2007年04月30日

白馬遠征(その3)

 え〜、長々とひっぱってしまってすんません。張り込みは「吉」と出ました。微妙に陽が傾いた頃、バンドさんが付近のカタクリに吸蜜に訪れました。

070430-05.jpg 吸蜜する姿を見てシビレましたね。ピカピカの個体です。まずは、翅表を表現した基本に忠実な吸蜜写真を1枚押さえました。もう少し下からのアングルで撮りたかったのですが、下草が入り交じっていて難儀しているうちに飛び去られてしまいました。
 微妙な明るさで、自然光での表現です。黄色い縁毛に浮かび上がるような姿がえぇねぇ〜なかでも、黄色く縁取られた尾状突起が最高の魅力ですな。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/200、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、ストロボ非発光、木漏れ日状態でやや順光)

070430-06.jpg 上の写真のカタクリから飛び去った後、「尾行」するとすぐ近くのカタクリにとまりました。
 今度は意識して翅裏を撮影してみました。こりゃまた綺麗ですな。ギフチョウの翅裏って、結構撮りそびれるもんですが、今回はチャンスがあればきちんと裏面も撮ろうを思っていました。美しい翅裏に再びシビレました。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/250、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、内臓ストロボ発光-2(最弱)、木漏れ日状態でやや逆光)

070430-07.jpg 最後は、なんといっても私好みの「翅表と翅裏を同時に表現」の構図です。たいていは日光浴かテリトリーシーンでの表現になるのですが、吸蜜シーンで狙ってみました。
 この1枚が、今回の撮影行で最もお気に入りの1枚です。なので、他の写真よりは大きめの画像をUPしてあります。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/250、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、内臓ストロボ発光-2(最弱)、木漏れ日状態でやや逆光)

 結局、師匠S氏、後輩S君・T君全員が首尾よくバンドを撮影することができました。前夜の野宿時の撮影プランの打ち合わせで「S君の証拠写真でバンドがおることが分かっている以上、2日目も絶対にそのポイントで粘るべきで、誰かがバンドを発見したら連絡を取り合いながらバンドを囲い込むようにして4人のうちの1人でも良い写真が撮れればそれで成功だよ」って師匠のお言葉が功を奏しました。

 ところで、撮影終了後、カメラを持ち寄って確認したところ、なんと、本日全員が撮ったバンドは昨日S君が撮ったバンドとは別個体であることが分かりました。
 師匠S氏曰く。「2バンドおったんや!」 すさかず訂正を入れておきました。「複数やから2バンズですやろっ」(笑)【おしまい】

【追記】1週間前(4/21〜4/22)同地の下見時の走行距離888km、2日間共に曇り〜小雨、撮影行にあらず妻との温泉旅行。今回(4/29〜4/30)の撮影行の走行距離861km、2日間共に快晴。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(43) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと一番乗りですか?
バンドにはボケ味が大切ですね。
S君よりも師匠の写真の方が
ボケとバンドの浮かび方が絶妙です。
レンズや撮影データ(絞りやISO設定など)
御教示下さい。
Posted by 蝶山人 at 2007年05月02日 18:07
祝・撮影成功!!

