2006年11月19日

お蔵入り写真シリーズ(10) 「鹿児島県出水郡」

 はい、お馴染みのシーズン・オフ企画「お蔵入り写真シリーズ」であります。
 この11/16(木)〜11/18(土)、実は2泊3日で仕事してました。その折り、九州勤務の仕事仲間と話す機会がありまして「鹿児島の芋焼酎『島美人』って旨いよねぇ〜」って話題で盛り上がってました。
 で、今朝、読みつけのnomusanさんのブログを開けてみると、ななっ、なんと、奇遇にも「島美人」の話題が!この「島美人」は蔵元が鹿児島県出水郡長島町で、なかなかの一品です。
 と言うわけで、今日は2004年9月に鹿児島県出水郡で撮影した写真をバックアップディスクから探し出してみました。

061119-1.jpg撮影年月:2004年9月
撮影場所:鹿児島県出水郡長島町
撮影機種:Sony Cybershot DSC-S30
 当時はコンデジでの接写にはまっていました。このカメラ、もうだいぶCCDにガタがきてまして、それなりの画像です。この写真は「うひゃぁ、人工物の電柱が背景に入っとるやんけ!」なんて、ボツにしていた1枚です。現在ならば、15mm Fisheye で棲息環境をクリアーに写しこんでいたでしょうが・・・

061119-2.jpg撮影年月:2004年9月
撮影場所:鹿児島県出水郡東町
撮影機種:Sony Cybershot DSC-S30
 当時、撮影地の移動途中にフェリーに乗りました。で、その際、時刻表&料金表の画像をちゃんと押さえていました。なんでも撮っておくもんですね。「鹿児島県出水郡東町」って文字が読み取れます。今になって「shimabitoさん的センス」が小生にもあったのかなぁ〜なんて自己満足してます。(笑)

061119-3.jpg 上の時刻表&料金表のフェリーに乗った際、料金を支払うと、何だか変ったコインでお釣りをもらいました。すわっ!これはこの辺りの島だけで通用している貨幣か!なんて無茶苦茶ビビったのですが、よく見てみると、2002年のFIFA World Cupの記念500円硬貨でありました。喜んで頂戴し、今日現在も、その思い出のコインは小銭入れの中に入っているのでした。

