2006年07月15日

我撮影成功黒日陰擬開翅場面(其乃二)

 先週、車をオシャカにしてしまったので、現在、車がありません。オシャカにした車、車種は敢えて申しませんが、とても気に入っていたので、同じ車の新型を購入すれば良いのですが、やはり車を購入するとなると、いろんな車を見て回りたくなるものです。
 で、この週末の3連休、車屋さん巡りをするためにレンタカーを借りることにして、金曜日の仕事帰りに、勤務先近くのレンタカー屋さんで1000ccのコンパクト・カーを借りて乗って帰りました。
 はい、で、車があると速攻で出撃してしまいます。この時期、狙いはもちろん、私の最も好きな蝶の1つでありますクロヒカゲモドキで、京都府南部〜滋賀県を回ってきました。

060715m1.jpg 探索開始するとすぐにクロヒカゲモドキを発見。まずは、写真を押さえるべく、しっかりとカメラを構えて、平行度に気を付けながら翅裏を90mmMacroで1枚。やや逆光気味なるも、できるだけ自然光で撮りたいので、ストロボは焚いていません。その分、周囲がやや明るく写りましたが、白飛びはなく、細部までうまく表現できています。葉上での吸水です。本種の写真を自然光で撮るのは、本当に難しいと思いますが、これが本来の色であります。

060715m2.jpg 今度は生息環境の雰囲気もある程度写しこんで90mmMacroで1枚。相かわらずの写真と言ってしまえばそれまでですが、これもやはり、ストロボは使用せず、自然光での撮影です。逃げられないように慎重に近づいて、しっかりと三脚を立てて、被写体ブレが生じないよう、無風状態になって下草の揺れがなくなるのを待っての撮影です。その間、薮蚊の攻撃を注意深くかわす必要もあります。(笑)

060715m3.jpg 2時間ばかり閉翅や吸水写真の山を築いていましたが、ついに「その瞬間」が訪れました。本記事の題名にもしています「開翅場面」です。昨年撮影した写真を遥かに上回る、イメージどおりの写真です。新鮮な個体で、後翅表面の眼状紋の中の白点がうまく表現できています。そう、これが自然光で撮りたかったのです。あぁ、もうこの上ない喜びで、天にも昇る気分です。日本に生息するLethe4兄弟、翅表は本種が最も美しいと思います。(本記事の題名は、昨年の記事を踏まえて「其乃ニ」にしています。)

060715m4.jpg はい、もちろん15mmFisheyeでの撮影も忘れてはいません。本種が生息する、いわゆる「雑木林の林床に潜む姿」を周囲の雰囲気を含めて表現しようといろいろやってみましたが、やはり自然光で撮影するのはちと無理のようで、こちらは弱めに内蔵ストロボを焚いての撮影です。前夜の雨の影響で、下草が濡れているところにもぐっての撮影で、結構難儀しました。

060715m5.jpg【2006-7-15追記】
 え〜、すぐ上の4枚目の画像は。横位置の広角写真です。「縦位置広角写真の回転し忘れ?」ってコメントを頂戴したので、縦位置広角写真を1枚追加しておきましょう。被写体の向いている角度から、なかなか空を入れられる状況ではありませず、右上の樹木の間にちらりと曇り空を入れるのが精一杯でした。これも見た目には明るい写真ですが、かなり暗い状況でストロボを使用しています。体ごとじわ〜っと茂みの中にもぐりこんでの撮影です。【追記終わり】

 この後、毎度このシーズンの定番でありますクロシジミの生息地にもちょっと立ち寄ってきましたが、クロシジミの記事は、次回のお楽しみということで、たまにはちょっと引っ張ってみましょう。(笑)
 コンパクト・カーも、まあまあの走りで、小回りが効くので狭い農道なんかも走り易くてえぇもんですね。(次回へ続く)
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやこれはすばらしい。このように新鮮な開翅の写真初めて見ました。ずいぶん粘って撮影されたのが感じられます。

