2007年07月15日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その4)

070715g.jpg 今日は、7/15です。撮影に出られないお天気ではなかったのですが、台風の影響でやや風があり、例えば「クロヒカゲモドキの開翅シーン」なんぞに巡り会えても、風による被写体ブレで撮影困難とみて連日の完全休養にしました。
 昼からは微妙に青空ものぞくお天気になり、カメラ量販店に行くついでに、山鉾が集う京都の夏の風物詩の祇園祭にも行ってきました。写真は「函谷鉾」です。

 お待たせしました。「夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日)」の最終回「その4」を書きましょう。
------------------------------
 観察地で最も多い蝶はウラギンヒョウモンです。普通種ですが、見かけると、その中にオオウラギンヒョウモンが混じっていないか、いつも全数チェックしています。(笑)すると、何やらちょっと見慣れないヒョウモンがいるではありませんか・・・

070708-21.jpg070708-22.jpg

 眼を凝らして見ると、ウラギンヒョウモンの黒化型?でした。活発に活動中だったので、逃げられる前に証拠写真を撮るべく、被写界深度を得ようと、とっさにCANON EOS30D + TAMORON 90mm Macroを絞り優先モードからプログラムAEモードに切り替えて、とにかくバシャバシャ撮ってみました。
 この個体、数枚撮らせてくれた後、パッと飛び上がると多数のウラギンヒョウモンに混じってしまいました。こうなると、「大草原の中に落ちた1本の針を探すようなもの」で、その後、時間のある限り探索、待ち伏せしましたが、再度おめにかかることはありませんでした。
 こういう斑紋異常はよくあるのでしょうか?お詳しい方、ご教示いただけると幸いです。私には、観察会の良いお土産画像になりました。2日間での走行距離365km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 18:15| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウラギンヒョウモンの紋異常は少ないと思います。
裏面は時々報告がありますよね。
これは珍しいでしょう。ホソバの黒を見つけるのとは訳が違いますね。
Posted by maeda at 2007年07月15日 19:07
これはスゴイ・・・・いいなあーー私は去年前翅に白い斑紋が出たミドリヒョウモンを見たことがあるだけです。
これしかも羽化直後の綺麗な個体ですよね。
またまた宿題が増えたので、明日から捜してみます・・・・・
Posted by kmkurobe at 2007年07月15日 19:19
おお、そう言えば京都は祇園祭ですなぁ・・・。明日が宵山ですか・・・。ええですなぁ。

