2008年09月29日

稲穂とシルビアシジミ(2008年9月28日)

 この日は午前中曇りの天気予報。こういう日は直射日光が避けられて、開翅撮影にはもってこいとばかりに兵庫県加東市までシルビアシジミの撮影にお出かけしてみました。う〜む、しかし、予想外に寒い1日で、蝶の活動も望みにくいほどの気温でした。写真撮影は早々にあきらめて、撮影地の探索&下見に切り替えました。

080928-s1.jpg そんな探索途上、田んぼの畦にミヤコグサの有無をチェックしていると、シルビアが1頭飛びだして、寒いのでナヨナヨと飛んで実った稲穂にとまったのでGX100で撮ってみました。ヤラセ写真ではありませんぞ。(笑)
 なんとも暗くて寒い曇り空です。

080928-s2.jpg 同じシーンをGX100でぐっと迫って撮るとこんな感じ。この後、近づきすぎて稲穂を揺らしてしまい、シルビアは再びナヨナヨと飛んで、田んぼの稲穂の中に隠れてしまいました。

 結局この日は5箇所ほど探索してみましたが、いずれの場所でも、発生の端境期的な雰囲気で、3箇所でシルビア確認しましたが、いずれも寒くてとまっているだけでした。今回の下見を生かして、今シーズン最後に発生する青♀の開翅撮影に出直すことにしましょう。なんやかんやで276kmも走行した1日。
posted by kenken(管理人) at 21:15| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん稲穂にシルビアとは・・・・・これは渋い背景ですね。今までの常識を覆されたようで私的には、すごいインパクトを感じました・・・・うーん恐れ入りました。
Posted by kmkurobe at 2008年09月29日 22:06
kmkurobeさん
 こんばんわぁ〜さっそくコメント有り難うございます。
 こちら、河川や溜池の堤防、田んぼの畦というのがミヤコグサのはびこる環境です。この時期、田んぼでは稲穂がよく実っています。もう1週間遅いと、シルビアは個体数を増すかもしれませんが、稲穂は刈り取られてないように思います。
 そちらも、この日は寒かったでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月29日 22:32
あれれ、貴殿も稲穂シルビアでしたか。お会いしなかったということは別ポイントだったようですね。確かにもう少しすれば刈り取られる雰囲気でしたので、お互いラッキーでしたね。最近ニアミス多いですね。Rの時にお会いできそうな予感が。(笑)
Posted by ノゾピー at 2008年09月29日 23:32
ノゾピーさん
 ニアミスだったようですね。こちら、美麗♀には出逢えず、パスばかりしておりました。シルビアは稲穂が刈られるか否かのぎりぎりの時が適期で、ちょっと遅いと刈られていたりします。
 今度はニアミスではなくて遭遇かな?ちなみに、正確には「R」ではなくて「L」ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月29日 23:40
何人かが同じ背景で撮っているようですが、稲穂にシルビアは季節を感じさせますし、人と密接に関係して、すばらしい絵だと思います。
Posted by maeda at 2008年09月30日 06:09
maedaさん
 関西のメンバーは稲穂+シルビアは撮り易いと思います。
 稲さえ刈られていなければ。
 この撮影地、次週に訪れたら、きっと刈り取られた後のような気がします。この日も、農家の方が稲の実り具合を見に来ておられました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月30日 07:19
寒おすなぁ〜。昨日は一日冷たい雨どした。
稲穂にシルビアとは、KENKENさんのアート熱はますますヒートアップしてきましたね。

これだけ寒いと表翅を開く気にもなれへんやろし・・。
でも、こんな写真がじっくり撮れれば寒い曇り空もマンセー!ということなのかも知れません。
Posted by 深山葵 at 2008年09月30日 07:42
稲穂にシルビア、季節感があって良いですね。