私もそこここにいるこのチョウを何とか撮ってやろうと頑張ったんですが、忍耐がたりませんでした。
Posted by kmkurobe at 2006年07月16日 10:20
やはり、ノンストロボでのしっとりとした描写、本来の地色が正確に表現できていて、脱帽です。ノンストロボ&手持ちだと、どうしても手ブレしてしまいますね。
Posted by fanseab at 2006年07月16日 11:28
念願の1枚おめでとうございます。素晴らしいです。
やはり開翅を撮影するには忍耐?も必要なんですね。
僕だったら2時間は待てないですね。(^^;
広角ですが、これは横でいいのでしょうか?回転忘れでしょうか?
Posted by BANYAN at 2006年07月16日 12:32
kmkurobeさん
 いえいえ、やはり100km走って3分の撮影が効率的かも。
 私の場合、こんな写真っていうアウトプットイメージがあって、それを追い求めるので、ついつい時間をかけてしまいます。その分、イメージどおりの写真が撮れると、喜びもひとしおです。まあ、気長な人間といったところです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 14:52
fanseabさん
 お褒めにあずかり光栄です。1枚だけ良い絵が撮れていました。
 比較してみましたが、やはりノンストロボのほうがしっとりした良い色が表現できていました。マクロリングライトがあると、微弱なスロトボ光でうまく表現できるのでしょうが、お値段が良いので、そこまで手が届いていません。(師匠(と勝手に私が呼んでいる)S氏や後輩のS君もマクロリングライトを導入しています)私もそろそろマジメにストロボ使用を考えてみようと思います。まずは、自作の機器からです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 14:59
BANYANさん
 コメント有り難うございます。
 イメージどおりの写真が、あしかけ数年で、ようやく撮影できていたく喜んでいます。時間を気にせずに被写体を追いかけまわしていまして、良い絵が撮れて現場を離れようとして時計をみたら2時間以上も経っていました。
 わはは・・・この広角写真は横位置でOKです。よ〜し、BANYANさんのコメントにお応えして、これから縦位置の写真を1枚いたしましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 15:03
もう20年近く見ていないクロヒカゲモドキです。
いいなあー。
山の小道はスズキジムニーが良いと思っているのですが、長距離運転時がきつそうですね。
Posted by maeda at 2006年07月16日 15:17
maedaさん
 えぇでしょ、えぇでしょ。(笑)
 あら、もう20年近くも・・・広島にお住まいの頃は見に行かなかったのですね。こちらでは今から猛烈に暑くなってきて、蝶影が薄くなっていきますが、そちらはこれからerebiaの季節ですな。いいなぁ〜。
確かにジムニーは山の小道向きですね。ですが、おっしゃるとおり長距離はしんどいかな。スズキでは、SX4っていうモデルを候補に考えています。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 16:09
モドキの開翅写真、おめでとうございました。あの暑さの中を2時間も粘られたとの事、執念の一枚ですね。水滴も写っていますが、通り雨にも見舞われたのでしょうか。
昨日はギンイチの撮影に行ったのですが、あまりの暑さに早々に退散したので、たいした写真は撮れませんでした。
暑かろうが、降られようが、やはり粘りと頑張りが必要ということなのでしょう。
Posted by otsuka at 2006年07月16日 19:12
一枚目の、逆光気味の画像・・・
PEKEもこんな画像を撮ってみたい!
白い縁毛の縁取りが最高に美しい!
三枚目の(kenkenさんの事ではないっすよ(笑))、開翅画像
おっしゃるように後翅の眼状紋中央の白点のインパクトったら・・・
何と表現すれば良いのでしょうか?
素晴らしいなあ・・・

ところで次期主力戦闘機の機種選定はいかに?
軽トラに優る、日本の林道の走破性と・・・
ポイントにいたる遠距離ドライブの快適性と・・・
両方兼ね備えたウェポンは果たして存在するのか?

