2006年07月01日

曇り時々雨

 え〜、管理人は、学生時代からのサッカー・ワールドカップ好きで、個人技の南米サッカーよりは、組織力のヨーロッパサッカーを応援しております。とりわけ、ドイツの大ファンなのです。1986年のメキシコ大会で、ドイツは決勝まで行ったのですが、マラドーナ率いるアルゼンチンに2-3で惜敗し、優勝できませんでした。当時、0-2から2-2まで追いついた時は狂喜乱舞したのに・・・で、今朝のドイツ−アルゼンチン戦はその時の悔しい思いを晴らしてくれる内容の試合で、0-1からゲルマン魂を発揮して追いついてのPK戦での勝利です・・・という訳で、今朝は3:00頃までサッカー見てまして、少し仮眠して遠征しようかと空見るも雨・・・さすがに今日は家でのんびりするかと2度寝。
 次に起きると雨は小康状態で少し明るい感じ。で、かなりの睡眠不足も、ついつい、近場の大阪府のフィールドへ一瞬ドライブしてみることに。

060701k1.jpg まずは90mmMACROで。この季節、毎年見たくなるクロヒカゲモドキ。撮影中はずっと曇り〜小雨でやや暗く、完全に活動モード。葉上に静止しても、敏感でなかなか近づかせてくれない。ピクッ、ピクッと翅を振るわせるようにちらりと翅表を覗かせる。結局、延々追跡するもV字開翅にお目にかかれず。雨に濡れた下草がいい感じのアクセント。

060701k2.jpg 上の写真のシーンを毎度のことながら15mmFisheyeで。敏感で、何度も何度も追っかけを繰り返し、ようやく同じシーンを90mmMacroと15mmFisheyeの両方でゲット。自然と一体化して被写体に近づけた瞬間かな。このようなススキなどが自生する林床が棲息地。下草ごちゃごちゃしていて近づこうとすると、ガサっと音させてしまって逃げられる、そんな環境。

 本日の走行距離112km。雨に濡れて寝不足の1日だったが、ドイツの勝利のおかげで元気?

posted by kenken(管理人) at 22:30| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜すごいぞすごいぞ(爆)。もうクロヒカゲモドキですか〜・・・。九州では7月後半の蝶というイメージですね。メチャ、ピンポイントって感じです。そーですか、組織的なサッカーがお好きですか〜・・・・・私はDの伝統で(爆)、自由気ままな南米サッカーが好きですね〜(笑)。いずれにしても、今回の試合時間は結構、難儀ですね〜・・・。
Posted by nomusan at 2006年07月01日 22:57
すごいだろ、すごいだろっ(笑)ここは発生早く、たいていは6月から出ています。毎年、環境変化を見守っている所でして、はっきり言って、雨降ってたのでドライブのつもりで行ってみましたが、一瞬明るくなった瞬間のランデブーでした。
サッカー、ほんまに寝不足になって困りますわぁ。あと、イタリヤとブラジルを撃破せねばっ!
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月01日 23:25
僕はアジアが弱いので、アフリカ勢を応援してましたが、駄目でしたねえ。昔から応援しているオランダも負けてしまいました。(^^;今ハーフタイムです。(笑)
クロヒカゲモドキ出ているのですね。しっとり感がいいですねえ。
山梨もそろそろ見れるかなあ。
Posted by BANYAN at 2006年07月02日 01:00
W杯、今大会は結局欧州選手権になってしまいましたね。
でもさすがに各試合とも見ごたえがあります。