こんなウラギン、初めて見ました。ドキドキもんですね。
Posted by nomusan at 2007年07月15日 19:29
10年程前に、ウラギンヒョウモンの異常型を撮影して、Tフィールド誌に投稿したことがありますが、それとは違う異常型ですね。黒が大きくつぶれて、かなり目立ちますね。なかなか立派な異常型です。
Posted by cactuss at 2007年07月15日 19:39
これも逃がした魚ですね。(笑)
もっとも、1人で撮影していたら全く気づかなかったでしょう。
撮影体勢に入る前に飛ばれてしまったので、ここで初めてしっかり見ることができました。
うーむ、無念!
Posted by BANYAN at 2007年07月15日 20:58
 斑紋異常ですか、いいお土産が出来てよかったですね。オオウラギンヒョウモンはなんでいなくなったんでしょうかね? 昔は岡山県に広く分布していたみたいなのに不思議です。食草は今でもいくらでもあるし。
Posted by Ryochan at 2007年07月15日 21:13
なかなか端正で異常さを感じさせないな異常型ですね。
オオウラギン探索もロマンを感じます。近畿のどこかに人知れず生き残っていたら良いのですが。
Posted by furu at 2007年07月15日 22:14
こんな異常型がいるんですねぇ。いやびっくりです。珍しい画像をありがとうございました。
それにしても、こんなすごい個体を前にしても、沈着冷静にカメラの設定を変えて、翅全体にピントがあうアングルから写されているところはサスガであります。
Posted by otsuka at 2007年07月15日 22:20
maedaさん
 私の記憶でもウラギンの異常型は少ないと思います。手元の文献を検索しましたが、こういうタイプのものはありませんでした。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:30
kmkurobeさん
 私も驚いて、一瞬固まりまけましたが、ハッと我に返って撮影記録に努めました。狙って撮れるものではありませんが、普通種と言えどもすべてチェックしていると良いことがあるようです。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:32
nomusanさん
 はいな、今日は祇園祭の最中です。京都住まいの経験のある貴殿は懐かしいのでは。17日が市中引き回し・・・あっ、間違えました、山鉾順行です。
 確かに胸が高鳴りました。九州のオオウラギンをお天気の状況で断念した見返りにこんなウラギンに出会えたのかも知れません。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:36
cactussさん
 そんなに凄い黒化ではないのですが、目立ちますよね。
 10年程前・・・貴殿の撮影された異常型は後翅の黒斑が発達したタイプでは?手元の文献でウラギンヒョウモンの異常型を検索したなかでオカトラノオで吸蜜している生態写真の記憶があります。違っていたらすみません。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:42
BANYANさん
 あっと言う間に飛んでいっていまいましたよね、ウラギンヒョウモンの海の中に・・・あの後、ひたすら探索、待ち伏せしましたが、それっきりでした。なんとか当たりの写真が2〜3枚ありました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:45
Ryochanさん
 オオウラギンの減少は不思議ですよね。スミレが微妙に雑種になって食べにくくなったとか、あるいは、100年くらい前(江戸時代)の環境破壊による影響が現代になって現れたのか、いろいろ推測しています。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:49
furuさん
 そうそう、「端正で異常さを感じさせないな異常型」とは、うまく表現していただきました。私もそう感じます。
 オオウラギンはいないという先入観を持たずに、いつもたくさんのウラギンを見ています。そのうち遭遇しないかなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 22:58
otsukaさん
 ミドリヒョウモン黒化型の上をいきましたやろっ!自分自身、「綺麗に撮る」モードから「確実に記録する」モードに切り替えて撮影しました。
 その後、「綺麗に撮る」モードに戻して探索、待ち伏せしましたが、再遭遇はしませんでした。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 23:02
全体に黒く引き締まった印象ですね。その影響で白い縁毛が引き立って品格を感じます。特に右側の画像は素晴らしい!
別件で私信入れさせて頂きました。
Posted by fanseab at 2007年07月15日 23:24
fanseabさん
 コメント有り難うございます。右の画像が最もジャスピンで、右翅全体にフラットにピンがいっています。大画像にしても鑑賞に堪えるものです。左がちょいピン甘かな。(笑)
 昨夜の私信、確かに頂戴しました。有り難うございました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 23:37
関西は、今日は雨が止んでいたのですね。こちらは一日雨で引きこもっておりました。
このウラギン異常型、インパクトありますよね。その時すぐ近くにいたので、ご相伴させていただきラッキーでした。
なるほど、あの後、待ち伏せされていたのですね。
Posted by thecla at 2007年07月16日 00:30
theclaさん
 そちらは雨が続いたようですね。
 貴殿のも、うまく映っているじゃありませんかっ!
 あの後、待ち伏せは実りませんでした。(笑)
 今日は、これからちょっと出かける予定です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月16日 04:52
いつもで出遅れますが、こんばんは。
異常型、いつもドキドキしますよね。といってもしばらく縁がありません。
ヒョウモン類の異常型といえば、村田さんがゆずりは最新号 に偉く派手なミドリヒョウモンを出されてますね。
こういう異常型になるポテンシャルがあってこそ、メスグロヒョウモンなどがうまれるのでしょうね。
ぼくも、コヒョウモンのかなり派手な黒化異常型を撮ってます。蝶研Fのデビュー作でした。なつかしい(1990-11)。
Posted by 上山 at 2007年07月16日 22:57
上山さん
 こんにちは。ご無沙汰しておりますが、いつも貴HP拝見しております。
 ゆずりは最新号、また見てみますね。おっしゃるとおり、私もね、こうい異常型を見ると、メスグロヒョウモン♀やスミナガシが、なぜあんな色なんだろうと考えますね。
 貴殿のF誌のコヒョウモン黒化型さっそく拝見。思い出しました!この短報、貴殿の報告だったのですね。この黒化型は派手ですねぇ〜こんな個体が目の前にきたら、手が震えてうまく撮影できないかもです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月17日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。