2009年06月23日

「画竜点睛」(2009年6月20日)

 まず最初に(何度もコメントしておりますが)、キマダルリツバメは、4本ある尾状突起の先端の白を全て表現して初めて「綺麗に撮った」と言えると考えております!

 さて、前回記事の続きです。兵庫県西端から北部へと、2時間ほどかけて道の駅巡りなどしながら、のんびりドライブです。途中、本格的な雨もありましたが、北部まで移動してみると幸いお天気はえぇようです。
 で、キマリンがテリを張るハズの位置でカメラをセットして待つことにしました。

090620sp-1.jpg090620sp-11.jpg 若干早めの時刻でしたが、雲がかかって陽が翳った瞬間に「初球」が来ました!ピカピカの個体で、これはやったんじゃないかとシャッターを切りましたが、なんと、4本の尾状突起のうちの1本の先端の白が欠けていますね。(涙)

090620sp-3.jpg 「初球」を見送って、別の場所を探索すると、「2球目」が来ました!
 ひゃぁ〜別個体やのに、こいつも4本の尾状突起のうちの1本の先端の白が欠けとるやんか・・・(再涙)
 またしても証拠写真だけ押さえて、別個体を探索です。

090620sp-2.jpg (中略)この日の「ラスト1球」です。ちょいカスレの個体でした。ああっ、もうあかん!この個体も4本の尾状突起のうちの1本の先端の白が欠けています。やがて、辺りは暗くなり、タイムアップとなりました。

「画竜点睛(がりょうてんせい)」って四字熟語を辞書で引くと、次のように書いてあります。
◆意味:事物全体を引き立たせる最後の仕上げ、また事物の眼目(がんもく)となるところをいう。竜を描いて最後の仕上げに睛(ひとみ)をつけるの意。普通は、『画竜点睛を欠く』という形で使い、ほとんど完成しているが、肝心(かんじん)なところが抜けているために、全体がだめになっているという意味で使う。
 なるほど・・・次のように使うようです。
◆例文:素晴らしいキマリンの開翅シーンですが、いずれも4本ある尾状突起の先端の白が全ては揃っておらず、画竜点睛を欠いた絵になってしまいました。

 先日のスクランブル撮影行と合わせて、今シーズン、少なくとも☆個体(○し○やさん流表現)のキマリンをビシッと撮影できる射程内に捉えておりますが、なんと、4本の尾状突起の先端の白が全て揃った個体にはお目にかかれておりません・・・これはきっと、年初に「今年はキマリンをメインで撮るのはやめて・・・」なんて書いたために、キマリン様がすねておられるのでございましょう。
 申し訳ございません、キマリン様!次回以降はメインで撮りに参りますので、何卒ご容赦下さいませ。次に4本の尾状突起の先端の白が全て揃った個体お目にかかった際には、「画竜点睛!」って叫ばせていただきますね。

 兵庫県を縦断すると結構走るもんですね。この日の移動距離441km。ゼフィルス撮影をメインに出かけたハズが、まったく違うものを撮影して帰ってまいりました。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 12:17| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エエ画像やのに、画竜点睛を欠いた絵ですかっ!
貴兄の拘りを感じますね。

キマリン様がすねておられる(?)のは、
「五右衛門」風コメントだったりして(笑)。

でも貴兄の情熱が伝わって、
次回はきっと、8本の尾状突起の先端の白が全て揃った状態で、夫婦でお出迎えしてくれる事でしょう。
Posted by Rhetenor at 2009年06月23日 13:19
Rhetenorさん
 おおっ、もう早速コメントが!有り難うございます。
 さすがにキマリン・ネタへのコメント早いですね!
 シジミチョウ科の場合は、どうしても「尾状突起の先端の白」にこだわってしまいます。キマリンの場合は、単純計算で、他種の倍はこだわりますね。(笑)
 交尾中の個体の8本の白を表現できたら最高やなぁ〜7本まではあるのですが。

 ところで、○○県探索、私の倍は走ったのではないでしょうか。そのパワーに敬意を表します!お疲れ様でした。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月23日 16:55
こんばんは。私なんかまだ見たこともないので、写真撮れれば大喜びすると思うんですが、奥が深いですね。別件ですが、本当にいい勉強になりました。私、恥ずかしながらこの記事を読むまで「がりゅうてんせいを・・・」と言っておりました。それも、人前で何度も言ったなぁ・・・。ありがとうございました。
Posted by Ryochan at 2009年06月23日 21:33
Ryochanさん
 こんばんわ〜ご無沙汰ですぅ〜
 何事も経験を積む?ごとに、だんだん奥が深くなってしまいますね。(笑)そちらも北部へ行くとキマリンに会えるのではないかな?
 この四字熟語、読みが難しいですよね。「がりゅうてんせい」って入れて変換したら「我流天声」ってなりました。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月23日 22:08
4本の尾状突起の白がそろうとはこだわっていますね。
昔、撮影した写真が心配になり、見返してみました。白が4本のものもあり、一安心しました。
Posted by cactuss at 2009年06月23日 22:45
あはっ!
ビア&キマモへのコメント、
考えている内に変わっちゃってましたね。
ムムっと思いながらも、コメントに困ったりしてました。