でもさすがですねえ!目標のバンドを裏表とも撮影するとは・・・。脱帽です。
先輩後輩のチームワークの勝利ですね。
Posted by naoki at 2007年05月02日 18:55
粘った甲斐がありましたね、おめでとうございます。
全員でバンド撮影とは素晴らしい成果ですね。
ところで時間は何時頃だったのでしょうか、こっそり教えてください。
明日、出撃するかもしれませんが、マイポイントかこちらか悩みどころです。
Posted by thecla at 2007年05月02日 18:55
引張った後はこの結果でしたか。おめでとうございます。
この世のものとは思えないすばらしく美しい写真ですね。
明日は晴れそうなので、行ってみます。
Posted by cactuss at 2007年05月02日 20:09
翅裏がバンドの特徴がはっきりと出るので、私は2枚目の様な写真がかねてより撮りたかったのですよ・・・・
ウームやられた・・・・すばらしい・・・・・
本当に恐れ入りましたむ。
Posted by kmkurobe at 2007年05月02日 20:29
わぁー!すごいすごい〜標本ではない生態写真のイエローバンドギフチョウ初めてです。
チームワークも素晴らしいですが、今まで何度も下見をしてきたkenkenさんへのご褒美でしょう!
おめでとうございます〜♪
あまりの美しさに感動しています。
どうぞ撮影データをご教示願います。
Posted by Noreen at 2007年05月02日 20:35
あの後こんな結果が待っていたのですね。
うーん、正直うらやましいなー
まだ連休もたっぷりあるし、ここは考えどころですね。
Posted by ダンダラ at 2007年05月02日 21:42
う〜む、こういう結末だったのですね。感動ものです。恐れ入りました。
明日白馬へ向う予定です。こんなシーンを夢見ています。
Posted by 霧島緑 at 2007年05月02日 22:08
うぅ〜ん、あまりのレベルの高さに言葉もありません。
順光か逆光かわかりにくいのですが、全て縁毛が光り輝いてまぶしいです。
光をうまく捉えられていますが、レンズは90mmMACROですか?
Posted by otsuka at 2007年05月02日 22:19
イエローバンド撮影成功、おめでとうございます。
目が覚めるような素晴らしい写真ですね。
カタクリの花も新鮮でいうことありません。
うーむ、ただただうなるだけです。
Posted by 虫林 at 2007年05月02日 22:33
なるほどこれがバンド個体ですか。ノーマルとは全然違いますね。素晴らしく美しいです。おめでとうございます。流石に信州遠し。関東のブログ仲間の続編が楽しみです。
Posted by ノゾピー at 2007年05月03日 00:12
蝶山人さん
 1番乗り、有り難うございます。(笑)
 S君の写真は、全体の構図を考えて、カタクリ全体が入るように100mmマクロでやや遠めからの撮影です。私の写真は、90mmマクロでさらに1歩寄って撮っているので、その辺りの違いでしょう。
 撮影データ、皆さんご質問が多いので、それぞれの写真に追記するようにしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:19
naokiさん
 コメント有り難う〜
 4人で連絡を取り合っての撮影が功を奏しました。採集と違って、撮影はチームプレーができるのが良いですね。
(ところで、コメントにリンク記載いただいた貴HPのURLですが、「naturet」の前に1文字「~」が抜けていたので、管理人権限で修正しておきましたよ〜)
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:22
theclaさん
 コメント有り難うございます。粘りとチームプレーで、なんとかうまくいきました。別途、私信、入れときましたよ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:26
cactussさん
 コメント有り難うございます。少し引っ張り過ぎたかな。(笑)タイムアップぎりぎりまで粘って、わくわく、どきどきの2日間でしたので、シリーズで書かせていただきました。
 なにっ、明日(今日)トライとな。成果が上がることを祈っております。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:30
kmkurobeさん
 今回、バンドに出会ったら翅裏もきちんと撮影しようとはじめから意識していたので、上手く表現することができました。翅裏がこんなに綺麗だとは、撮って初めて分かりました。
 お近くなので、是非トライなさって下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:34
Noreenさん
 どうだ、すごいだろっ、すごいだろっ!(笑)
 標本では味わえない生写真の美しさでしょう。
 実は、この1週間前に小雨の中、妻を連れて温泉旅行と称して白馬に下見に出かけていたのが正解だったようです。この時は露天風呂つきの豪華なお宿でしたが、今回は無料の車中泊です。(笑)
 撮影データ、後にUPしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:41
ダンダラさん
 今日(5/3)からまた晴れですよ。是非、狙ってみられては?
 別途、私信、入れました〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:54
霧島緑さん
 コメント有り難うございます。
 なにっ、今日、白馬となっ。
 お天気良さそうですし、成果の上がることを祈っております。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 00:55
otsukaさん
 まいどです。思った以上にうまく黄色い縁毛を表現できました。後にデータUPしますが、この3枚はいずれも90mmMACROで、1枚目はやや順光、2・3枚目はやや逆光です。いずれも林内の木漏れ日の状況です。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 01:01
虫林さん
 コメント、有り難うございます。思った以上に良い写真が撮れました。シビレながら撮影して、撮影後は私もモニターを見て唸っていました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 01:04
ノゾピーさん
 コメント有り難うございます。はいな、これがバンドです。私もね、20数年前に初めて白馬に訪れた時、バンドって見て分かるのかしらんって思ってたのですが、最初の1頭がバンドで、見た瞬間に分かりました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 01:09
URLの件お手数おかけいたしました。
Posted by naoki at 2007年05月03日 08:31
