2007年07月31日

セセリチョウ類(2007年7月28日・その2)

 90mmMACROで証拠写真は撮れたので、次は、コンデジGX100で「いかに自然と一体化して蝶に近づくことができるか」という当サイトの原点に立ち返ってホシチャと戯れました。
 明るい草原をバックに地味で小さなセセリチョウをGX100で普通に撮ると、露出オーバーで白飛びした画像を連発します。で、露出補正や内臓ストロボなど、設定をいろいろといじりながら撮影してみました。以下に代表的な3枚をおめにかけましょう。

070728-3.jpg がんがんの直射日光下での1枚。思いっきり露出アンダー補正して撮ってみました。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:5.1、Tv:1/1410、露出補正:-1.7、ISO感度:100

070728-4.jpg 雲で陽がかげった瞬間、私好みの「翅表と翅裏を同時に」の1枚。1段階だけ露出アンダー補正してみました。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:5.1、Tv:1/217、露出補正:-0.3、ISO感度100

070728-5.jpg 入道雲が発生し怪しい空模様のもとで「斜め上45度逆光開翅友の会」用に1枚。このカメラ、マクロ撮影用にストロボ「ソフト発光」ってのがあるんですな。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:6.5、Tv:1/2000、露出補正:-0.7、ISO感度:100、ストロボ:ソフト発光

 ところで、前回の記事を掲載するやいなや、同級生のY君から「ブログ見てますよ」ってメールをいただきました。有り難う〜 貴殿は「one of my respected 蝶屋さんs」なので、とても嬉しいです。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 20:50| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三枚目の「斜め上45度逆光開翅友の会」スペシャル!
ソフト発光ですか・・・
必殺技っぽいですねぇ(爆
Posted by pekeyama at 2007年07月31日 21:19
pekeyamaさん
 うおおぉ〜 さすがに「斜め上45度逆光開翅友の会」会長殿!1番乗り有り難うございます!
 ご無沙汰しておりますが、お元気でお過ごしのことと推察します・・・って、ブログはいつもROMしてますが。(^^;
 このカメラ、マクロ撮影用にストロボのソフト発光ってのがありましてね、そういう機能があると試技したくなりますなぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 21:26
ソフト発光はGX8には無かったと思います。
マクロの撮影では武器になりますね。
晴れのときの露出補正そんなにマイナスにしないと駄目ですか。これも少し違うのかもしれないですね。
いずれにしても、見事な広角です。
Posted by BANYAN at 2007年07月31日 21:30
BANYANさん
 GX100はGX8からかなり進化したのかなぁ〜 GX8は、多くの方に推薦しながらも、ついつい買いそびれて、気が付いたらGX100になっていました。
 これね、相手が黒っぽいセセリなので露出補正をかなりアンダーにしましたが、普通の蝶なら1段階アンダー(-0.3EV)くらいで充分でしょう。FANSEABさんは「基本的には-0.7EV(2段階アンダー)を標準に使用」と書いておられましたね。いずれにしても白飛びは救えませが、暗い分には現像時にレタッチ可能です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 22:23
広角画像を拝見していたら、ますますホシチャを撮りたくなりましたね!GX100の24mm相当域の広角は大変自然な奥行き感を与えるので蝶のマクロ広角には最適だと思っています。
R社のデジカメはR1の時代から強アンダーにしないと発色が落ち着かない特性がありました。kenkenさんがご指摘のように直射日光が入るような場面では直ぐにCCDが飽和して白飛びしますね。
Posted by fanseab at 2007年07月31日 22:41
兵庫県北部のホシチャとは結構レアですね。GX100も色々と設定を調整して撮られていますね。私のR5もそうですが、出来るだけISOは低く、露出は出来るだけアンダーにの2点にいつも留意しております。でも、広角はやはり楽しいですね。

Posted by ノゾピー at 2007年07月31日 23:05
う〜む。素晴らしい・・・。
(どうコメント入れようか、しばし画像を睨んでおりましたが、結局この一言ですね(笑)。)
Posted by nomusan at 2007年07月31日 23:13
GX100は、ちょっと癖がGX8と異なるのでしょうか。
GX8は、確かに狙う被写体が小さいと飛びやすいなと思っていたのですが、逆に思いっきり近付いたりするとノーマル設定でもアンダーに出やすい気もしていました。
また、背景が明るく、手前が暗いと背景に露出が引っ張られてしまって苦労していますが、GX100だとどうなんでしょう。
でも、ソフト発光欲しい!
Posted by thecla at 2007年07月31日 23:16
先日GX100でヒマワリの日中シンクロを試してみましたが、思うような画像が撮れずにいました。ソフト発光を試してみましょう!
いきなり蝶撮影では逃げられてばかり・・・逃げない植物などで練習を積んでみます(汗)。
どの画像も素晴らしい〜〜3枚目が特に・・・Good!
Posted by Noreen at 2007年08月01日 04:59
2枚目撮れたら、言うこと無いですね。
ホシチャとたっぷり遊びたいです。
ソフト発光は知りませんでした。説明書大して読んでませんから。一回読んでみます。
Posted by maeda at 2007年08月01日 06:24
fanseabさん
 ますます撮りたくなられましたかっ!この週末に再探索という選択肢もあるのですが、台風とやや時期遅れで厳しそう・・・
 GX100はホンマに奥行きがある絵で気に入りました。R社のカメラは初めてなので、何かとアドバイス有り難うございます。最初、直射日光下で普通に撮影したらセセリ以外はほとんど真っ白になってしまいました。(笑)さっそくMy設定にマクロ撮影-0.7EVを登録しました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:52
ノゾピーさん
 まいどです。
 なるほど、なるほど、やはりR社のカメラは露出アンダーでの撮影が必須のようですね。アドバイス有り難うございます。コンデジはバリアングル液晶にこだわりがあったのですが、貴殿も含めて皆さんの絵に惹かれ、初めてR社のカメラを導入しました。
 ホシチャね、すばしっこくて小さいので、いてもなかなか目撃に至っていないような気がしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:52
nomusanさん
 コメント有り難う〜 いいんですよ、感性で、ズバッとコメント入れて下さい。
「呑むさん」状態なら、ますますOK!(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:53
theclaさん
 GX100は思いっきり近づいてもアンダー気味に出ることはないようです。ちょっと前の記事の黒日陰擬の接写では、思いっきり近づいていますが、露出アンダー補正して撮りました。このカメラ、暗いところには強いように感じます。ご指摘のとおり、GX100でも、背景が明るく手前が暗いと背景に露出が引っ張られますね。通常でも露出アンダー補正しておいたほうが良さそうです。
 ソフト発光、なかなか使えますが、手製のディフューザーを追加装着しても良いかもです。
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:54
Noreenさん
 おっと、「日中シンクロ」の試写とは、いろんな撮影技法を勉強されていますね。デジカメですとフィルム代が不要なので、とにかくいっぱい試写してみましょう。
 ソフト発光、マクロ撮影用に追加された機能のようです。
 3枚目、普段は目に見えない日光が直線的に射している様子をそれなりに表現できた1枚かなと思って掲載しました。貴殿も逆光開翅友の会の会員でしたね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:54
maedaさん
 こいつ、全開翅が多いので、半開翅で翅表と翅裏を同時にというのいは、結構難しかったりしました。
 思いっきり戯れてしまい、カンカン照りの草原に4時間くらい仁王立ちしていました。(笑)
 私ね、取説を隅から隅まで読むタイプで、電車での移動時間中に良く読みますね。ソフト発光、是非お試しあれ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年08月01日 16:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。