またまたシブめの玄人好みのチョウのお出ましですね。
そろそろ緑色のゼフも出始めた様子です。
Posted by 深山葵 at 2006年07月02日 07:37
クロヒカゲモドキの撮影風景が目に浮かびます。
この手の蝶は結構敏感で直ぐ逃げるんですよね。
どちらが先に諦めるか根比べですね。
接近する際に草にレンズが当たり揺らしてしまって逃げられることしばしばです。
Posted by maeda at 2006年07月02日 15:20
BANYANさん
 深夜(早朝?)の書き込み、有り難うございます。
 昨年のクロヒカゲモドキは4つ目になりそうな個体でしたね。そろそろかな。暗いところに止まるので、いかにブレずに撮るかが課題の蝶ですね。今年も是非、狙ってみて下さい。
 ブラジル、負けましたねぇ〜
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月02日 15:37
深山葵さん
 いつも渋いコメント、有り難うございます。
 確かに、ワールドカップは欧州選手権になりましたね〜
 ブラジルが負けるとは・・・しかし、どの試合も興奮させてくれます。ドイツ、頑張れ!
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月02日 15:49
maedaさん
 おっ、今日は珍な時間帯の書き込みですな。で、私も珍な時間帯のレスだったりして。(笑)大雪、お疲れさんでした。
 クロヒカゲモドキは活動モードですと無茶苦茶敏感です。
 じわぁ〜っと腰を下ろしながら近づく必要があるので、結構疲れます。そうそう、手前にある下草に触ると、それが被写体が止まっているところまで続いていたりして逃げられるんですわぁ。オマケに暗くて蚊いますし、難儀します。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月02日 15:54
モドキやはり出ていましたか。早朝なら比較的おとなしくしてくれますが、それ以外は結構敏感な奴ですものね。下の写真決まっていますよ。ヤブ蚊責めにあいませんでしたか?
Posted by ノゾピー at 2006年07月02日 17:29
ノゾピーさん
 この日は1日、降ったりやんだりの微妙な天気で、活動モードでしたね。ピーカンだと茂みの中へ消えていきますが、逆に撮影には良かったかもしれません。一瞬、開翅しそうになったのですが、開きませんでした。
 撮影中は完全ガードしていたのですが、帰りがけに1箇所虫パッチを貼るハメになりました。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月02日 20:15
クロヒカゲモドキ、渋いッスねぇ〜。
地元での過去の初見は7/5だったと思いますが、残念ながら、当地では、ここ数年見る事が出来ません。
この蝶、最近、人気急上昇の感が有りますね。

私の方、昨日は、福島県と新潟県、旧市町村で5市町村を廻ってきました。相変わらずキマピョン目的でしたが、往復夜行バス利用でヘロヘロになりました。
2個所のポイントで確認出来ましたが、撮影チャンスは無かったデス。
テリタイムに土砂降りになったのが、原因!と、言い訳したりして。
Posted by Rhetenor at 2006年07月03日 19:13
Rhetenorさん
 まいどです。そう、河内では結構キツイかもですね。ひっそりと残っていると良いのですが・・・
 福島&新潟ツアー、パワー全開ですなぁ。キマピョンにはみんな熱いねぇ。
 新潟といえば、確か、1991年だったかな、蝶研F誌に故・S路氏のレポートで「新潟県のキマダラルリツバメ1発勝負!」ってNULL記があったのが懐かしく思い出されます。
 それから、広島がまだ未発見の頃、某Y氏が広島でキマピョン発見し、朝鮮半島顔だったこともあり、「これから発表するのでオフレコやで」なんていいながらそりゃまぁ熱く語ってくれました。
 われわれ蝶屋には、やはり探索心が命かな。
(今宵はちと呑んでまして、ノスタルジックになってますです。)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月03日 21:29
クロヒカゲモドキいいですねえ。
ただ、朝起きて、TVを付けたとたん、イタリアにゴールをぶち込まれてドイツ負けてしまいましたね。私は疫病神か?
実はひそかにドイツを応援してました(2002年わざわざ札幌ドームまで見に行った試合がドイツvsサウジでした、カーン暇そうでした)残念。
Posted by thecla at 2006年07月06日 00:12
theclaさん
 深夜のコメントどうもですぅ。クロヒカゲモドキは、この季節、会っておきたい蝶の1つです。ナミヒカゲに比べると、重量感のある飛びが良いです。
 うぅっ、朝4時から起きてドイツ応援してたのに・・・イタリアに足をすくわれるとは・・・(T_T)
 馬にワールドカップ、話しが合いますなぁ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月06日 00:42
クロヒカゲモドキって渋い蝶ですね。
まずマクロでそして魚眼レンズで撮影できたらパーフェクトですね!
下草が繁っている場所では、近づくと草が動いてよく逃げられます。
もっと自然と一体化をしなくては・・・(笑)。

Posted by Noreen at 2006年07月07日 05:46
Noreenさん
 コメント、有り難うございます。
 クロヒカゲモドキの渋さが分かるようになると、もう大人です。(笑)
 前翅裏面の3個並びの眼状紋を見つけると、ひそかに微笑んでしまいます。
 本当に自然と一体化すると、自分の肩に止まって、汗を吸ったりしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2006年07月07日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。