと思います。
(娘が近くに住んでいるので・・)。
ちょうど大文字さんの頃がええかなあ〜。
Posted by 深山葵 at 2009年07月30日 06:19
書こうかどうか、躊躇ったのですが、書きます。

実はこのお店、近所に住んでいて、良い評判を耳にしているのにもかかわらず、食べに行ったことがありません。
食べに行ったことはないのですが、行ったことはあるハズなんです。

ところで、このお店って、池がありませんでしたか?

ご存知のように、京都市内中心部には地蔵盆という風習があります。本来、町内の子供を1箇所に集めて遊ばせるだけの行事なのですが、当時、それが終わった後、町内の大人たちも含めて、お食事に行くという事をしておりました。

そして、開店当初のこのお店に町内会で行ったのだと思います。
そこで事件は起きました。
どんな経緯かは忘れましたが、まぁ、ほたえておったのでしょう。ガキのふしみや君はその池にはまったのか落ちたのか、いや、そもそも池だったかぁ?記憶があいまいです。
とにかく、エラク怒られ、恥をかいたのは確かのようです。

以後、現在に至るまで、気にはなっていたのに、無意識の底に在る何かが、私を引きとめていたようです。

昨晩、この記事を読んでから、この事を、突然思い出しました。

こうなった、もう、行きません。
だって、ここで行ってしまって、美味しかったら、40年以上も損していたことになるじゃーアリマセンカ.

因みに、このお店前の紫明通りを挟んで北側が、ウチのケロちゃん達にあげる餌のポイントとなっております。(キマは居ませんが…)
Posted by ふしみや at 2009年07月30日 08:33
Rhetenorさん
 そう、気づいた時には、残り1ヶ月でした。行ってみらた既に閉店してたってのよりはマシかもしれませんが・・・
 う〜ん、宴会を設定するタイミングはありませんねぇ〜
 京都インセクトフェアにお越しでしたら、そのついでに行ってみられては?地下鉄だと、鞍馬口駅が最寄です。

 ところで、インセクトフェア、違法な標本取引で逮捕されたS某、I某、T某ほかの影響、どうなんやろ?私は、標本の売買ってのは一切しないので、まったく関係ナシです。
 これを機会に、業界が浄化されることを願っています。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月30日 17:55
nomusanさん
 いつもいつも行く店ではないのですが、年に1度は行く、そんな名店でした。
 私の周囲に人に、お奨めの中華の店ってある?って聞くと、ここを上げる人も多かったです。
 王将は私も今でも良く行きますよ。
 ちょっとだけ贅沢な中華を食べるときは、この店でした。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月30日 17:56
maedaさん
 そう、なんがだ寂しいですわ。長年行ってたお店が消えるのは。
 ここね、休みの日は並んで待つくらいのお店なんですが、後継者がいないのかなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月30日 17:56
深山葵さん
 なんと、娘さんがご近所におられるとな。
 ならば、百聞は一食にしかず!是非に訪れてみて下さい。
 駐車場はなくて、近所の\100パーキングですが。
 最寄駅は地下鉄・鞍馬口です。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月30日 17:57
ふしみやさん
 貴宅の近所なので、きっとコメントいただけると思っておりましたが、なんと!想像を超える凄いエピソードまで披露いただき、有り難うございます。

 貴殿に敬意を表して池の写真を追加でUPさせていただきます!
 私が学生の頃から、池の淵には写真のとおり「アブナイ 降りないで下さい!!」って看板があるのですが、貴殿のおかげでしょう。

