2007年07月21日

クロヒカゲモドキ♀

 久々にブログを即日更新しましょう。実は、本日は休日勤務だったのですが、2時間ほど自由になる時間帯があったので、京都府南部の既知フィールドで、クロヒカゲモドキに、しかも♀だけにターゲットを絞って2時間1本勝負。ズバリ、発見しました!

070721-01.jpg 明るい曇りで気温が高く、活動モードで、時々、翅をピクッとやってましたね。敏感でしたが、新兵器の300mmなら刺激を与えずに遠めから、こんな感じで撮れます。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mm F4L IS、絞り優先AE、Tv:1/250、Av:4.0、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070721-02.jpg 同じシーンをこれまでの90mm MACROで撮るとこんな感じ。これ以上近寄ると、気配を察して飛ばれそう。
 う〜む、こいつね、ホンマに開翅しそうでしたが、結局、開きませんでした〜(涙)
【撮影データ】CANON EOS KISS DN + TAMRON90mm MACRO、絞り優先AE、Tv:1/200、Av:2.8、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:100

070721-03.jpg 新兵器のコンデジ、もう使い方には慣れました。「マクロ撮影」に切り替えると、フォーカスポイントが自由に移動できるのがこのカメラの魅力です。縦位置でフォーカスポイントを下に移動して撮ってみましたが、さすがにコンデジ、絞り開放なのに被写界深度深いねぇ〜
【撮影データ】RICOH Caplio GX100、絞り優先AE、Tv:1/189、Av:2.5、露出補正:-0.3、ISO:100

070721-04.jpg 今度は横位置広角で、やや絞って、さらに被写界深度を深めてみました。このカメラ、CCDによる手ブレ補正が付いていて、この↓シャッタースピードでこのブレない画像、大したもんです。
【撮影データ】RICOH Caplio GX100、絞り優先AE、Tv:1/36、Av:5.1、露出補正:-0.3、ISO:100

 という訳で、15mm Fisheyeはお休みしてます。広角はしばらくコンデジで狙ってみましょう。
posted by kenken(管理人) at 23:48| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風の後の蒸し暑さで、一気に♀も出始めたようですね。
丸みのあるやさしい雰囲気が独特でいいなぁ!
300mmISは開放F値4.0から、きちんと使えるのが強みですね。
GX100の操作にもすっかりお慣れになったようで、これ使い始めると、デジ一広角の出番が減りますね!
Posted by fanseab at 2007年07月22日 00:02
「目玉」!
ウラジャノメ、ツマジロ、ベニ…、眼状紋に無性に会いたくなってきました。
Posted by luehdorf at 2007年07月22日 00:36
fanseabさん
 よくぞおっしゃってくれました!この丸みのある翅型がなんとも優しくて、重量感がありますよね。行動も♂とは違っています。ところで、♂にも遭遇しましたが、もうスレていました。
 300mmIS、なかなか使い勝手の良いレンズです。今回は、90mm、300mmと、絞り開放で撮り比べてみました。
 GX100は、バリアングリ液晶でないところは不満なのですが、その不満を補って余りある使い勝手の良いカメラです。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 06:04
luehdorfさん
 おっと、いつもながらの?深夜コメント、有り難うござんす。
 ピカピカのゼフもいいのですが、こういう地味な「目玉」もいいですよねぇ〜貴殿と同じく、私もさらに眼状紋に会いたくなってきました。今日もちょっとどっか行ってみようかな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 06:09
GX100をすっかり使いこなされて・・・流石ですね!
私も何故か?手元にGX100がありますが、これから使い方をマスターしようとしています。
なかなか面白い画像が写せるようですね。
↓の件は私(最近私のカメラになったのですよ)のは大丈夫でした。

いつもながらの丁寧な撮影、見習わなくては・・・クロヒカゲモドキ渋い!



Posted by Noreen at 2007年07月22日 08:05
クロヒカゲモドキも素敵ですね。
何で北海道にはおらんのだろうと思ってしまいます。
GX100は深度が深いです。とっても魅力的ですが、明るい場所ので液晶が見にくいですね。ファインダーになれていると、まどろっこしく感じます。
一方、片手伸ばして撮れるのも魅力ですが。
私はやっぱり10.5mmと15mmが主力です。
Posted by maeda at 2007年07月22日 16:07
オオー、まだまだ♀は新鮮ですね。私もこんな写真が撮りたかったです。流石に開翅は厳しかったようですなあ。私のあくまでも私的な感想ですが、3〜4枚目よりも1〜2枚目の方が好みです。
Posted by ノゾピー at 2007年07月22日 16:23
いやいやこれは素晴らしい。こんなパーフェクトな画像を見せていただくと、なんとかして今年中に撮影したいと思っているのですが。

ジャノメの類は暗い日でも飛んでくれるのでうれしいのですが。
ここまで撮影されるとさぞかし防虫対策は大変なのでは?
私は先日ひどくヤブ蚊に刺されたので本日は完全防備で撮影していました。
Posted by kmkurobe at 2007年07月22日 18:06
かなり暗いところなんでしょうが、本当に綺麗に撮れていますね。1・2枚目は暗い背景で黒い蝶を縁毛を白く輝かせて…ウゥ〜ン、まぐれでもこんな写真が撮りたい・・・
Posted by otsuka at 2007年07月22日 19:14
クロヒカゲモドキで、ここまで試せる、
その余裕がまず、羨ましい。(笑)
4枚目の横広角が大好きです!
娘も最近はすっかりコンデジ中心の撮影になっています。

