2008年08月06日

忙中閑話2題

 お盆休み前、何かと忙しくしております。忙中閑話2題です。

◆月の沙漠を〜はぁある〜ばるとぉ〜♪
 以前、どこかのHPで見ましたが、「兵庫県民のご当地度チェック」の質問事項に「滝野社インターの目印といえば『ナイル書店』だ」というのがありましたね。
080805n.jpg 7月27日、中国地方の探索・撮影の帰り道、高速料金節約のため一般道を走行して、滝野社インターの近くへ来たので「ナイル書店」を車のウィンドウ越しに撮ってみたら・・・なんと、「テナント募集 貸物件」って貼り紙してあるやんか・・・ううっ、「たいこ弁当 山東店」が閉めた時以上のショック・・・管理人は兵庫県人であります。

◆蝶愛好家の皆さん、ウスイロヒョウモンモドキの保全活動に何卒、ご理解とご協力を!
 一昨年2006年7月より、ウスイロヒョウモンモドキは、自然公園法による「指定動物」となり、兵庫県ハチ高原一帯を含めて、氷ノ山後山那岐山国定公園において採集禁止となりました。7月12日、現地に赴き、捕獲規制の監視活動と発生状況のトランセクト調査を行いました。トランセクト調査とは、決められた一定のルートを歩いて、その範囲で目撃した蝶を記録していく調査方法です。
080712-40D01.jpg080712-40D02.jpg 調査途上、やや黒っぽいヒョウモンを見かけたので、追いかけてみました。ずっと飛翔しているので、15mm Fisheyeで飛翔写真を撮ってみたら、ウラギンヒョウモンの異常型のようです。トランセクト調査途上で約1時間、調査を中断して、みちくさしてしまいました〜(笑)
080712-40D03.jpg080712-40D04.jpg ホンマにこいつウラギンヒョウモンやろな・・・写真を整理してみると、翅裏がちらっと写っているものもありました。やはりウラギンヒョウモンの異常型のようですね。直ぐに見失ってしまって、かなり探索したのですが、多数のウラギンヒョウモンの中に消えてしまいました〜
080712-40D05.jpg ウスイロヒョウモンモドキの飛翔シーンも掲載しておきましょう。
 トランセクト調査、普通に調査すれば約1時間の道のりなのですが、途中でみちくさしたせいで、2時間もかかってしまいました。
posted by kenken(管理人) at 21:12| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異常型が多い種も居ますが(ホソバなど)、ウラギンヒョウモンのこんな型は見ていないと思います。
同じ種なのに奥が深いですね。
Posted by maeda at 2008年08月06日 21:53
西脇生まれ、高校まで三木育ちですので、滝野社のナイル書店、寄ったことはないけれど、通るのでもちろんよく知ってました。消えてゆくんですね、順番に。滝野といえば、インターに乗って西に向かってすぐ、右手に五峰山光明寺の山並みが見えます。山本広一さんによって、兵庫で早くからギフチョウが発見された場所のひとつ。「あの頃はギフチョウが9月に発生していないか確かめに出かけたりした」とご本人から聞かせてもらいました。昭和一ケタの話だったと記憶します。古い文献に出てくる話を、高校生の頃に食い入るように読んでは片端から質問したのですが、ああいう聞かせてもらった話もいつかどこかに書きとめておかねばならないでしょうね。
Posted by 永幡嘉之 at 2008年08月06日 23:06
maedaさん
 昨年は後翅の黒斑が異常に発達した個体でしたが、今年は前翅の黒斑がなんとなくおかしい個体に遭遇です。
 かんかん照りの草原でのトランセクト調査・・・実は、こんな出会いを心に秘めて、目撃する蝶を全数チェックです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月06日 23:06
ご無沙汰です。
昨年もウラギンヒョウモンの異常斑紋型を撮影されてましたよね。昨年の異常型よりも迫力を感じます。こういう出会いは続くものでしょうか。
当方のシルビアシジミは、残念ながら全て普通型でした。
Posted by otsuka at 2008年08月06日 23:11
永幡さん
 貴殿らしい達筆なコメント、有り難うございます!
 ご無沙汰しておりますがお元気ですか?
 中国道からこのラクダを見た瞬間に、なぜか遠くまで来たような不思議な気分にさせてくれる「こころのstation」ナイル書店・・・
 書き留めておかねばならないと感じたこと、今ならブログに残しておくと良いのでしょうね。なので、私もこのように写真入りで書き留めたりしています。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月06日 23:13
otsukaさん
 まいどです。昨年、ウラギンの異常型を見てから、ウラギンは特にじっくり確認するようになりました。じっくり見ると、結構出会えるのかもしれませんが、これは昨年とは違った傾向の異常型で、昨年のとは違う遺伝子なのでしょう。
 それにしても暑いですねぇ。お互いに健康第一で撮りましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月06日 23:23
おおっ、またしても異常型!
よく出会いますねぇ〜。

フィールドに出る機会が多い→多くの蝶に出会う→異常型に出会う確立↑だけじゃなさそうですね。
+引きが強い+観察力+α・・・ですかネ?

