2006年08月19日

猛暑のミヤマシジミ

 「持つべきものは可愛い後輩」第2弾・・・車をおしゃかにしてしまったので、次の車が来るまでの間、車を持っている後輩達に「どっか行く時は誘ってねぇ〜」って声をかけてあります。
 すると、今度は、後輩のT君から「明日、富山県のミヤマシジミなんか行きませんかぁ」なんてお誘いメールいただき、これまた2つ返事で同行することに。
 自分に目的地決定権がないと、自分ではあまり行かない種類の蝶の撮影に行けたりするので逆に面白い。
 午前中には富山市内に到着し探索・撮影開始するが、猛暑である。

06081901.jpg まずは、♂の開翅シーンの撮影。既に、気温はかなり高く、活発に飛翔しているので、なかなか撮影困難であったが、食草のコマツナギの花で、うまく吸蜜中に開翅してくれた。90mm Macroで。

06081902.jpg ミヤマシジミは、後翅裏面の黒斑の中に現われる青斑が好みなので、それを強調して撮りたいものだ。吸蜜中の♂の翅裏を90mm Macroで。もうこの頃には、気温はガンガン上がって開翅は望めそうにない。

06081903.jpg06081904.jpg 今度は♀を追いかけてみた。わざと露出オーバー気味にして、後翅裏面の黒斑中の青斑を表現してみたのが左の1枚。90mm Macroで。
 同じシーンを15mm Fisheyeで撮ると、右のような写真になる。

06081905.jpg 本種はなぜ「ミヤマ(深山)シジミ」と命名されたのであろうか?いつも不思議に思うのであるが、この生息地も、決して「深山」ではなく、写真のとおり、河川敷である。
 カンカン照りの太陽を遮るものは何一つなく、滝のように流れ落ちる汗のせいで、撮影に難儀する。
 こういう状況下では、脱水症状を起さないように、水分は取れるときに取れるだけ取るのが正解であるが、あっという間に持参していたペットボトルは全て飲み尽くしてしまった。こりゃヤバイ。

06081906.jpg コマツナギに静止する♀を縦位置広角で撮っていたら、♀がもう1頭飛んできて、こんな感じの写真になった。
 写真のような青空の下、2時間程撮影していると、補充する水分もなくなり、少しめまいがしてきて、脱水症状の寸前まで来た感じ。身に危険を感じ、切り上げることに。フラフラになりながらも、なんとか自動販売機のある場所までたどり着き、スポーツ飲料2本を一気飲みして事なきを得た。

 昼過ぎには帰路につき、途中、有名な鱒寿司の工場に立ち寄って、お土産に鱒寿司を購入する。
 本日の移動距離622Km。
 T君、運転お疲れさまでした。この場を借りて厚く御礼申し上げます。m(_ _)m
 来週には、新車が来るからね♪
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富山のミヤマシジミとはまたマニアックな場所ですね。
糸魚川のついでに見に行ったことがあります。
写真はボケも良いし広角も良いし、あとは好みなのでしょうね。
新車も待ち遠しいですね、足ないと動けませんし。
Posted by maeda at 2006年08月20日 06:18
maedaさん
 早朝からのコメント、有り難うございます。
 「富山のミヤマシジミとはまたマニアックな」とコメントできるmaedaさんの「マニアックさ」にも恐れ入りました。マジで。
 しかし、まあ、この時期、太陽光を遮るもののない河川敷での撮影はやめたほうがえぇです。後は、♀の開翅が撮れれば言うことなしでしたが、頭がくらくらしてきて切り上げました。
 車、もうちょっとで復活します。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 08:48
富山あたりは完璧、フェーン現象の多産地?なので、昨日の天候で、河川敷探索とは恐れ入ります。
持参するドリンクもこの時期、500mlでは不足して、1リットル入りが2本は要りますね。
いつものkenkenさんの画像と異なり、シットリ感ではなく、暑さを感じる写真ですが、この天候では仕方ないかも。
Posted by fanseab at 2006年08月20日 10:42
fanseabさん
 いや、もうこの時期の河川敷探索はこりごりです。実は、2本の河川を探索しましたが、今年の大雨の影響?で、以前とはだいぶ環境が変わっていて、車で行けるハズのところに大きな石がごろごろしていたり・・・
水分は最低でも1リッターは要るでしょう。迂闊でした。
どう頑張っても「しっとり」した絵は無理でしたね。涼しくなるまで待っていたら、こちらが干からびてしまいます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 12:12
富山ですか。他の候補だと静岡くらいまで行かないと見れないのでしょうかね。
できれば涼しい時間に撮影したい蝶ですが、遠征だと難しいですね。最初の1枚はよく開いてくれましたね。
深山というのは何か勘違いしたんでしょうかね。(^^;
Posted by BANYAN at 2006年08月20日 13:08
BANYANさん
 ミヤマなら静岡県でもOKですが、ここは、結構有名なところなので、ちょっとヒネリを入れてみました。
 万一、出会えなくても、鱒寿司のお土産というのが保険でして、持ち帰り用に保冷庫を積んでおきました。
 台風の外雲の影響でちょっとは曇るかなと思ってましたが、写真のとおりカンカン照りで、これは誤算でした。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 16:21
何も遮るものがない河原で猛暑の中での撮影、写真からも暑さを感じますねえ〜。
でも、どれもこの蝶にピッタリの雰囲気ではないでしょうか。個人的には、「カワラ」シジミだと思ってますので。
水分補給、汗かきの私の場合、500mlのペットボトル3本程度が標準装備です。うち一本は気休めで脂肪を燃焼させやすいという奴です。最初にそれからあけます(笑)
Posted by thecla at 2006年08月20日 16:38
富山県の河原のミヤマシジミ、いつだったか、pekeさんに連れて行ってもらったような・・・・。確かに暑かった記憶があります。そして帰りに鱒寿司、どうやら定番の用ですなぁ(爆)。
私もミヤマシジミは裏面の青が好きです。エエですね。
ペットボトルは活動に入る前にスポーツドリンク系500mlを飲んで、お茶系を1をザックに入れてフィールドに出ます。大草原に出る場合はさらに500mlを追加です。とにかく切れないようにしております。
Posted by nomusan at 2006年08月20日 18:56
theclaさん
 御意、御意。私も「カワラシジミ」が適当かと思いますね。(笑)コマツナギはこういった環境によく適応しています。あんな暑いところでもちゃんと開花して吸蜜源になっていました。

