2006年12月17日

マイ師匠

 昨夜、忘年会から帰宅すると、生態写真の師匠(と勝手に私がお呼びしている)S氏から「HP更新しました」とのメールが届いていました。
 さっそくHPを訪問すると、それはもう傑作写真の数々!いっきに酔いが醒めました。(笑)
061217s.jpg いずれの new 写真も甲乙つけ難いのですが、私が最も気に入った写真は、このウラクロシジミの開翅写真でした。(写真をクリックすると師匠のHPトップページに)
 「今シーズンも何回か一緒に撮影に出かけたなぁ〜」といろいろ思い出しながら、素晴らしい画像の数々を唸りながら拝見しました。S氏の最近のレンズ構成は、SIGMA 15mmFisheye と CANON 60mmMacro、100mmMacro、300mmIS。やはり300mmISは良いレンズですね〜私も来シーズンの開幕までには入手することに決めています。
posted by kenken(管理人) at 14:45| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に素晴らしい画像の数々ですね。
圧倒されてしまってどれが一枚とは決めかねますが、ウラクロの開翅は真珠の輝きのようで素晴らしいですね。
実は、こっそり色々な面で参考にさせていただいておりました(^^;
Posted by thecla at 2006年12月17日 17:22
時節柄急に忙しくなり書き込みご無沙汰しています。My師匠kenkenさんの作品もS氏に劣らず参考にさせて頂いてます。東下りの予定など決まりましたらご一報下さい。
Posted by 蝶山人 at 2006年12月17日 17:28
拝見しましたぁ!
蝶とはこのように美しいものだったんだ
と、改めて認識致しました
さすがケンケンさんのお師匠さんです(^_^)v
Posted by るり at 2006年12月17日 17:35
theclaさん
 いやいや、ホンマに美しい画像のオン・パレードですね。
 ウラクロがこんなに美しい蝶であることを見逃していた私はなんだったんだろうと思ってしまいました。真珠の輝き・・・まさにその通りです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月17日 17:59
蝶山人さん
 年末のお忙しい中、お褒めのコメント有り難うございます。来シーズンは300mmを導入して、今までにはない絵やゼフも狙っていこうと考えています。
(年明けに近隣に出張を入れようと計画中です)
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月17日 18:05
るりさん
 こんばんは。マイ師匠HPを訪問いただき、有り難うございます。私も、さらに美しい写真が撮れるように、撮影時に蝶に語りかけてみようと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月17日 18:09
早速S氏のサイトお気に入りに追加しました。なかなかのものですね。ところで、300o近く購入されるのですか。最大撮影倍率が0.24倍となっていましたのでマクロ的な使い方が出来ますね。
Posted by ノゾピー at 2006年12月17日 20:57
ノゾピーさん
 S氏のHPを訪問いただき有り難うございます。そうです、300mmは最大撮影倍率0.24倍で、望遠マクロとして使えるのが最大の魅力です。師匠のS氏も後輩のS君も使っている実績があるので、私も導入決定です。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月17日 22:49
溜息が出る画像のオンパレードですね。
どこが凄いか?と問われれば、一言、「諧調の豊かさ」なのではないでしょうか?ピントは決まっているけど、諧調に欠ける・・デジタルでは得てしてそんな絵になりやすいけど、S氏の最新更新画像はピントと諧調のバランスが絶妙です。
kenkenさんの300mmISも期待してまっせ〜。NIKONも300mmF4を早くVR化してほしい!!
Posted by fanseab at 2006年12月17日 23:08
どちらも至極の名作ですネ。
ショットを拝見するだけでその場に居合わせたような不思議な気分になります。
こんな名作を撮れるよう日々励みたいものです。

今夜から本格的な寒さになるとか・・。
チョウたちも長い眠りにつくのでしょうか。
Posted by 深山葵 at 2006年12月17日 23:30
拝見しました。
いつ更新があるのかなと思って時々覗いていたのですがようやくですね。
じっくり拝見しようと思いますが、素晴らしい写真ばかりですね。
ウラクロシジミはたしかに階調の豊かさが素晴らしいですね。
私も来年はそのあたりも気にしながら撮影しようと思います。
Posted by ダンダラ at 2006年12月18日 09:47
fanseabさん
 なるほど、諧調の豊かさ・・・S氏はもともと銀塩でプロビアやベルビアの発色を大切にしていたので、発色を気にしてデジ一眼にはなかなか手を出しませんでしたが、CANONのD20になってからは何とか使えそうだとデジ一眼を導入されました。やはり銀塩カメラからやっておられる経験と感性なのですね。私はいきなりデジカメから写真の世界に入りました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月18日 12:14
深山葵さん
 コメント有り難うございます。私も同じく、これらの写真をお手本に精進しようと思います。
 今日の京都は寒いですねぇ。京都西山のあたりはうっすら白くなっていました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月18日 12:16
ダンダラさん
 コメント有り難うございます。私も、いつ更新があるのか楽しみにしていて、「更新したら必ず知らせて下さいよ〜」っていつも言っておりました。実は、このウラクロを含めて極めつけの写真は撮れたての時にメール送付されたものを拝見していましたが、まとめて拝見するのはこのHP更新が初めてでした。
 私も来シーズンはちょっとゼフを狙ってみようと思っております。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月18日 12:22
年に一度の更新楽しみですね。
ウラクロは活動時間でなくても開翅が見れるのですね。うっとりする翅表ですね。
難しいでしょうが、いつか撮影したいです。
Posted by BANYAN at 2006年12月18日 13:58
BANYANさん
 年1回更新というのも、割り切っていますね。私も、本体のHPを更新せんといかんなぁと思いながら、ほったらかしになっています。
 はっきり言って、ウラクロ見直しました。こんなに美しいとは、眼からウロコです。来シーズンは300mmでゼフも狙ってみようと考えています。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月18日 17:22
魅力的なレンズではありますが、これは結構な大きさではないですか?
重さも1kgを超えていると思います。
私には難しそうに感じますが、使われている方はどうなんでしょうかね?
Posted by maeda at 2006年12月19日 22:19
maedaさん、こんばんは。
 EF300mm F4L ISは、長さ221mm、重さ1,190gです。既に使用中の師匠S氏、後輩S君共に絶賛しておられる1本ですね。実は、同行時に、こいつを装着した20D等を使わせてもらいましたが、なかなかしっくりきましたよ。手持ちで望遠マクロ的画像が撮影できるのが最大の魅力です。
 既に資金は準備済みなのですが、購入したとたんにデジタル対応の新レンズが出たりすると残念なので、シーズン・イン前ぎりぎりまでひっぱってゲットしようかと目論んでいます。
 今日発売のデジカメ・マガジンで調べたところ、実勢価格は18万円強でした。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月19日 23:24
皆さんこんにちは、こちらには初めて書き込ませていただきます。後輩のS君ことosugiです。どうぞよろしくお願いします。

