2006年08月07日

奥飛騨 日帰り強襲!

 「持つべきものは可愛い後輩」・・・ん、最近、どこかのブログで読んだような。(笑)車をおしゃかにしてしまったので、次の車が来るまでの間、車を持っている後輩達に「どっか行く時は誘ってねぇ〜」って声をかけてあります。

 すると、「月曜日にオオゴマ日帰りしますけど、平日は仕事で無理ですよねぇ」なんて後輩のS君からお誘いがありました。なんの、なんの、「この土曜日、仕事してて、月曜日は代休しますわぁ」なんて即答して、奥飛騨(岐阜県高山市)日帰り強襲です。
 ETCの深夜割引の効く暗いうちから出発し東海北陸道を終点の飛騨清見までひた走り、朝のうちには現地に到着し、探索開始。

060807f.jpgsikiri160.jpg 林道を歩いていると、下草にゼフらしき個体を発見。エゾミドリの♀かなって思って見てみるとフジミドリの♀でした。まあまあの鮮度の個体だったので、喜んで撮影。林道の雰囲気を出すために15mmFisheyeで。
 私ね、こいつの翅裏の紋様、大好きなんです。

060807ogm.jpgshikiri105.jpg 林道を歩いていると、オオゴマシジミが静止しているのを目視で発見。白地に大きな黒ゴマ紋様なので直ぐに見つけることができました。逃げないようにそ〜っと近づくや、なんといきなり開翅モード突入!翅表のブルー斑を強調しながら、私好みの「翅表と翅裏を同時に」で90mmMacroでまずは1枚押さえました。

060807ogk.jpgsikiri160.jpg 狙っていたオオゴマシジミ、マクロ写真を押さえると余裕が出てきました。さっそく15mmFisheyeも取り出して広角縦位置で1枚。

060807kb.jpgshikiri105.jpg 今年は多いと聞いていたキバネセセリ、確かにたくさんいましたね。実は、昨シーズン、こいつを撮ろうと探索したのですが、見つけられず、この機会に撮影することができて、実はとても嬉しかったりします。

060807km.jpgshikiri105.jpg 吸水するコムラサキ、いろんなブログでコメントしましたが、自分もこの機会に、両翅表の紫を同時にきちんと表現できるように撮ってみました。いや、やっぱり綺麗なもんですね。

060807ogs.jpgshikiri105.jpg 帰りがけ、オオゴマシジミの産卵植物の「カメバヒキオコシ」って、林床にたくさん自生しているけど、これかなぁって見ていると、偶然にも1頭の♀がやって来て、「はい、そうですよっ」って感じで産卵行動を披露してくれました。産卵植物の周囲の雰囲気も表現しようと、90mmMacroでやや絞って遠めから1枚。
【2006-8-13追記】この産卵行動をとっていた植物は、食草であるシソ科のカメバヒキオコシではなく、イラクサ科のアカソのようで、どうも誤産卵のようです。ご指摘いただいたnaokiさん、有り難うございました。良い勉強になりました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。
【2006-8-16追記】Celastrinaさん、蝶山人さんにも、この誤産卵の件でいろいろご教示いただきました。遅くなりましたが、改めて御礼申し上げます。有り難うございました。【追記終わり】


 午後もやや遅くなると、雷鳴が近づいてきて急激に暗くなり始めました。撮影地から車に戻るのに結構時間がかかるので、慌てて撮影地を脱出し、なんとか雨が降る前に車にたどり着きました。やれやれです。

 帰路は、さほど急ぐ必要はないのですが、「日帰り」をしたいので、飛騨清見インターから米原インターまで高速道路を利用し、米原から一般道を走って帰ることにしました。ちょうど、通勤割引の時間帯である17:00〜20:00が移動時間に含まれたので、飛騨清見→米原(163.5km)高速料金\3,950かかるところを、飛騨清見→関(91.8km)、関→米原(71.7km)といずれも100km未満に2分割して、いったん関で降りてETCカードを入れ替えて再び関から乗り直すという通勤割引2度使いという小技を使って高速料金\2,300で、22:00に帰宅しました。

