2006年04月15日

雨中閑話

060415s.jpg ここのところすっきりしないお天気が続きますねぇ。今日も朝から梅雨のようなお天気です。これではさすがにどこへも撮影に行く気になれません。明日もお天気悪そうで、またカメラ店巡りとかするのかしらん?それとも次のスクランブルに備えて仕事かなぁ〜
 今日は、ほんの暇つぶしにいろいろ書いてみましょう。

 ◆この季節は人事異動などがありまして、勤務先では各部署で歓送迎会などが行われます。去る4/13に京都市内の某和食店で開催された歓迎会に参加したところ、メニューに新潟の地酒「〆張鶴」を発見!なかなかめぐり合えない酒です。さっそく注文して呑みました。いや、ホンマに和食にはぴったりのすっきりした旨い酒です。割り勘なので、ガンガンいってしまいました〜口福でした。で、あまりに嬉しかったのでメニューを携帯電話で撮影してしまいました。(笑)

◆群馬県の赤城山のヒメギフチョウを保全している「赤城姫を愛する集まり」さんがHPを開設されました。素晴らしいHPで、また、熱心な保全活動には本当に頭が下がります。未来永劫、赤城山をヒメギフチョウが舞い続けますよう願っています。皆さんも是非ご協力下さい。
 さっそくリンクさせていただきました。本体のHPのリンク集からどうぞ。

◆以前に相互リンクさせていただいた「神戸市の蝶 お気に入りの蝶」さんが、今度はブログを開設されました。今後のますますのご活躍が楽しみです。
 このブログの「お気に入りのブログ」からどうぞ。
posted by kenken(管理人) at 18:25| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「〆張鶴」皆さんに飲んで欲しい酒でありますが、余り有名になって欲しくない酒です。
新潟の「越乃寒梅」はさらさらしすぎで大して美味しいとは思わないのですが、ある有名人が本に書いたことで急激に人気が出て品薄となり、一升が8000-10000円するようになりました。この酒もかつての2級酒で1500円程度の酒です。
同じようになって欲しくないので、有名にならないことを願っています。
酒蔵の皆さん、すみません。
Posted by maeda at 2006年04月15日 21:16
maedaさん
 ふむふむ、なるほど・・・複雑な心境ですな。
 よく思い出してみると、そんなに大した味ではなかったような・・・と日記には書いておこう(笑)
 以前にご紹介した栗焼酎「ダバダ火振り」も同じですわ〜
 これも、よく思い出してみると、そんなに大した味ではありません・・・と日記には書いておこう。
Posted by kenken(管理人) at 2006年04月15日 22:28
蝶のポイントにしても、酒にしても中々適度にというのは難しいのでしょうね。いずれにせよ、過剰に人気になるとろくなことがないですね。
こちらも明日の天気は、駄目そうなので、皐月で一勝負!
でも重馬場かな?

Posted by thecla at 2006年04月15日 23:20
theclaさん
 「中庸」というのは難しいものですね。
 酒も、蝶の新ポイント探索のように、未知のものを色々飲むのが楽しいのではないでしょうか。
 明日(もう、今日か!)の皐月賞はやや重くらいかな。
 4-6-11-15の3連単BOXなんてどうでしょうか。
Posted by kenken(管理人) at 2006年04月16日 00:33
「〆張鶴」ってどう読むのでしょうか?
あっ、最近のコメント質問ばかりで済みません。(^^;
今日は新潟の地酒のお店に寄ろうか迷いましたが、銘柄詳しくないので見送りました。
専用口座に残高ないので、皐月賞は売場まで行かないと買えません。(笑)
Posted by BANYAN at 2006年04月16日 01:02
BANYANさん
 いえいえ、いいんですよ。何でも気軽にご質問下さい。
 これね、「しめはりつる」って読むんです。「しめちょうづる」って読むのかしらと思っていたのですが、1升瓶をみるとちゃんとひらがなで「しめはりつる」って書いてあります。(笑)
 皐月賞<武君がとぶような組み合わせも買っておこうかな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2006年04月16日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。