2009年03月28日

韓国からの贈り物

 ここのところ、どうもブログを更新する意欲が湧きません。仕事も忙しいし、歯が痛くなって歯科にも通わねばならないで、なにかと萎えております。そんなことで、しばらくほったらかしにしていたら、2週間ほど空いてしまいました。
 久々に書いてみましょう。

09032800.jpg 先週末、帰宅すると、ハングル文字で書かれた荷物が届いていました。持ってみると、結構重いです。なんじゃあ〜こりゃ〜と思いながら開梱してみると、蝶の本が入っていました。
 そうだっ!そういえば、2年ほど前に知人のYさんから、韓国の知人向けに画像を提供してほしいという依頼があって、画像を提供したことを思い出しました。

09032801.jpg09032802.jpg 中身はこんな感じで、すべてハングル文字なので、内容は詳しく分かりませんが、蝶の採集記のようですね。著者は金容植さんという方で、ちゃんとサインが入っていました。

09032810.jpg09032820.jpg ちなみに、上記の画像の元画像(縮小版)をUPしておきましょう。アサマシジミとキベリタテハです。
 献本いただいた韓国のMr.金容植に厚く御礼申し上げる次第です。
 どなたか、ハングル文字の分かる方、表紙の題名はなんと書いてあるのか、ご教示いただけると幸いです。
posted by kenken(管理人) at 17:12| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゃー、さすが!国際的!
kenkenさんだからこそ。
書いてある内容を知りたいですね、やはり。
ここは何方かに何とかしていただきましょう。
Posted by maeda at 2009年03月28日 17:44
maedaさん
 私も、ひゃあ〜って驚いて、喜んでいます。
 日本や韓国の蝶に限らず、写真が入っていて、文字が並んでいます。最後のほうは展翅している様子など、標本製作法みたいなページもあったりします。
 題名の意味だけでも知りたいもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月28日 19:25
左側の二文字はレトロ1と書いてあるようです。(爆)
学生時代に独学でハングルの音読は出来るようになりましたが、今ではほとんど忘れてしまい、フトロ人ト・・・と書いてあればカムサハムニダだという位しか憶えてません。
タイ文字も自分の名前くらいしか書けなくなってしまいました。
Posted by furu at 2009年03月28日 20:10
furuさん
 解読、有り難うございます。レトロ1とな・・・随想1ってところかも。
 ほぇ〜独学で音読ですか、凄いですねぇ。
 英語だと、まだなんとかなるのですが、ハングル文字オンリーでさっぱりです。(笑)
 しかし、寒いです。まだ撮影シーズン開幕しませんわ。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月28日 21:25
タイトルは「蝶を探索する旅」だと思います。
ハングル表記の「レトロl」は音読で「ナビ」で「蝶」
の意味です。これだけは小生も暗記しております。
それにしても、海外の著作への写真画像提供は素晴らしいことだと思います。
Posted by fanseab at 2009年03月28日 23:24
fanseabさん
 解読、有り難うございます!

> ハングル表記の「レトロl」は音読で「ナビ」で「蝶」
 音読で「レトロ」かと勘違いしてました(恥)・・・音読で「ナビ」で「蝶」でしたか・・・そのうち、どなたかハングルに詳しい方に読んでもらわんといけませんね。
 私も、こんな本が献本されて驚いています。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月28日 23:37
おや?
背景が酒場になってる・・・(笑)。
最近、こんな雰囲気のお店に行ってないなぁ・・・。

海外の著作への画像提供とは素晴らしいですね。
Posted by nomusan at 2009年03月29日 08:52
nomusanさん
 ブログ更新、ご無沙汰いたしておりました。なので、ちょっと気分転換に壁紙変更です。いずれ、また元に戻そうと思っとりますが。
 う〜ん、こんなお店、今度お目にかかった折りは、是非行きましょう。焼酎よりはウヰスキーが似合いますね。
 はいよ、この本、私もびっくりです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月29日 09:39
一瞬間違えたか?と…。
呑みたくなりましたぁ。
以前ちょっと韓日辞典を入手しておりましたので、しばらくぶりに…。
大きい文字4つ、最初の2つは「ナピ」でチョウチョ、あとの2つは音的には「ヨヘン」で漢字は「旅行」があたります。
だから「チョウチョの旅」とでもいえるのでは…。

'88年、ソウルオリンピックの年に、一緒に仕事をしていた在日のT君が、「ハッシー!、これからはハングルの時代ですよ…」って…。
ちょっと一生懸命になった記憶が…。
でも、週1でやった「食べ物と飲み物」の「実践演習」の方が楽しくって…(爆)。
Posted by luehdorf@暇してます… at 2009年03月29日 12:45
luehdorfさん
 Barの雰囲気の壁紙にしてみました。こんな高級そうなところへはほとんど行きませんが・・・(笑)
 解読、有り難うございます。
 「ナピ」と音読して「蝶」というのは、覚えておかなあきませんね。なるほど、「旅行」ね。確かに、内容は、蝶の採集旅行みたいな感じで綴られていますわ。
 語学はあきませんが、食べ物の実地研修ならやりたいですねぇ〜キムチも大好きですし。
 経費節減で出張が減って、なかなかレバカツ食べに行けません。そうこうしているうちにギフも飛び出しましたね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月29日 19:02
ううむ・・。何ともはや。

季節はずれの寒の戻りに小生も6〜7年ぶりにカゼを引いてしまい2〜3日「冬眠」状態どした・・orz。

ずーっと昔に「チョウセンヒメギフ」の記事を某誌で見かけて以来のKoreaネタですわー。

葛城山も山上では小雪が舞ったと聞き及びました。
ギフも羽化のタイミングを計りかねている事でしょう。
Posted by 深山葵 at 2009年03月29日 22:37
韓国の本への画像提供とは、いやあ恐れ入りました、すごいですね。
韓国は、もう一昨年になりますが、数回仕事で行きましたが、全て弾丸ツアーで焼肉を食べたくらいなもんでした。
なので、ハングルは全くわかりません(^^;
Posted by thecla at 2009年03月29日 22:45
深山葵さん
 寒いですね。お体、お大事になさって下さい。
 チョウセンヒメギフも一度見てみたいもんです。
 ギフは、はしりの発生はありましたが、本格的な発生は少し後でしょう。今日3/30も天気は良いですが、気温はやや低めですね。葛城、タイミングが難しそうです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月30日 07:32
theclaさん
 あまり気にせずに知人のお願いに応えたら、素晴らしい本が届きました。調べてみたら、この金容植氏は、韓国の原色蝶類図鑑の著者だったりして、著名な方で、またまた驚いております。
 ハングルは読めませんが、蝶と焼き肉の良さは分りますね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月30日 07:34
ハングル文字は全く読めませんが、蝶の本であれば楽しむ事は出来そうです。一度でいいからアカボシウスバの飛んでいる所を見てみたいですが,この本に写真載っていました?
Posted by clossiana at 2009年03月30日 08:01
clossianaさん
 コメント、有り難うございます!
 文字は何であれ、蝶の写真が載っていると楽しめますね。パルナシウス関連のページを新たな記事としてUPしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月30日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。