2008年10月27日

南高梅(2008年10月25日)

 先日、初めて新名神高速を走ってみたのに続けて、この日は昨秋に延長された阪和道路を初めて終点まで走ってみることにました。現在の終点は和歌山県の「南紀田辺」ICです。

081025um0.jpg 南紀田辺ICを出ると、道沿いに和歌山県特産の梅干し専門店が点在しています。こんな店に立ち寄ってみました。
 梅干しに適している「南高梅」は、1950年代、梅の品種統一のため、一本の優秀な梅の木が選ばれ、その木を母樹として増やされた品種とのことで、尽力したのが南部高校の教諭であったことから南高梅と名付けられたらしい。ほぉ〜、初めて知ったぁ!

081025um1.jpg081025um2.jpg 店の中では、こんな感じで、いろんな種類の梅干しが試食し放題だったので、1年分くらいの梅干しを食べてしまいました。(笑)

081025wr.jpg 阪和道でいつも立ち寄るSAは和歌山県の「紀ノ川」で、ここの「和歌山ラーメン」はなかなか乙な味です。立ち寄ると、ほとんど毎回食べてしまう逸品ですなぁ。是非、ご賞味あれ。

081025lm.jpg 食べ物ばかり先に書いてしまいましたが、一応、蝶撮影もやってきました。(笑)ルーミスシジミ、昨年、望外の良い写真が撮れているので、この日は、新しい撮影地の開拓に時間を割いてみました。結果、数頭を目撃するも、この日は昨年と違って、撮影し易い位置までは降りてきませず、証拠写真のみです。
 同行した師匠Sさんと共に、なぜ降りてこないのか、昨年とはどう条件が違うのかなど、いろんな仮説を立てながら、活動時間帯の全てを観察に費やしました。次回の撮影行に行かせそうです。
 この日の走行距離498Km。
 お土産には、もちろん南高梅の梅干しを購入しました。
posted by kenken(管理人) at 23:30| Comment(24) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和歌山の梅干しはやっぱり美味しいですね。
家内は蜜入りが大好きなようですが、これがお高い。

ルーが降りてこないのは朝の気温が高すぎた?
よく分かりませんね。
Posted by maeda at 2008年10月28日 05:58
maedaさん
 いろんな梅干し専門店があって悩みますが、どこも美味しいようです。マイ妻も、はちみつ入りで塩分控えめが好みです。500gで\2,200ってところです。

 ルーが降りてこなかったのは、微妙に地上近くの湿度が高かったせいではないかと推測しています。ピーカンではありませんでしたので。今後、仮説を検証してみます。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 07:49
SA「紀ノ川」の「和歌山ラーメン」ですかっ!
乙な味、逸品、是非・・・ん〜ん、そそられますね。
私、ここでは「梅うどん?」を食してしまいます。
梅肉を練り込んだ腰のあるうどんで、
さっぱりとしていて、なかなかイケますよぉ〜。
でも、今度は「和歌山ラーメン」を注文しそうです。

おっと、ルーでした(笑)。
今年は8/10の十津川しか行けてません(悲)。

綺麗な個体じゃないですかっ!
南紀のルーとしては、
結構明るい色調の個体ですね。
翅表の水色はとっても魅力ですが、
よほど条件が揃わないと開翅してくれないので、
むしろ翅を閉じている画像の方が、
“いかにも”という感じですね。
でも、やっぱ、開翅画像を撮ってみたいです。

“新しい撮影地の開拓”お疲れ様です。
見下ろす位置で、木漏れ日当たる灌木に止まる。
その様なポイントを見つける事が、
開翅画像への近道かな?って思っています。
Posted by Rhetenor at 2008年10月28日 09:54
Rhetenorさん
 なるほど、梅うどんですかぁ。あのピンクのうどんですね。以前、麺を買って帰って、自宅でゆがいて食べましたが、美味かったです。この日は、大量の梅干を試食をしていたので、さすがに梅うどんは食べる気になりませんでした。(笑)和歌山ラーメンは、和歌山らしい味で、ちょっぴりこってり系で\650です。

 この日は、いろんな谷筋を歩いてみて、おっしゃるとおり、撮影に適している環境を探してみました。
 このルーは、裏面の白が鮮明な個体で、ファインダー越しに、かなり新鮮な個体だなぁと感じ、興奮しましたが、降りて来ませんでした。(涙)肝心な時間帯に雲が出てしまったこともあります。
 樹上では、何度も開翅しており、コバルトブルーの翅表も遠めながら写真に収めましたが、昨年、予想外に良い写真が撮れていたので、これではねぇ〜って感じでした。
 S師匠とは、「採集だったら1exって記録にすぐなるんだけど、翅表の撮影となると難しいもんだねぇ〜」って話ししながら樹上ばかり見上げていて、首が疲れました。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2008年10月28日 12:19
師匠ご無沙汰です。
多忙で全然フィールドに出ていません。
本当にルーミスの開翅は難しいと思います。
私も房総ではヒルにおびえながら
翅の裏しか撮ったことありません。
Posted by 蝶山人@休憩中 at 2008年10月28日 17:09
紀ノ川SAの和歌山ラーメンを毎回注文されているとは...
中々のグルメとお見受けしました。

