2008年04月05日

シーズン開幕はギフチョウ有名生息地で(2008年4月4日)

 シーズンオフの休日出勤の代休をこの日、4/4に設定したところ、お天気ばっちりなので、今シーズンの撮影開幕!と意気込んで、福井県南越前町のギフチョウ有名生息地へ行ってみました。
 う〜む、さすがに人気スポット、平日にもかかわらず、ネットを持ったおじさんがぁ・・・こりゃいかん・・・ちょっと人目につかないところへブッシュをかき分けて入っていって撮影開始です。
 この日は、ギフチョウ撮影に関して、3つのテーマを設定していました。(1)300mm ISレンズで、やや遠めから、ショジョバカマでの吸蜜シーンを狙ってみる。(2)新しく投入した40D+15mm Fisheyeで、飛翔写真を練習してみる。(3)あわよくば、当地特有の遺伝型の生態写真をゲットする。でありました。

080404-1.jpgshikiri105.jpg ブッシュを入っていくと、直ぐにズボンにダニがついて委えますねぇ〜こんなヤツです。一定時間おきにズボンをチェックしながらの撮影です。この辺り、カモシカおるからかな・・・皆さんも気を付けて下さい。

080404-2.jpgshikiri105.jpg いきなし、コツバメが飛んできてカメラケースにとまりました。こんなこともあろうかとポケットに忍ばせてあるコンデジGX100で撮影です。

080404-3.jpgshikiri105.jpg ショジョバカマでの吸蜜シーンには何度か出会えたのですが、ブッシュでは300mmは小回りが利かず、思うように撮影できません。こんな横からの画像が精一杯。90mmのほうがえぇですね。

080404-4.jpgshikiri105.jpg 40D + 15mm Fisheye での飛翔写真は、連写性能がUPしているので楽ちんです。こりゃえぇわぁ〜お天気良いのでISO:400でTv:1/2000で楽々撮影です。ちょっとだけ大きめの画像にしてあります。ブッシュの雰囲気も伝わりますよね。この写真、とてもお気に入りです。

080404-5.jpgshikiri105.jpg080404-6.jpgshikiri105.jpg 300mmISレンズは小回りは利きませんが、静止シーンならば、遠めからマクロな画像をばっちり撮れて楽ちんです。なんのことはない静止シーンですが、さりげなく2枚UPしておきましょう。(笑)

 ところでね、ネット持ったおじさんは結局4〜5人目撃しましたが、皆さん、ぱっと見、私より年配のようでした。若手の採り屋さんって、絶滅危惧種かも。
 まあ、そんなこんなで、今シーズンも撮影開始しました。皆さん、また覗きにきてやって下さいね。
posted by kenken(管理人) at 17:52| Comment(41) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、(分家)すごいぞすごいぞ!
何処に行かれたか一発でわかってしまうさりげない画像ですね(爆)! これはええもん見せて頂きました〜!


