2006年11月14日

播磨の湯・丹波の酒

 ここのところ、毎週土曜日は休日出勤している。で、たまには?またも?家族でのんびりしようと代休を取って温泉で疲れを癒すことに。2時間ほどのんびりドライブして訪れたのは兵庫県小野市の白雲谷温泉。この温泉、撮影行で何度も近くを通っていて、以前から存在を知っていたのだが、訪れるのは今回が初めてだ。

061114-1.JPG 入浴料は\600。温泉施設は山間部の池のほとりに建っていて、脱衣場から露天風呂が見えている。今日の男湯の露天風呂には「寝湯」と「ジャグジー」とがあった。空いているので、やはり温泉訪問は平日にかぎるなぁ。さっそく携帯電話を取り出して撮影。今日はカメラは使わずに、全ての画像を携帯電話でまかなってみよう。

061114-2.JPG 上の写真で見えていた露天風呂の「寝湯」で実際に寝ながら撮影したのがこの1枚。湯船の底に傾きがあって、いつまでも湯に浸かりながら寝ていることができて快適だ。写っているのは私の足。周囲は落葉広葉樹林でシーズンにはZephyrusも飛ぶだろう。まだ紅葉にはやや早い。

061114-3.JPG 温泉施設入口には温泉スタンドがあって、平日は無料で利用できる。事前に知っていたので、ポリタンクを持参し温泉を持ち帰り、明日も我が家で温泉だ。この温泉、温泉基準の10倍以上の濃度があって、薄めても充分効能があるとのこと。

061114-4.JPG 寒くなってくると日本酒を飲みたくなる。帰路途上、丹波の地酒「秀月」の蔵元に立ち寄り、辛口本醸造を購入。この酒、数年前にマイHPの旧「日記蝶」で紹介済みでだが、やや辛ロで超淡麗な一品。どんな飲み方でも旨いが、私は燗で飲るのが好み。本当にスッキリした口当たりで、料理の味をひき立たせてくれる。鍋やおでんに持ってこいだ。
日本酒度+2、精米歩合60%(山田錦・五百万石)、アルコール度数15.5

