2006年09月24日

あづまくだり(その3)

「あづまくだり」シリーズの最終回。

06092405.jpgsikiri160.jpg ミヤマシジミ♀の開翅を河川の堤防にへばりつきながら 15mm Fisheye で、斜め上45度に見上げながら撮ってみた。微妙に逆光で縁毛が白く映えた。こんな写真を好んで撮る管理人は、「斜め上45度開翅逆光友の会」の会員なのだ。(会員の方々、見てますかっ?(笑))

06092406.jpgshikiri105.jpg 成虫の写真は結構撮れたので、今度は食草のコマツナギを探してみた。ミヤマシジミの幼虫を複数発見。いずれの幼虫にもアリがまとわりついている。ヒメシジミの仲間達はアリと仲良しだ。

06092407.jpgsikiri160.jpg 観察していると寄生バエらしき1頭がやってきた。明らかに幼虫に卵を産付しようと何回も行き来するも、アリがガードしているのでなかなか手が出せない様子。アリの隙を見て一瞬幼虫に馬乗り(ハエ乗り?)になるもアリに追い払われ、産卵できたか否かは不明。その後もずっとうらめしそうに幼虫とアリを見ていたが、やがてどこかへ飛び去った。

06092408.jpgshikiri105.jpg 寄生バエはUP画像にするとこんなやつ。2本のアンテナがなんともいえない雰囲気を醸し出している。どなたか寄生バエに詳しい方、是非、同定していただき、種名の書き込みをお願いしたい。m(_ _)m

06092409.jpgshikiri105.jpg 帰路は静岡ICから高速に乗り、浜名湖SAで写真の鰻玉丼(\1,000)をゆっくり食して時間稼ぎ、ETC通勤割引の時間帯を待って再走開始。3人でETCカード3枚あるので静岡IC→三ケ日IC→小牧IC→関ヶ原ICと100km未満3回に刻んで、通勤割引3回ゲット後、一般道を走行して京都帰着。此度のあづまくだり、総移動距離1,087km。ガソリン代+高速代、1人\8,000ポッキリだった。

posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ワシは、最後まで採るんや〜」と宣言しておるのですが、私もなんとか【斜め上45度開翅逆光友の会】に入れてもらってます。
この冬も、おそらく総会があると思いますので、またお会いしましょうね。

ところでETCカード、私もkenkenさんの教えに従い、2枚目を作りました。これで来シーズンからは、より経済的な高速走行が約束されました。
Posted by ふしみや at 2006年09月27日 13:22
ふしみや はん
 うはは・・・思わぬところからコメントが・・・(笑)
 な〜に、撮ってから採るってな会員もいいんじゃないかな。貴殿のは、意味のある「採り方」です。
 そうかい、総会があるのかい、なんてね。必ず出席しまっせ〜

 ETCカード、私もかわいい後輩の教えに従い2枚持ちです。理論的には通勤割引4回ゲットまで行けるかな。現在、いろんなICで一旦降りた後のUターンの難易度について細かい情報収集しています。ひとつ重要な情報お伝えしまひょか。一宮ICで降りたらね、ずっと中央分離帯があってバイパスにのせられて、時間ギリギリだと難儀するらしいよ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月27日 17:14
え〜・・・・「総会」ではなく、「関西支部会」のつもりだったのですが、この際、「総会」に格上げしましょうかね(爆)。やっぱり日本の中心は京都ですな(笑)、よろしいでっか会長(pekeyama)さん?
ETC来季からは導入の予定です。
Posted by nomusan at 2006年09月27日 21:33
nomusanさん
 まいどです。関西支部会、九州合宿、どこでも駆けつけまっせ〜 いっそ、北海道合宿でもしますかな。あ、でも、寒い季節は無理やなぁ〜 雪に慣れてないし・・・(笑)

 ところで、ETCカードは年会費が実質無料のやつがよろしいかと。
(例1)既にN産V●SAカードを持ってたりするとETCカードを追加してもN産V●SA年会費はそのままで、増額なし。
(例2)既にJ●F会員だったりするとJ●F-ETCカードにすれば年会費はそのままで、増額なし。・・・とかです。
(例3)既にAM●Xカード持ってたりしても、ETCカードを追加するとETCカード年会費が別途\525増額。・・・これは避けたい。
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月27日 21:47
「斜め上45度開翅逆光友の会」のコメントがありますが、小生、実は「逆光縁毛幻光色観察友の会」の会長をしておりまして(笑)、その点で一枚目の画像に不満が残るものであります。是非とも、90mmマクロで被写体を大写しにし、完全逆光下で、露出を強アンダーで撮影して頂きたかったのであります。♂で試してほしいで〜す♪
寄生ハエ、悪役の表情満点で、すごい迫力ですね。
Posted by fanseab at 2006年09月27日 21:58
逆光縁毛幻光色観察友の会々長殿
 これは、大変失礼いたしました〜 ゼフに限らず、ヒメシジミ系統もですね。 平にご容赦をっ!(笑)
 そう、♂で試したほうがよろしいねぇ。ですが、この日、♂で縁毛までピカピカの個体はなかなか見つからんかったですわ。
 寄生バエ、やっぱり憎たらしい悪役の顔に見えますか。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月27日 22:23
そうか、ミヤマシジミは秋の蝶だったのですね。↓の♀写真♂にはない渋さがあり、少しブルーがうっすらとありエエです。ボチボチシルビアの少し青めの♀撮影に行かなくては。なお、寄生バエですが、目がクリッとして、私はさほど悪印象ではありませんです。
Posted by ノゾピー at 2006年09月27日 22:41
ほんとにアリさんが幼虫を守っているのですね
面白いなぁ
蝶の不思議の一つですよね
ハエ君、アリさんにはかなわないんだぁ(^○^)

