2006年09月30日

1泊2日の家族旅行(その2)

06093009.JPG まずは「クロツ」「石組み」「ツメレンゲ」「青空」の全てを 15mm Fisheye 横位置で撮影。辺りはのどかな山間の農村風景だ。画面左上に小さなツメレンゲの株、中央上部にツメレンゲの立派な穂が見える。

06093004.JPG 石組みには、結構な雑草類がはびこっていて、クロツの棲息には良い感じ。にゅっと突き出したムラサキツユクサで開翅している個体を石組みと青空をテーマにしながら撮ると、こんな感じ。

06093005.JPG ツメレンゲの立派な穂が立っているところまで石組みを必死こいて登ると、「ご褒美に」とばかりにクロツが良いところでポーズをとってくれた。石組みにしがみつきながら撮影。思っていた以上に良い絵が撮れて大いに心が癒された。

 クロツが活動を終えるまで撮影して、大急ぎでホテルに舞い戻りひと風呂浴びて夕食に望んだ。

06093006.JPG 料理はなかなかヘルシーな懐石チックなもので、10品ほどあり大満足。ご当地の但馬牛と松茸のすき鍋にはスダチが合う。ん〜っと、松茸は今年初めてかな。

06093007.JPG 秋鰆と豆腐の焼き物も実に良いお味。焼酎のロックがぐいぐい進んで、すぐに空いてしまう。女性陣も満足げなご様子で箸が進む。

 夕食後、女性陣は夜空を見ながら露天風呂に浸かったらしいが、私はすぐに意識がなくなって寝てしまった。

06093008.JPG 気がつくと翌朝6時。早朝撮影行ったろうかしらんてカーテンを開けると小雨だ。なんとなくホッとして朝からゆっくり露天風呂を楽しむ。ご覧のとおり屋根付きで雨でも楽しめた。チェックアウトぎりぎりに宿を出て帰路についた。
 2日間の総走行距離403km。癒しの旅であった。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々の一番(笑)
一枚目の写真、いいですねぇ。想像力をかりたてられます。右下に見えるのは蕎麦畑かな? 兵庫県ということを考えるとそれなりに標高のあるところかな? 石積みの上は道かな? 家かな? 畑かな? なんか想像を巡らしているだけで楽くなりました。
Posted by Ryochan at 2006年10月03日 21:49
やはり、クロツを撮らせたらkenkenさんの右に出る者なし、と言った画像ですね。
3枚目、相当苦労して撮影したことがよくわかります。
石組みから落下の危険と隣り合わせ・・・。クロツ撮影に常につきまとう悩みでもありますね。
Posted by fanseab at 2006年10月03日 22:05
和歌山のポイント同様、かなり危険なにおいがする所ですね。私実は高所恐怖症なんです。いつも足をガタガタさせながら撮影していますが、蝶の魅力には勝てず、ついつい熱中してしまいます。クロツがいなかったら、お金をもらっても崖をよじ登る根性はないです。(笑)
Posted by ノゾピー at 2006年10月03日 22:57
Ryochanさん
 トップ・バッター、有り難うございます。
 あまりに撮影地があらわになる画像はUPしづらいもんで、こんな絵を選びました。なかなか想像力をそそりますやろっ!石組みの上はねぇ・・・夢を壊さないように、敢えて書かないでおきましょう。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月03日 23:04
fanseabさん
 うひゃあ、そんなにおだてられると、豚も木に登ってしまいます。というか、もう、石組みに登ってしまいました。(笑)
 石組みに登ってへばりついているのはそんなにしんどくはないのですが、石組みの隙間から蛇でも出てきそうな雰囲気なので、そんなところに気を使いますね。直ぐには動けませんし。
 今回ね、ほんまにシックな翅表がうまく表現できて喜んでいます。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月03日 23:15
ノゾピーさん
 まいどです。そう、以前ね、和歌山で落下して捻挫して難儀しました。こういう石組みや崖や露岩地は、登るのはまあなんとかなるんですが、ふと気がつくと、降りれんようになってたりしますやろっ。お互いに気をつけましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月03日 23:24
食卓に風呂の写真、これがなかなか撮りきれなくて何時も困ります。
ちょっと恥ずかしいのですね、撮るのが。
次回は私もがんばってみましょう。
Posted by maeda at 2006年10月04日 06:20
maedaさん
 いつも早朝コメント有り難うございます。
 風呂ね、さすがに朝6時から入れるってことでオープン即で行ったら、貸切状態でうまくいきました。さすがに人がいると・・・
 夕食ね、「これは記念に撮影しておかなくっちゃ」って女性陣がカメラを取り出してきたので、そのパワーに乗っかりました。(笑)さすがにフラッシュ焚くのは気がひけるので、そのままで撮って、後でホワイトバランスを調整です。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月04日 08:12
旅は蝶だけでなくこれがあるから楽しいのですよね?kenkenさんに劣らず酒(と美味しい料理、お湯)が好きな私は見ているだけで楽しいです。kenkenさんの豊かな人間性や感性が伝わってきます。
先日はかみ合わないコメント申し訳ありませんでした。いつか必ず(撮影だけでなく)お酒の席同席したいです。
Posted by 蝶山人 at 2006年10月04日 12:15
蝶山人さん
 いつもお褒めのコメント有り難うございます。
 写真のロックグラスの中味は、地元の「あらき」って焼酎でした。
 是非一度、直接お会いして一献飲りたいですよね。

