2007年07月14日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その3)

 今日は7/14です。梅雨前線と台風の影響で朝から雨で、自宅で完全休養しています。「夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日)」の「その3」を書きましょう。
------------------------------
 前日の7/8はCANON EOS30D + EF300F4ISで証拠写真的撮影でしたが、この日7/8は、CANON EOS30D + TAMORON 90mm Macro と CANON EOS KISS-DN + SIGMA 15mm Fisheye というお馴染みの構成で撮影です。観察会の主役であるウスイロ君の生態写真です。

070708-11.jpg 標準的なお顔の♂です。まだ羽化直で翅がふにょい感じですね。次にお見せする黒っぽい個体と見比べて下さい。

070708-12.jpg070708-13.jpg 黒っぽいお顔の♂です。なかなか格好いい個体で、お気に入りの「翅表と翅裏を同時に」って写真も撮りました。

070708-14.jpg ♀もお目にかけましょう。オカトラノオを訪花しています。15mm Fisheyeで接写しようとぐっと寄ったところ、こちらの気配を察して、♂が来たの思ったのかな、お尻を上げて交尾拒否っぽいポーズをしています。(笑)

070708-15.jpg070708-16.jpg 何組か遭遇した求愛シーンのひとつ。いずれも見守りましたが、交尾には至りませんでした。

070708-17.jpg070708-18.jpg へたくそですが、飛翔写真も。50cmくらいに置きピンして、シャッタースピード優先1/800での撮影です。なかなか画面の真ん中には入りません。(笑)