なんちゃって、SAにしてはあのラーメン中々のもんですね。
実は私も好きです。
Posted by 山キマ at 2008年10月28日 18:28
和歌山ラーメンいいですね。
ぜひ本場で一度食べたいです。
今年は無理そうですが、来年こそサツマで遠征してラーメンも食べたいですね。(笑)
房総の場合、風がある方が降りてくるようです。昨年は強風の日に皆さんすごい成果を上げていましたが、知らない僕はそれまで予報で風が強いと避けていましたね。(^^; この条件は地形とも関係があると思うので、どこでも当てはまるかは分かりません。
Posted by BANYAN at 2008年10月28日 18:37
ルーミスの開翅条件ですか。
ほんとの所はルーミスに聞いてみないといけないけど、結局開翅したくなる条件が下の方にあればいいわけで、風もそうかもしれないし、湿度もそうかもしれないですね。
私は、地上の輻射熱で地面近くが暖まった時に下りて開翅すると考えてます。
ですので、もう少し気温が下がったころに、天気が良くて上着が脱ぎたくなる頃が狙い目かなと思ってます。
この時期はまだ気温が高く、ルーミスはわざわざ下に下りてくる気にはならないんではないでしょうか。
勝手な想像ですが。
Posted by ダンダラ at 2008年10月28日 19:10
蝶山人さん
 まいどです。あらら・・・ご多忙のご様子。
 しかし、仕事がないよりは、忙しいほうがよろしいですぞ、この時代。
 ルーの開翅を見るのは難しくはないのですが、綺麗に上から翅表を捉えようとすると、たちまち難しくなりますね。
 開翅条件の天候や地形を探索継続です。
 ヒルは、かなわんねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 20:04
山キマさん
 おっと、コメント、有り難うございます。貴殿もお好きでしたか、あの和歌山ラーメン。他のSAのラーメンって、なんちゅうか、普通のラーメンで、どこで食べてもこんなもんかなって感じなんですが、この和歌山ラーメンは、ここでしか味わえないって感じのもんですよね。
 あまりお腹が空いていない時は、ラーメンではなくて、外で売っているイワシの天ぷらみたいなのを食べたりします。あれも好きで・・・
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 20:09
BANYANさん
 和歌山ラーメン、なかなか美味いですぞ。本場で食べるならば、高速を降りて、和歌山市内がよろしいでしょう。お奨めは、井出商店ですね。↓
http://blogs.dion.ne.jp/melitaea/archives/7089723.html

