2006年07月15日

クロシジミ

 前回の記事の続きです。
 この日の撮影行はブログ仲間の「探蝶逍遥記」のFさんと行動を共にしていました。「クロヒカゲモドキは、出逢えるか否か、分かりませんよ〜」って事前にお伝えしていたのですが、運よく出逢うことができました。採集とは違って、付き合ってくれる1個体さえいれば、撮影は2人で長時間楽しめるものです。

 さて、2人共にクロヒカゲモドキは写真に収めることができたので、帰り道に、クロシジミの生息地に立ち寄ってみました。こちらのほうは、「きっと出逢えるでしょう」ってお伝えしていましたが、♀の最盛期でした。

060715s1.jpg クロシジミのマクロ画像は既に数多く撮影しているので、この日の狙いは、生息環境を写しこんでの広角写真です。
 まずは15mmFisheyeの縦位置広角写真。遠くで雷鳴が聞こえる空模様ですが、まだこの時は雲の合間から、じりじりと真夏の陽射しが肌をさしました。陽射しがきつく、気温が高すぎるとクロシジミは開翅してくれません。
 「縦位置広角写真では、上部には青空」ってのが定番で、青空を写し込みたかったのですが、残念ながら青空はありませんでした。写っているのはゴロゴロ言っている雷雲で、このほうが梅雨の季節感がでるかなって、雷雲が写るように撮ってみました。やがて雷鳴が近づいてきました。

060715s2.jpg 雷鳴が近づき、やや暗くなってきましたが、逆に、これはクロシジミの開翅シーン撮影のチャンスです。開翅シーンを横位置広角写真で1枚。上の写真と比べると分かりますが、陽射しが雷雲でさえぎられたやや暗い状況での開翅です。しかし、大きな雨粒がぽとりぽとりと・・・撤収準備開始です。早く車の近くまで戻っておかないと、ざぁ〜っと降られたらカメラが大変です。

060715s3.jpg しばらく車を走らせると、雷雲は反対方向へ行ったようで、さほど雨の心配はなくなってきました。
 今度は、別の場所で、懲りずにクロシジミの探索です。いました、いました、♀の適期のようで、うまく2頭の♀を同時に写し込むことができました。

060715s4.jpg しばらくすると、雷雲は遠くへ去り、じりじりとした陽射しが、時おり、雲の間から肌をさすようになりました。
 今度は、白化傾向の強い♀を見つけたので、ひたすらその個体を追いかけることにしました。まずは、縦位置広角で1枚。陽射しがある割りには、梅雨特有の空模様で、またしても青空は写し込むことができませんでした。青空を写す才能には恵まれていないようです。(笑)

060715s5.jpg 最後に、白化傾向の強いベッピンさんの♀をマクロで。 Tamron 90mm Macro Di レンズの素晴らしい描写性能が良く出た1枚です。

 Fさん、今回は実り多い撮影行でした。やはり蝶を探す目が倍になるとうまく見つかるものですね。広角で青空を写し込む技術をゆっくり現場でご指南いただきたかったのですが、被写体が目の前にいると、やはり追いかけまわすことに夢中で、お伺いすることもできず、走り回ってしまいましたぁ〜 また次にお会いできた時にお伺いしようと思っております。

