2006年01月22日

お蔵入り写真シリーズ(5) 「花は盛りに、月はくまなきを・・・」

060122g1.jpg060122g2.jpg 春になると、街中ではソメイヨシノが満開になる頃に花見スポットに大勢の人々が集まって来るのであるが、あふれんばかりに咲き乱れるソメイヨシノが趣があるのであろうか、いや、そうではない。私は、人知れず、山で控え目に咲く野生種の桜が圧倒的に好きだ。良く訪問させていただいているブログで、桜の花や花の逆光アングルでの写真を拝見し、お蔵入りになっていた桜の画像を引っ張り出してみた。
 マメザクラかヤマザクラであろうか、ソメイヨシノに比べて控え目に咲いているところが何とも趣があるものだ。逆光のアングルで自然光のみの撮影なのでうまく花の色が表現できていないが、春の陽射しと青空などから春の雰囲気を感じ取っていただければと思う。
 ・・・と、「蝶ではなく桜を撮影した」写真であることにしておこう。(^^;;

【撮影データ】Canon EOS Kiss DN、Tamron90mmMACRO、Tv:1/4000、Av:4.5、評価測光、露出補正:-1/3、ISO400、ホワイトバランス:太陽光、2005年4月、福井県
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(18) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenkenさん、借景に完品のギフとは贅沢な・・・。でもこの微妙な距離で、ギフと狙いの桜の花弁両方にピンが来ているのはさすがです。写真を見ているだけで、ついつい自分ならどのように撮るかなあ〜と考えて、首が痛くなりました(^^); ・・・もう2ヶ月の辛抱で、ストレス発散できそうですネ!
Posted by FANSEAB at 2006年01月22日 21:14
桜がメインでギフはほんのアクセント。蝶屋以外の方はそう思われるかもしれませんが、私他蝶愛好家は違いますぞ。桜はギフを演出するほんの脇役であることを。
Posted by ノゾピー at 2006年01月22日 21:22
う〜む・・・これがお蔵入りとは、流石kenkenさん、レベルが違いますなぁ・・・。FANSEABさんも書いておられますが、桜とギフチョウ、両方にピントがあっているのは本当に流石・・・ですね。私も山で見るヤマザクラが圧倒的に好きです。
Posted by nomusan at 2006年01月22日 21:40
FANSEABさん
 ご無沙汰しています。ブッシュの頭上5mくらいのところの桜花です。訪れていたのは襟巻きの色(写真では分かりませんが、現地では目視確認しています)から♀のギフチョウで、のんびり、ゆっくり吸蜜していました。足場の関係で、どうしても逆光からしか撮影できず、ギフに露出を合わせると白飛びするので、敢えて桜花を狙ってやや絞っての撮影です。自然光だけでは、これが限界でしたねぇ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月22日 22:53
ノゾピーさん
 おっしゃるとおりでございます(笑)一般の人なら桜にアゲハチョウって思われるかもしれませんね。これは90mmのレンズなので、ノゾピーさんの望遠マクロだともっと繊細な画像が得られると思いますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月22日 22:57
nomusanさん
 まいどです。貴殿のブログから桜の写真を思い出しました〜 実は、メインの写真はすでに本ブログにアップされておりまして、その画像の前後くらいの画像です。順光ならば、ほんまにエェ写真が撮れたと思うのですが・・・http://www.k3.dion.ne.jp/~zephyrus/LOVELOG_IMG/20050414d38acf53.jpg
 ヤマザクラのほうが圧倒的に好き・・・同じですなぁ。おそらく我われには、メスアカの血が流れているのでしょう。(笑)