 お世話になったS君、本当に有り難うございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。m(_ _)m また、誘ってね♪

 ところで、仕事柄、8月〜12月(年中かも?)は、土曜日に出勤して、撮影日和の平日に代休を取得するといったパターンが多発します。で、今回は意表をついて平日の更新ですが、皆さん見てくれているのかなぁ。(笑)
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(38) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんと見てますよ〜。
お得意の(計画的)スクランブル出撃ですかぁ?
でも台風接近を避けて正解でしたね。
それにしても日帰りで3日分位の成果。さすがです。セセリファンとしてはキバネの吸蜜が羨ましいですね。最後のオオゴマ産卵シーンは狙って撮影できるものではないので、貴重だと思います。
Posted by fanseab at 2006年08月08日 22:40
なるほど、ETCカードが2枚あれば、通勤割引が2倍楽しめるのですね。これは、いい事を知りました。
オオゴマも素敵です。本種は、カメラを持つ前に信州でお会いしたことが有るだけ、ゆっくり撮ってみたい蝶です。
Posted by しまびと at 2006年08月08日 22:42
久々の書き込みです。
 僕も、家族旅行をかねて11日から14日まで、白馬・高山方面を廻る予定です。13日に高山による予定ですが、オオゴマには少し遅いでしょうか。頑張って撮影してきます。
Posted by bombyx at 2006年08月08日 23:13
日帰り強襲、大成果でしたね。持つべきは後輩ですね。オオゴマ半開ケンケンさんが大好きなポーズバッチリ撮影されましたね。キバネも超羨ましいです。今度の土日に後追いします。場所は違うようだけど。とにかくおめでとうございますぅ。
Posted by ノゾピー at 2006年08月08日 23:20
こんばんは〜!
日帰り強襲・・・素晴らしいですね(拍手)。
オオゴマシジミ、良いですね〜♪
ヒメシジミ、キバネセセリ、コムラサキは結構身近で逢えるのですがkenkenさんの画像を拝見して反省しています。いつもの事ながら丁寧に美しく撮影されています。
私は見習わなくてはいけません(汗)。
Posted by Noreen at 2006年08月08日 23:33
fanseabさん
 1番にコメント有り難うございます。はい、計画的?なスクランブルで正解でした。帰宅したら、いきなり台風のニュースやっていて驚きました。
 キバネ、本当に多数いました。実はこれが一番嬉しかったりしますが、結構落ち着きなく吸蜜するのと、スレ・カケ個体が混じっているので、なかなか完璧な絵は撮れないもんです。
 オオゴマの産卵行動にはしびれました。カメバヒキオコシって、ほんまにたくさん自生していますね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:05
しまびとさん
 おっと、さっそくからくりを見抜きましたね。さすがです。(笑) 実は、先日、また別の後輩から教えてもらって、ホンマかいなって、今回検証してみました。米原インターを出るときの「利用料金は\1,000です」って音声には思わずガッツポーズでした。
 オオゴマ、いきなり開翅して、朝から脳みそがとろけてしまいました。えぇ蝶ですなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:10
日が替わってしまいましたが、ちゃんと見てますよ〜。
オオゴマやキバネがうらやましいのはもちろんですが、コムラサキの両翅紫写真はスゴイというかサスガというか。かつて吸汁に没頭していて好き放題の距離とアングルから撮影できるコムラサキに出会ったことがありますが、120度位の開翅で両翅が紫のアングルが見つかりませんでした。
いつもながら、お手本となる写真の数々、ありがとうございました。
Posted by otsuka at 2006年08月09日 00:14
bombyxさん
 いつもご家族で楽しそうなお話しですねぇ。