良い目の保養になりました。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2008年08月06日 23:41
「ナイル書店」・・・遠征からの帰路、
このラクダを見たら、「アア、やっと帰ってきた。」
と、ホッとしたものです。

テナントが変わっても、このラクダだけでも
残って欲しいものです。

内容がまるっきり変わってしまうので、
コメントを別にしました。
Posted by Rhetenor at 自宅 at 2008年08月06日 23:47
Rhetenorさん
 こんばんわ〜コメント有り難うございます!
 なんでやろ・・・最近、結構異常型に出会うような・・・
 やっぱし、よく観察しているせいかなぁ・・・
 これ、軽微ですが、妙な異常型ですやろ。結構追いかけたのですが、多数のウラギンヒョウモンの中で見失いました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月06日 23:49
Rhetenorさん
 おおっ、連続コメント、さんきゅうです。
 私ね、兵庫県人、そうそう、広島なんか行ったりすると、このラクダを見て、帰ってきたなぁ〜なんて思うことありますね。
 ラクダも保全活動せなあかんかな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月06日 23:52
この駱駝、懐かしいです。
但馬や西播磨からのドライブの帰路、こいつを
見ると、あぁ、もう一息やなぁ〜って、元気が出た
ものです。この手のランドマークって思い出に
残りますねぇ!
ウラギン異常型の飛翔画像は貴重です。思わずネットを
振りたくなったことでしょう。
Posted by fanseab at 2008年08月07日 00:00
昨年もウラギンの異常型撮っておられましたよね。しかも違うタイプですかぁ・・・。これは観察眼ももちろんですが、+αの「引きの強さ」ってのもやはりあるのでは・・・。

福岡市天神の地下街に「ナイル」ってカレー屋さんがあって・・・。中学生の頃は天神に遊びに行ってここでカレー食べるのが楽しみだったなぁ・・・。
Posted by nomusan at 2008年08月07日 06:02
これは、ホントに黒いですね。♀かしら・・。

そういえば、20年近く前、中国山地の某地でヒョウモンモドキの超黒化型を見つけました。まさに「メスグロヒョウモンモドキ」とでも言えるほどの黒さで、もともとココのものはやや黒い♀ばかりだったのですが、彼女は飛び抜けて「ガングロ」でした。

モドキは死に絶えましたが、今でもウラギンヒョウモンは時々姿を現してくれます。


Posted by 深山葵 at 2008年08月07日 07:16
fanseabさん
 やっぱし、このラクダさん、印象に残りますよね。金色ですし。京都から西へ走ると、ラクダさんを過ぎると、なんだか遠くへ来た気分になりますし、帰りにラクダさんを見ると、あと一歩といった気分になるのです。
 ウラギンは、静止画像を撮ろうと、ひたすら草原さまよいましたが、ずっと飛んでいましたね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 07:31
nomusanさん
 トランセクト調査ってのは、すべての蝶に注意を払うので、こういう個体もばっちり見つけてしまいます。しかし、調査ルートを大きく道草してしまいましたが。(笑)
 だんだん引きの強さが身についてきたのかも知れませんが、後輩のT君はもっと凄い引きをしたりしますし、まだまだかな。
 そのカレー屋さん、まだあるのかな。行ってみたい・・・
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 07:35
深山葵さん、おはようございます。
 そう、撮影してみるとこんな「顔」でしたが、飛んでいるのを見ると、えらく黒く感じました。
 モドキは芸北地方かな。黒いの出ますよね。しかし、黒いのが多くなり始めると、遺伝子が煮詰まっていて、ヤバいのかもしれませんね。
 ウラギンも絶滅はまだしも、減少傾向ですね。じっくりと撮ってやりたいもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 07:40
うううっ、ラッ、ラクダさんも力尽きましたか。。。
残念ですじゃ。。。
Posted by 山キマ at 2008年08月07日 08:12
山キマさん
 コメント有り難うございます!
 釣ぼり、たいこ弁当、ラクダさん・・・なくなっていくのは寂しいですね。
 ん、でもね、ひょっとしたら、ラクダさんはテナントの資本が変わっても残るかもね。なんせ、兵庫県ご当地度チェックの質問にあがるくらいやし、宣伝効果は抜群。でも、なくなることを前提に、今後、中国道を走行して写真撮っとかんとあかんね。
 ところで、気になったので、以前にどこのサイトで見たのか、調べてみたら、まだそのサイトありましたわ。↓
http://www.linkclub.or.jp/~keiko-n/ID/
Posted by kenken(管理人)@休憩タイム at 2008年08月07日 17:04
おおぉ!! これは面白い!! 情報ありがとうございます。
しばらく楽しめそうです。
Posted by 山キマ at 2008年08月07日 17:45
昨年は教えてもらったのに異常個体を撮り逃がしたウラギンですね。(^^;
今年のはもっと強烈な印象ですね。これなら僕が見ても異常型とすぐに気づきそうです。(笑)
Posted by BANYAN at 2008年08月07日 18:01
山キマさん
 これ、仕事の関係で見つけたサイトなのですが、なかなか面白いですやろっ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 20:53
BANYANさん
 昨年の個体は、吸蜜してましたが、一瞬で飛んでいきましたね。今年の個体は、少し傷んでいたせいもあって、そんなに飛翔は早くなかったのですが、多数いるウラギンヒョウモンに紛れると、分らなくなってしまいました。なかなか妙なお顔でした。
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 21:02
ウスイロヒョウモンモドキの調査お疲れ様でした。
昨年のウラギンの異常型は便乗させていただきましたが、これはその時以上の異常型ですね。
何かドキッとするような・・・・。
Posted by thecla at 2008年08月07日 22:58
theclaさん
 まいど、コメント有り難うございます。
 ウスイロモドキのトランセクト調査は暑くて萎えますが、こんな出会いの楽しみもあります。
 昨年のもなかなかの個体でしたが、今年のは、またパターンの違う異常型で、味のある個体でした。引きが強くなったのかなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2008年08月07日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。