Posted by nomusan at 2008年04月05日 18:06
nomusanさん
 うおおぉ、コメント速いぞ、速いぞ!(笑)
 最近ね、ちょっと仕事忙しくて元気なかったのですが、やはりフィールドへ出ると生き返りますわ。昨夜は、祝杯あげているうちにブログUPできずに寝てしまいました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 18:17
ギフ撮影成功おめでとうございます。
いよいよ飛翔写真に開眼でしょうか。シャープで良いですね。
魚眼レンズを使って、新しいカメラでの連射の感じはどうでしたか。
私は最近35mm以上の焦点距離で撮影することが多く、結構苦労してます。
Posted by ダンダラ at 2008年04月05日 18:56
そういえば、一番下の右側の写真、なんか変わってますね。
さりげなく出すあたりが、kenkenらしいですね。
後ろでにやにや笑われているような気がします。
Posted by ダンダラ at 2008年04月05日 19:14
さんを付けるの忘れました、失礼しました。
アーンなんかあせってるのかなー
Posted by ダンダラ at 2008年04月05日 19:16
うーんみなすばらしい。とくにさりげない飛翔はきっと自信作でありましよう・・・・・・
ダニは2年物と見ました。私昨年ひどい目にあったので気を付けなければ・・・・・・
明日は私も北上しようかと思ってます。4−5日早いような気がしますが・・・・・
Posted by kmkurobe at 2008年04月05日 19:49
ギフと過ごせた時間、良かったですね。
静止画像も飛翔もばっちりですね。
コツバメの人工物写真もゲットで。
今日の十勝は寒い一日でした。
Posted by maeda at 2008年04月05日 20:03
飛翔写真はすばらしい出来ですね。連写性能がアップした分、いいショットが撮れる確率が上がりますからね。
ダンダラさんもご指摘ですが、右下の写真は当地特有の遺伝型なんですね。確かに変わった感じですね。
Posted by cactuss at 2008年04月05日 20:03
機動力の90mmか遠くから撮影できる300mmか難しいところですね。僕も今日は90mmで撮影していましたが、いつもの70-300の200mmくらいが少し遠くからでも撮影できて適度な距離のように思いますね。
ショウジョウバカマ(猩々袴)の吸蜜は狙いたいと思っていますが、まだ見たこともありません。
Posted by BANYAN at 2008年04月05日 20:59
ギフ撮影おめでとうございます〜!
これが採集者が集結する有名産地のギフですね〜kenkenさんの画像で堪能させて頂きます。
いやぁー!いきなりダニっすか。ちょっと引いてしまっています。ブッシュにも近付かない方が懸命ですね!
Posted by Noreen at 2008年04月05日 21:03
ダンダラさん
 コメント、有り難うございます。「kenken」って気軽に呼んでもらってOKですよ。妻にもそう呼ばれています。(笑)
 やはり40Dの6.5コマ/秒はえぇもんですわ。ストレスなく、いい感じで撮れました。NIKONのD300はもっとえぇのかなぁ〜しかし、飛翔写真はまだまだ修行中です。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 21:55
kmkurobeさん
 この飛翔シーン、とても気に入っています。1/2000で切ったら、クリアに撮れました。こんな風に撮るんだって感触がつかめそうな気がしてきました。
 ダニね、数年前に大事なところにかみつかれたので、それから細心の注意を払うようにしています。最近多いようです。
 今年は発生遅いところ早いところ、いろいろ複雑なようで、読みにくい感じですね。白馬いつにしようかしらん。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 22:05
maedaさん
 やはりフィールドに出るのが1番ですね。
 ようやくって感じでした。
 そうそう、人工物背景も意識して撮らんとあかんな・・・(笑)
 40Dのおかげで飛翔写真に少し自信が出てきました。練習を続けますが、のめり込み過ぎて、吸蜜や開翅を忘れないようにしないと。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 22:08
cactusさん
 40Dはなかなか連写性能いい感じです。この日はお天気良かったので、1/2000で楽々シャッター切れました。
 しかし、300mmと15mmの両方で2台のカメラを持ち歩くのは結構疲れました。
 そうそう、この右下の個体は、前翅の黄色ところがいびつな感じでしょう。これが、当地特有の遺伝形質に因るものだそうです。なかなか貴重なもののようです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 22:14
BANYANさん
 さすがに300mmと90mmの両方をかついで歩くのは大変なので、この日は90mmは封印して300mmで撮ってみました。
 ショジョバカマは背丈がさほど高くないので、吸蜜するギフを正面から撮ろうとすると下草が邪魔で、回り込もうとするうちに逃げられてばかりでした。横からだと簡単でしたが・・・
 そう、ズームレンズのほうが迫り易いですね。28-200mmくらいが使い頃でしょうか。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 22:19
Noreenさん
 コメントどうも〜
 平日に行きましたが、有名産地は採集者が多いですね。ちょっと場所を離れて、撮影していました。私は元々は採り屋なので、さほどストレスは感じません。
 ずっと山岳写真屋に擬態していました。(笑)
 最近、ダニ多いです!しかし、そちらのほうが強烈なやつがいるのでは?
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 22:24
ギフチョウ撮影おめでとうございます!
飛翔写真も静止写真も素晴らしいですね。
私も早くギフに会いたくなってきました。
ネットマンさんたちとは、できるだけ会いたくはないですが(笑)