 オオゴマ、遅くはないです。まだ十分に綺麗な個体が残っているでしょう。生息地の日当たりや標高といった条件で、かなり発生にバラツキがあります。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:14
ノゾピーさん
 コメント有り難うございます。
 いや、ほんまに、思いもかけぬ大成果でした。
 車があんなことになってしまったので、今年はご一緒できずに申し訳けありません。今年は平年より1週間程度遅い感じなので、今度の土日は最適かと思いますよ。良い写真が撮れますこと祈っております。
 皆さまにも何卒よろしくお伝え下さいまし。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:19
Noreenさん
 拍手いただき、有り難うございます。(^^;
 今回、生息地に着くやいなや狙いのオオゴマが撮影できたので、その後、他種も心のゆとりを持って撮影することができました。実は、オオゴマにはひょっとしたら会えないかもしれないが、キバネには間違いなく会えるだろうというのを心のよりどころにしての出撃でした。
 ヒメシジミの♂は、白い縁毛をもっとクリアに表現したいのですが、難しいもんですね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:28
otsukaさん、こんばんは。
 深夜の書き込み有り難うございます。
 コムラサキ&オオムラサキって、やはり両翅表の紫を同時に表現したいですよね。どうも、これは前方斜め上からの撮影でしか表現できないようです。
 今回も、いろんな角度から撮影してみましたが、写真の角度が最も綺麗に見えました。
 これがクロコムラサキだったら、きっと興奮で手が震えてしまうので、手ブレ防止がいりそうですわ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 00:34
おおっ〜、オオゴマの開翅!素晴らしいですぅ〜。
この蝶、27年前に撮影して以来、会いに行ってません。久しぶりに会いたくなりました。
って、実は私、前日に高山市に居ました。ゴマの黒い個体を確認して、山を下りて、青いゴマを見に行っていたのです。この時、同行の友人と、オオゴマの話や、ETCの2枚活用の話をしていました。
考える事が似ていますネ。
ケンケンさんが出発される頃、帰宅しました。
Posted by Rhetenor at 2006年08月09日 09:19
Rhetenorさん
 まいど、コメント有り難うございます。
 入れかわりですな。この時期、ゴマかオオゴマか、種類も限られてきますねぇ。
 土・日に採り屋さんが入ると月曜は羽化直ばかりで撮影には向いているかも。(笑)
 黒いゴマもよろしいねぇ〜 私、あの翅裏が好きなんですよっ。
 実は、ETCカード、この日、3枚あったんですよ。理論的には3枚目も使うことは可能のような。時間との勝負ですが・・・
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 12:40
師匠!完全復活お喜び申し上げます。師匠と有○棲のSさんは同門で一緒に撮影に行けて羨ましいです。今度は私も撮影誘って下さい(笑)。
こちらは栃木〜福島県境のオオゴマ挑戦し、かつての棲息地土砂崩れで見る影もなく(栃木県では林道の再整備計画は無いらしい)、挙句怪我したツキノワグマの子供目撃、母熊遭遇を恐れて逃げ帰ってきました。こちらの状況は厳しいですが願わくばオオゴマがアプローチの困難な林道の奥でひっそりと繁栄していることを・・・
Posted by 蝶山人 at 2006年08月09日 15:10
オオゴマもちろんですが、他の蝶も魅力的ですね。
中でもフジミドリはまだ新鮮でいいですね。
今週末も出てくれないかなあ。(^^;
ETCカードは来年までにはもう1枚揃えないといけないですね。(笑)
Posted by BANYAN at 2006年08月09日 15:59
蝶山人さん
 コメント有り難うございます。
 いや、また、「師匠!」だなんて、おしりがこそばいです。おしゃかにした車の後継車が来たら真の完全復活ってところです。
 よく分かりましたね!そう、今回は、有○棲のS君と同行です。実は、もう1名の後輩も一緒で3人で活動してました。同じような写真が載っているので分かりますよね。(笑)
 そちらの崩れた林道の先はどうなっているんでしょうね。
 オオゴマだらけ・・・熊だらけ・・・