さて、EF300mmF4ISの話が出ておりますので、ちょっと使用感を述べてみたいと思います。
このレンズは最大撮影倍率が高くてマクロ撮りができる望遠レンズです。300mmMACROと言ってもいいくらいです。望遠レンズですので標準レンズに比べたら重いのは仕方ありませんが、単焦点の望遠にしては大変軽量コンパクトで、これが望遠レンズかと思ってしまいます。EOS1桁系・2桁系との重量バランスは大変よいです。Kiss系だと頭でっかちになってしまいます。
APS-Cサイズ機ではほぼ500mmの超望遠画角で、離れた場所にいる蝶を撮るのに最適です。特にゼフや敏感なヒカゲ類は撮れないを撮れるに変えてくれるレンズと言えます。
さらにすごいのはISです。ISレンズとしては最も古いレンズで、現行モデルの3段分ではなく2段分の手ブレ補正効果ですが、それでも理論値では
480÷(2×2)=120で、だいたい1/125くらいまでは
手ブレを抑えられます。個人差はあると思いますが、木にもたれてしっかりホールドした場合、1/80でもほぼ止まっている絵が何枚か撮れました。ISの効果恐るべしです。ただし、ISは手ブレには効果はありますが、被写体ぶれには効果がない点は注意が必要です。風が吹いてプラプラ草が揺れればISは全く無力です。

重いというデメリットは否めませんが、今まで撮れずに指をくわえて眺めていた状況でも、かなり撮れるようになるというレンズだとご理解下さい。あ、長い書き込みすみませんぬ・・・。ではでは〜。
Posted by osugi at 2006年12月20日 14:13
あっ、osugi君だぁ〜(笑)
 ご登場、有り難うございます。
 なんの、なんの、遠慮せずに長文書いて下さいよ〜
 私ね、70mm-300mmISも考えましたが、レンズの特性値を見ると、やはり300mmF4ISのほうがキレのある画像やね。それに、なんと言っても、貴HPとS師匠のHPの実写画像を見ると「あんな絵が撮りたい」って思うわけです。キリシマの開翅とか、よだれが出ますなぁ〜
 気になるのは、この300mmF4IS、1997年3月の発売と古いので、買った瞬間にデジタル対応コーティングのNEWとか出たりしないかなってことです。
 ちなみに、1999年9月発売の70-200mmF4が、2006年11月にデジタル対応してIS付いて70-200mmF4ISになりましたやろっ。2007年3月頃の期末在庫処分で安価に叩いて買おうかなってところです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月20日 18:12
70-300mmISは使ったことがないので使用感や実写画像は比較できませんが、単焦点であること、Lレンズであることを考えると300mmISの方が高画質なのはうなずけます。やっぱりズームより単焦点の方が光学パフォーマンスを引き出しやすいのでしょう。あと、MFの時のフォーカスリングの感触はとてもよく、EF100mmMacroを凌駕しています。Lレンズはワンランク上の感触にしていると開発者も言っていましたね。

う〜ん、後継はどうでしょうねぇ。70-200F4LはISが付いてなかったから、付けろというユーザーの声がかなりあったんでしょうね。300mmISは一応IS付いてますからねぇ。文句を言うならば、デジタルコーティングにしろとか、ISを3段(4段?)効かせろってとこですかね。僕の使っている範囲では逆光に特別弱いと感じた経験はまだありません。キヤノンのマーケティング部隊に聞いてみたいですね(笑)。
Posted by osugi at 2006年12月20日 18:51
osugiさん
 70-300mmISは試写していますが、135mm前後での画像はなかなかのものでしたが、300mmになると単焦点レンズに比べてシャープさが欠けました。あのようなキリシマの絵は撮れないでしょう。
 レンズの更新は、競合(具体的には○ikon)との兼ね合いもありますね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月20日 21:42
S氏のホームには以前から楽しませていただいています。本当に綺麗な写真が多く、小生のホームページも少し見習ってより充実していきたいと思います。
300mmISについては良く分からないのですが、大きさはコンパクトなのですか?感触が100mmマクロを凌駕しているとはすごいですな。
レポート楽しみにしていますよ!
Posted by 虫林 at 2006年12月24日 17:58
虫林さん
 300mmF4ISは、さすがにコンパクトとは言えませんが、手持ちで充分撮影できますね。S氏のHPでは画像ごとに使用レンズが記載してあるので、レンズの実力がよくわかります。
 試し撮りなどしたら、さっそくレポートしますねぇ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年12月24日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。