2005年06月12日

地元のキマダラルリツバメ

200506120c2a3584.jpg晴れ、時々曇り。ノゾピー蝶観察・撮影の部屋のMさんがキマダラルリツバメ撮影狙いで京都にお越しになるというので、地元の撮影ポイント探索も兼ねてお付き合いすることに。久しぶりに有名ポイントを吸蜜シーン狙いで何箇所か周ってみる。ネズミモチ、ヒメジョンなどを丹念に見て周るが残念ながら発見には至らず。いずれのポイントも、さすがは有名ポイント、午後になると長い竿を持った採集者が続々とお越しになる。また、夕刻のテリ張りになると高所なので撮影には向かない。帰りがけに立ち寄ったポイントでは採集者はお越しでなかったが、複数のキマが樹上でテリを張り、卍飛翔するばかりでまったく撮影の機会なし。う〜ん、地元でキマを採集しようとすれば簡単なのであるが、撮影しようとすると難しい。特に開翅シーンを上から撮影するのは困難である。地元で腰高くらいの地上高にテリを張るポイントがないかなぁ。キマがとまりそうなイタドリにミスジチョウがとまっていた。枝葉の隙間からうまく浮かび上がるように撮影できたので貼っておこう。

posted by kenken(管理人) at 23:05| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
採集はラクだけど撮影は至難のワザと言うチョウがたしかにいてますね。
キマルリなぞ典型例。特に洛北のポイントはまず下へ降りてきてくれまへんからねぇー。
ココは採り屋も多いので、撮影はやはり採集禁止エリアの方がいいかも知れません。

そろそろ草間のデカウスイロが登場する季節ですネ。
草間台地はJR井倉駅から坂道を登る方がわかりやすいし、休日は監視員の方がいらっしゃるだろうから一言断れば比較的撮り易いのでは・・。
Posted by 深山葵 at 2005年06月13日 09:26
こんにちは
いよいよキマルリのシーズンですか。
でも長竿の行列なんて嫌ですね。
同じ蝶を趣味とするのに、精神構造が全く違うような気がしています。
Posted by ダンダラ at 2005年06月13日 12:43
深山葵さん
 毎度どうも。地元京都の黒っぽい渋いキマルリの翅表が撮りたくて・・・撮影だけなら簡単なんですがねぇ。まぁ、撮影ポイント探索もまた楽しですね。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月13日 12:46
ダンダラさん
 毎度、クロミドリ、拝見してますよ〜
 まあ竿の行列だけならまだ良いのですが、昨日も有名な「K上」というポイントでは、金網が張られて「立入禁止」と書かれた場所に侵入している輩がいました。こういう輩がいるので、みんなが迷惑するんですよね〜
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月13日 12:53
昨日下見したポイントのうち、一番竿が多かった所に今日行って来ました。ところが、そこからかなり離れた場所で1♂を見つけ、レンズ前20cmまで接近しながら、一瞬の差で撮り損ないました。(最近よくあるパターンioi)
昨日の採集圧の影響でテリ張りは1箇所しか見られませんでした。
Posted by furu at 2005年06月14日 01:31
furuさん
 う〜ん、それは惜しいですね。完全なテリ状態ですと、飛び立ってもそこに戻ってきて、開翅してくれたりしますが、そこは気まぐれテリだったのかもしれませんね。竿の数で下見するってのも面白いですね。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月14日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。