 機会があれば撮影ご一緒しましょう。
 まずは、それまでに、どこかでお目にかかれればと思います。

(貴殿のコメント、ダブって入っていましたので、管理人権限で古い方を削除させていただきました。ご了承下さいませ。)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 16:27
BANYANさん
 なかなか魅力的な蝶が多くて、帰りそびれそうになりますね。後ろ髪を思いっきり引かれました。個人的には、キバネに会えたのがとても嬉しかったです。もちろん、オオゴマもですが。
 ETCカードは年会費無料のやつを2枚揃えましょう。3枚あってもいいかもですね。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 16:31
平日スクランブル、成功おめでとうございます。
個人的にはフジミドリが一番うらやましいかな。
デジカメにしてからまだ撮影していません。
キバネも今年しっかり撮影しておいた方がいいので良かったですね。
コムラサキもしっかり輝いていますね。やっぱり前方やや低めのアングルが一番良いようですね。
Posted by ダンダラ at 2006年08月09日 19:41
いやいや、本当に「もつべきものは可愛い後輩」ですね(爆)。いや〜どの画像も綺麗ですね、素晴らしいです。オオゴマ、かつて一回だけ見たことありますが、時期がやや遅くこんな綺麗な個体、見てみたいです。キバネもエエですね。九州ではなかなか見れません。maedaさんにリクエストもらってたのですが・・・・。平日でもちゃんと見てまっせ〜・・・二日遅れになりましたが(爆)。
Posted by nomusan at 2006年08月09日 19:44
ダンダラさん
 コメント有り難うございます。
 エゾかなと思ったらフジだったので、「大喜びで」時間をかけて撮影しました。(笑)
 キバネはほんまに多数見ました。やや時期遅れなので、スレ・カケ個体が混じっていましたが、綺麗な個体を選び撮りです。去年はなんでいなかったのかしらって感じです。
 コムラサキ、いろいろ試してみましたが、これが1番良い角度ですね。クロコに会いたいなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 19:58
nomusanさん
 まいどコメント有り難うさんです。結構、平日でもみんなチェックしてるんだぁ〜 悪乗りして、バンバン代休取って、平日更新したろうかしらん。(笑)
 いや、ほんまに「もつべきものは可愛い後輩」・・・nomusanさんのお言葉が身に沁みましたわ。
 キバネが大発生しているのは飛騨・信州方面だけなのかなぁ?ちょっと詳しくない蝶なので、よく分かりませんが、九州で出会えたらスゴイですね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月09日 20:03
ちゃんと見てませんでした〜。m(_ _)m
普段のkenkenさんワールドとは少し毛色の違う蝶たちが登場して新鮮です。
そういえばあの辺りはオオゴマとフジミドリが同時に見られるんでしたね。他にも色々サプライズが期待出来そうな場所ですね。
Posted by furu at 2006年08月09日 22:03
お帰りなさいませぇ(^^)
持つべきものは可愛い後輩ねっ(^O^)

