2009年07月01日

ゼフィルス撮影は難しい・・・(2009年6月27日)

 ここのところ仕事が忙しく、亀ブログ更新状態です。(笑)
 さて、先週末は、ゼフィルスたちと戯れようと、北陸遠征してきましたが、今年は不作なのかなぁ〜、それとも前回記事同様に撮影センスがないのかなぁ〜あまり良い写真は撮れませんでした。

090627-1.jpg090627-2.jpg 毎年チャレンジしているヒサマツ君、独特の金緑色に超長い尾状突起とその先端の白が最高なんですが、いかんせん、遠い位置に、しかも一瞬だけのテリでした。腹をくくって崖を登って斜め上に回り込んだ際には、もういませんでした・・・(大涙)

090627-3.jpg090627-4.jpg ヒサマツ君がテリを張る時間帯には雲がかかって暗くなってしまいました。こういう天気になると、エゾ君がテリ張ってくれます。やはり、おりました。ヒサマツ君もこんな位置でテリ張ってくれるとえぇねんけどなぁ〜

 てなわけで、今回、ゼフィルス撮影はいまいちの結果でしたが、印象に残る「蛾」を2種撮影することができたので、お目にかけましょう。

090627-6.jpg カエデにミスジチョウを探していると、ミスジチョウよりひと回りくらい大きい美麗な蛾がとまっていました。初めて見る蛾で、種名は不明です。どなたか種名がお分かりであれば、ご教示下さい。

090627-5.jpg こちらはヒトツメカギバですね。なぜ種名が分かるかって?実は、この蛾を見た瞬間に、30数年前の中学生時代に購入した「日本昆虫分類図説」という図鑑のカラープレートを思い出したからです。10代の頃の記憶は、今でも実にクリアで、消えないもんですわ。

090627-7.jpg090627-8.jpg その図鑑、探してみると、ちゃんと今でも家にありました。この図鑑を持っているのは、私が元オサムシ屋だった証明でもあります・・・って、書いてもオサムシ屋以外の方には分らんやろなぁ〜(笑)

 特定のゼフィルスを狙って出かけても、どうも慣れないことをするとあきません。簡単には、えぇ写真は撮れないもんです。この日の走行距離609km。
 次の撮影は、ゼフィルス以外にしよう・・・
----
 最初の蛾は、「キマダラオオナミシャク」と分りました。メールでご教示いただいたTさん、有り難うございました。(2009年7月3日 追記)

posted by kenken(管理人) at 19:52| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今から45年ほど前、私が中学、高校生の頃は京都の杉峠がヒサマツの確実な産地でした。峠の有名なスギの樹に登って待っていると、まさに右上のような感じでヒサマツがやって来ました。一度すぐ近くに♀が来て翅を広げていました。しかし、樹の枝につかまっていて体は不安定、さらに、竿が長すぎてとり逃がしました。あきらめきれず、自宅の大阪に帰らず、比良の望武小屋へ転進! ついに美しい♀をゲット。当時は、ヒサマツの食樹は分からず、♀は1年に一度記録されるかどうかの珍品でした。いつになるか、私もヒサマツの写真を撮りたいと思っています。
Posted by 久保田 at 2009年07月01日 20:32
↑↑
同感です。杉峠・・。懐かしい響きですねぇ〜。
小生も3〜4度通いましたが、ベテラン採り屋さんがゲットされたヒサマツをパラフィン紙越しに眺めただけ・・。

ゼフは蒜山、鏡ヶ成のモドキ・ウスイロの駄賃として横手道あたりでよく観察しました。写真もそうですが、太陽光を浴びて一瞬まばゆいばかりに光り輝く♂の表翅を眺めると夏が来たことを実感します。

Posted by 深山葵 at 2009年07月01日 20:54
えーあの落石の上に登られたのですか?
私は数分で足がふるえてギブアップいたしました。
S氏とのおーおきな違いを痛感いたしました。
KENKEN氏も無事で良かった・・・・・
Posted by kmkurobe at 2009年07月02日 01:33
超有名ポイントですね。
中高生の頃、いろいろな方の採集記録を見る度に、どんな所か想像したものです。そのうちに足を運びたい場所ですね。
特に現在もチャンスあるようですから。
Posted by maeda at 2009年07月02日 06:54
ヒサマツですね、いいなー
証拠写真でもいいから撮りたいですが、今年は課題の消化もしなくてはいけないし、不作ということらしいので、来年回しになりそうです。
Posted by ダンダラ at 2009年07月02日 09:37
久保田さん
 当時は、まさに「珍品中の珍品」でしたね。私の図鑑には、「食草:不明」ってなってました。また、「極めて稀」なんて文言にもしびれましたね。
 おっと比良山、懐かしい響きです。中学生の頃、初めてヒサマツを「採った」のは比良山のロープウェイを降りて直ぐのところでしたよ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月02日 12:04
深山葵さん
 今も杉峠がヒサマツのポイントであることには変わりありません。
 車で45分程で杉峠です。「採る」自信はありますが、現在は、「翅表を撮る」ことに興味があり、これはなかなか杉峠だと難しいですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月02日 12:05
kmkurobeさん
 腹をくくって登りました。こういう時のために、オン・シーズンはダイエットしてまして、現在、最も太っている正月に比べて6Kg減で体が軽いです。
 しかし、ヒサマツ撮影には「運」も大切な要素です。
 初めて野外で遭遇した「初球」のV字を見事に描写した貴殿には「運」を感じますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月02日 12:05
maedaさん
 杉峠は、拙宅から車で45分もあれば着きます。もちろん今でもヒサマツは飛んでいて証拠写真なら撮れるでしょう。
 撮影遠征して「ハズレ」を食らうよりは、地元でNEW撮影ポイント開拓しても良いかなと考え始めました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月02日 12:06
ダンダラさん
 今年は日本海側のゼフィルスは不作だと聞いていましたが、何事も自分の目で確かめるべく行ってきました。
 不作は事実でしたね。(涙)今年のヒサマツ君狙いはこれでやめておきます。
 ダンダラさんも、来年以降の課題にされたほうが良いでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月02日 12:07
ヒサマツはまだ遠い目標で現実感がありませんが、エゾミドリの開翅は羨ましいです。私の知っているポイントでは高所でテリを張るのでなかなか良い絵が撮れません。
Posted by furu at 2009年07月02日 21:07
furuさん
 こんばんわ〜
 ヒサマツ撮影は運が要りそうです。「目撃」レベルが続いています。
 エゾは、良い位置でテリを張ってくれるので楽ちんです。ゼフは、一度テリ張り場所が分かれば、たいていそこへ来るので狙えますが、ヒサマツは見上げてばかりのところで首が疲れます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月03日 00:32
kenkenさん

ご無沙汰しています。今年、ヒサマツには3回通いました。20日と26日には、Sさんにも現場で会いました。初対面でしたが、数々の装備品で容易に同定。

結果は、20日と26日に雌をマクロで撮影。雄は26日崖を少し登り、テリの最中の個体を撮影しましたが、結構スレていて証拠写真程度のできでした。良い画は来年の楽しみです。
Posted by ウメ at 2009年07月04日 07:07
ウメさん
 コメント、有り難うございます。
 7/3夜〜7/6朝まで、撮影遠征していまして、お返事遅くなってすみません!
 Sさんから聞きましたよ。3回出撃ですね!
 私は、毎年ワンチャンスにかけていますが、なかなかお天気がフィットしませんわ。まあ、梅雨ですし、しょうがないですね。
 来年は遭遇するかも?よろしくです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年07月06日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。