> うち一本は気休めで脂肪を燃焼させやすいという奴
 ありますね〜 今度、試してみようかな。

 私もペットボトル500ml×3本が標準ですが、この日は軟弱そうなポイントだったので迂闊にも1本しか身に付けず、後は、車の中でした。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 19:56
nomusanさん
 富山といえば鱒寿司、こりゃ譲れませんね。(笑)
 今回は駅弁では売っていない、厳選された脂ののったマスを贅沢に使った「特選ますのすし」\1,700にしました。さすがにとろけるように旨かったです。残念なことに、昨年は\1,500やったのに、\200値上がりしてました。
 なるほどpeke氏とご訪問済み・・・マニアックですなぁ。
 やはり皆さん500ml×3本が標準ですね。とにかく、飲めるときに飲めるだけ飲んだほうが良いのです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 20:07
初歩的な質問で済みません、今頃この地に発生しているのは第3化と考えて宜しいのですか?
Posted by 蝶山人 at 2006年08月20日 20:55
持つべき者は後輩第二弾遠征お疲れさまでした。ホオー富山県とは確かにマニアックな匂いが。一度も足を踏み入れたことのない県です。ミヤマ一本絞りで行かれた様ですなあ。ピーカンだと撮影大変だったでしょう。確かにいつもとは少し作風が違うので、逆に猛暑であったことを暗示しているような。この時期はスポドリ1g+緑茶1g位持っていかないと、身の危険を感じちゃいますものね。いよいよ来週新車ですか。西国のタイツ頑張ってくださいませ。
Posted by ノゾピー at 2006年08月20日 21:34
蝶山人さん
> 初歩的な質問で済みません
 いえいえ、核心的な質問ですね。
 結論から申し上げると、私は、第3化ではないかと推測しています。(第2化の可能性も否定しきれません。)
 過去の事実と記録から、当地での第1化は5月下旬〜6月初旬で、これは間違いありません。で、卵〜成虫の期間が約1ヶ月と仮定すると、第2化が7月上〜中旬、第3化が8月中〜下旬となります。
 実は、卵〜成虫の期間がどれくらいかを検証すべく、今回、後輩が卵と母蝶を持ち帰って、採卵&飼育中です。
 この辺り、どなたか詳しい方、読んでおられたらコメントいただけると幸いです。

