2007年07月29日

セセリチョウ類(2007年7月28日・その1)

 同級生のY君はセセリチョウ好きだ。今は仕事の関係で関東住まいであるが、彼がまだ関西住まいだった数年前、兵庫県北部にセセリチョウ類の探索に一緒に出かけたことがあった。そんなことを思い出しながら、この日、兵庫県北部にセセリチョウ類の探索に出かけてみた。

070728-1.jpg070728-2.jpg ホシチャバネセセリを撮影するのは初めてなので、まずはきちんとマクロ撮影をしてみた。EOS KISS DN + TAMROM90mmMACROで。この日は最初のうちはピーカンのお天気で、明るい背景にピントを持っていかれてしまってAFでのピント合わせに苦しんだ。セセリチョウ類の撮影は結構難しい。ちょっと雲が出て陽がかげった瞬間が撮影チャンスだ。なんとか90mmMACROで証拠写真は撮れたので、次は、コンデジGX100で広角画像を狙うことに。【続く】
 ところで、Y君、このブログ見てるのかなぁ〜
posted by kenken(管理人) at 22:20| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、久々の一番乗りぢゃ! 嬉しや嬉しや(笑)。
う〜ん、未だ見ぬ憧れのホシチャバネ・・・。
今年こそ、何とか!と思いながら何年過ぎた事だろう・・・。
 え?kenkenさんも初めての撮影だったのですか?
これはエエもん見せて頂きましたぁ(爆)。
Posted by nomusan at 2007年07月29日 22:44
一種づつ狙いを定め、確実に、丁寧に撮る姿勢にはいつも感心いたします。
ホシチャバネセセリいいですねえ!
昨日は、スジグロチャバネ・ヘリグロチャバネ・
コキマダラ・キマダラとセセリ類を撮ってきました。
それから、ケンケンさんの好きなクロヒカゲモドキも。
すべて栃木県内です。
Posted by naoki at 2007年07月29日 22:47
nomusanさん
 おっと、ブログ更新したと思ったら速攻のコメント、有り難うございます。
 ホシチャ、そちらの近くだと、対馬が最も確実な生息地でしょうか。そうなんです、「撮る」のは初めてで、この日は朝から心がときめきましたわぁ〜 岡山県まで行くと個体数がまあまあの生息地もあるのですが、敢えて出身県である兵庫にこだわりました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月29日 22:58
naokiさん
 おっと、ご登場、有り難うございます。最近、セセリチョウ類の渋さにはまったかもしれません。この日は、他に、ホソバ、コキマ、イチモンジ、キマダラといったセセリも目撃です。ヘリチャ、スジチャもいつも気にしながら見ていますが、さすがに関西ではなかなか遭遇しませんねぇ。
 黒日陰擬、あの重量感はいいですよねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月29日 23:02
ホシチャ、私もだいすきです。セセリにしては長い足がうらやましい。他の産地は知りませんが、対馬だと今は1化と2化の端境期、適期は場所によって違いますね。
Posted by しまびと at 2007年07月30日 05:59
ホシチャ、良いですね。
中学に見て以来、お目に掛かっておりません。
勿論、未撮影種となっております。
広島にいたときチャンスあったのにと思うばかりです。
最近、視力が弱ったし、見つけられない種かもしれません。
Posted by maeda at 2007年07月30日 06:41
しまびとさん
 ひゃぁ〜、早朝からコメント有り難うございます。
 ホシチャ、そちらからだと、やはり対馬ですね。今回撮影した個体群は時期と標高から推測して年1化のもので間違いないでしょう。
 対馬、まだ行ったことがありませず、いずれは・・・
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月30日 07:13
maedaさん
 一緒に見かけたホソバセセリなんかと比べると、ホシチャは猛烈に敏速に飛翔しますね。すぐに見失ってしまって泣きそうになりましたが、占有性の強い個体だったようで、戻ってきてくれました。
 この日は、300mm、90mm、GX100の3台態勢で、300mmと90mmで証拠的マクロ写真を素早く押さえることができたので、それからは、じっくりとGX100で遊んでみました。次回にお目にかけます。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月30日 07:21
ホシチャは飛ぶとハエみたいなセセリチョウですね。
TAMROM90mmMACROの解像力が素晴らしく生かされているように思いました。
Posted by 虫林 at 2007年07月30日 21:14
貴殿のアップされる画像を拝見すると、いつも、その蝶を撮りたい・・・衝動に駆られます。絵の質のレベルが違うと影響力も違いますね。
ホシチャ、小生ももちろん、未撮影種ですけど、これ、MFでもフォーカスの山が掴み難そうな斑紋ですね!
Posted by fanseab at 2007年07月30日 21:59
ホシチャ、見たのは30年以上前でそれも山梨県でのボロでした。新鮮な裏面は初めて見たように思います。蠅みたいな蝶という汚名を払拭する映像ですね。でも飛んでいる時には蠅みたいだったのかも。
ホシチャは兵庫県にも記録があるのは知っていましたが、狙ってサッと撮影するとはすごい。そういえばkenkenさんは、狙った蝶はいつも撮影しているように思えますが…
Posted by otsuka at 2007年07月30日 22:48
ホシチャ、撮影成功おめでとうございます。
新鮮な個体で独特の渋い模様がきれいにでていますね。
現像というか、レタッチというか、自分だったらどうするかと言うことで拝見していますけど、その止めどころ・・勉強になります。
Posted by ダンダラ at 2007年07月31日 00:10
虫林さん
 コメント有り難うございます。確かに、こいつ、小さくてすばしっこい蝶ですね。撮影地では、アブの仲間が飛んでいて、それにスクランブルをかけるので撮影に難儀しました。
 TAMRON90mmって、こんな感じの柔らかいボケ味が出ます。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 00:46
fanseabさん
 私もね、この日、キリシマの再撮影に出かけようかなと思っていたのですが、未撮影種の探索に惹かれました。
 こいつ、AFだとほとんどピンがきません。特に、晴れていると背景にピンを持っていかれますね。それに、風で止まっている葉が揺れるので、マクロでのシビアなピンが要求される場合は泣かされました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 00:51
otsukaさん
 確かに、こいつ、蝿のような蝶と言っても過言ではないでしょう。直ぐに見失いそうになります。(笑)
 なんと、30年前に山梨で・・・さすがに通ですねぇ〜
 狙ってさっと撮影しているようですが、この写真の後ろには膨大なNULLデータがあったりします。数年前にY君と一緒に探索した際もNULLでした。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 01:03
ダンダラさん
 コメント有り難うございます。こいつの翅裏って、本当に渋い模様ですよね。ある時間帯になると、静止すると直ぐに開翅するようになり、翅裏だけをフラットに撮るチャンスは結構少なかったです。とりあえず、デジ一眼ではRAWで露出アンダー気味に撮影しておいて、後で現像です。
 そちらからだとこいつを狙うには山梨ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月31日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。