2007年10月30日

ルーミスシジミの開翅シーン狙い(2007年10月28日・その2)

 樹上にとまっているルーミス。なんとか近くから撮影しようと、とまっている枝ごとたぐり寄せようとしたところ、さすがに飛ばれてしまいました・・・が、しかし、この個体、S氏と私の頭上を旋回して飛翔したかと思いきや、次の瞬間、すぐ近く岩上まで降りてきましたぁ〜
 「おぉっ」っと2人で声をあげて近づくと、なんと、日光浴開翅モード!願ってもない千載一遇の撮影チャンス!すかさずS氏から、「刺激して飛ばれんように、遠めから300mmISで撮ろう!」って声が飛んで「承知!」って、2人共に300mmISで遠巻きに撮影です。

071028-45.jpg まず押さえた基本的な開翅画像がこれ。まだ越冬前で綺麗な個体ですなぁ。遠めからこのシャープな描写力、300mmISの威力は絶大ですわ。これだけの絵が撮れれば、何も言うことはありません。バシャバシャとシャッターを切っているとファインダーの視界から消えましたが・・・

071028-50.jpg 今度は、茶色っぽい岩上にとまり、全開翅です。私は斜め横から被写体に接近しましたが、S氏は真後ろから接近です。後で伺うと、「4枚の翅表全ての水色を写真に収めたく、真後ろから接近した」とのこと。う〜む、さすがによく考えておられますなぁ。どんな絵になったんやろう・・・

 後になって分かったことですが、この日、樹上から舞い降りてきたこの個体は、必ず翅裏と保護色的な白〜茶色の岩にとまりました。残暑によくとまる下草類には決してとまりませんでした。

071028-60.jpg 好みの「翅表と翅裏を同時に」って絵もゲットできました。私が斜め横から接近するのは、これが撮りたいからでもあります。ルーミスって、単純に翅表だけを撮ると、「えらく明るい色のムラサキシジミやなぁ〜」なんて思われかねませんが、翅表と翅裏を同時に撮ると、「おっ、ルーミスやんか」って一目で分かりますやろっ。

 この個体、辺りの岩上を飛び移りはしますが、遠くへは逃げない様子です。300mmISでの画像はたくさん押さえました。ならば今度は、90mm Macroでぐっと接写してみましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:08| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか成果の上がった1日でしたね。私未撮影種ですのでかなり羨ましいです。やはり表色全然ムラシとは違いますね。更にマクロでもおさえられましたか。楽しみです。数はやはり少なかったですか。
Posted by ノゾピー at 2007年10月30日 21:13
綺麗な個体ですね。
うっとりする水色です。
やっぱり今年も一度は行かないといけませんね。(笑)
マクロの次は広角でしょうか。(^^;
Posted by BANYAN at 2007年10月30日 22:48
300mmISはやっぱりシャープな画像ですね。
裏と表両方を写してこそルーミスらしさが出ますよね。
私、長玉だけでまだ90mmと広角では満足いく絵が撮れてません。やっぱり今年も行かなきゃいけないですね。
ただ、今年はやけに暖かいのでヒルがねえ(^^;
Posted by thecla at 2007年10月30日 23:30
ルーミスはまだ見たことのない憧れの蝶の一つです。そういえは、憧れの蝶はたくさんいるので、老後に困ることはなさそうです。
それはさておき、きれいな画像ですね。ルーミスがきれいなのはもちろんですが、これで300mmですか。特に最後の写真の深度は300mmとは思えない深さです。300mmでこれなら、90mmが楽しみです。
Posted by otsuka at 2007年10月30日 23:42
九州では今でもなかなかお目にかかれない蝶ですね。
山口でかつて一度だけ撮影の機会がありましたが、その後の出会いなしです。
すべての蝶を撮り直すことはなかなか難しいです。
Posted by maeda at 2007年10月31日 06:14
ノゾピーさん
 「絶好の行楽日和」という天気にも助けられました。関東のブログの皆さんが撮影されている情報を参考に探してみました。数は極少でしたが、撮影の場合は、付き合ってくれる1頭がいればOKですね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 07:13
BANYANさん
 まだ冬前なので綺麗な個体でした。越冬するともう少し鮮度は落ちるのでしょう。関東では、毎年、皆さんが撮影されているので、初めて開翅撮影狙いで出かけてみました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 07:16
theclaさん
 お値段の良いレンズですが、300mmISは必須のアイテムだと思います。キレのある画像で、望遠マクロ的な使い方ができるので助かります。この日は、なかなか撮影のチャンスなどないだろうと、最初から300mmを持ってウロウロしました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 07:18
otsukaさん
 私もまだまだ憧れの蝶がいるので忙しいです。(笑)
 最後の写真、絞り開放ですが、かなり距離を置いて撮影しているので、被写界深度がある程度確保できていますね。翅表も翅裏もうまく表現できました。300mmの威力ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 07:24
maedaさん
 個体数のある程度いる残暑ならともかく、正直、この時期に出逢えたのはラッキーでした。撮るだけならば、やはり残暑でしょうが、開翅となると秋〜春で、個体数が少なく、冒険です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 07:27
ルーミス撮影成功おめでとうございます。
最初は離れたところから慎重に・・・わかるなー、その時の気持。
翅表は意外とムラサキシジミに似ていて物足りない点もありますが、きれいに撮影されていますね。
裏側と一緒に写せれば最高ですね。
Posted by ダンダラ at 2007年10月31日 16:30
ダンダラさん
 関東の皆さんが、越冬個体の開翅シーンを撮影されているのを読んで、この時期のルーミスの生態にいろいろ仮説を立てて検証しに出かけてみました。この画像、皆さん方、先駆者のおかげだと感謝しています。有り難うございました!
 撮影してモニターを見てみると、なんだかムラサキっぽく見えるので、ルーミスらしさを表現するには、やはり翅裏を写し込んだほうがえぇなと感しました。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2007年10月31日 17:21
ルーミスは今まで見たことが無い蝶です。
素晴らしい開翅シーンはまぶしく見せていただきました。