 「ここのタイワンツバメシジミ、まだいるのかなぁ〜」なんて思い巡らしながら、今宵は芋焼酎で魂を解き放っているわけです。
(nomusanさん、貴ブログの11/18の記事にリンクさせていただきやした。小生、貴殿とは何らかの運命的のつながりがあるように思えてなりません。)
posted by kenken(管理人) at 20:15| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーズンオフ企画スタートですね。
マクロ好きの私としては、これくらいのコンデジ接写大好きです。今でも、もうちょっと離れた方が環境全体が入るのについ近付くほうに変にこだわっちゃうんですよね。
2002年の記念硬貨、何枚か机の中に入っていると思います。
Posted by thecla at 2006年11月19日 20:16
theclaさん
 今日からガスストーブも出しまして、いよいよ冬ごもりの準備で、オフ企画のスタートです。
 コンデジって、やはりそれなりの良さがありますよね。この頃はひたすら蝶にいかに近づくかばかりを考えていたような気ます。
 この2002年の記念硬貨、何種類はあるらしいですね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 20:29
こんばんは。
人工物の電柱が背景に入ってても、いいじゃないですか。
タイワンツバメシジミのチラっと見せる青が綺麗です!
私たちはまだ、見たことがありません。
私たちは昨日はボジョレーの白、今日はボジョレー・ヌーヴォー赤で魂を解き放っております。(笑)
Posted by 空飛ぶ親 at 2006年11月19日 20:48
空飛ぶ親さん、こんばんは。
 そうそう、この頃は人工物は入れないようにって凝っていたのですが、今は棲息環境写真ってことで入れるようになりました。
 タイワンツバメ、さほどツバメシジミと感じは変らないのですが、生態ずいぶん違うようです。
 ボジョレー・ヌーヴォーいいなぁ、私も楽しみにしているところです。今年はどんな味なのかなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 20:58
僕も以前は人工物は避けていましたし、撮影した場合も入らないようにトリミングしていましたね。(^^;
もっとも、今でも避ける場合も多いです。電柱の場合は微妙なところですが、もう少し近い位置で縦広角なら喜んで入れていますね。
タイワンツバメ、写真で見るのは何度目でしょうか。(笑)
以前は沖縄でも見れたみたいなのですけどね。九州は沖縄より行くのが大変です。
Posted by BANYAN at 2006年11月19日 22:12
フェリー料金表の車両長さ区分がやけに細かいのが興味深いですね。きっと、搬送可能な車両数に制限があって、そこから逆算したのかな?とか、こんな記録も旅の思い出になりますね。
最後の小銭入れ。kenkenさんの愛着ぶりを連想させる使い込んだ一品ですな(^^)
Posted by fanseab at 2006年11月19日 22:19
BANYANさん
 そう、私もね、たまにトリミングしましたね。でも最近はバンバン人工物を入れて撮影しています。すると今度は、あまりにも棲息地があらわに表現されてしまって、逆にブログに載せにくくなったりもします。(笑)
 沖縄まではひとっ飛びですが、九州は寄り難いかもですね。沖縄のワンツはもう厳しいようです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 23:11
fanseabさん、まいどです。
 そうそう、やけに細かい料金表ですよね。きっとこの辺りは生活手段なので、細かく分けてあるのでしょう。
 この日、前日から13時間も車で移動してフェリー乗り場に着いたら、ちょうどフェリーが出発する間際で、「乗るんやったら早う車積んでやぁ〜」って、まったく待ち時間なしで乗れたのは究極のラッキーでした。次のフェリーまでは2時間ほどありますもんね。
 小銭入れは、なぜか中学生の頃からこの形のものを愛用しておりまして、これで何代目だろうか。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 23:18
呼ばれましたかぁ〜・・・・・(爆)、今まさに「島美人」で魂を解き放っておりますよ〜。いや、今回は私も驚きました。昔読んだ本の一節に『偶然という名の必然で・・・』ってフレーズがありましたが、まさに、まさに・・・(爆)。
Posted by nomusan at 2006年11月19日 23:33
nomusanさん
 呼びましたよぉ〜 出張から帰ってきて、爆睡して起きた朝、貴ブログに立ち寄ると、なんと前夜に話題になっていた島美人!朝から息を飲みましたね〜 現在飲みかけの芋焼酎(黒白波です)がなくなったら、次は島美人を買いますわぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 23:51
私も呼ばれましたかぁ?
センスが有るかは分かりませんが、オートパチパチ派の私は、気が向いたら何でもとっております。そして消さずにとってありますので、記録メディアがいっぱいになります。
単に整理されていないだけですが、まぁ良いかと。しょーもない、あるいはピンボケも思い出です。
Posted by しまびと at 2006年11月20日 12:25
あっ、しまびとさんだ!
 お昼休み?に、コメント有り難うございます。
 何でも撮っておくものですね。探してみたら時刻表の写真とか出てきました。
 貴ブログの島巡りの写真などを拝見しているうちに、最近は訪れた先でいろいろ撮るようになりましたが、この頃は、まだブログを運営していなかったこともあり、あまり撮っていませんでした。
 しまびとさんをお呼びするには、やはりその名のとおり、「島」の話題が一番ですね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月20日 12:58
お蔵入りするにはもったいない画像ですよね。
マクロレンズの場合には人工物は避けますけど、広角はどうしても入るし、その方が面白いものも多いですね。
お蔵入りを公開するのはなかなかふんぎりがつきませんが、すっごく悔しい1枚があるので、今度公開してみようかな。
Posted by ダンダラ at 2006年11月20日 16:19
ダンダラさん、こんにちは。
 コメント有り難うございます。この頃はマクロ撮影にハマっていたので、「人工物は避ける」って考えが染み付いていました。でも、今、見るとなかなかえぇ画像ですわぁ〜
 え〜っ?どんな悔しい1枚なのかな。ババーンと披露しちゃいましょう。スッとしますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月20日 17:17
タイワンツバメの写真を見ていると、何か懐かしくなってきました。昔(といっても数年前ですが)のkenkenさんのサイトはこんな素敵な写真であふれてたなって。アングルも完璧だし、後翅のチラリズムも見事に捉えているし。来年は、たまにはこんなマクロも混ぜてくださいね。
Posted by otsuka at 2006年11月20日 21:04
自分ではボツかなと思っていても、他の人が見るとぜんぜん評価が違ったりしますから分からないものです。
わたしはしまびとさんのボツ写真を見ながら(公開されていません)時間の流れが手にとるように分かって面白いと思いました。
Posted by maeda at 2006年11月20日 21:07
otsukaさん、こんばんわ。
 あらっ、そんな前からご覧いただいていたのですね。感謝!
 そうそう、昔はこんな写真ばかり撮っていました。当時は、バリアングル液晶のコンパクト・デジカメ オンリーで撮影してまして、その被写界深度の深さを生かした写真が多かったです。
 よ〜し、来シーズンはコンデジの良さを見直してみましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月20日 22:52
maedaさん
 う〜む、なんだか皆さんから思いもかけないくらいたくさんレスが付きました。
 確かにこのワンツの写真、今見ると、なかなかのもんで、たった130万画素のカメラですが、よく撮れたもんです。
 この写真の前後、ポイント風景やフェリーに乗っている愛車など、時の流れをたどれる写真がたくさんありましたわ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月20日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。