2007年10月17日

続・秋のシジミチョウ(2007年10月13日・その3)

 3連夜の更新で、最終回「その3」とまいりましょう。

071013i.jpg 三重県南部、さすがに暖かい地域です。セイタカアワダチソウにはイシガキチョウが来ておりました。シジミチョウたちとは違って高い位置で吸蜜しておりました。見上げながら撮影です。ちょっと欠けているところがなんとも趣きがあります。

071013m.jpg オオヤマミドリ・・・ではなくて、オオボロミドリヒョウモン♀でした。しかし、この個体、後翅表面の亜外縁の黒斑が少し流れ気味で、なかなか味のあるものでした。

071013yt.jpg 見かけない青っぽいシジミがいたので何かしらと追いかけてみると、ヤマトシジミの青♀でした。この地域、この季節で、こんなに青いんですなぁ〜サツマ、ヤクルリ、ヤマトで秋のシジミチョウ「裏御三家」としておきましょう。

 今回、待ち合わせたわけではないのに、現地で師匠Sさんに遭遇し、先週に続いて、一緒に撮影していました。前々回のサツマ♀開翅シーン、私が90mmマクロで狙っている肩越しに、師匠は100mmマクロでばっちり撮影され、「これ以上はない出来の良い絵が撮れた!」と言っておられました。
071013sg.jpg 師匠は最近、飛翔写真にも凝っておられるようで、その後、こんな感じで飛翔写真を撮っておられました。

071013yh-1.jpg071013yh-2.jpg なので、私もへたくながらヤクルリの飛翔写真を撮ってみました。(笑)

071013iu.jpg 日が傾いてきたので帰路につきましたが、途中、ETCの通勤割引の適用を受けるために、伊勢道のPAで「とろろ伊勢うどん」を食べて時間調整です。伊勢うどん、大好きなんですわ。

 この日の走行距離387km。サツマ♂のみ撮りこぼしです。また出直しですな。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 23:40| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イシガケ、昔、後輩のFが「イチジクで飼えるよ!」って言って、宮城に帰るボクに10幼ほどよこしました。帰省中に蛹化→羽化、翔ぶ姿が何とも優雅でしたねぇ。野外で一度見てみたいものです。
伊勢うどんてのは三重の方のやつだから、やっぱ普通のおつゆじゃなく「たまり」のようなおつゆなんですか?これも一度経験してみたいものです。
うまそうな画ばっかり…。
Posted by luehdorf at 2007年10月18日 03:03
luehdorfさん
 おっと、深夜にご登場、有り難うございます。
 イシガケの飛び方、優雅ですよねぇ・・・滑空したり、ぴたっと葉にはりついたり。
 伊勢うどんは濃い色のカツオだし&たまり醤油のつゆがかかってます。つゆは底に沈んでいます。これ、\500です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月18日 08:04
オオボロミドリヒョウモン・・・素晴らしい!
黒紋の発達具合がお洒落です。名前も良いし(笑)
貴兄は黒化ヒョウモンとの遭遇率が高い様ですネ。

ヤマト青♀、もうここまで青い個体が見られたのですか?
今年は各地で狙い目かも知れませんね。
Posted by Rhetenor at 2007年10月18日 09:24
Rhetenorさん
 時節柄ね、キチョウやヒョウモンも全数チェックです。
 このミドリヒョウモン、なかなか格好えぇのでちょっと追いかけてみましたが、すぐにピューって飛んでいってしまいました。産卵&分布拡大の本能のままに行動しているのでしょう。
 そう、この季節で、このヤマト青♀ね、驚きました。一瞬、今はやりのクロマダラ・・・とは思いませんでした。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月18日 11:10
やっとパソコンの再インストールなど落ち着いて、皆さんのブログを旅できるようになりました。
青いヤマト、すばらしいですね。
私自身は見たことがないのです。そのうちに北海道にも渡ってくるかな?
Posted by maeda at 2007年10月18日 19:50
maedaさん
 おかえりなさいませ。さっそくこれから貴ブログへ伺いましょう。貴ブログへの書き込みをしないと、どうもこちらも勘が狂います。
 イシガケが飛んでいる環境なにに、不思議にヤマト青♀でした。
 しかし、ヤマトはいつかは津軽海峡を渡るのでしょうね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月18日 20:52
「秋の御三家」よろしいですなぁ・・・。こちらではサツマは夏を過ぎるといつのまにか見れなくなってしまうのですよ〜。「春型♂の開翅」、撮りたいですねぇ・・・。
ミドリヒョウモンもええし、ヤマト、凄く青いですね。ええです。伊勢うどんも美味そうだ・・・。
Posted by nomusan at 2007年10月18日 22:21
nomusanさん
 こちら(と言っても三重県ですが)でも、春と秋とでは見られる場所が違うんですよ。食草がいろんな科の植物であることに起因するようです。
 春型♂の開翅・・・ううっ、撮りたい・・・
 今年はヒョウモンの異常型は当たりのようでした。
 伊勢うどんはね、安くて美味い、うどんのホームラン王ですな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月18日 22:50
ヤマトシジミ♀は暖かい地方でもこんなに青くなるんですね。これは気温ではなく、個体の特徴でしょうか。ヤクルリの飛翔はかなり良く撮れていると思います。
Posted by cactuss at 2007年10月18日 23:59
cactussさん
 どこの地方でも、これくらいは青くなるのではと思いますが、北限の青森なんかのは、もっと凄い青ですね。
 イシガキと一緒に青♀がいたのは意外でしたが。蛹の期間の低温の影響が大きいと推測されていますが、同時期に同鮮度であっても黒いの、青いの両方いるので、個体の特徴とも言えるでしょう。
 飛翔写真・・・有り難うございます。修行中です。(笑)
Posted by kenken(管理人)@昼休み at 2007年10月19日 12:07
ヤマト青♀、黒と青と白のコントラストが綺麗で、いいですね。
飛翔写真もいいじゃないですか。先日、アサギマダラのフワフワ飛翔を狙ったのですが、それでも全然ダメでした。
イシガケチョウは、このチョウ独特の訳のわからん特徴が出ているように思います。
Posted by otsuka at 2007年10月19日 20:22
otsukaさん
 「イシガケチョウ・・・訳のわからん特徴」って、なかなか的を得た表現です。こんなヤマト青♀と同時に見たりすると、ますます訳がわからなくなります。(笑)貴殿の最青♀も凄いねぇ〜近畿地方では屈指でしょう。
 飛翔はね、修行を続けますわ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年10月19日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。