Posted by 空飛ぶ父 at 2008年04月05日 22:58
S山行かれましたか。私も本日、行くか行くまいか、逡巡いたしましたが、ネットマンが多数入る可能性大と思い、意識的に避けました。平日にネットマン5人ですか。ネットマンも高齢化が進んでいるようですね。元ネットマンだけに気持ちは分かりますが、時代が変化していることにも気付いて欲しいです。
Posted by ノゾピー at 2008年04月05日 23:12
空飛ぶ父さん
 コメント、有り難うございます。そちらのほうも、もうそろそろではないでしょうか?
 飛翔写真がだんだん楽しくなってきましたが、「基本は開翅に吸蜜」って自分に言い聞かせています。(笑)
 ネットマンさん、悪い方ではないのですが、同じ場所では共存できませんね、カメラマンどうしならばOKなのですが。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 23:32
ノゾピーさん
 実は、S山、毎年行ってたりします。ショジョバカマ吸蜜は、ここが最も撮り易いです。しかし、まだまともな絵がゲットできません。今日、土曜日は、10人くらいネット振っておられたようですよ。
 ネットマンの高齢化は間違いなく進んでいますね。私は自分の来た道だと思って見守っています。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月05日 23:35
スッ、スッ、素晴らしい!1

ヒェ〜!!!・・・おめでとう〜〜。
Posted by Rhetenor 自宅 at 2008年04月06日 11:56
師匠
出遅れていたらあっという間にカキコ沢山でびっくり。
今年もいよいよ始動ですね。
猩々袴私も新潟県○○町で狙っていますが
今日も朝から実験で出動不可
今年こそフィールドでお会いしましょう。
Posted by 蝶山人 at 2008年04月06日 18:52
珍しく書き込みさせていただきます。ご無沙汰しています
ギフチョウの静止画像、何気なくスルーしようとして違和感を覚えてクリックしてみましたら・・・
あ・・
Posted by to at 2008年04月06日 20:08
あ、名前途中まで書いただけで書き込んでしまいました。
Posted by TOGARI at 2008年04月06日 20:09
Rhetenorさん
 あれっ、今日はご自宅ですか。
 コメント、有り難うございます。
 採り屋の頃には採りたいと思っていなかった○山型ですが、撮り屋になって撮ってみたいと思いました。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月06日 23:12
蝶山人さん
 まいどです。お元気ですか?
 今年こそ・・・フィールドでお目にかかりたいですね。
 やっぱし、白馬でしょうか。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月06日 23:18
TOGARIさん
 あっ、お名前の追記・修正、有り難うございます。
 ちょっとした違和感がありましたか?なかなか鋭いですね。私もカメラのファインダー越しに覗いて、シャッターを切った瞬間に違和感を感じました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月06日 23:30
福井ギフ、懐かしく画像を拝見しました。なるほど、有名ポイントにネットマンが押し寄せるのには理由があるのですね。ショウジョウバカマ吸収蜜シーン、崖地で苦労することが多いですね。
Posted by fanseab at 2008年04月07日 07:47
ご無沙汰しております。
だいぶ体調は戻って来ましたがフィールドに出れるのはもう少し先になりそうです。

ムム・・。
さりげなく「S山Type」をgetされているのがサスガです。

今年も名ショットを楽しみにしています。
Posted by 深山葵 at 2008年04月07日 09:00
fanseabさん
 こんにちわ。関東での活動はいかがですか。
 そう、平日に訪問してもネットマン複数でしたね。で、私は、蝶屋の気配を消して、風景写真屋に擬態していました。(笑)
 そうだ!「ショウジョウバカマ」でしたね、私、いつも「ショジョバカマ」って言ってしまいます。深い意味はありませんが。確かに、こいつ、ブッシュ内の斜面に生えていて、撮影に難儀しますわ。実は、影を滑り落ちたりして少し擦りむきました。ブッシュで300mmは使い勝手が悪いことが学習できました。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2008年04月07日 17:24
深山葵さん
 おぉっ!お久しぶりです。お体は、まだまだ本調子ではないのでしょうか。早くフィールドへお出かけになられるようになりますこと、心から祈っております。
 どれくらいの方が反応するのか、さりげなく、なんということもない静止写真を入れておりますが、貴殿のコメントを誘うとは、これも「名ショット」の1つでしょうか。
 今シーズンもいろんなショットをUPしていきますので、のぞきにきてやって下さい。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2008年04月07日 17:31
ごぶさたしています。
ネットマン、若者ならいざしおらず年配者ばかりという話。残念に思いました。
いままで生きてきてどれだけ他者のの命をいただいてきたか、また他者の命をいただかなければ生きてこれない身ということに思いをめぐらすとき、さらにコレクションのための採集で虫の命を奪うということは、切なくなります。
Posted by grassmonblue at 2008年04月07日 17:44
コメント出遅れました。遅くなってすいません。
300mmの望遠で撮影したギフチョウは、とても雰囲気が出ていて良いですね。何気ない写真ですが、やはりバックの雰囲気が良いです。最近、このバックのボケが気になります。
Posted by 虫林 at 2008年04月07日 19:53
grassmonblueさん
 こちらこそ、ご無沙汰です。
 モンシロの初見日、3月はフィールドに出なかったので、書きそびれてしまってすみません。確か、私的には3/27に家の近くで見ましたね。