コムラサキの表両翅の紫色はさすがですねぇ
この角度なら両方紫に写るのね
ふむふむぅ
キバネ、オオゴマいいなぁ\(^o^)/
Posted by るり at 2006年08月09日 23:59
ちゃんと見てませんでした〜(その2)
何という切れ味のある差し足でしょうか。
今週末でかけるので綺麗な個体が出迎えてくれるのを祈ります。デジイチでは、オオゴマもフジも未撮影なのです。
この辺りのヒメシジミ♀は、赤紋がいっぱい出たタイプばかりだと思っていたら、こんなシックなのもいるんですね。
Posted by thecla at 2006年08月10日 00:09
furuさん
 コメント有り難うございます。
 なんだか、平日に更新したのに、めちゃんこ多くのコメントが付いて驚いてます。
 そう、今回の遠征には、初めて真面目に撮影した種が含まれています。この辺りに遠征しだすと病みつきになるので控えていたのですが・・・もう止まらないかも知れません。(笑)
 私が最も遭遇したいサプライズはクロコムラサキかな。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月10日 00:26
るりさん
 ただいまぁ〜 えぇ後輩に恵まれて幸せです。
 このあたりでは、コムラサキが多数見られ、じっくり撮影することができるので、いろんなアングルから撮ってみました。
 でも、オオゴマが横を飛んでるのにコムラサキにカメラを向けるのって、めちゃくちゃ勇気がいるんですよっ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月10日 00:29
theclaさん
 わはは、ちゃんと見てませんでしたかぁ。(笑)
 いや、自分で言うのもなんですが、今回は、良い切れ味の足でした。2の足、3の足といった感じかな。
 オオゴマ、今週末でも大丈夫でしょう。
 むむっ、ヒメシジミ、するどい突っ込みですな。実は、貴ブログで披露されたようなブルー斑の載った個体を探しまくったのですが、いませんでした。(涙)なので、反対に、意識してシックなやつを掲載してみたんですよ。(ホント)
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月10日 00:41
オオゴマ撮影おめでとうございます。このモデルはkenkenさん好みの素晴らしいポーズをとってくれましたね。
これから私もブログ仲間と乗鞍方面にオオゴマ撮影に出掛けるところです。いまだこの蝶には出会ったことがなく楽しみなのですが、天候が気になります。頑張ってきまぁ〜す。
Posted by 霧島緑 at 2006年08月12日 15:38
霧島緑さん
 おっ、これから出撃ですか。お気をつけていってらっしゃいませ。吉報を楽しみにしていますね。
 お天気は大丈夫じゃないかな。あまり良すぎると飛び回ってしまいますし・・・
 コメントいただいたとおり、ホンマに私好みのポーズで静止してくれました。今回は全開翅シーンには遭遇しませんでした。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月12日 16:23
ようやりますわ!
日帰りのオオゴマを本州で。
こちらでもちょっと難しいですよ。
わたしも来年はオオゴマ久しぶりに挑戦予定です。
Posted by maeda at 2006年08月12日 17:56
maedaさん
 お帰りなさいませ。
 誘ってくれたS君の若さのおかげですわ。
 運転手が2人いると楽なもんです。運転しない時はぐぅぐぅ寝てます。(^^;
 北海道のオオゴマは南西部のみにおるんですなぁ。来年、写真見てみたいなぁ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月12日 19:00
さすがにみごとな写真ですネ。同じ日の朝に、同じ林道にいたはずですが、気がつきませんでした。おまけに、オオゴマは撮れず、フジミドリには会えませんでした・・・トホホ。
Posted by CTanaka at 2006年08月13日 01:12
CTanakaさん
 コメント有り難うございます。
 ありゃりゃ。同じ日に、同じ林道に?そんなに道からは外れていないので、すれ違っていたハズですねぇ・・・
 この日は午前中はお天気良かったので、オオゴマは飛んでいるのを見送るといったシーンが多く、撮影機会は少なかったです。難しいもんですねぇ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月13日 07:24
風は今、奥飛騨へ・・・ですねえ!
私も11日に行ったのですが、採集者が多いのと、天気が良すぎて何回か出会ったのに、止まってくれませんでした。
低い位置を飛んでいるのを「止まれ止まれ・・」と何度となく叫んだのですがそのうち斜面を駆け上ってしまう。そんな繰り返しでした。
これまた私も、トホホです。

Posted by naoki at 2006年08月13日 18:12
ところで、もう再度画像をみたところ、表紙に止まって半開翅している画像は、間違いなく、シソ科ヤマハッカ属のカメバヒキオコシですが、産卵に訪れた画像は、イラクサ科カラムシ属のアカソと思われます。これは誤認産卵?か、アカソでも育つのか、問題画像と思われます。
Posted by naoki at 2006年08月13日 18:26
naokiさん
 ご登場有り難うございます。
 あらっ、貴殿も奥飛騨へ行かれたのですかな。
 休みの日だと採集者が多くて難儀しますね。まあ、採集者が先にいる所は避けるのですが、この日、「撮影が終ったら採集させて下さい」なんて、採集者に金魚の糞みたいにつきまとわれました。手の届かないところへ行ってしまうまでは撮影は終ることはないんですがねぇ。
 その採集者、なんとタバコのポイ捨てまでする最低のマナーで、同じ蝶屋として恥ずかしかったし、悲しかったですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月13日 18:44
naokiさん
 なになにっ、イラクサ科カラムシ属のアカソとな?ホンマかいな。私にはカメバヒキオコシに見えるのですが・・・
 もう一度、よく見てみますわぁ〜
 本件、後で、別途、私信入れますね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年08月13日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。