2005年07月24日

クロシジミ産卵状況定点観察

20050724604b0edf.jpg曇り後晴れ。ゲリラ的信州日帰り撮影行しようかと思っていたが、撮りたい蝶のいる高標高地はお天気悪そうなので、見送ることに。で、毎度この季節お決まりの近場、滋賀県大津市でクロシジミの産卵状況の定点観察に。昨年の同時期はススキにアブラムシが多く、主にススキに多数産卵されていたが、今年はアブラムシが少ないのと、時期がまだ早いのか、まったく卵を見つけることができない。それどころか、翅形から見て♂と思われる新鮮な個体(写真)をいくつか見る。今年はススキ以外に主に産卵しそう?しかし、来シーズンは発生数少なそうやなぁ。ジャノメチョウ、コミスジ、ウラギンシジミ、ヒメウラナミジャノメを見る。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
お、またまたクロシジミですね。
私もそろそろチャレンジしなくては。
写真は雄なんですか。ぽってりしたお腹からてっきり雌かと思いました。
Posted by ダンダラ at 2005年07月26日 00:18
ダンダラさん<そう、♂なんです。私もあれれ・・・と思いましたが、羽化直後で、まだお腹に体液が残っている状態で、ぼってりしたお腹でした。クロシジミは本当にだらだらと発生するようで、カスレ♀とピカピカ♂が混在です。
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月26日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。