 この日の走行距離99km。途中、狭い林道・農道も激走しておいたので、先日の転落、転覆のトラウマはないようです。(笑)
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenkenさんはじめまして。近くにクロヒカゲモドキやクロシジミがいて、いいですね。小生の住んでいる群馬県では両種とも絶滅危惧T類となっていて、今ではほとんどお目にかかれません。これから少し遠征して、撮影しようかなと思っています。
Posted by cactuss at 2006年07月17日 09:43
cactussさん
 こちらこそはじめまして。
 貴ブログ、時々拝見させていただいていますよ〜
 cactussさんの蝶達に対する愛情が感じられるページですね。
 この機会に、さっそくブログからリンクさせていただきますね。よろしくお願いします。拙ブログにもリンクしていただけると幸いです。
 群馬県は、そういう状態なんですね。でも、意外と探索すると見つかるかもですよ。クロヒカゲモドキは栃木県では、まだまだ健在のようで、撮影なさるなら、この辺りに行かれるのかな。
 今後とも、よろしくお願いします。
 両種の写真、上手く撮れますことを祈っております。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 10:40
クロシジミにクロヒカゲモドキとすごい1日ですね。どちらも今年(毎年)チャレンジしたいチョウであります。
遅くなりましたが、事故のお見舞い申し上げます。
肉体、精神ともに後遺症ないとのことで、ほんとによかったですね。
Posted by たにつち at 2006年07月17日 14:05
クロヒカゲモドキに続いて、クロシジミも成果たっぷりですね。
縦位置広角で上部に雷雲も良いのでは。これも日本の夏ですから。
探索する眼が多いと、成果もあがりますね。もっとも私の場合、ほとんど見つけてもらう側ですが(笑)
Posted by thecla at 2006年07月17日 15:38
たにつちさん
 コメント有り難うございます。
 また、事故お見舞いコメントまで頂戴し、恐縮です。幸い、まったく後遺症などありませず、大丈夫です。ですが、車がパ〜になってしまったので、これから調達です。
 こちら、京都府〜滋賀県は、少ないながらもクロヒカゲモドキ、クロシジミ共に健在で、この暑い季節に楽しませてくれます。今回は、本当にラッキーで、両種共に、思惑どおりに出逢うことができました。撮影だと、1頭いれば良いので。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 16:14
theclaさん
 この日はホンマにラッキーでした。特に、クロヒカゲモドキはサービス精神満点の個体で、近づくと、私の手の甲にとまって汗を吸ってくれたりしました。
 複数の撮影者で行くと、探索する目が増えるので、探すのも楽ですし、何よりも、自分が撮影している姿を撮影してもらえるのが嬉しいですね。この辺りの「番外編」は、シーズン・オフのネタに取ってあります。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 16:23
kenkenさんのようなハイレベルの観察眼の助けを借りて非常に効率的な撮影ができることが実感できました。特に産卵や交尾シーン等、単独行では無理な状況が多いですね。
直接関係ないですが、貴ブログのスキンデザインが変わって、小生のような老眼には有難いです(^^)
Posted by fanseab at 2006年07月17日 19:51
最後の90oマクロの一枚すばらしい描写ですね。
しっとりと落ち着いて、やはり明るささえ確保できれば、撮影は曇りの日に限りますね。
私も近場のクロシジミ挑戦したいのですが、悲しいかな当分雨の予報です。
Posted by kmkurobe at 2006年07月17日 20:43
fanseabさん
 連日のコメント、サンクスです。
 ハイレベルだなんて・・・とんでもないです。毎年、この時期になるとヒマがあればクロシジミの観察をしているので、いかに私がヒマかということでしょう。(笑)
 ブログのデザインは、だいたい月に1回を目標に変えています。実は、私も老眼気味で、現在のデザインは大変目に優しいので、これにしてみました。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 20:52
kmkurobeさん
 コメント有り難うございます。
 TAMRON 90mm Macro は名玉です。この日、ご一緒したFさんもこのレンズをお使いでしたね。昆虫や花のマクロ撮影には抜群の威力を発揮しますが、やかりポイントは、いかに自然と一体化して蝶に近づけるかだと考えます。
 そう、撮影はピーカンはだめで、曇りがちで雨の降らないお天気が最高ですね。なかなか、そんな日はありませんが・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 20:57
クロシジミ三昧ですね。
今日はブルメイさんとちょっと行ってきました。
安全運転で落ちることはありませんが、落としてきたものがあります。
ちょっとショックを受けています。
詳しくは後日にでも語りましょう。
Posted by maeda at 2006年07月17日 22:02
滋賀県のクロシジミ確かに色白でいい顔していますね。一種類の蝶に拘って頻繁に定点観察するのも記録としては価値がありそうです。今年はボロボロになるまでオオムラサキ追っかけしようかな。まあとにかく、お元気そうでなりよりです。
Posted by ノゾピー at 2006年07月17日 22:12
maedaさん
 先刻、ブログを拝見しました。どうなるのかしらんって、手に汗握って読んでました。(笑)
 この季節、こちらはかなり暑く、これから蝶影は薄くなっていきます。
 あらら・・・何かを落とされて・・・すべてオフレコ話しは、来年の九州合宿ででも話しますかな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 22:39
ノゾピーさん
 まいどの書き込み、有り難うございます。
 そう、定点観測は大切です。
 当方、今年はまだ行っていない定点観測のクロシジミのポイントがあって、そこは昨年、蟻が少なく産卵数も少なく、今年は個体数減少が予測されます。どうなっているのか、事実をキチンと押さえるべく見に行こうと思っていますが・・・
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月17日 22:50
生息環境を写し込んだショットは年を経るごとに値打ちが出てくるように思います。
特に記録としての価値は変え難いものですから。

これは定点観測にも同じことが言えますね。

トラウマ云々はともかく、事故の教訓はどこかで必ず役立つはずです。
Posted by 深山葵 at 2006年07月19日 19:49
深山葵さん
 コメント有り難うございます。
 生息地を定期的に撮影して、年々変わりゆく環境を長期的に表現できればと思います。
 最近は、蝶のマクロ撮影よりは広角に重きを置くようになりました。
 はい、教訓は今後に活かしてまいります。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月20日 06:50
デジカメはちょっと濡れても壊れるそうなので。私も雨の時は無理しないようにしています。その辺はフィルムカメラの方が気を遣わなくても良かったですね。
クロシジミの白化型、私は見たことがありません。
なかなか渋くて、綺麗ですね。
滋賀県は白化型が良く出るのでしょうか?

Posted by ブルメイ at 2006年07月20日 19:46
ブルメイさん
 そう、デジカメは雨に気遣いますねぇ。まあ、傘を持っていればさほど問題はないでしょうが。
 クロシジミ、滋賀県に限らず、白化型はどこの生息地でも混じるようです。滋賀県は「多い」とまでは言いきれませんが、探索していて出逢えると、頑張って追いかけて撮影してます。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月21日 06:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。