2008年11月27日

初体験のボジョレー・ヌーボー(2008年11月20日)

 ボジョレー・ヌーボーを飲むこと自体は初体験ではありません。毎年飲んでおりますね。何が初体験かと言いますと・・・

081120-1.jpg ちょうど1週間前の話しですが、今年も解禁日にボジョレー・ヌーボーを飲みました。こんなラベルのものを購入です。
 実は、このボトルが初体験だったりします。

081120-2.jpg あては、My Favorite 蒲鉾と先日アメリカ在住の親戚からいただいたチーズでした。たいへん美味しゅうございました。
 石○ゆ○子の出演するCMではありませんが、「女房酔わせてどうするつもり・・・」ってところでしょうか。(笑)

081120-3.jpg ご覧のとおり、実は、「初体験」だったのは、ペットボトルのボジョレーのことでした。
 瓶と違って軽いですし、フルボトルで\1,280とはリーズナブルでした。
 寝かせておく必要もなく、どうせ開けたら直ぐに飲みきってしまうボジョレーなので、ペットボトルも良いでしょう。お味も瓶のものとまったく変わらぬ、納得のいくものでした。
 皆さんのところでは、今年はお飲みになりましたか?
posted by kenken(管理人) at 20:40| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解禁日に馴染みのフランス料理店で15種堪能いたしました。
ボジョレーは若いワインなので、さらっとした感じで深みはないですね。
その日の内に空けてしまうワインと思います。
ペットボトルは良いアイディアでしょう。
十勝ワインでもボジョレーを出すので、こちらを来年の楽しみにしたいと思います。解禁日は11月初めです。
Posted by maeda at 2008年11月27日 21:00
maedaさん
 きゃっ、今、貴ブログで地ビール拝見したと思ったら、入れ替わりでコメントが・・・素早いですねぇ。
 過日のフラめし屋さんのボジョレー、拝見しております。美味そう〜って見入ってしまい、コメントしそこねたなぁ・・・放送はどなたかに録画してもらったのかな。
 ペットボトル、軽いし、安いし、えぇもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年11月27日 21:36
ボジョレー&チーズでしたかっ!
ワインにチーズ、本当に相性がエエですね。

んっ!ペットボトル、アリと思います。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2008年11月27日 23:37
OCTVという地元のケーブルテレビでしっかり嫁と私が流れていました。十勝のこんな狭いところで、悪いこと出来ません。
Posted by maeda at 2008年11月28日 06:06
「My Favorite 蒲鉾」!(笑)
弾力もあっておいしそうですね。お醤油かわさびかなにかつけて召し上がるのですか?
ウチも今夜もまた飲む予定なので今から蒲鉾を買いに行こうかしら。(笑)
Posted by saunterA at 2008年11月28日 10:54
Rhetenorさん
 まいど、まいど。ほんまにチーズはワインに合いますね。
 ペットボトル、ヌーボーならありでしょう。貴兄の近くにもあると思いますよ。特に、量販店。これは試してみて損はありません。
Posted by kenken(管理人) at 2008年11月28日 21:58
maedaさん
 しっかり流れていましたか。(笑)
 地域コミュニティが形成されるということは、それはそれで、良いことでもありますね。仲間意識や一体感・・・最近の都会では聞きなれない言葉かもしれませんが、大切にしたいものであります。
Posted by kenken(管理人) at 2008年11月28日 22:03
saunterAさん
 おっと、ご登場、有り難うございます。
 蒲鉾、実は大好きですねん!それも、ポピュラーな○寅の蒲鉾で十分なんです。基本は、わさびをつけて濃い口のお醤油ですね。蒲鉾は、どんなお酒にもぴったりくる肴のホームラン王でしょう。(笑)
 ところで、貴ブログにリンクするの忘れてました。後でお気に入りブログとしてリンクさせていただきますね。よろしくです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年11月28日 22:08
ボジョレ、今年はまだ呑んでいません。じっくり味わうタイプの酒ではありませんが、流行ですものね。肴は○寅、チーズが合うと思います。ペットボトルは知りませんでした。兎に角リーズナブルが一番。その日に空っぽになってしまいますものね。シャトーマルゴーあたりを味わいながら呑むのも良いけど。「いいちこ」ロックを呑みながらコメントしております。(笑)
Posted by ノゾピー at 2008年11月30日 22:13
ノゾピーさん
 まいどです。このペットボトルタイプは、軽くて、安くてえぇもんですわ。酒の量販店ヤ○ヤで購入しました。そちらにもあるんじゃないかな?
 いいちこ、えぇですなぁ〜最近、飲んでいないなぁ〜麦焼酎の基本と言えるでしょう。現在の、芋焼酎がなくなったら、次はいいちこかな。
Posted by kenken(管理人) at 2008年11月30日 23:54
kenkenさん、
 今年のボジョレ・ヌーボーはどうもはずれのようです。高いものも数種類味わいましたが味が薄い(糖度が低い)ようです。
 昨年のは安いものでもうまかったのですが・・・・。
 来年に期待しています。それから、2007はフランス赤ワインのビンテージ年ということになりそうです。
 