話は変わりますが、ウルトラマンメビウスって面白いですね
隊長がバスマジックリンのCMの人でした(^O^)
Posted by るり at 2006年09月27日 22:59
ノゾピーさん
 お帰りなさいまし。秋はタテハに限らず、シジミの季節でもあります。そう、低温になると青さが出るのは、いろんな蝶に共通したりしますね。
 10月はシルビアづくしでいこかと思てます。
 寄生バエ、ほんまにクリっとした眼ですなぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月27日 23:03
るりさん
 そう、ほんとにアリさんが守っていました。これ、アリさんがいないと、すぐに寄生バエの餌食になるんでしょうねぇ。ムラサキツバメさんなんかも、多くのアリさんに守られるので、ほとんど寄生がありません。それに比べると、クロツバメさんは寄生が多いんですよね。なかなか極めつけの絵ですやろ。
 なにっ!メビウス見たんだぁ〜(^0^)
 
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月27日 23:09
夏の撮影会のときにミヤマシジミの幼虫を見つけて何人かで撮影しましたが、1つ見つけると他を探そうとしなくなるので、複数見つけるというのがすごいと思ってしまいます。(^^;
寄生バエ対アリの攻防は興味深いですね。アリに頑張ってもらうために美味しい蜜を提供しているのですね。
Posted by BANYAN at 2006年09月28日 17:43
BANYANさん
 幼虫が見つかるってことは、それなりの個体数がいるハズです。どのくらいの幅の齢数の幼虫が同時にいるのか、いろいろ探してしまいました。
 そう、幼虫背面のおしり側に蜜線があるようで、アリさんが忙しく行き来してました。寄生バエは、ほんまに多く、行き来してましやる。
Posted by kenken(管理人) at 2006年09月28日 22:31
連続で撮影されていて、寄生バエとの攻防が良くわかっておもしろいですね。
しかし、寄生バエは、無茶苦茶悪役顔に見えるのは気のせいですかね。彼らにとっては子孫を残すための必死な行動なのですが。
Posted by thecla at 2006年09月30日 23:52
ミヤマシジミの幼虫とアリ、さらには寄生ハエの観察は面白いですね。興味深く拝見しました。
私も今度はゆっくりと観察してみたいと思っています。
でも、視力に自信が無いので、幼虫そのものを発見できるか心配ですが-----。
Posted by 虫林 at 2006年10月01日 09:23
theclaさん
 コメント、有り難うございます。ちょっと1泊で出かけておりまして、返信遅くなりました。寄生バエはうまく幼虫を見つけるもんですね。最初は、こいつホンマに寄生バエかしらって見てましたけど、どっかに飛んでいっても、また幼虫のそばに戻ってきては、うらめしそうに見てましたね。
 やはり悪役に見えますか。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月01日 21:34
虫林さん
 コメント有り難うございます。
 観察していると、いろいろ面白いシーンに出会えるもんですね。もっとも、蝶やハエやアリ達は必死なんでしょうが。
 視力に自信がなくても大丈夫ですよ。幼虫よりも、アリがたかっているのを探せば、幼虫発見につながります。私も、あまり視力は良くありません。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月01日 21:37
こんばんは。寄生バエには興味が尽きません。がよく分かりません。既に見られているかとは思いますが、SSP画像掲示板で、くまじろうさんにより、九大の嶌先生のページが紹介されていました。
ミヤマシジミに寄生するヤドリバエの学名も3種載っています。
http://www.rc.kyushu-u.ac.jp/~shima/shima/shima.html
の寄主索引に。ご参考まで。
Posted by 上山 at 2006年10月05日 00:24
上山さん
 こんばんは。寄生バエのページ、ご紹介有り難うございます。これ、初めて見ました。ほんまですね、3種類も確認されているんだ・・・上記に掲載しているような拡大した画像があれば、専門家に見てもらえれば同定できそうですね。

 このハエ、かなり執拗に幼虫の周りを飛び回っていました。時々どこかに飛んでいってしまうのですが、待っていると戻ってくるっていうのが数回繰り返されたことと、写真のようなもの欲しげな顔から、寄生バエで間違いないと判断しました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年10月05日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。