2008年07月29日

最近のkenken(2008年7月27日・その2)

 この日、行ってきたのはススキを主体とした草原です。

080727-40D01.jpg この季節、オミナエシの花蕾なんか見られました。正式な記録は存じませんが、昔は、ウスイロヒョウモンモドキがいたんじゃないでしょうか。(今もいるかも?)しかし、現在は、ススキがかなり茂ってしまっています。
 15mmFisheyeによる画像です。
 ん?写真をよく見ると、ヒメシジミでもコキマダラセセリでもない蝶が写っていますね。
 そう、中国地方のホシチャバネセセリは、こういった環境に生息しているのです。昨年、兵庫県北部で同種を探索・撮影できたので、その経験を活かして、本年は中国地方を探索してみたのでした。
 まずは、90mm MACROで描写してみましょう。

080727-KDX01.jpg この日は雲の多い1日で、遠くで雷鳴が聞こえていました。日がかげっていると、静止しても閉翅していることが多いです。この翅裏のなんとも言えない紋様、とっても好きなんです。

080727-KDX02.jpg やや明るくなるとセセリチョウらしい戦闘機のようなポーズで開翅してくれます。

080727-KDX03.jpg 白と褐色のツートンカラーの縁毛が揃っているのが新鮮さの証です。最近、こういう地味な蝶に大変魅力を感じるようになりました。
 しかし、被写界深度の浅い90mm MACROでは、なかなか全体にピンがいきませんね。こういう被写体は15mm Fisheyeやコンデジ GX100で撮ってやるとよいでしょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 23:27| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ!ホシチャだぁ〜。
なかなかシブい蝶ですよね。

中国地方のホシチャって、やや大きい個体群かな?
って、感触を持ってますが、如何でした?

ひょっとして、付近にやや翔び古した、
やや大振りのヒメシジミが遊んでませんでしたか?

今年は、コンテジが潰れたので、・・・。
来年は撮影しに行こうかと思っています。

ん〜む、GX100、どこかに残ってないかなぁ〜?

Posted by Rhetenor at 自宅 at 2008年07月30日 00:18
Rhetenorさん
 最近、こういう渋い蝶ばかり撮っているような気がします。大人になったのかなぁ〜(笑)そういうと、信州の個体群よりは微妙に大きいような気がしますね。
 ん?ヒメシジミは、1つ前の記事のとおりでございます。
 そうかぁ〜GX100は、どこも売り切れですか。発売当初の半額程度の値段で売ってたしなぁ。もちろんGX200はえぇんですが、お値段もえぇしね。
 次回、その3では、GX100での絵をお目にかけましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月30日 06:27
これはえーですね。
私は最近会ってません。もっとも北海道では会いようがないですが、広島にいた時も見てません。
岡山へ行こうかとも思った時期もありましたが、暑くてね。
この裏面を見せられると、今なら間違いなく走ってますね。
Posted by maeda at 2008年07月30日 06:45
maedaさん
 ご想像どおりでしたかな?
 これ、えぇです。昨年撮って、ハマりました。
 次回は15mm Fisheyeとコンデジによる画像をお目にかけましょう。
 それをご覧になると、飛びたくなるかも。(笑)飛ぶんだったら、対馬ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月30日 07:10
中国地方&オミナエシ・・このキーワードだとやはり反射的にウスイロのことが偲ばれてなりません。
でも、ホシチャも立派な主役。じっくり腰を落ち着けて撮るには格好の被写体ですネ。セセリ科のスクランブルポーズはタテハ類の開閉ポーズとどこか通じているように思います。
ものの本にはどちらも「警戒態勢」だとありましたが・・。