ムラサキっぽいだなんて、小生にはこのルーミスブルー(勝手に呼んでいる)は憧れで、間違えようもありませんよ。
イヤー、贅沢な写真です。
Posted by 虫林 at 2007年10月31日 19:19
虫林さん
 私もね、中学生の頃から憧れの蝶でした。大学生の時に、千葉県で初めて出会えたときは、どんなに嬉しかったか!
 憧れの開翅シーンを生で見たのは今回が初めてです。撮影した絵を野外でカメラの液晶モニターで見ると、まぶしいせいかムラサキっぽく見えたりしましたが、こうやってじっくり見ると、ルーミスブルーですねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月31日 19:50
流石に期待を裏切らない素晴らしい仕上がりですね。
ところで、開翅撮影の時刻とその際の体感温度はどの
位か?教えて頂けると参考になります。
Posted by fanseab at 2007年10月31日 22:46
fanseabさん
 コメント有り難うございます。
 実は、撮影した2人共に、いきなりこんな絵が撮れるとは思っていなかったので、驚いています。
 時刻や気温など、確認して私信入れましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2007年11月01日 00:45
うーんすばらしい。規格写真バッチリですね。
しかし大遠征だったのですね。
こんなルーミス見ると機会があれば、ぜひ出かけたいのですが、
その昔の出会いがくらくらするほどの暑さとヒルでした・・・・・

つい先日も鈴鹿の南の公園に遠足に出かけた高校生がヒルにヤラレタのを聞いて、昔のトラウマがよみがえりましたが、ここはどうだったんでしょうか・・・
Posted by kmkurobe at 2007年11月01日 18:53
kmkurobeさん
 コメント、有り難うございます。
 5時間ばかりのドライブです。最も個体数が多くて出会い易い時期は、暑くて蛭も多いですね。さすがにこの時期は蛭はいませんが、ルーミスも極少です。まあ、撮影に付き合ってくれる1頭がいれば良いわけですが。
 ところで最近、蛭が増えたとのニュースを聞きますが、環境の変化で人里近くに現われるようにとのことだったかな。
Posted by kenken(管理人) at 2007年11月01日 23:36
すっかり出遅れましたが・・・・
綺麗です。ルーミスブルー。
私、このブルー、大好きなのですよ!

自然状態での開翅(爆)はまだ見たことないの
ですが・・・いつか、きっと・・・。
Posted by nomusan at 2007年11月01日 23:57
5日の月曜日でパートナーのインターフェロン投与が終了するため、やっと時間がとれますので房総へ行ってみます。
もちろん、長靴、スパッツそして首周りのタオルを用意して…。
メタリックブルーにはちょっとそそられます。
帰りは干物でも買ってこようかな? 
Posted by luehdorf@また夜中 at 2007年11月02日 01:30
nomusanさん
 ご無沙汰〜 こちらもROMしてましたぁ〜
 野外でモニター見ていると、そうでもなかったのですが、こうやって画面にUPするとルーミスブルーは綺麗ですわ。
 開翅は夏はちょっと期待できまへんもんねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年11月02日 07:27
luehdorfさん
 お得意の?時間帯にコメント、有り難うさんです。
 この時期でも房総は蛭が多いんですかねぇ〜こちら、蛭には出逢いませんでしたが、たまたまラッキーだったかも。
 太平洋の魚は美味そうですね。
 パートナー様へのお薬の効果を祈っております。
Posted by kenken(管理人) at 2007年11月02日 07:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。