探索、に貴兄の倍も走ってませんよぉ〜。
でも満タンが空っぽになる位以上のガソリンは
使っちゃいました。

テリ待ちした所は、高所でディスプレーでした。
好天なら、シャッター・チャンスがあるかも知れませんね。
結構、青い変異を示しています。
MAX × 80(%)が、標準レベルかな?と思いました。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2009年06月24日 01:27
個体の鮮度は運ですから、これだけ綺麗に撮れればよしとします、私なら。
Posted by maeda at 2009年06月24日 06:15
cactussさん
 あはは・・・見かえしてみられましたか。
 どうです?4つの白が揃っていると、全体が引き締まって、今にも天に舞い上がりそうな雰囲気なのでは。
 まあ、心配したり、安心したりするものではないのですが、個人的なこだわりであります。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 06:25
Rhetenorさん
 むむむっ・・・考えているうちに新記事になりましたか。
 実は、夜に記事を書いているうちに眠たくなって打ち切り、翌日のお昼休みに続きを書いてUPしたので、こんな時間帯のUPなんですよ。

 探索、さすがに倍はいきませんか。
 ほ〜、MAX×80%が標準とは・・・青めですね。

 こちら、今シーズン、青め、黒めと写真が揃いましたが、尾状突起が揃わんです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 06:42
maedaさん
 マイ・こだわり・キマリンなのです。(笑)
 初めての開翅シーン撮影なら、万歳するでしょう。
 例えば、ヒサマツ君でこんなふうに撮れたら、尾突の1本くらいよしとしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 06:48
まぁ〜、たしかにね・・。
KENKENさんのこだわりには頭が下がります。

でも、活発に生き抜いている証拠だから、それはそれで「生活感」が出ていて小生はスキです♪

完璧を求めるのは、なかなかきびしいことですね。
でも、それがあるから「撮り屋」はヤメラレませんね!

ガンバ♪
Posted by 深山葵 at 2009年06月24日 11:53
尾状突起へのこだわりですか・・
だんだん写真のストックが増えてくると完璧を求めますね。
私の場合は、尾状突起より、配偶行動、交尾、産卵といった方向に行きそうですが、人それぞれこだわり方は違って当然ですよね。
確かに、きれいな翅表写真にこだわるなら、尾状突起が欠けているのは我慢ならないでしょうね。
なかなか大変ですね。
Posted by ダンダラ at 2009年06月24日 14:21
数が気になる場合もありますので、できるだけ数量は書きたいのですが、モロに書くのはチョとその、なんですわ…。

ところで、私の今日の画像はキマリンの肛角だけ。
△本の尾状突起が、オシベと紛らわしいでしょ。
Posted by ふしみや at 2009年06月24日 15:20
深山葵さん
 尾状突起の欠けは、歴戦の勇士ってところでえぇもんですが、超新鮮な個体で欠けてると泣かせますわ。まあ、個人的なこだわりですが。
 4本揃っていても、なかなか全ては表現できなかったりしますし、これも撮影の四苦八苦で逆に楽しいですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 16:55
ダンダラさん
 むふふ・・・これは個人的なこだわりです。(笑)
 なんちゅうか、その蝶をできるだけ綺麗に撮って残してやりたいというか・・・
 ん、でもね、歴戦の勇士のお姿もえぇもんですね。
 産卵とか、動きのあるシーン撮ってみたいですが、なかなか巡り会いませんね。最盛期過ぎでないと無理か。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 17:00
ふしみやさん
 またもお呼びたてしたようで、コメント有り難うございます。
 で、まず、すんません!当記事の「ふしみや数字」表現に誤りがありましたので訂正します。(笑)

正:少なくとも☆個体 ← 誤:少なくとも△個体

 あっ!あのサンゴジュ、あそこやな・・・私が通勤の帰りに寄る時間帯には、いてませんね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月24日 17:07
さすがキマリン画像にはこだわっていますね。
かなり新鮮な個体のようですが、尾状突起の白い先端は切れやすいのでしょうか?
今回初めて撮影した東北亜種と色々色彩も異なるようで興味深く拝見させていただきました。
Posted by 虫林 at 2009年06月25日 12:14
虫林さん
 そちらのキマ、えぇ絵を見せていただきました。
 西と東では、青色が根本的に違うように感じますね。
 観察した事実から申し上げて、左右は別にして、内側の尾状突起の先端から欠けていくようです。
 4白を見た瞬間には、是非「画竜点睛」って叫んで下さいね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月25日 17:22
キマルリのこだわり・・すごいですね(^^)
先日、初めての出会いでしたので、何も考えずにバシャバシャ・・・(^^;)
次回は、「画竜点睛」・・・心がけますっ!。。
Posted by ヘムレン at 2009年06月26日 18:16
ヘムレンさん
 コメント、有り難うございます!
 あはは、個人的なこだわりでございますぅ。
 最初はね、とにかくバシャバシャ撮りましょう。
 そんでもって、2回目以降は余裕をもって、「画竜点睛」に心がけて下さいね。4白、えぇもんですよ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月26日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。