2006年10月09日

シルビアシジミの探索(その1)

 最高の行楽日和との前夜の天気予報に、日本固有種との研究発表があり、最近話題のシルビアシジミに会いたくて早朝から兵庫県へ。既産地に行くのは芸がないので、加東市、加古川市、神戸市で田畑の土手、ため池の堤防を中心に私的・新・生息地をひたすら探索。

061009-01.jpg 食草のミヤコグサはあってもシルビアはいないといった「パンチ」を何箇所かでもらった後、ようやくシルビアを発見。カーステから流れる「どうして同じような パンチ何度も喰らっちゃうんだ それでもまた戦うんだろう それが命の不思議・・・♪」ってお気に入りの曲の歌詞に勇気づけられた。
 ここはミヤコグサは多くはなかった。舗装されていない農道上の下草に静止したところを、まずは 90mm Macro で証拠写真を1枚。

061009-02.jpg 超良いお天気で気温ぐんぐん上がってきたが、ぎりぎり日光浴開翅の時間にも間に合った。上の写真と同一の個体。これ以降、ひたすら探♀飛翔したので追いかけるが、♀は見つからなかった。ここでは新鮮な2♂のみ確認。生息数は多くはなさそうだ。

061009-03.jpg 本日最初のシルビアに出会うと、なんだか急に空腹であることに気がつき、腹ごしらえをしてから更に探索を継続することに。早めの昼食は山陽自動車道(上り)権現湖PAのラーメン。高速道に乗らずとも一般道側の駐車場に駐車して利用できる。「旨味とんコク醤油麺 (700円)」なかなか旨かった。

 後は、広角写真と♀の写真も撮りたいな・・・ってことで探索再開。
 結果は・・・はい、今回もまた引っ張ってみましょう。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
網で採るならともかく撮影でシルビアとヤマト見分けるのはとても根気が要りますね?こちらは既にシーズンオフモードしてるのに、kenkenさんの頑張り恐れ入ります。おまけの副産物ラーメンも私好みのようで・・・
Posted by 蝶山人 at 2006年10月10日 18:18
蝶山人さん
 経験値が上がったようで、飛翔している個体を見ても、ヤマトとシルビアは99%見分けられるようになりました。ん、なんだか、どっちでもないぞ!って感じるのがツバメシジミかな。
 10月いっぱいはオン・シーズンのつもりで撮影します。

 おぉ、酒だけでなくラーメン好きでもあられましたか。
 私ね、ラーメンむちゃくちゃ好きです。これまた、シーズン・オフのブログネタにしましょう。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月10日 19:51
そうそう、ミヤコグサはあってもシルビアはいるとは限らないので、こういう所はがっかりしますよね。
それと、秋のシルビアの発生も難しく、タイミングをよく外してしまいます。今回の写真の♂は結構綺麗なので、その2の♀も期待度大です。
ところでラーメンと言えば、今日職場で、テンイチとテンテンユの話題が出ていました。
Posted by otsuka at 2006年10月10日 21:42
こちらでは既産地でも見れるかは運次第の蝶です。(^^;
雄の開翅は今年も撮影できませんでした。
ラーメンもとてもうまそうですねえ。
広角写真も期待しています。
Posted by BANYAN at 2006年10月10日 22:10
関西は、シルビアはまだまだ多いと思っていたのですが、ミヤコグサだけというところも結構多いのですね。
こちらは、そんなんばっかですが。週末あたり、ミヤコグサを(笑)見に行きたくなりました。
次も期待してます。
Posted by thecla at 2006年10月10日 22:52
otsukaさん
 そうそう、ミヤコグサはよくあるんですけどね・・・
 逆に、前年にいたところでも、今年はいないってこともよくありますよね。毎年定点観察することも大切なことかと思います。
 ラーメン、テンイチ(天下一品)、テンテンユ(天天有)はいずれも我が家の近所です。「天下一品」は、あのこってりをたまに食べたくなりますね。「天天有」は、もう何年も行っていません。「天天有」の少し南にある「珍遊」が私好みで、行きつけです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月10日 23:50
BANYANさん
 シルビア、兵庫県では探せばなんとか見つかるもんですが、同じ場所でも、年によっていたりいなかったりします。シルビアのいる環境は草刈など人の手が入る必要があるのですが、入り方が年によって違うので、発生状況も変わるようです。
 ラーメン、実は、9月に九州遠征した帰り道に「ここのは旨いよ」ってことで立ち寄ったのですが閉店時間になっていて食べられず、気になっていました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月11日 00:07
♂の開翅良いですね。
こちらはなかなかお目にかかれず、まだ未撮影です。
観察の機会を増やすのも難しそうで、♂の開翅ははたして撮れるのか微妙な情勢です。
飛んでいる時の識別も???の結果、止まってようやく確認という感じです。
Posted by ダンダラ at 2006年10月11日 00:09
theclaさん
 ミヤコグサだけなら簡単に見れるのですが・・・
 もう少し西へ行って、岡山や広島なんかでも、ミヤコグサはすぐに見つかるのですが、シルビアは激珍ですね。
 ミヤコグサ、是非見に行ってみて下さい。この時期、モンキチョウやウラナミシジミがミヤコグサにはよく訪れますよね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月11日 00:20
ダンダラさん
 飛んでいるとき、♂はヤマトよりはやや黒っぽく小さく見えて、飛翔も、そう言葉では言い表し難いですが、微妙に違います。一度、意識してみて下さい。
 この時期、開翅を撮るならば、やはり早朝でしょう。活動開始直後はよく開きますが、いったん気温が上がってしまうと、ひたすら飛び続けてどうしようもありません。♀は♂ほどは活発ではないので、見つけさえすれば追いかけるとよいでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月11日 00:27
kenkenさん、こんにちは。
♪は、「SAKURAドロップス」ですよね?今、車でMD聞いてたら、ちょうどかかって「これだ!」と思いました。
おいしそうなラーメンですね。私たちもラーメン好きです。
Posted by 空飛ぶ親子 at 2006年10月11日 16:30
空飛ぶ親子さん
 こんにちは。コメントご無沙汰してますが、貴ブログ、いつも拝見してますよ〜
 そう、「SAKURAドロップス」!最近の歌手の曲は聞いてもちんぷんかんぷんなんですが、この人の曲だけは違うんですね。デビュー曲がラジオから流れているのを聞いた瞬間からハマって誰の曲なのか調べてCD買いました。
 後で分かったことなのですが、この方、私が子供の頃からずっと大ファンである方の娘さんなんですね。きっとその方のDNAが曲の中に流れているんでしょう。私、藤圭子、全曲そらで歌えます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月11日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。