 採り屋さんの高齢化が進んでいます。採り屋さんと絶滅危惧種のどちらが最後まで残るか・・・なんて考えたりします。私は、「撮る」ことがメインですが、「採る」ことも自分の来た道だと思って見ています。自分のコレクションのために「採る」ことはしませが、記録のために標本が必要であると判断したときは採っても良いと考えています。
 撮り屋であっても採り屋であっても、真の蝶愛好家であるならば、蝶がいなくなることには反対の意思表示や行動をするところで、共通の利益が見いだせるのではないかと考えています。

 ところで、貴ブログ、ときどき拝見しているので、リンクしていると思っていましたが、抜けていたようで、本日、このブログからリンクさせていただきました。ご連絡まで。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月07日 20:40
虫林さん
 コメント有り難うございます。亀レス、なんの問題もありませんよ〜私もいつも、ゆっくりです。(笑)
 この300mmF4ISレンズって、なかなか望遠マクロみたいな画像がえぇです。そう、バックのボケ味なんかが。
 そちらの吸蜜写真もえぇですなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月07日 20:46
何度も見ましたが、やっぱりすごい写真ですね。

この写真を見て、去年ヒメギフチョウのW型を撮影したのを思い出して、いまさらながら私のサイトにUPしてみました。
Posted by TOGARI at 2008年04月07日 21:30
TOGARIさん
 連続コメント有り難うございます。
 きゃあ〜貴殿のも凄いね。あの時のW型ですなっ!
 バンドにW型と撮ったら、イエローテールを撮ったら「あがり」かな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月07日 23:45
300mmの絵に惹かれますね。
絞り値はどのくらいでしょうか?結構深度が浅いですよね。私の場合、開放付近なのでピンズレが多いです。
まあ、技術不足なのでしょうが・・・。

右側の静止の個体は特異ですね。綺麗です。
Posted by 愛野緑 at 2008年04月10日 16:31
愛野緑さん
 こんばんわ。コメント有り難うございます。
 最後の2枚は、CANONの純正 EF 300mm F4 IS でF4の絞り開放です。右側は、よく見ると、翅ピンで、眼は若干ピン甘いですが、こんなもんでしょう。翅と眼の両方にピンがいくようにするには、両方がフラットになるようなアングルに自分が立つ以外ないでしょう。右側は、おっしゃる通り特異な「顔」の個体ですね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2008年04月10日 19:01
思いっきり出遅れてしまいましたが、今年の初ギフおめでとうございます。
どれもすばらしい画像ですが、ショウジョウバカマがおしかったですね。
ショウジョウバカマでの吸蜜はしばらく見ていません。カタクリとまた違って独特の雰囲気がまた好きなのですが。
Posted by thecla at 2008年04月10日 23:05
theclaさん
 いえいえ、出遅れだなんて・・・コメント、有り難うございます。ショウジョウバカマでの吸蜜はなかなか思い通りに撮れませんね。なんちゅうか花の形が撮影に向いていないのかな・・・ほんでもって、ブッシュで結構な斜面に咲いていることが多くて・・・またチャレンジし直しです。
Posted by kenken(管理人) at 2008年04月11日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。