Posted by kenken(管理人) at 2006年01月22日 23:06
さくらとギフは難しい組合せですね。
新潟での写真がありますが、すべてボツです。それ以来チャンスがありません。
Posted by maeda at 2006年01月23日 09:01
山に咲く桜はいいですよね。
桜はやはり逆光だと撮影難しいでしょうね。でも、逆光でも撮影したいです。待っていてもなかなか桜に来てくれないんですよね。
Posted by BANYAN at 2006年01月23日 11:20
maedaさん
 そう、桜とギフは非常に難しいテーマです。この写真なんか、まだマシなほうです。だいぶ前に、蝶研F誌の「生態写真コンクール」で大賞を取られた写真で、満開の桜の花と青空とギフをうまく撮影された写真がありましたが、ほんまに傑作でした。確か、M山さんという方の写真だったと記憶しています。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月23日 12:26
BANYANさん
 やはり桜は園芸種よりは自生種でしょう。
 そうそう、なかなか桜には来ませんね。特に、撮影し易い高さの花なんかには全くといっていいほど来ません。地上5mくらいの桜花で吸蜜しているシーンがまだ見かけるほうかな。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月23日 12:29
私がギフチョウで目標にしている写真に、満開のカタクリで吸蜜しているものと、満開の桜で吸蜜している写真とがあるんですが、桜はできればオオヤマザクラのようなピンクの濃いのが良いな。
派手好みな私です。
Posted by ダンダラ at 2006年01月24日 11:36
ダンダラさん
 私はカタクリでの吸蜜はまあまあ撮影して、今ではショジョバカマでの吸蜜を狙ってるんですが、まだ不発です。(笑)
 サクラでの吸蜜写真は本当に難しくて、狙い続けていますが、どうしても地上数メートルのところが多く、思うようにいきません。
 しかし、毎年、サクラの咲く季節にギフチョウのいるフィールドに足を運べること自体が、最大の喜びですね。
 
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月24日 14:21
サクラとギフチョウ、日本人だなあと思うテーマですね。サクラに来ているシーンは私もまだ撮影できていません。
やっぱり、300mm手振れ防止機能付のレンズを買ってしまいたい誘惑にかられています。
おっしゃるとおり、ギフチョウの時期にフィールドに足を運んで春を実感することそれ自体が楽しいですね。もちろん、目的のものがバッチリ撮れるのが一番ですが、姿を見るだけで、幸せな気持ちになれます。
Posted by thecla at 2006年01月25日 22:51
theclaさん
 確かに「日本の美」っていうシーンですね。こんなシーンに出会えるだけで満足してしまいそうですが、いやいや、やはり、桜の薄いピンクとギフチョウの色の両方を表現できるまで、まだまだ撮り続けてしまいます。(笑)300mmのISには魅かれます。200mmくらいのマクロでIS付きのヤツがあると良いのですが・・・
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月25日 23:35
ギフにサクラ。
永遠のテーマですがなかなかチャンスに恵まれません。

これでお蔵入りは実にもったいない。
たしかにスミレやカタクリなどと違ってアングルを変えるのも困難だし・・。

でも観察するにはやはりこの組み合わせがより「春」を感じさせてくれるのも事実です。
Posted by 深山葵 at 2006年01月26日 10:18
深山葵さん
 「サクラにギフ」ではなくて「ギフにサクラ」ときましたね。(笑)
 そう、なかなかチャンスが巡ってこないんですよねっ。
 「永遠のテーマ」・・・そのとおりかもしれません。お名前から、ギフチョウには特に思い入れがおありだと拝察いたします。
 今年も早くギフに出会いたいものです。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月26日 12:38
kenkenさんのギフとサクラも素敵ですね〜♪
nomusanさんのBlog画像を見て思い出されたそうですが・・・実は私もその1人です。
なかなか撮影チャンスが少ないコラボレーションなので貴重な画像です。
今年も桜の季節には是非写したいものですね。
Posted by Noreen at 2006年01月28日 09:34
Noreenさん
 ありがとう〜そう、nomusanさんのブログで思い出しました。
 そちらの「桜にヒメギフ」も拝見♪
 まったく話しは変わりますが、Noreenさんもmaedaさんのブログで「ますのおすし」に素早くレスしてましたねぇ。こちらは心にしみるお話しでした。
Posted by kenken(管理人) at 2006年01月28日 13:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。