PEKEは仏国シトロエン社の油圧サスペンションと可変車高システムにその解ありと、密かに睨んでおるのですが・・・
反面、林道の奥で緑色の血液を流しながら立ち往生する姿も想像したりして怖かったりします。

夏合宿で見た、simabitoさんのフラット6+4WDもかっこよかったなあ・・・
Posted by pekeyama at 2006年07月16日 20:09
otsukaさん
 コメント有り難うございます。
 こちらは雲ってまして、暑さはなんとか我慢することができました。前夜にかなり激しい夕立があり、気温が高く高湿度のため、ヒカゲチョウ科の生息する日の当たらない場所では、その水滴がまだ葉上に残っている状態でした。
 粘りと頑張りもそうですが、まあどうせ今日も開翅は無理やろなって、あきらめの無欲の境地が良かったのかもしれません。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 20:40
レンタカーでの出撃、流石です。ヘエー、まだクロヒ綺麗ではないですか。そういや今年見ていません。しっかりとシットリとした翅表も撮影とは、ウウー悔しい。
Posted by ノゾピー at 2006年07月16日 20:48
pekeyamaさん
 コメント有り難うございます。貴ブログもコメントこそたまにしかしませんが、いつも欠かさず拝見してますよ〜
 1枚目は曇り空でのやや逆光シーンかな。ノン・ストロボでここまで表現できました。3枚目は、数年間イメージに描いていた画像です。活動タイムだったようで、開翅時間は約30秒くらいで、すぐに飛んでしまいました。
 戦闘機、ホンマに迷っています。いろんな車屋さんに試乗しに行って、その数だけの営業マンの方々のお話しを聞かせていただいて、情報量が多すぎて困っていますが、もちろん4WDは外せませんね。RAV4、X−TRAIL、CR−Vなどなどに試乗すると、どれも良い車で優劣がつけられませんわぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 20:57
ノゾピーさん
 違う目的でレンタカーを借りたのですが(ほんとぉ?)結局、出撃してしまいました。(笑)コンパクトー・カーでも行ける近場の蝶といったらこんな選択になりますね。今日は本来の目的で、車屋さん巡りをして、出撃は控えました。(お天気悪いからでしょ?)
 クロヒカゲモドキ、これはもう毎年の行事みたいなもんです。しかし、えぇでしょ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 21:02
クロヒカゲモドキの気配りの効いた画像の数々素晴らしいですね。
私なんぞ、雑な性格なもんで、少々斜めでもかえって雰囲気が良くなるかもしれない、いっちゃえいっちゃえでやっとります。
横広角は、雨上がりの雑木林の雰囲気が良く出ていて好きです。
新戦闘機は何になるんでしょう。我が家の戦闘機(輸送機?)もそろそろ新型が欲しいなあ。
Posted by thecla at 2006年07月16日 22:30
theclaさん
 コメント有り難うございます。今回は、まず、クロヒカゲモドキの写真をいつもより多い目にUPいたしました。まだまだ広角でのストロボ使用はへたくそで、没写真の山を築いてしまいました。
 次期の戦闘機、入れ替わり、立ち替わりで、車屋さんの営業マんが訪ねてきてくれるので、情報過多で逆に困っいます。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月16日 23:26
週末遊び惚けておりまして、すっかり出遅れてしまいました。いや〜・・・・・エエですなぁ〜。脳みそがとろけそうですわぁ・・・。無理して一票投じるとすれば(誰もそんな事言ってないか(爆))、やっぱり開翅でしょうなぁ・・・。エエもん見せて頂きましたぁ。
Posted by nomusan at 2006年07月18日 21:04
nomusanさん
 出遅れだなんて、とんでもない。どんどん遊び惚けましょう。(笑)
 開翅に1票有り難うございます。この開翅写真、撮った写真をカメラのモニターで確認した瞬間、脳みそがとろけました〜 もう、こいつの、これ以上の開翅写真は撮れないんじゃないかな。
 参考までに、次のような撮影データです。
カメラ:CANON EOS 30D、レンズ:Tamron 90mm Macro Di、撮影モード:絞り優先AE、シャッター速度:1/160、絞り数値:3.2、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:200、ストロボ:非発光
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月18日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。