2009年04月16日

北陸遠征第2弾(2009年4月11日・その3)

 先の画像で♂の撮影は切り上げて、ひたすら♀を探しては追いかけて、産卵シーンを狙ってみました。

090415gs1.jpg 周囲がごちゃついた場所のカンアオイへ産卵するケースばかりで、なかなか撮影難しいもんです。白い卵と成虫全体の両方を表現したいもんですが、尾突までは表現できませんね。

090415gs2.jpg 前翅表の黄色い部分の紋様からもお分りのように、上の写真とは違った♀の産卵シーンです。産卵後に数えてみたら、13卵が産付されていました。

090415gs3.jpg さらに別の♀の産卵シーンです。こちら、開けた斜面のカンアオイへの産卵だったので、15mm Fisheyeで背景の山や青空も写し込んでみました。日中ハイスピード・シンクロ試写でストロボを焚いてみたら、翅裏が綺麗に表現できました。これまた気に入りの1枚なので、大きめにUPしておきましょう。
シャッター速度:1/400、絞り:13.0、測光方式:評価測光、露出補正:-2/3、ISO感度:400、ストロボ:発光、調光補正:-2

 この日の走行距離473km。高速料金は往復で\2,000ポッキリと、財布に優しい撮影行でした。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 00:02| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に足跡を・・・。
産卵シーンにも”尾突”を気に掛ける・・・・
流石のこだわりですなぁ・・・。

産卵シーンは撮影どころか、お目にかかった事自体
ありません。来年は狙ってみたいですね。
Posted by nomusan at 2009年04月16日 00:02
nomusanさん
 まいどです。ひゃあ〜それにしても、UP後、超素早いコメントですねぇ〜有り難うございます!
 産卵シーンは、ある程度個体数のいる産地でないと、なかなか撮り難いかもです。でもね、♀さえ見つければ、追いかけまくると結構産卵シーンには巡り会えますよ。あっ、でも、食草のある場所でないともちろんダメですが。
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 00:08
最後の絵は良いですね。
これはお手本です。
ストロボの設定どうしようかと悩んでいます。
特に発光量が。
Posted by maeda at 2009年04月16日 06:21
こういう「生態モノ」でも、しっかりアートされている貴殿に敬服。最初の二枚は、まさに生態図鑑の「お手本」ですね。日中シンクロが絶妙のアシスト。

ラストの大判は、まさに「生態とアート」が融合していてナイス(古)ですぅ〜♪。

葛城山も こう言うカタチでしっかり自然繁殖させたいものです。
Posted by 深山葵 at 2009年04月16日 06:32
maedaさん
 最後の広角、えぇでしょ。
 15mm Fisheyeでは、ストロボは、カメラ側で設定できる最弱調光の -2 で焚いたものが全て綺麗に仕上がりました。ここに出ていない失敗作は、全てストロボ光が強すぎて(例えば調光0)白くなったものばかりでした。とにかく弱めが良いと思いますよ。
 あっ、1つ前の吸蜜写真もそうですが、15mm Fisheyeの場合は、内蔵ワイドパネルを引き出してますし、バウンズ角も下方向7度に向けています。
 確か、貴殿の430EXUも同じような設定できるハズですね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 09:20
深山葵さん
 連日のコメント、有り難うございます。
 いやぁ〜、そんなに褒めていただくと、恥ずかしいですわ。これまで、こういうシーンですと、翅裏が暗くなったり、卵が目立たなかったりでしたので、ストロボの効果はかなりのもんですね。腕よりも、機材のおかげでしょう。(笑)
 葛城山、今シーズンはどうなんでしょうねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 09:24
産卵シーンは周囲の枝や草に邪魔されてなかなか難しいですね。
そんな苦労が忍ばれる写真ですね。
最後の写真は環境が良くわかって素晴らしいです。
Posted by ダンダラ at 2009年04月16日 20:06
こんばんは〜(^O^)/

ず〜っと見せていただきました
さすがに綺麗です!
ストロボ使うんですかぁ(@_@)
なるほどぉ・・・綺麗♪
Posted by るり at 2009年04月16日 20:56
産卵シーン撮影成功おめでとうございます。私もこのシーンを今年是が非でも撮影したかったのですが、気まぐれな♀個体の行動をじっくりと待てなかったのが敗因でした。ラストの写真は特にエエですね。日中シンクロをお使いですか。微妙な光量の加減が難しいのでしょうね。お見事です。
Posted by ノゾピー at 2009年04月16日 21:36
ダンダラさん
 はいなっ、ダンダラさんには、この苦労がよく分かるでしょう!貴ブログでは、尾突も卵も、産卵シーンを見事に表現しておられますよねぇ〜こちらの環境は、なかなかごちゃごちゃしていて、そうはいきませんでした。(笑)
 最後の写真は、この後、卵を写し込もうと迫ったら、飛ばれてしまいました。(涙)
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 22:33
るりさん
 どうもですぅ〜私も、いつも貴ブログ拝見していますよ。
 コメントにリンク入れていただいているので、これを機会に、お気に入りに追加させていただきますねっ!
 師匠に手ほどき受けて、今シーズンからストロボ導入です。まだまだ試写段階ですが、良い絵もでます。
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 22:37
ノゾピーさん
 なんの、なんの、交尾シーンをゲットされたことのほうが貴重ではないかな。交尾は1回ですが、産卵は複数回なので、産卵シーンはのんびり待てば、結構巡り会えますよ。
 ぶれないように、ハイスピードでシャッターを切りたかったので、外付けのストロボ導入です。内蔵ストロボですと、(KISS DXですと)1/200までしか切れませんし。
Posted by kenken(管理人) at 2009年04月16日 22:42
広角産卵画像、ステキですぅ。

ストロボのアシストで、裏面もエエ感じっ!

この娘もトラギフですか?
ダブルリングもキマって、なかなかエエ顔しておりますね。
Posted by Rhetenor at 2009年04月17日 11:51
Rhetenorさん
 まいどです。コメント、さんきゅう〜
 広角画像とストロボにはまってきました。
 翅裏も綺麗に表現できますし。
 うむ、広角画像の♀は、確かに「トラギフ」でしたね。
 ストロボのせいでは、ありません。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩タイム at 2009年04月17日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。