追伸:オオゴマのアカソ類への誤産卵の件、ご教示いただき、有り難うございました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 23:49
ノゾピーさん
 はいな、今回はミヤマと鱒寿司のみに絞っての富山訪問です。
 いや、ホンマにピーカンの猛暑でなえました。マジで脱水症状の寸前までいったので、体がビールよりもスポーツドリンクを欲しましたね。
 重くても、ペットボトルはドカンとかついだほうが良いですわ。
 おっ、「タイツ」ときましたか。私は「ワンツ」って呼んでます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月20日 23:59
人に誘ってもらって行くのは、自分ではよく知らないポイントを知ることが出来るという意味でも貴重ですよね。
それぞれ雰囲気が良くわかって素晴らしいですね。
2枚目が、半逆光気味でそれでいて光が回っていて好きです。
ペットボトルはいつもは500ml1本で済ませていますが、たしかに気をつけないといけないですね。
Posted by ダンダラ at 2006年08月21日 11:51
そう、鱒の寿司は、工場に行かないと手に入れ難い「特選ますのすし」と季節商品ですが「鰤の寿司」
がとっても美味。私も大好きです。
それから、冨山県っていろんな良い蝶がいるんですよね〜。ギフ、クモツキ、アサマシジミ、ミヤマモンキ、ゴマシジミ、タカネヒカゲ、ベニヒカゲ、キベリタテハ等を採集・観察しによく行きます。

ところで、話題の水分量ですが、私は大量に摂ります。
ギフで1500ml〜2000ml。
オオウラギンやゴマの草原物で3000ml〜3500ml
山ゴマで3500〜4000mlといったところです。勿論、 塩分も行動食と共にネ。

Posted by ふしみや at 2006年08月21日 12:31
ダンダラさん
 普段は行かないところに行くとやはりワクワクしますね。ミヤマはこちらの人はたいてい静岡遠征されますが、分かっている有名なところはあまり興味ありませず、分布調査や最近の生息確認的なマニアックなところについつい触手が行ってしまいます。(笑)
 結構、ブログには書いていないNULL記録の旅もしてまして、NULLに備えて何か保険をかけています。今回も実はNULL覚悟で、保険は鱒寿司でしたが、うまく出逢えました。
 水分はできるだけ多く持ちましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月21日 17:29
ふしみやさん
 ご登場、有り難うございます。「富山」ってところにピクっと反応されましたな。(笑)
 確かに、富山っていろんな蝶がいて、魅力的な県なんですよねぇ〜
 福井、石川、富山ってところに最近目が行き出しました。実は、この辺り、結構なNULL記録がブログ記事の裏に潜んでいたりします・・・もっとも山ゴマやるほどのパワーはありませんが。(笑)
 そう、「特選ますのすし」は最高ですわ。貴殿もお好みでしたか。これいけますな。
 いや、ほんま、水分は摂れる時に摂れるだけ、摂らなあきませんね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月21日 17:40
90oと15m、どちらの写真もそれぞれに良さがありますね。今回のシリーズは特にそう感じます。強いて言うならば90oの縦に一票かなー。私も今乗っている車が11月で11年目の車検なので、ぼちぼち物色しているのですが、山の中に入るのは小さい車がいいし、長距離を考えるとある程度の大きさは欲しいし。2台は持てないし。難しいですね〜。新車は何になるのか楽しみですね。
Posted by Ryochan at 2006年08月21日 23:30
Ryochanさん
 コメント有り難うございます。90mmの縦は、蝶が適正露出であるぶん、周囲は露出オーバーで白っぽくなっていますが、まあ、カンカン照りの雰囲気がよく出ているのはコレですね。翅の摺り合わせ行動中で、後翅表もちらっと覗いているところが好みでもあります。
 新車、待ち遠しいですわぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月22日 06:30
撮影に熱中するあまり、自分の体調も忘れて夢中になってしまうことってありますね。これって幸せなことなのでしょうが、気を付けたいですね。
炎天下のもと、この蝶の撮影にのめり込んでしまったこだわりをそれぞれの写真に感じます。
新車の到着が楽しみですね。更なるご活躍を期待します。
Posted by 霧島緑 at 2006年08月27日 10:18
霧島緑さん
 コメント、有り難うございます。
 何かに熱中できるのは幸せと思っております。
 大粒の汗がポタポタと落ちるので、撮影に大変難儀しました。霧島緑さんも、クロシジミやゴマシジミは暑かったんじゃないですか。重たいですが、水分は大目に持ち歩くのが良いですね。
 昨夜、ようやく車のない生活から脱出しました。おしゃかにしてしまった前の車に申し訳ないので、同じ車種の新型にしました。大切に乗ろうと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月27日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。