2009年03月10日

エゾヒメギフの初見予想モドキ

 ギフチョウの発生予想の手法をエゾヒメギフチョウの発生予想にあてはめてみようと、北海道上川支庁F地点の過去10年間の気象データを読み込んでみた。
 う〜ん、さすがに気温の低い北の大地・・・ギフチョウの予想の手法はそのままでは当てはまりそうにない。

090310f.jpg とりあえず、3月1日を起算点にして累積温度のグラフを作成したみた。このF地点付近で、過去のエゾヒメギフの初見情報(XXXX年は、X月X日だった)がいくつかあれば、それをグラフにプロットして、それらが一次線形関数になるように起算点又はグラフ自体に補正をかければ、意味のある予想用のグラフになると考えられる。
 現在、グラフから分ることは、
@2002年、2008年の季節進行は早かった。
A今年も季節進行は早そうであるが、もう少し日が経たないと何とも分らない。
 北海道にお住まいの方、過去の季節進行とこのグラフは、なんとなくマッチしていますか?
posted by kenken(管理人) at 22:37| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年は4月中頃にその周辺で発生したようです。
日本海側が最も早く、4月初めだったのではと思います。
例年だと富良野の早い場所で4月20日くらいではないでしょうか。
Posted by maeda at 2009年03月11日 06:28
A市某所でのヒメギフ初見ですが、2006年には4月23日にはカタクリ他植物は開花させていたのですがヒメギフは見付けられませんでした。29日に初めて撮影しています。2007年は4月21日にヒメギフは撮影出来ましたがカタクリは開花していませんでした。ちなみに富良野の某所では4月29日に発生しています。2008年は4月19日にヒメギフとカタクリを撮影していますが、多分もっと早くに発生していたと思われます。今年の発生初日が気になります!!
kenkenさんのギフ初見予想いつも楽しんで拝見しています。北海道のヒメギフ初見予想をしていただけて嬉しい〜です(笑)
Posted by Noreen at 2009年03月11日 10:00
maedaさん
 2008年は4/15(中旬なので)、例年は4/20ということでインプットしました。積雪のある地域は、雪が解けない限りは、積算0ということで補正が必要かもしれません。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月11日 20:48
Noreenさん
 コメント、有り難うございます。
 2007年が4/29、2008年は4/15ということでインプットしますね。
 もう少し日が経ったら、これらのデータを元に、起算点や補正値など考えて、再度グラフを作成して予想してみましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月11日 20:52
すっかり春ですね。こちらの長野県最速ポイントは3月中に発生する確率が高くなりました。こりゃま凄いことです。
ちなみに昨年は4/6日一昨年は4/7日でした。
Posted by kmkurobe at 2009年03月19日 08:11
kmkurobeさん
 こちら、今日3/19は20度は越えてましたね。
 かなり暑く、Yシャツで過ごしました。
 しかし、明3/20からまた寒くなると言ってますね。
 でも、もう春・・・まずは北陸遠征から入ってみます。
 土・日なら高速\1,000なので、今年はそちらも訪れやすいです。
Posted by kenken(管理人) at 2009年03月19日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。