2009年06月21日

ゼフィルス撮影のセンスなし・・・(2009年6月20日)

 ちょっと時期遅れかなと思いつつも、ヒロオビ、ウラジロなんぞと遊んでみようと兵庫県西部へ向け出発。う〜ん、しかし、慣れんことはせんほうがえぇねぇ〜ちょっと出発タイム遅れ気味だと、もう中国道が渋滞しとりまして、撮影地に到着するも、既にタイムオーバー。この日は気温が高く、まったく降りてきませんな・・・ゼフィルス撮影のセンスなしです。(笑)
 ここは兵庫県の西端、さて、どうしよう・・・この付近、キマダラモドキ生息しているハズなので探索してみるか・・・って、移動し始めたら・・・

090620sl-1.jpg うをっ、田んぼの土手にミヤコグサ自生していて、シルビアシジミ飛んでるやんかっ!確か、市町村レベルでは記録あるものの、字名レベルでは未記録地のハズ。さっそく生息環境を写し込んで、記録しておきました。

090620sl-2.jpg090620sl-3.jpg 陽がかげると、見事な開翅も披露してくれましたっ!翅裏もちゃんと撮影しておきましょう。
 ってなわけで、思わぬシルビアシジミとの出会いに、結局1時間くらい撮影してしまいました〜
 で、その後、キマダラモドキ探索してみると・・・

090620km2.jpg090620km.jpg おりました、おりました!発生してましたね。こいつは、樹幹に止まったところを撮ると、雰囲気が出ます。
 開翅せんかなぁ〜って追いかけながら撮影してましたが、開きませんねぇ〜
 そうこうしているうちに、だんだんとお天気が悪くなってきて、雨が降りそうな・・・こりゃいかん!

 携帯の天気予報によれば、兵庫県は北へ行けば行くほどお天気マシなようなので、北へ向けて移動しましょう。キマリンのテリタイムには間に合うハズ。結局それか・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 22:55| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゼフはやはり早朝が基本でしょうかね。
シルビアはこの時期が2化なのですね。他の蝶で忙しいので、生息地に寄る余裕がありません。(^^;
キマダラモドキいいですね。新鮮な個体はまだ撮れていません。
Posted by BANYAN at 2009年06月22日 00:15
ゼフ、残念でしたね。