Posted by 深山葵 at 2008年07月30日 10:43
いやぁ、ホシチャバネセセリってこんなにも美しい蝶だったのかと再認識させていただきました。
キマルリのテリトリー待ちをしていた金山峠で突然目の前のススキ止まった個体、和南原でゴマを追いかけていて目の前のササに止まった個体、暑い最中オオウラギンを探して訪れた長者原でちょこんとススキの先にいた個体。いろいろ思い出深い蝶です。
Posted by 黒燕 at 2008年07月30日 11:39
深山葵さん 
 そやねぇ〜ススキに埋もれるオミナエシを見ると、ウスイロのことを思い浮かべますね。ウスイロよりはホシチャのほうが適応できる環境が広いように感じます。
 そう、こいつも貴殿好みの渋い主役の蝶でしょう!この日、ずっと雲がかかってましたが、明るかったので、ほぼとまった瞬間に開翅です。なかなか翅裏が撮れなくて苦労しました。常に警戒しとるのかなぁ〜
Posted by kenken(管理人)@休憩タイム at 2008年07月30日 17:13
黒燕さん
 いや、ほんま、その通りで、昨年ホシチャを撮影して、その美しさにハマりました。昨年は兵庫県北部でややスレた個体だったので、今年は撮り直しで、中国地方までお出かけしてみました。そのかいあって、なかなかえぇ鮮度の個体にめぐり合えました。
 縁毛がツートン・カラーになってるのがえぇし、この絵では分かり難いのですが、黒褐色の翅表の付け根に茶褐色の鱗粉がちりばめられるのが最高に好みです。次回掲載予定の15mm Fisheyeやコンデジでの画像は、そのあたりの美しさを強調して撮影しております。乞うご期待!
Posted by kenken(管理人)@休憩タイム at 2008年07月30日 17:20
このセセリは小生も狙っていますが、東日本でも産地が極限される本種を中国地方で探索されるとは頭が下がります。林縁にはキマリンも潜んでいそうな雰囲気がありますね。
Posted by fanseab at 2008年07月31日 07:31
ホシチャの棲息環境は写真を見させて頂いた感じでは中部や北関東と変わりがない様に見えます。特に山梨の某多産地とそっくりです。ススキが優勢で、でも所々に土がむきだしの場所です。保全協会の渋川での例会の際に、協会がこの蝶の成虫以外のステージの写真を求められていましたが、大抵は余りにもススキが多くて探すのは大変だなと思わずにはいられませんでした。
Posted by clossiana at 2008年07月31日 09:47
ホシチャいいですね。木曽はここからは遠いのでなかなか腰が上がりません。チャマの夏型と合わせて撮影に行きたいとかねてより思っているのですが・・・・・・
しかし本当に小さなちいさなチョウですね。
Posted by kmkurobe at 2008年07月31日 09:49
ホシチャいいですね。草原が似合います。
小さい蝶の開翅を全体にピント合わせるのはコンデジの方が有利ですね。
GX200の登場で安くなってきた100を購入したので、次の記事も参考にさせていただきます。
Posted by BANYAN at 2008年07月31日 17:09
fanseabさん
 ホシチャ、なかなか生息地が局地的なようですね。関東の個体群は年2化でしょうか?この中国地方のは、おそらく1化のように思います。
 おっと、スルドイですね。ここね、キマもおるんじゃないかという環境でした。中国地方では、キマとテリを争うホシチャってこともありますね。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月31日 22:18
clossianaさん
 あっ、やっぱし山梨の生息地と同じ雰囲気ですかっ!昨年、兵庫県北部で探索・撮影してから、なんとなく生息地の雰囲気がつかめるようになったような・・・
 食草のオオアブラススキもこの時期は穂が出ていないのでススキとの識別が難しく、食草自体、ほんの少ししか見つけられませんでした。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月31日 22:25
kmkurobeさん
 木曽は、そちらからも遠いですね。
 チャマの夏型とホシチャを1日で撮れたら最高!
 運にもよりますが、チャレンジしたみたいテーマです。
 それにしても小さな蝶です。今回も、見失いまくりです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月31日 22:30
BANYANさん
 ホシチャの良さが分かるようになると大人です。(笑)
 そうそう、一眼で背景をぼかすと、どうしても蝶全体にピンはいきませんよね。
 おっ、うまくGX100ゲットですか!えぇ買い物でしてね。っと私が買った、半額くらいでしょう。マクロ撮影でフォーカス・ポイントを任意の位置に設定できるのが魅力です。
 次回、GX100での広角画像もお目にかけましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月31日 22:37
半額まではいかないと思いますが、他に欲しがっている人がいるようなので、買ったサイトを紹介しておきます。

http://www.mapcamera.com/sho/search.php?MODE=M_VIEW&ACT=A_DETAIL&map_code=4961311033285&class=01

まだ残りありそうですね。
Posted by BANYAN at 2008年07月31日 23:04
BANYANさん
 うをっと、購入サイトご紹介、有り難うございます。
 こりゃ絶対買いやね・・・私ね、確か、6万円台で買ったように記憶してます。
Posted by kenken(管理人) at 2008年07月31日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。