 この記事をお読みいただき、そんな思い出が蘇ったのならば、そんなこと言わんと、是非一度、行ってみて下さいなぁ〜 釈迦に説法ですが、何事も、自分で足を運んで体感するのが一番ですぞ!
 ウラナミジャノメ、いなくなる前に足を運ぶのと同じように・・・
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月30日 17:59
メニューを拝見すると、失礼ながら結構お高いですね。高級中華料理店ですね。私は中華と言えば、大阪では、王将とか南海飯店がすぐに浮かびます。少し贅沢するなら銀座アスターでしょうか。贔屓の店がなくなるのは辛いけど、京都なら一杯あると思いますので、新規開拓してください。8/末までに京都を訪れることがあればのぞいてみようかな。
Posted by ノゾピー at 2009年08月01日 20:18
ノゾピーさん
 まいど、コメント、有り難うございます。
 さすがに王将には負けますが、庶民的な店ではあります。
 まあ、昔、よくあった感じの本格中華料理店ですね。

 ですが、最近は、いろんな選択肢が増えたので、こういう値段のお店は流行らないのかもしれません。
 高級店なら結構あるのですが、これくらいの価格設定の店がなかなか見つかりません。
 ん、銀座アスターとな?ネットで検索してみますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月01日 21:09
エェ〜、学生時代にこんなゴージャスな店に行っていたんですかぁ〜。学生時代の中華といえば、王将、眠眠、百万石、来来飯店(これは部活が終わってからの溜まり場)で、白川通りの李白ですらちょっとした決意が要りました。
今ならリーゾナブルなお値段で、おいしいのなら行ってみようかという感じですが、閉店ということで残念です。
Posted by otsuka at 2009年08月02日 21:08
otsukaさん
 なんの、なんの、学生時代って、ん十年も前のことですやんか。このメニューよりもっと安かったですよ。もちろん、王将には負けますが。(笑)
 なんせ、店構えからして、こんな店に入って大丈夫かしら・・・って思うのですが、入ってみると大衆食堂っぽいのが魅力ですわ。
 閉店までにお越しになる機会があれば是非訪れてみて下さいな。月曜定休です。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月02日 21:25
ご無沙汰しております。京都のシゲです。鳳舞は私の家からは歩いても10分くらいなので、毎年何回かは出かけます。芥子酢で食べる焼きそばやクワイが入っていて歯触りのよいシュウマイなどが好物でした。二階でのコースで最後に出てくる鯉の甘酢あん掛けも愉しみでした。あらまあもう過去形で書いてしまった。なくなるまでのもう一度出かけます。鳳舞で働いていた料理人の店として、北大路橋の東、南側に白雲、堀川の今宮下がるに鳳飛というのがあります。店構えと値段はもう少し庶民的ですが、メニューと味はよく似ています。あともう一軒おすすめの中華としては黒門の今出川下がるに美齢(メイリン)という四川と広東とが融合したようなスパイシーな料理を出す店があります。値段は鳳舞並み。車も通れない路地のような所にある店です。
Posted by しげ at 2009年08月05日 19:19
しげさん
 コメント有り難うございます。大変ご無沙汰いたしております。最初、ぱっと見て、どなただったかなって一瞬考えましたが、そうでしたね、すぐご近所にお住まいでしたもんね。
 私ね、学生時代の前半は、烏丸紫明の大きな病院の裏あたりに下宿しておったのですよ。あぁ、懐かしい。
 なるほど、さすがに中華のお店、地元ならではで、よくご存じですね。ご教示、有り難うございます。いずれのお店もまだ行ったことがないので、1軒ずつ行ってみることいたします。とても楽しみです。
 また京都フェアなどでお目にかかりました際は、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月05日 20:11
はじめまして
鳳舞ファンです
明日あたり食べ納めに行くつもり

オススメ中華は私も堀川北大路をずっと上がって西側にある鳳飛です〓

焼きそばが美味しいです
Posted by ちか at 2009年08月21日 00:01
ちかさん
 こちらこそ、はじめまして。
 書き込み、有り難うございます!

 なるほど、鳳飛、やきそばがお奨めなんですね。
 実は、昨日、勤め帰りに鳳飛の前を通りましたら、「夏休み」だったようです。改めて、行ってみようと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2009年08月21日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。