でも、キッチリ「行きがけの駄賃」をゲットなさるのがKENKENさんらしいところですね。

ううむ。でも小生は首が痛くなるゼフ追いよりも、クヌギに立ち寄ってくれる「キマダラモドキ」のシブい裏面の蛇の目模様に、やっぱり惹かれてしまいます。

しっかり「引っ張って」・・。乞う次号! つー感じですね。
Posted by 深山葵 at 2009年06月22日 01:23
個人的ですが、ゼフよりシルビアの方がええです!
綺麗なキマリン、待ってますよ。
Posted by maeda at 2009年06月22日 06:20
私も山梨にキマダラモドキを撮影に出かけます。中央道は混むし、クロミドリも狙うので発生地近くで前日にキャンプ予定。
ミドリシジミでゼフの撮影練習もしました。青っぽく輝いている時にほんの少しストロボを当てると微妙な感じとなります。ただし、自然光の影を消すほど強いと不自然になります。
Posted by 久保田 at 2009年06月22日 06:42
BANYANさん
 やはりゼフ撮影は、夜明けくらいに撮影地に到着せんとあきませんね。この日は、完全に出遅れで、センスなしです。(笑)
 そう、新鮮なシルビアに驚きました。新生息地ですし。お天気悪いと、結構開いてくれましたが、気温高く活発に活動してました。
 キマモ、この幾何学紋様がたまらなく好きです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 07:13
深山葵さん
 ゼフ撮影は、まったくのセンスなしでした。特にこの日は気温が高く、やはり薄暗いうちに到着せんとあきませんね。渋滞にまきこまれているようではあきません。
 こうなると、軟弱に、他種に転戦です。
 キマモ、ちょっと早いかなと思いましたが、発生していて良かったです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 07:16
maedaさん
 うん、うん、私もシルビアのほうがえぇです。曇りだったので、いい感じで撮れましたが、途中、陽が射すと、ひたすら飛翔して撮影不能になりました。
 キマリン、気合を入れて撮りに行きましたが・・・次回に載せますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 07:20
久保田さん
 山梨ですかっ、ちょうど良い時期ではないでしょうか。
 クロミと同時ってのが良いですね。
 こちらのゼフは、ちと最盛期過ぎです。
 ゼフの翅表の色表現は本当に難しいと思います。ストロボは弱めで自然光主体が綺麗なように個人的には感じております。
 キャンプして気合の入った絵を祈っております。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 07:23
今年は発生が少し早かったのでもうシルビアの2化が出ているのですね!う〜ん熱いなあ!
Posted by 黒燕 at 2009年06月22日 13:00
黒燕さん
 そう、ピカピカの個体が飛んでいて驚きました。過去に記録を見たことのない地域でしたが、まあ、近くには既知産地があるので、大したことはありませんが。
 貴殿や後輩のT君の影響で、シルビアの分布には、少しだけが詳しくなりました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 17:20
シルビアいい色出してますね。うまい・・・・・
そろそろこちらもキマダラモドキ出始めるはずなんですが。
安曇野でやっとメスアカが飛び始めましたが、こちらはアカシジミも飛びません。どうもこの雨が上がってからのようです。木曜日、富山かキマリンか悩んでおります・・・・・
Posted by kmkurobe at 2009年06月22日 20:18
kmkurobeさん
 コメント、どうもぉ〜シルビアえぇ色が出ているのは、カメラの性能のおかげです。(笑)
 しかし、本格的に梅雨らしいお天気になってきましたね。天気の悪い時は断然キマリンに限りますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 21:52
そちらのゼフというと昨年のヒサマツを思い出してしまいます。そちらではシルビアの新ポイントが見つかってしまうのですね。こちらでは難しいと思います。キマダラモドキも美しいですね。
そういえば昨年、ハヤシミドリの乱舞を見牧場にはキマルリもいるとのことでしたね。
Posted by cactuss at 2009年06月22日 22:42
行きがけの駄賃でシルビア新産地発見は流石ですね(笑)。
もう2化目が出ているのですね。私も探さなくっちゃ。

キマダラモドキ・・・大好きです(笑)。
Posted by nomusan at 2009年06月22日 22:43
cactussさん
 昨年の貴殿のヒサマツ画像はえぇもんでしたねぇ・・・私も一緒に行くんだった・・・脳裏に焼き付いております。
 シルビアは広く薄くいるようです。字名的には新産地かと思われます。まだまだ産地が眠っているように思いますよ、兵庫県は。
 そう、ハヤシの発生するカシワで、キマリンも発生していたりするのです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 23:24
nomusanさん
 ご無沙汰です。
 こちうらもROMでサボっておりまして、ゴボ天うどんとかも見てますよ。(笑)
 今年はシルビア早いようで、そちらの産地探しも2化目は今が適期ではないかな?
 キマダラモドキ、幾何学紋様がたまらんえぇですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月22日 23:26
キマルリもキマモもシーズンになると毎年気になる蝶ですね。今年はキマルリは。。。と思っていても、つい足が向いてしまうのは同感です。シルビアは別の意味で気になる蝶ですが、新発生地発見の吉報、頼もしい限りです。
Posted by clossiana at 2009年06月23日 07:49
clossianaさん
 コメント、どうもぉ〜
 確かに気になる蝶ですね。(^_^)
 少々お天気悪くても撮れるので、ついついひよってしまいます。
 シルビアは極狭の田んぼの土手なんかでも発生するので、点在しているため、まだまだ見つかりますが、減少率が極端に高いので絶滅危惧T類なんです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年06月23日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。