 ところで、貴殿のメールアドレスまだ伺っていなかったように記憶しておりますが、差し支えなければ、直接、私信メール下さいませ。当方のメアドは、本体のHPにございます。↓
http://www.k3.dion.ne.jp/~zephyrus/mfbj/
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月04日 12:32
和歌山のクロツってそんなに厳しいところなのですね。
秩父の産地もぞっとするようなところが多いですが、私は近づきません。
クロツの翅表が見事に表現されていますね。kenkenさんの撮影スタイルというかこだわりが良くわかる写真ですね。
写真の処理を含めて勉強になります。
Posted by ダンダラ at 2006年10月04日 19:40
3枚目の画像、エエですね。私もいつかはこんな画像を撮れるようになりたいものです。けど、今回は4枚目の画像の方がより早く撮れるようになりたいような・・・(爆)。「あらき」、先日姫路の友人から送ってもらって呑んでおりましたぁ! 結構いけますよね。最初は姫路の焼酎?って思ってたのですが、見直したところでした(笑)。
Posted by nomusan at 2006年10月04日 20:40
1枚目の蕎麦畑の背景も2枚目のムラサキツユクサと開翅シーンもそして3枚目のツメレンゲとのシーンもkenkenさんのこだわりが伝わってきます。石組みを必死で登って撮影出来た達成感も・・・。
温泉良いですね〜♪朝風呂の貸切でなければ、なかなか撮影は難しいですね(爆)。
Posted by Noreen at 2006年10月05日 05:57
やはり、クロツはいいですネ。
家族旅行の合間での撮影とは思えない力作です。

温泉は朝風呂が一番・・。
のんびり、ゆったり感が伝わって来るいいショットです。
Posted by 深山葵 at 2006年10月05日 10:02
ダンダラさん
 和歌山のクロツ、まあ登るのは大したことないのですが、よくすべるので降りるのに難儀します。身軽なら良いのですが、撮影のフル装備しているとなかなか大変です。

 今回は、良い露出が得られるように、背景に気を使いながら撮ってみました。ダンダラさんも、背景がオール・グリーンになるようなクロツの写真を是非狙ってみて下さい。なかなかそんなシーンないもんで、うまく撮れると嬉しさがこみ上げてきますよ。

皆さま<10/4の午後から、出張に出ておりまして、コメント遅くなりすんません。m(_ _)m
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月05日 21:18
nomusanさん
 コメント有り難うございます。4枚目、なかなかえぇ絵ですやろっ!なんと、「あらき」取り寄せて呑んでおられるとは、さすが呑むさん!これね、私も呑んでみて、んって思ったのは、麦焼酎のくせになかなかインパクトのある味なんですよね。ネットで調べてみたら「力強いコクの焼酎に仕上がっています」って書いてありました。
 あっ、ダブってたカキコ、消しときましたよ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月05日 21:38
Noreenさん
 まいどです。のどかな山間の農村の雰囲気がお伝えできたようで何よりです。今回は探索ではないので、時間をかけてツメレンゲのある石組みを登って、被写体が来るのをずっと待ってました。
 そう、開店一番の朝風呂が撮影には向いてますね。何枚か撮ったら湿気でやられないように、すぐにカメラは脱衣所のロッカーにしまって、後はのんびり湯に浸かっていました。晴れていると撮影のことが気になりますが、雨だったのでのんびりできましたね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月05日 21:45
深山葵さん
 そう、実際に石組み登り&しがみつきに力を使った作品です。(笑)クロツ系統の渋い蝶は貴殿のお好みでしたよね。食草の付近から離れないので、待っていれば撮影できるので、家族旅行の合間の撮影にはうってつけでした。
 休みの日は雨だと本当にのんびりできます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月05日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。