 サツマは多化性で当たり外れがある蝶だったりしますが、和歌山の南端まで行けば、結構いるようです。

 むむむ・・・ルーの降臨と開翅は奥が深そうなお話ですねぇ〜地形と天候、今後の検証が必要です。もう一度、探索、検証に行こうかしらんって、考え始めました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 20:16
ダンダラさん
 なるほど、なるほど、大変参考になるお話、有り難うございます。
 冬であっても、日差しが地表まで届いて、地表の温度が上がると、上から降りてくるようですね。今回、少し地表が湿っぽい感じで、水蒸気の関係で地表近くの温度が上がりきらなかったのではないかと考えています。また、肝心な時間帯に雲が出て、日差しがなかったってことも、降りてこなかった一因のようです。
 昨年は本当にラッキーだったと再認識しました。
 天候と地形、今後、いろいろ検証してみますね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 20:26
実は昨年、房総で風が強い時にいい目にあったのはFuruさんと小生ですが、上の方は風が強いので、谷の下の方に降りてきて開翅してくれました。この蝶は日が当たる場所が大変好きな様で、時間が経つにつれて、谷は日が陰っていきますが、次第に移動する日が当たる所に合わせて移動しながら、開翅して、いいモデルになってくれました。
Posted by cactuss at 2008年10月28日 21:53
cactussさん
 おぉっ、ご登場、有り難うございます。経験者の生コメントは、さすがに実感がこもっていますねぇ〜なるほど、なるほど。
 多くの場合、深い渓谷を生息地にしているルーらしい行動パターンですね。う〜む、聞いた以上は、風の強くて晴れた日に行ってみたくなってきました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月28日 22:30
早速ルー様の登場ですね。そう言えば昨年もこの時期、南紀のルーに触発されて千葉に出かけました(^^;
千葉でのあまり良くない条件は、@無風快晴、高温、A雨の翌日、地表付近の気温上がらず、B大雪の数日後、地表面に雪あり、快晴で樹上の気温は上がるものの地表面は低温、
こうしてみると随分外してますね(笑)
好む条件の日でも谷筋の角度で日が当たらなくなると駄目な楊です。樹上から下まで太陽光が当たるルートが出来ている時が狙い目だと思っています。
Posted by thecla at 2008年10月28日 23:51
和歌山の梅干はいくらでも食べられるくらいおいしいですよね。こちらで買ったものでもそうですから、ご当地の品はさぞかし美味でしょう。和の鉄人も参画されているようですし。
ルーミスはいいじゃないですか。暗い背景とコントラストがきつい中、綺麗に写っているのはサスガです。
Posted by otsuka at 2008年10月29日 00:02
theclaさん
 う〜む、経験者は語るシリーズ・・・有り難うございます。こりゃ、ホンマに役に立ちますね。撮影は、開翅条件の探索など、採集とはまた違った探索が醍醐味でもあります。
 @〜Bの条件、一瞬、ん?と思いましたが、「良くない」条件ですね、納得です。
 単純に昨年と同じ10月の最終週末に出かけてみましたが、お天気や地形など、いろいろな条件が、昨年が良すぎたのだと思われます。昨年と今年をまず比較しながら、良い条件、悪い条件の仮説を立てています。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月29日 00:10
otsukaさん
 深夜にコメントさんきゅうです。
 この梅干し専門店、試食し放題で、観光バスなんかも来ていて賑わっていたので、片っ端から試食しました。
 そうそう、最後は、和の鉄人監修の「五十五万石」って名前のついた梅干しをお持ち帰りです。
 ルーミス、なかなか新鮮な個体で、木影を背景に浮き立つように撮れました。証拠写真ではありますが、そう言っていただけると嬉しいですね。腕ではなく、カメラの性能が良いのでしょう。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月29日 00:14
ふと思い出したのですが、・・・
このルーの画像、
木の実(ドングリ?)が写し込まれていて、
とぉ〜てもエエ感じだと思います。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2008年10月29日 01:31
Rhetenorさん
 意識せずとも、視覚から脳に入った情報は、ある日突然ふと頭に浮かぶことがありますね。ドングリが脳に刷り込まれていたのではないでしょうか。

 そう、この日、他にも画像はあったのですが、このドングリ画像が絵がとぉ〜ても気に入ったので、、この画像をUPしとります。こういう、ふと思い出しコメント、嬉しいですねぇ〜大歓迎っす。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月29日 07:27
ルーミスの撮影難易度を考えれば、アップされた絵は「証拠写真」の表現はあたらないと思います。和歌山SA、小生は小鯛雀寿司や湯浅醤油をかけて食すマグロ丼がお気に入りでした。関西圏のSAでは特筆すべきエリアですね。この道路、下りはいいけど、和歌山からの帰路、吉備ICあたりの渋滞が辛かったです。
Posted by fanseab at 2008年10月29日 07:31
fanseabさん
 おっと、出勤前コメント、有り難うございます。
 おっ、そうですかっ!証拠写真を上回る・・・貴殿にそう言っていただけると嬉しいですねぇ〜 そういわれると、ドングリが見える樹上の空間に浮かびあがるルーミス、秀作に見えてまいりました。どうも、自分では自分の写真は評価し難いもんですね。
 マグロ丼、それ今度試してみますね。
 この日は、渋滞はなく、うまく走行できました。夏の海水浴のシーズンとかは、悲惨な渋滞ですもんね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月29日 07:40
やっぱり行かはりましたね。
この季節、もう紀伊半島南部くらいまで行かないと活動的なチョウの姿を捉えるのはムズいですからねぇ〜。ルーミスの接写は次回のお楽しみと言うことで・・。

ツマグロのF1♀が産卵しましたが寒さのためか寄生のためか幼虫は残念ながら全滅してしまいました・・(合掌)。
Posted by 深山葵 at 2008年10月29日 07:42
深山葵さん
 実は、前夜が勤務先の宴会で、しこたま飲む予定でしたが、宴会に出かける直前に師匠Sさんから出動お誘いのメールが入って、一緒に出かけて参りました。宴会は、割り勘なので、ぐいぐい飲んで1次会で切り上げです。(笑)
 ルーは、昨年、イメージどおりのマクロ画像を撮っているので、今後の狙いは、開翅シーンの広角接写です。この日は、新撮影地探索とルーの行動観察に時間を割きました。あと、梅干にも。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2008年10月29日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。