 主役のウスイロ君の写真も出たので記事的には「おしまい」ってことになりそうですが、もう1回だけ引っ張りますね。
 実は、求愛中のウスイロ君を追跡している際に、これは!と思わせる蝶に出会い、ウスイロ君そっちのけで追跡・撮影した蝶がいました。何だと思いますか?お楽しみに〜【続く】
posted by kenken(管理人) at 16:52| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会」が絶滅の危機にさらされている蝶たちを救うための指針的な会になっていくのでしょうね。地道に保護活動をされているスタッフの皆さんに心から感謝ですね。このように保護されていると遠い北の国からでも何時の日にか逢いに行けますね。
何時見てもkenkenさんのクリアで特徴を表現した蝶画像は素晴らしいです。蝶への愛情が伝わってきます。
それにしても【続く】が気になりまぁ〜す(笑)。
Posted by Noreen at 2007年07月14日 17:41
マクロの写真を見るとなぜかほっとします。
感覚的にあっているのかなー。
飛翔写真ですが、1/800で止めるのってかなり難しいと思うのですが、良く撮影されていますね。
ちなみに私は全て1/2500で撮影しています。
下手でも何とか止まります。
Posted by ダンダラ at 2007年07月14日 18:28
ウスイロ保全活動お疲れ様です。かなり個体数増えてきましたね。皆様の御努力の賜です。飛翔写真も1/800にしては、ジャスピンでエエ感じですよ。折角の3連休なのに出撃は厳しい状態です。ストレスたまるなあ。
Posted by ノゾピー at 2007年07月14日 19:02
Noreenさん
 なんとか蝶の保全活動の参考になればと思います。昆虫は、本来、生息環境の保全がきちんとなされれば、採集では絶滅することはないのですが、生息地が限定されるようになった昨今では、捕獲規制もやむをえないかと思います。
 いつか是非、お越しになって下さいよ〜 高原のロッジに林間学校って気分です。な〜に、貴殿もちょっと練習すればこんな絵が得られるハズですよ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 19:35
ダンダラさん
 そうかっ、1/800では遅いんだ!次はもうちょっとTv上げてみますね。
 あはは・・・ほっとされましたか。私もね、普通に撮ると、上から3枚のような作風の写真になります。ブログの皆さんの影響で、いろんな写真を意識して撮るようになりました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 19:39
ノゾピーさん
 コメント有り難うございます。安定的な発生状況になってきましたね。以前、最悪の時は、1日探して数個体で、周囲には採集者って時代もありましたが。
 やはり1/800では遅いんですね。飛翔写真についてはまったくの素人です。
 さすがに私も今日はずっと家に居てます。おかげで、競馬で\3,000スッてしまいました〜(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 19:43
kenkenさん、こんばんは。
ウスイロ君そっちのけで追跡・撮影した蝶は、私のかんではフジミドリシジミかな?と思い、父はギンイチモンジかな?母はセセリの仲間かな?と言ってました。
何なのか気になります。
Posted by 空飛ぶ親子 at 2007年07月14日 20:45
皆さんもっとシャッタースピード早いのですね。
私は1000-800です。ブレで歩留まりが悪いことはないです。
やっぱりピントが合っていないのでボツになります。
マクロも撮影の基本だと思います。
私の歪曲含みの広角の方が、異質な写真でしょう。
Posted by maeda at 2007年07月14日 21:04
フムフム、飛翔写真はウスイロモドキですら1/800ではギリギリなんですね。これでは、よほど明るい所かISOを上げるかしないといけない…勉強になります。
次回のウスイロそっちのけは…ミドリヒョウモン黒化型でいかがでしょうか。
Posted by otsuka at 2007年07月14日 21:41
ヒョウモンフリークの私に黒いヤツは目の毒ですね・・・・
それにしても飛翔ジャスピンではないですか。
コレはスゴイ。恐れ入りました。
Posted by kmkurobe at 2007年07月14日 21:53
空飛ぶ親子さん
 こんばんわ〜 むむっ、フジなら少しは追いかけるかも。ギンイチはね、京都でたくさん撮影済みです。お〜、セセリの仲間・・・スジチャ、ヘリチャ、ホシチャのどれかだったら、そっちのけで追いますね。でも、今回はお目にかかれませんでした。というか、いないのでしょう。(笑)
 明日に「その4」書きますね。どうで台風でどこも行きませんし。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:03
ウスイロ観察会絡みで多くのブログ仲間が紹介されているので、ウスイロの個体変異も面白そうです。小生は、オカトラノオ吸蜜♀個体の後翅を見ていて、何故か「コアラ」を連想しました。交尾拒否姿勢で突き上げた腹がコアラの鼻、後翅基部の楕円形紋を垂れ眼に見立てると、コアラに見えませんか?
Posted by fanseab at 2007年07月14日 22:05
maedaさん
 そう、シャッタースピード、私も発見です。これまで最速でも1/800でしか写していないので、次回はもうちょっと速いスピードで撮ってみます。ISO400の設定なので、1/1000でも充分撮影可能です。
 最近ね、生態写真にFisheyeでの歪曲含みの広角がないと、ク○ープのないコーヒーのように思えてきました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:08
otsukaさん
 こんばんわ。そう、1/800よりも速いほうが良いようですね。ISO400なら充分に1/800よりも速く撮れるでしょう。私も飛翔写真はまだまだこれからです。
 お〜、ミドリヒョウモンの黒化型!非常にいい線いってますね。それも追いかけるでしょうが、その上をいったと感じた蝶です。次回、直ぐに披露しますね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:14
kmkurobeさん
 コメント有り難うございます。いえいえ、ピンボケの山がこれらの飛翔写真の後ろにあります。(笑)
 確かにウスイロの黒い個体は格好いいですよね。ヒョウモンフリークの貴殿に是非ご覧いただきたい画像を次回UPしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:16
fanseabさん
 そうですね、皆さんのブログを回ると、どれひとつとして違うように見えますよね。いくら撮っても飽きない蝶です。
 あはは、言われてみると、確かにコアラの鼻に見えますなぁ。セセリ幼の仮面と言い、貴殿ならではの感性ですね。また撮りに来られませんか?
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:24
今日はこちらも朝から雨模様です。その分じっくりウスイロ・シリーズ拝見させていただきました。
こうした保護活動が定着していると安心ですね。こちらのヒョウモンモドキは見る影もありません。
それぞれの写真が主張する意味合いがコメントとともによく伝わってきます。撮影に対するこだわりにはいつも感心です。
Posted by 霧島緑 at 2007年07月14日 22:29
霧島緑さん
 いよいよ台風のようですね。先ほど、こちらは暴風雨警報が発令されました〜
 保全活動、これからの生息地の維持活動をどう継続させるかが課題になるでしょう。ん?ヒョウモンモドキ・・・コモドキのことかな。
 コメント有り難うございます。私ね、あまり連写することはなくて、1枚1枚、気持ち入れて撮ってたりします。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月14日 22:44
未撮影種のウスイロヒョウモンモドキの写真、楽しませてもらいました。増えてきた様ですので、後日、撮影に行きたいと思っています。最近、飛翔写真にもチャレンジしていますが、シャタースピードは1/1000くらいは必要なんですね。試行錯誤して皆さんのレベルになれる様、がんばります。
Posted by cactuss at 2007年07月15日 11:35
こうして比べると色の違いは明白ですね。
もう一度撮影した写真を見比べてみますが、あまり翅表の写真は多く撮っていませんでした。(^^;
僕は飛翔の場合は1/1000〜1/2000の間で飛ぶ速度で調整しています。ウスイロの場合は1/1000で撮影していました。
Posted by BANYAN at 2007年07月15日 13:27
本来のウスイロの色からすると明るい色の方を撮っておくべきなのでしょうが、ついつい黒っぽい個体ばかり目に付いて撮ってしまいました。
でも皆さん飛翔のシャッタースピード速いのですね。1/640とか1/800で撮っていました。私も今度1/1000以上にしてみようっと。
Posted by thecla at 2007年07月15日 15:06
cactussさん
 コメント有り難うございます。是非、撮影にお越しになって下さい。
 私もね、飛翔写真はまだまだ試行錯誤中です。デジカメはフィルム代を気にせずに撮れるので、とにかくいろいろ撮ってみようと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 18:02
BANYANさん
 コヒョウモンモドキやヒョウモンモドキもそうですが、どの個体も微妙に「顔」が違いますね。いろいろ見比べてみて下さい。
 そうかっ、貴殿も1/1000以上のスピードだったのですね。私も次から試してみます。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 18:04
theclaさん
 あはは・・・私もね、見栄えのする?黒いのばかり撮る傾向にありますが、意識して明るいのも撮っています。
 そうそう、飛翔写真、単純なことですが皆さんシャッタースピード速かったんですね。なぜか1/800で撮っていました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年07月15日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。