田園風景が目に浮かぶ様です。

あれっ、この個体、後翅の点列、下から2番目が、
2つに分離してますね。
Posted by Rhetenor at 2008年09月30日 08:52
私の住む多摩市のお隣に多摩川に合流する浅川があり、この合流点の中州付近が東京都最後のシルビアシジミの生息地だったそうです。50年も前のことです。この場所は今でもミヤマチャバネセセリ、ギンイチモンジセセリ、ウラゴマダラシジミがいます。ここ2年、もしかして? とシルビアシジミを探しますが見つかりません。最近、土手でミヤコグサの群落を発見! しかし、それはセイヨウミヤコグサで群落によってがく片に毛のないものもあります。おそらく昔からの群落ではないと思われます。それでもヤマトシジミを見ると、もしかしてと確認してしまいます。
Posted by 久保田 at 2008年09月30日 09:40
この日は寒かったですね。
今まで半袖でフィールドに出てましたが、この日は長袖Tシャツに半袖ジャケットでした。
イネにシルビアとはいい感じですね。こちらではどちらかというと河川敷の蝶なのでこういった写真は撮りにくいです。
Posted by ダンダラ at 2008年09月30日 16:01
深山葵さん
 この日は、ホンマに寒おしたね。
 さすがまったく開きませんでした。
 しかし、稲穂の実り具合は最高で、豊作の予感です。
 アート熱というよりは、シルビア君が演出してくれましたね。
 もう少し暖かい日も戻ってくるでしょうから、また出直しでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月30日 19:22
Rhetenorさん
 この日はお仕事しておられた方が正解だったように思いますね。寒かったです。
 この辺り、のどかな田園風景で、この時期は夏の厳しい探索とは違って、癒し系の撮影になります。
 ん?確かに2分裂してますな・・・さすがに「顔」を見る目は鋭いですね。有り難うございます。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月30日 19:25
久保田さん
 東京都のシルビアですかっ!なるほど、50年も前の記録ですね。しかし、もし周囲に残っていれば、環境が回復すれば戻ってくるということもあり得ますもんね。セセリもいるようなので、是非、毎年定点観察なさって下さい。いつの日か・・・
 私も、目的の種が見れなくても、毎年定点観察している地点が何ヶ所かあったりします。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月30日 19:29
ダンダラさん
 貴ブログも拝見。この日は、私も長袖のウィンドブレーカーなんぞ着ての撮影でした。
 寒くてまったく飛ぶ気配なく、シルビアを追い出しても、なよなよと下草の間に落ちていくばかりでした。
 関西では、田んぼの畦パターンで結構見つかりますよ。稲が刈られないうちは、こんな画像も多いですね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年09月30日 19:32
稲穂にシルビアは季節感があって、いいですね。
これから寒くなるとヤマトシジミと同じように青雌が出てくるんですね。ちょっと魅力的ですね。
チャンスがあれば行ってみたいと思います。
Posted by cactuss at 2008年10月01日 22:54
cactussさん
 関西では、稲穂+シルビアは結構、撮り易いもんですが、時期遅れになると、稲穂のほうが刈られてしまいます。(笑)
 青♀、これからでしょうかねぇ〜先日の貴殿の飛翔画像の♀もなかなかえぇ青が出ていましたが、今後、もっと青がのるんじゃないかな。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月01日 23:42
めっきり寒くなりましたね。こちらのシルビア撮影会も同じような天気でした。
稲穂にシルビア、ミスマッチのようですがこれが自然ですね。自然観察の醍醐味って、固定観念を覆された時に感じるような・・・
Posted by 霧島緑 at 2008年10月02日 00:39
ご無沙汰しております。
貴殿もシルビアに会いに行かれてましたか。
稲穂とはまさに季節感ですね。
こういうシーンを私も今後探していきたいです。
Posted by たにつち at 2008年10月02日 00:40
霧島緑さん
 この日は寒かったでが、厚いメンバーの撮影会だったようですね。そちらでは、河川敷パターンが多いのでしょうが、こちらでは、まだまだ田んぼの畦パターンが残っています。人の営みを感じることのできるシルビアです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月02日 07:15
たにつちさん
 こちらこそ、いつもROMばかりで、失礼しております。
 それにしても、多くの仲間が集まられたものですねぇ〜
 私も近ければ駆けつけたいもんですが、ちと遠いかな。
 人との関わりのあるシルビアを是非表現してみて下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月02日 07:19
この日は関西でも寒かったのですね。小生も稲穂との組合せを撮った記憶があります。刈られる直前のタイミングで撮らねばならない難しさがありますね。貴殿お得意の青♀開翅画像を期待しております。
Posted by fanseab at 2008年10月02日 07:26
fanseabさん
 おはようございます。
 そう、この日は寒かったですねぇ〜まったく開翅の気配がありませんでした。
 そうそう、以前に貴殿と一緒に♀の開翅を撮影した場所ですが、丸ぼうずの草刈り後、環境が回復してきて、ちゃんとシルビアいてましたね。
 今シーズン、もう1チャンスあるかなと思ってます。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月02日 07:40
むむっ、こちらでも稲穂にシルビアが。播磨の秋ですね。
誰かけんか祭りの屋台をバックに撮ってくれへんかな〜。
Posted by furu at 2008年10月03日 22:59
furuさん
 はいよ。そう、こちらでも稲穂シルビアですよっ。播磨の秋は、こんな光景が多いでしょう。
 でね、この日を下見ということにして、本日10/4に再訪したら、稲刈りされてまして、稲穂バックはもう撮れませんでした・・・マジで。
 う〜ん、祭りをバックにねぇ〜何かの祭のお神輿をバックに撮れそう?ちと厳しいか。
Posted by kenken(管理人) at 2008年10月04日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。