2005年07月13日

我撮影成功黒日陰擬開翅場面

2005071338bc5ce4.jpg050713k2.jpg曇り一時晴れ後雨。先週の土曜日に休日出勤していた代休を取得。ここのところ観察会やパトロールなど公的な場が多かったが、今日はのんびりと京都府綴喜郡のマイフィールドへプライベート撮影に。お目当ては数年前から課題としているクロヒカゲモドキの開翅シーン。探索始めるが、クロヒカゲ、ナミヒカゲ、ヒメジャノメといったいつもは多数見られる面々が僅かにしか認められず、今シーズンはジャノメシリーズは外れ年のようだ。ようやくお目当てのクロヒカゲモドキを発見。やや時期遅れでスレ気味の個体であったが、下草に静止する姿を蚊の攻撃に耐えながら見守っていると・・・おぉ〜、開いたぁ〜 はい、あの蝶はいつ、どんなふうに開翅するんだろうってなことを1年中考えています。
【写真左】下草にクロヒカゲモドキを発見。草葉の邪魔で、こんな写真が精いっぱい。
【写真右】V字開翅するクロヒカゲモドキ、好みのアングルから翅表と翅裏を同時に。
posted by kenken(管理人) at 22:28| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケンケンさん、やりましたね。2枚目良い角度ですなあ。オオヒカゲとキマダラモドキとクロヒカゲモドキどれか一種類でも開翅または半開を狙っていましたが、今年も駄目でした。おっしゃるようにややスレになっていますが、まだチャンスがありそうですね。
私も頑ばろうかな?
Posted by ノゾピー at 2005年07月13日 22:48
ノゾピーさん、まいどです。
 素早いコメント、有り難うございます。
 蚊の攻撃と露出不足に悩まされながらの撮影です。ピカピカの個体の撮影は、また来年以降にとっておきます。お互いに課題が多いということは、楽しみも多いということですなぁ。
(↑貴コメント、改行のズレなどを当方にて修正しました。ご了承下さいませ)
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月13日 23:17
クロヒカゲモドキの開翅シーン。素晴らしいです。
この蝶、結構神経質で、なかなか近付けませんネ。狙いとしては早朝かな?と思います。が、残念ながら、我が家の近くの産地は、ほぼ絶滅状態です。2000年8月に1♀確認以降確認出来てません。
原因は不明ですが、もともと年に数頭しか確認出来なかった地域ですから、単純に衰退していったのでしょうネ。まだ、居る内に撮影出来なかった事が悔やまれます。
Posted by Rhetenor at 2005年07月14日 09:29
Rhetenorさん
 コメントと有り難うございます。
 こいつは本当に敏感で、たく、なかなか開きませんねぇ。過去に何回か開翅シーンにちょっとだけ遭遇できたのですが、ここまで綺麗に撮影できたのは今回が初めてです。
 この日は、曇りで薄日の状態で、日光浴開翅してくれました。しばらく開翅すると、体が温まるのか、最後は翅をプルプルと小刻みに振るわせて飛び去りました。テリトリー開翅のほうが撮影し易いという方もおられるのですが、しっとりした写真が好きなので、下草に朝露が残っている時間帯での日光浴開翅にこだわってみました。
 後翅表面の眼状紋もなかなかGOODですが、そちらはシーズンオフの「表紙の蝶」用にKEEPしておきますネ。
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月14日 12:54
昨日、初めて撮影できましたが、短時間で上へ行ってしまったので、翅を開くのを待つこともできませんでした。
プライベートの撮影ばかりで恐縮です。(^^;
Posted by BANYAN at 2005年07月15日 20:45
すごいですね。こちらの甲信地方では、逢うだけでもかなり難しい状況だと思います。
しかも、それをお気に入りのアングルで…蚊の攻撃に耐えたごほうびでしょうか?!
朝露の雰囲気もねらいどおりだったんですね。
Posted by たにつち at 2005年07月15日 21:03
BANYANさん
 貴ブログも拝見していますよ〜 やりましたねぇ。 開翅シーンはまた次の楽しみにしておきましょう。この蝶、居るところが分かると、結構、毎年同じところにいるもんです。蚊に咬まれませんでしたか〜(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月15日 21:50
たにつちさん
 コメント、まいどどうもです。こちらでも会えることは会えるのですが、大変少ないですね。梅雨の蝶は、やはり水滴と一緒に画面に入れるのが雰囲気が出ていいかなぁなんて思っています。本種を撮影に行かれる時は、虫除けスプレーと虫パッチを持参しましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月15日 21:58
またまたシブ系の登場ですネ。

こういう蔭場が好みのチョウの撮影はホントにむずかしいですよね。ストロボに頼りすぎると真っ白に飛んでしまうし、自然光にこだわりすぎると黒い塊しか写らないし・・。

さすがKENKENさんです。
もう少し体調戻ったらせめて貴船神社のカラスアゲハにでも会いに行こうかなと思います。川床は予算の都合上ムリくさいし・・・。
Posted by 深山葵 at 2005年07月16日 06:14
深山葵さん
 渋いコメント、有り難うございます。
 そうなんです、ストロボは一切使わずに、自然光にこだわっていますと、なかなか撮影には苦労します。ですが、上のようなしっとりした色で、雰囲気の出た写真が撮れると、喜びもひとしおです。
Posted by kenken(管理人) at 2005年07月16日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。