Posted by LEGACY2.0GT at 2008年12月06日 15:45
LEGACY2.0GTさん
 おっと、久々のご登場、有り難うございます。
 確かに、今年のボジョレー、「当たり」とは思えませんね。私の場合、ワインにはそんなにこだわりないので、気軽に飲んでおりますが、昨年のは旨かったような記憶が・・・2007という数字は頭に焼き付けておかねばなりませんな。
 何事につけても、いつもながらの深いコメント、有り難うございます。今宵は、ボジョレーではない普通のBOXワインを飲る予定です。
Posted by kenken(管理人) at 2008年12月06日 17:09
kenkenさん、いま飲み会から帰りました。
最近の本当の当たり年は2005だそうです。

実は同僚にソムリエの資格を持つものがいて、確認してきました。2007もはずれ年、しかし今年は全くだめなんだそうです。どうりで私にもはっきり分かるはずだ・・・・。

というわけで今年はヌーボーはもう止めて、2005年ものを買うことにします。
Posted by LEGACY2.0GT at 2008年12月07日 00:20
LEGACY2.0GTさん
 連夜のコメント、有り難うございます。
 同僚にソムリエさんがああ・・・そりゃえぇなぁ〜
 今年がまったくダメ・・・ふむふむ、それは分るような気もする。
 2005年ものですねっ!了解です。
 ちなみに、2005年のボジョレーについては、私も「みずみずしいなかにも深い味わいが感じられ、旨い!」とはっきりコメント書いていて、写真を撮る間もなく、開けたら直ぐに全部飲みきったようですわ。(笑)↓
 あれ、当たりやったんや。
http://blogs.dion.ne.jp/melitaea/archives/2322402.html
Posted by kenken(管理人) at 2008年12月07日 08:46
 ムムム・・・・。違いの分かる男ですね。昨年初めてヌーボーを味わったのですがこれからです。

とりあえず2009に期待です。ギフチョウの発生なんかとも関連性があったりして・・。
Posted by LEGACY2.0GT at 2008年12月07日 12:26
LEGACY2.0GTさん
 昨年からでしたか。すると、後は、当たりを待つばかりですな。私ね、当たりは分るようですが、外れは分らないようですね。
 葡萄の熟成は初夏でしょうから、ギフよりは発生の遅い蝶に関連ありそうな・・・調べてみるのも面白そうですね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年12月07日 15:41
>外れは分らないようですね。
今年のはとにかく「味が薄い」のでうまくない・・・これははずれなのでしょうね。


>葡萄の熟成は初夏でしょうから、ギフよりは発生の遅い蝶に関連ありそうな・・・調べてみるのも面白そうですね。

 フランスのことなので、直接的な指標にはならないのですが、周期的な発生の多少とか気候変動と何か関係がないのかなと思いました。
 「ヌーボーが外れたら翌年はギフが多い」とかだといいのですが。
Posted by LEGACY2.0GT at 2008年12月07日 17:29
LEGACY2.0GTさん
 なるほど、「味が薄い」・・・「さっぱりした感じ」という印象でしたね。「みずみずしい」というよりは、「みずくさい」ということなのでしょう。
(「みずくさい」は関西弁です)

 そうか、ヌーボーの味から翌年のギフの発生を推測ですかっ!私、蝶の発生具合から、その年のヌーボーの味を推測って発想でした。蝶屋以前に酒呑みだったということかっ(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年12月07日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。