 あまりに良い写真なので二度目の書き込みです。貴重な撮影データご教示有難う御座います。私も自然光大好きで1枚目の写真(正統派)に惚れました。順光といっても左上方からの斜光(レンブラント・ライティング)で、やや透過光気味の光が縁毛を浮き立たせているのですね?今年見た写真の中で最も印象に残る一枚です。有難う御座いました。
Posted by 蝶山人 at 2007年05月03日 09:34
うーん、リベンジに行きたくなって困ります。(^^;
写真見るだけでもうっとりですね。
下の飛翔も素晴らしいです。
Posted by BANYAN at 2007年05月03日 12:14
う〜ん、こういう結末だったのですね、こりゃ、引っ張るはずだし、正解ですね。おかげで2回に分けてバンドを堪能できましたよ〜(笑)。バンド3面撮影お見事です。
Posted by nomusan at 2007年05月03日 15:44
速報。本日ブログ仲間のみなさんバンドゲットされた模様です。ただカタクリは残念ながら盛りを過ぎておりました。本日はスミレにきておりましたね。
私も遅ればせながら、少し離れた場所でゲットいたしました。まずはお礼まで。
Posted by kmkurobe at 2007年05月03日 16:15
 まいど、遅ればせながら、バンドゲットおめでとうございます。読んでいて、喜びが伝わってきます。
 実は私、バンド知りませんでした。なんか、ここに顔を覗かせていただくのが場違いのような気もするのですが「みんな最初は初心者さ」ってことでご勘弁です。それにしても綺麗ですわ〜。
Posted by Ryochan at 2007年05月03日 19:44
naokiさん
 お気遣いは無用ですよ〜
 おっと、今回はばっちりURL入ってますね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:00
蝶山人さん
 やはり、できるなら自然光で撮りたいですね。1枚目はお書きのとおり、左からのやや順光ですが、背景がやや暗い林内になったので、うまくバンドが浮かび上がりました。
 2〜3枚目は最弱での内臓ストロボ発光です。ギフはストロボ使用しても綺麗に表現できますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:05
BANYANさん
 コメント有り難うございます。BANYANさんが訪れた過日は、気温低かったのと、ほんの少しだけ早かったのかな。
 私、実は1週間前にも訪れて、曇り〜小雨だったりして、下見と温泉三昧してました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:08
nomusanさん
 すごいだろっ、すごいだろっ!バンドには縁があるようです。まともなお天気の日に2回訪れて、二回共にバンドに遭遇することが出来ました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:12
kmkurobeさん
 速報、有り難うございます。
 皆さんの成果が上がることを祈っております。
 おっと、kmkurobeさんもゲットですかっ!さすがに地元の利ですな。
 生態写真は何枚撮っても被写体が減らないのでえぇわぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:17
Ryochanさん
 ご遠慮は無用ですよ〜いつでもお顔を覗かせて下さいな。誰でも最初は初心者です。私も分からないことは何でも聞くほうですね。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月03日 21:20
大変な遅れをとりました。続編掲載を催促しておきながら、申し訳ありません。私もちょっと旅に出ていたもので・・・。
結果も写真も良すぎて羨ましいかぎりです。また、壁紙に使ってもいいですか?
目指せkenkenさん。自宅の周辺で飛び始めたキアゲハで撮影の練習をしています(なかなか近寄れません)。
Posted by アレキサンドラトリバネアゲハ at 2007年05月04日 13:51
これ以上の綺麗なギフはまず居ないでしょうね。
暫く眺めておりました。
この個体はマクロでないとその美しさは表現できないと思います。
私も近くなら間違いなく出掛けていたと思います。
Posted by maeda at 2007年05月04日 15:18
追伸です。
HPに使わせていただきたいので、1-2枚目を800x600位の大きさで送っていただけないでしょうか?
Posted by maeda at 2007年05月04日 15:20
アレキサンドラトリバネアゲハさん
 いえいえ、なんにも気にされることはありませんよ〜 1回でUPするにはネタが多過ぎたので分割しただけなんですよ。ちょうど5/1〜5/2とお天気悪かったので、5/3から撮影後半戦が始まるまでに3回シリーズを書ききりました。(笑)
 旅の成果は上がりましたか?
 このような写真でよろしければ、壁紙にお使い下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月04日 20:20
maedaさん
 さすがに撮影していて興奮しました。ですが、20数年ぶりとはいえバンドとは再会だったので、意外と冷静に撮影することができました。
 追伸の件、承知しました。
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月04日 20:32
流石と言うべき画像でウットリとして拝見しました。
小生、イエローバンドなる個体を生で観察したこと
ないのですが、2枚目の写真等を見ると、表現は適切
でないかもしれませんが、蝶の翅が切り紙細工で作られたような不思議な感覚に陥ります。これがバンドの魅力なのでしょうね?
Posted by fanseab at 2007年05月04日 20:48
fanseabさん
 コメント有り難うございます。バンドを生で見るのは2回目ですが、やはりシビレる綺麗さですね。慣れると飛んでいる姿が黄色いのでノーマルと区別できるとS師匠は言ってましたが、黄色いぞ!って必死で追いかけたのがヒメギフだったりしました。(笑)
 そう、なんともいえない不思議な美しさですね。どうもこれで、毎年G.W.は白馬詣ですることになりそうです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月04日 21:08
ご無沙汰しております。
おめでとうございました!
毎年憧れて1度は通っておりますが、満足なシーンを押さえられません。
今年まだ間に合うでしょうか?
ますます情熱が燃えてしまいました。
Posted by たにつち at 2007年05月04日 23:24
たにつちさん
 こちらこそ、ご無沙汰しとります。ROMですが、貴ブログちゃんとチェックしてますよ。そば好きなもんで。(笑)
 今年の白馬は平年並みの発生のようです。雪は少なかったですが、4月の最初が天候不順で、平年並みの発生ペースに戻ったという感じかな。発生の遅い場所なら今からでも間に合うのでは?
Posted by kenken(管理人) at 2007年05月04日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。