Posted by 空飛ぶ父 at 2007年07月22日 21:02
Noreenさん
 コメント有り難うございます。そうですかっ、手元にGX100が!(笑)いろんな絵が写せるカメラで面白いですね。いろいろ試してみましょう。
 ゼフもいいのですが、こういう渋い蝶も是非狙ってみて下さいませ、GX100で。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:18
maedaさん
 クロヒカゲモドキって、なんであんな局地的な分布なんでしょうね。私も不思議に思っています。こちらでも、なんでこの辺りいないのかしらんってところが結構あります。
 確かにね、ファインダーに慣れると、GX100に限らず、バリアングルでないと液晶モニターは見にくい感があります。自前でミラーでも準備しようかと考えています。しばらくは、15mmはお休みして、これでいろいろ試してみます。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:22
ノゾピーさん
 ♂なら間違いなく開翅する気温、明るさだったのですが、♀はちと反応が違うようでした。
 私もね、ほうっておくと、1・2枚目のような写真ばかり撮ってしまいます。今回の1・2枚目は我ながら、かなり傑作です。貴殿も♀って限定して狙ってみられては?
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:26
kmkurobeさん
 コメント有り難うございます。キマルリとクロモは、毎年撮影に出かける種でもあり、試行錯誤の積み重ねで、なかなか良い写真が撮れるようになってきました。やはり、被写体の行動特徴を理解するのが、良い写真への第1歩かと思います。そちらも近くにいるのでは?是非狙ってみて下さい。
 今年はなぜか、どこに行っても蚊が少なくて助かります。基本的に長袖撮影が防虫対策です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:30
otsukaさん
 茂みではなくて、林縁部で少し明るい感じでした。しかし、撮影データのとおりの露出で、ぐっとブレないようにカメラを構えました。自然光で撮ることにこだわって、なんとか良い写真が撮れました。
 な〜に、貴殿もいろいろ試してみられると直ぐに撮れますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:33
空飛ぶ父さん
 コメント有り難うございます。キマルリとクロモは毎年撮影する種で、ちょっとゆとりを持っての撮影です、なんて・・・被写体をいざ目の前にすると、いつも興奮するのですが。(笑)
 4枚目は茂みの中で、コンデジでないと撮影できない環境でした。カメラを両手でそお〜っと近づけての撮影です。私も必ずコンデジは持参しています。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月22日 23:37
コンデジでもちゃんとした人が撮ると
ちゃんとした画が撮れるんですね(汗)
僕のようにちゃんとしてない人だと
なかなかいい画は撮れないです。
特に被写体がよい奴だと撮る前に採ってますし(笑)
写真は心の余裕を反映するものかもしれません。
Posted by 暇人1号 at 2007年07月23日 13:46
暇人1号さん
 おっと、珍しい方からコメントがっ!有り難う〜
 うはは、私って「ちゃんとした人」なのね。
 ん、でもね、先日の鰻、箸を出す前に撮ってましたよね、あの感覚でネット出す前に撮りましょう。(笑)
 最初にね、証拠写真的な画像を押さえてしまうと、心のゆとり満々です。でね、自然と一体化すると被写体も逃げないもんですよ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月23日 17:01
コメントいただいて雌雄の違いを図鑑で調べてみると前翅が丸いのが雌なのですね。僕はまだ雄しか撮影していないようなので、雌も探してみますが、その前に開翅ですね。(^^;
GX100もすでに使いこなして素晴らしい画像ですね。
先日は開翅を待切れずに広角狙いで近づいて逃げられました。(笑)
Posted by BANYAN at 2007年07月23日 20:12
どれもすばらしい写真です。
300mmISの鮮明さにはちょっとびっくりですね。
縦位置、横位置で余裕を持って撮影されているから、蝶も逃げないのでしょうか。
Posted by cactuss at 2007年07月23日 21:39
GX100を短期間で使いこなしてさすがですね。初期のHPでは広角マクロ中心で撮っておられたので下の2枚は広角のkenkenさん復活、といった印象です。私も随分影響を受けました。
Posted by furu at 2007年07月23日 22:09
BANYANさん
 コメントまいどおおきにです。そうそう、♀はね、ふっくらしていますし、飛び方も飛ぶ場所も♂とは違うので、慣れれば直ぐに分かるようになりますよ。
 うまく開翅シーンに遭遇したら、後翅表の眼状紋中の白点を表現できる写真を撮りましょう。そこが本種のチャーミングポイントだと思っています。しかし、開翅待つのは大変でしょ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月23日 23:31
cactussさん
 コメント有り難うございます。なかなか満足のいく画像が得られました。私もね、300mmISのマクロ的に撮れる性能には驚いています。この絵は、約2m離れて撮っています。
 被写体が逃げないのは、自分自身が自然と一体化しているからだと勝手に解釈しています。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月23日 23:35
furuさん
 そうそう、初期の頃はSONYのDSC-S30で広角マクロばかり撮っていましたね。思い出しました〜 そんなに影響与えてましたかぁ?有り難うございます。
 当時は画面中央に被写体を配置していましたが、今はちょっとひねって、縦位置や横位置広角で、被写体の位置も中央は避けています。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月23日 23:40
たった2時間の合間にクロヒカゲモドキを撮影出来るとは良いですね。
1枚目と最後の写真は翅の階調も良くでていて好みの写真です。マクロは開放にもかかわらず背景があまりぼけていないのは距離によるものなんでしょうか。
Posted by ダンダラ at 2007年07月24日 00:12
ダンダラさん
 クロヒカゲモドキ、行ってみて、いなければ、ハイそれま〜でぇ〜よってポイントですが、うまく遭遇しました。(笑)
 1・2枚目のマクロでの絞り開放画像は2〜3m離れた位置からの撮影です。今回の写真は、曇りで直射日光のないなか、いずれも自然光で満足できる色表現になりました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月24日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。