2008年04月16日

定点観察(2008年4月13日)

 この日は、お天気悪くなるとの予報でしたが、昼前までは十分に蝶の飛べる感じでしたね。
 前日の遠征疲れを癒しに?京都市左京区内の某地点へ今シーズン2回目の定点観察に出かけてきました。

080413r.jpg う〜む、しかし、見れたのは唯一ルリシジミ。この日はなぜか、ヒオドシも見ませんでした。さらに、コツバメをまったく見ないのはなんか変だなぁ〜
 寒気の影響か、微妙に気温が低い感じで、まだまだギフチョウがいなくなったとは結論づけにくい状況でした。今シーズン、もう1回観察に来たいなぁ。過去に、20日台に何回かギフチョウ見てるもんで。
posted by kenken(管理人) at 22:21| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コツバメにミヤマセセリ
うかつな事は言えませんけれど
感覚的には
数が減ってるような気がします。

コツバメが・・・
特に・・・

定点観察・・・
続ける程に辛い結果が待っていそうですが・・・
(ゴメンナサイ 無責任に過ぎる発言ですね)
でも・・・
俺がやらなきゃ誰がする?
Posted by pekeyama at 2008年04月16日 22:38
pekeyamaさん
 やっぱし・・・今年のこの地点、コツバメは確実に不作です。いつもなら、いっぱい飛んでるのに・・・このあたり、毎年訪れていると、その変化を感じますね。

 辛くとも、続けていこう、定点観察。
 kenkenがやらねば、誰がやるっ?【kenken@新造人間】
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月16日 22:48
定点観察はいつもの光景が見られて当然と思っていくので、それが見られないと落ち着かなくなります。
そして何回か行くことに。
定点観察でその年の季節の流れが読めたりするので、私は大切にしています。
Posted by maeda at 2008年04月17日 05:54
maedaさん
 はい、まったく同意見で、定点観察、私もとても重要視しています。
 アシビ、ミツバツツジの咲き具合から客観的に判断すると、この定点では、平年よりは遅い春の進行を感じています。
 しかし、コツバメを見ないのは、まったく変です。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月17日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。