 今回、カテゴリーに「温泉」を追加。(^^;
 本日の画像は全て携帯電話で撮ってみたもの。
 あぁ、またしても蝶とは関係のない話題を書いてしまった・・・
posted by kenken(管理人) at 22:00| Comment(18) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温泉に酒、私と同じ線路を走っておりますね。
時にはのんびりと浸かるのは楽しいですね。
本当なら1泊して食を楽しみながらが理想かもしれません。
Posted by maeda at 2006年11月15日 18:00
祝 カテゴリー「温泉」増設! 
一番乗りぃ〜♪
温泉大好きなので、これからも期待していますよ。
携帯のカメラ機能も結構充実していますから、こういった場所での撮影には良さそうですね。
無料の温泉お持ち帰りは羨ましいです。
Posted by Noreen at 2006年11月15日 18:01
うわぁ〜!maedaさんとかぶりましたね〜ビックリ。
Posted by Noreen at 2006年11月15日 18:02
『秀月』で反応してしまいました。
いえ、呑んだことがあるんじゃなくて、蔵元の前をけっこう通過するもんで…。播磨地方や広島岡山方面への行き帰りには必ずです。
今年は何回通ったことやら。
Posted by ふしみや at 2006年11月15日 18:17
この温泉、小生も一度行ったことがありますが、日曜の午後だったので芋を洗うような混雑でした。少し湯船も小さめなので、kenkenさんのように平日の午前中にでもゆっくり浸かるのが正解でしょうね。
あっ、そうそう、ここに併設されている食堂の豆乳鍋セット、なかなかイケてますよ〜♪
Posted by fanseab at 2006年11月15日 21:09
う〜む、言いたいことみんなNoreenさんに持っていかれましたね、これは(爆)。そうですね、やっぱり理想としては「温泉=湯上がりの一杯=お泊まり」でしょうなぁ(笑)。
Posted by nomusan at 2006年11月15日 21:09
蝶屋には飲兵衛が多いようで・・・少し安心しました。私も温泉地酒大好きです。師匠と一献傾けられる日を楽しみにしています。来年は東日本東北も是非足をお伸ばし下さい。
(蝶屋写真道弟子・飲兵衛庵常連 蝶山人)
追伸;師匠の誠に弟子思いなご配慮に深く感謝いたします。
Posted by 蝶山人 at 2006年11月15日 21:16
皆さん
 うひゃあ、平日にこっそりブログアップしたのに、なんでこんなにレス付いとるんやぁ〜(笑)有り難うございます。
 さてと、さっそく返信いたしましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 21:53
maedaさん
 さすが、タッチの差で1番乗りじゃないですかっ!
 この路線、完全に貴殿の影響受けています。
 蝶の飛ばない季節は、温泉のことばかり頭に浮かびます。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 21:55
Noreenさん
 お祝い・・・有り難うございます。(笑)
 携帯電話での撮影は良いですわぁ。気軽に持って入れますし。ただ、誤って湯船に落っことしてパーにならないように慎重に扱わねばなりません。ビニール袋持参しました。
 無料の温泉持ち帰り、こりゃ儲けですわ〜今からさっそく昨日の温泉の再現です。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 22:00
ふしみやはん
 まいどです。貴殿とまったく、まったく同じです。あそこねぇ、私も今年、何回通ったやろ。広島・岡山だったら、間違いなく高速代節約で「デカンショ」ですね。(皆さん<地元ネタですんません、国道372号って、地元ではデカンショ街道と言います)
 ところで、あのカミキリ、ゴマフカミキリのあちらの亜種ですな。イシガキゴマフやったかな。心配されなくても普通種です。私、元は硬い虫屋でして・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 22:10
fanseabさん
 おぉ、あの温泉、貴殿も行っておられましたか。あの辺りって、結構良く通りますもんね。
 私もね、撮影帰りに何度も立ち寄ろうとしたのですが、休日はガードマンが交通整理してまして、こりゃさすがに混んでるなって、ずっと見送ってました。
 ほ〜、豆乳鍋セット、今度食してみますわぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 22:15
nomusanさん
 うはは、1番乗りも書きたいことも、みんな北海道のお2人に完全に持っていかれましたね。(笑)
 そうそう、がんがん飲んで浸かって泊まりたいもんですが、ここはね、宿泊施設はありませんでした。でもね「寝湯」は最高!ホンマに寝てました。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 22:19
蝶山人さん
 蝶屋は飲兵衛の宝庫です!(きっぱり)
 来シーズン、1度はそちらへ足を運びますね。
追伸:なんの、なんのお気遣いはまったく無用でございまする。配慮???飲兵衛の自己満足100%です。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月15日 22:28
ちょっと仕事を頑張っていたら、平日の温泉&酒ネタの盛り上がりに出遅れ気味ですねえ。(^^;
温泉で寝て溺れないようにしましょう。(笑)
お持ち帰りが無料なのはいいですね。どっか近くにないかなあ?
Posted by BANYAN at 2006年11月16日 15:42
BANYANさん
 今回は意表をついて平日更新してみました。
 寝湯は、そこが浅いので、溺れることはないでしょう。(笑)
 こちら、無料ってのは初めてですね。だいたいどこの温泉スタンドもリッター¥1ってところが相場かな。
 持ち帰ったもの18リッターを170リッターのお湯で薄めてみましたが、立派に温泉でした。
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月16日 16:41
しっかりと奥様孝行なさっていますね。私なんか土日いつも自分の好奇心のために、家族はほったらかしです。まあ、それはそれで、妻子とも自分の好きなことをしていますので、まあエエカと言う心境ですが。日本酒も美味いとは思いますが、ここ数年呑んでいません。焼酎は血液サラサラ、日本酒は血液ドロドロと昔聞いたことがあるからです。でも熱いオデンに大吟醸の熱燗又は冷や。美味いだろうなあ。
Posted by ノゾピー at 2006年11月19日 17:57
ノゾピーさん、まいどです。
 まあ、寒い季節はできるだけ家族サービスを心がけています。最近はいろんなところに温泉施設ができておもしろいもんです。
 そうそう、ここ数日、日本酒ばかり飲んでいたのですが、今宵(11/19)は焼酎オンリーです。日本酒は次の鍋かおでんまでとっておきましょう。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年11月19日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。